2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2018年7月18日 (水)

酒場放浪記

2003年スタートという歴史ある番組なれど俺が初めて観たのは去年だったりする。キッカケは2つあって一つはドラマ版・孤独のグルメにハマりYouTube検索したら関連動画として弾き出された一編を観て、ああ良いなと思った事。もう一つは姉妹番組おんな酒場放浪記に出演中の倉本康子さんがウチの番組にちょいちょいゲスト出演してて、飲み屋の番組へ出演してる旨をコメントしてて興味を持ったから。

実際に観ると俺の大好きなワーズワースの冒険を彷彿とさせる雰囲気が心地良く、かなり気に入っちゃって毎週BS-TBSで放映されてる番組を自動録画設定してて、HDDに溜まるとBDへ焼いて保存したり。

一編15分なれど新作一編、再放三編の1時間番組という構成だから、ほんの数ヶ月で5-60編分溜まってしまった。ただまあ時間を作ってじっくり観る事はせず、自宅で寝る前とか一杯飲ってる時BGV的にホゲ~ッと観る感じ。だがそれがいい。ああいう酒場との付き合い方って憧れちゃう。

俺もようやく独り飲みに抵抗が無くなってきたけど相変わらず常連客でワイワイ盛り上がってる地域密着型のこじんまりした居酒屋へ単身で攻め込む勇気が足りないアイラブユーが言えない。自宅の近所にも昔から気になってる居酒屋が複数あるんだけどね~

もうホント、吉田類さんや倉本さんみたく見知らぬ常連客と気さくに打ち解けられる人が心底羨ましい・・

わかめラーメンのストック

画像のエースコックわかめラーメンEDGE、発売が先月だからまだ市場から消えてないものの最近は商品サイクルが早いからコンビニで見かける機会も徐々に減ってきた。

これはもう寿がきやの辛辛魚と並び、今年出会ったカップ麺の俺的大ヒット作なので市場から姿を消す前に幾つかストックしておこうと思いつつ近所のマツキヨで7つ購入。マツキヨだとコンビニで買うより一個あたり70円ほど安上がりなのだ。

今の時期こんなのを食うと全身汗だくになってしまうので暫し保留し、賞味期限の11月までに慌てず騒がず消化していくつもり。

わかめそうめんもお気に入りなので3つばかりストック。いずれも乾燥ネギが入ってないので好感度高し。しかし機会ある度に書いてるけどエースコックは名作と失敗作の落差が激し過ぎ。

眠れない昼

巷じゃ今年の暑さは異常という言葉が飛び交ってるけど去年も一昨年も暑い日は暑かったし、特化するほど異常な暑さじゃないよと思ったりして。

ただ問題は去年の今頃は昼勤務だったけど今年は夜勤なので、気温36度とかの状況下で雨戸閉め切って寝なくちゃいけない事。それでも先週までは何とか良い生活サイクルを維持してたものの、1日だけ昼勤務を挟んだらおかしな事になり一昨日なんか睡眠時間は3時間前後だったか。さすがに寝不足の夜勤は辛い辛い。

思い返すと一昨日は睡眠導入剤飲んで冷房効かせて寝たら、また例によって訳の分からない壮大なスケールの夢を見て(内容は完全に忘れた)、ハッ!と目が覚めたら寝床に入って2時間半ぐらいしか経ってない。

仕方ないので一杯引っかけて二度寝しようと思ったら暑さで目が冴えて全然眠れない。それでも部屋を暗くしてベッドで横になってると少しウトウト。そこでまた婚礼撮影でヘマやらかす悪夢を見て心臓バクバクで飛び起き、そこからはもう二度寝不可能だった。変な夢を見るって事は眠りが浅い証拠だね。

ウェイト維持もそうだけど最近は生活サイクルを作るのにも充分な準備期間が必要で、以前みたく1-2日無理する事での昼夜サイクル移行は出来なくなってしまった。これも歳のせいなのかね。

年齢的な事もさておき、もう一つの要因として挙げられるのはエアコンの性能。現在自室で愛用してるエアコンは2008年に購入した物で、2014年に大がかりなユニット交換修理を施したものの今は完調と言えない。通常の冷房は普通に効くんだけど除湿とかの少し凝った機能を使おうとするとウンウン唸って効き始めるまで少し時間かかったりする。

まあ10年選手だから仕方ないと思いつつ数年前から買い換えを検討してて、10日ほど前ようやくウチの番組で売ってたダイキン製6畳用エアコンのお買い得品を重い腰上げて購入。社割なら価格.comとかで比較しても割安だったんで。

当然ながらエアコンは発注して終わりじゃなく、業者と電話で打ち合わせた結果まず現物が今日の午前中に届き、1週間後取り付け作業という流れ。これで快適になれば昼の寝心地も少しは良くなるのだが・・

しかし今の時期エアコン買い換えは業者的に鬼ユーザーだったと少し反省してる。何しろエアコン取り付け作業だから作業場にはエアコンが効いてない訳で。

それでも作業時間を朝9時に設定したのが武士の情けだったか。別にそんな事は一切考えてなくて単純に午前中作業していただくのが俺にとって好都合ってだけの話。

こう脈絡ない事をダラダラ書いてる時はお察しの通り、酒が入ってる。前記通り昼勤務を1日挟んでから生活サイクルがグチャグチャで今日は朝4時半頃に目が覚めてしまい近所の24時間マーケットへ買い物へ出て、帰ってきたら早朝から缶ビールと焼酎ロックをチビチビ飲ってたり。このまま配達業者が来るまで飲み続け、エアコンが届いたら寝ようかと。

取り敢えず約10年間世話になったオンボロエアコンの画像だけ残しておく事にする。これ、当時出たてのフィルターお掃除ロボット内蔵型で18万とかしたんだぜ~


2018年7月15日 (日)

赤いやつら

今夜から夜勤再開なれど、この暑さで目が覚めてしまった。仕方ないので軽くブログ更新してから二度寝する事に。ちなみに現在、立川の気温は36度。冬は-3度だったから、フリーザーで凍死した人が生き返って熱出したレベルの温度差ですか。自分で書いてて思ったけど、よく分からん例えだな。

***

昨日1日缶チューハイは自制し、飲む酒を焼酎ロックに替えて今さっき全裸計測してみたら昨日より800gほどウェイトが落ちてる。やはり原因はこれか。う~む、今の季節に飲む缶チューハイは最高に美味いんだけど飲み控えるしかない・・ と言いつつ、今は飲んでたりするんだけどね。まあ量をセーブすりゃ問題ないか。

***

で、表題の件。歳食って胃腸の辛味耐性が低下し、極端に辛い食い物を避けるようになったものの琴線に触れる物は今も買わずにいられない。

ただ有り難い事に昨今、激辛商品の殆どが辛味調整可能なので別添の辛味の素は使用量をセーブしてる。残った辛味の素を捨てず次回まで持ち越す事を繰り返すと辛味の素が未開封で手元に溜まっていく。そしてこの有様。

上列左が辛辛魚の粉末スープ。単体で香辛料として使えばよく分かるけど、これは一味唐辛子と辛さがほぼ一緒。一袋約9gなので、あのカップ麺に全部入れるって事は一味をひと瓶投入するのと大差なかったりする。そりゃ激辛だわ。で、これを味噌汁とかに少量ふりかけると魚介の風味付けにもなって実に美味い。

その隣は一蘭の袋麺に入ってる赤い秘伝の粉。これも一杯に半分で充分だから2個食うと未開封袋が一つ残る。これはちょっと扱いに困る奴で、味噌汁や醤油ラーメンのスープには全く合わない。そもそもが博多ラーメン用だからとんこつスープ限定の香辛料って感じかな。

その下の開封済み小袋は赤から鍋の辛味たれ。これも味噌系の鍋や味噌ラーメン限定かな。取り敢えず味噌汁に混ぜてもあんまり美味くなかった。

そして下列左が昨日買ってきた夏限定、7iプレミアム蒙古タンメン中本北極ラーメンカップ麺の激辛オイルだ。過去幾度となくネタにしてきた通り、こいつの辛さは半端ないって。但し汎用性が高く何にでも合う。俺が一番好きな使い方は餃子たれへのアクセント付けだけど各種ラーメンや炒飯にもよく合うな。正に万能香辛料。

とは言え5滴垂らせば全ての食い物が激辛へ変貌する憎い奴。取り扱い要注意物件なのだ。

2018年7月14日 (土)

ウエストサイドとロシュフォール

深夜の私的ミュージカル大会は今夜も継続中で、何時もはお気に入りのシーンのみ抜粋して観てるラ・ラ・ランドを通しで観てみたり。

いや、前から分かってた事ではあるけどミュージカル作品って初見の時より再見した方が断然くる。何故ならオープニングやクライマックスは全編を彩る楽曲の組曲というパターンが多いから。

ラ・ラ・ランドに関して言えばクライマックスの素晴らしいミュージカルシーンが前記通りの組曲構成になってる。そこに登場する一つ一つの楽曲を本編でじっくり聴き返すと、何つーかググッッ!と来ちゃうんだな。

しかしラ・ラ・ランドの事を語ろうとすると、どうしてロシュフォールの恋人たちを引き合いに出してしまうけど、これはもう制作サイドが明らかにロシュフォールを意識して作ってて共通項が多いので仕方ない。

で、当のロシュフォールがオリジナリティ溢れる斬新な作品かと言えば決してそんな事は無くてラ・ラ・ランド同様、過去作品の焼き返しで構成されてたりする。

これなんか特に顕著な例。


ウエストサイド物語のあまりにも有名な片足を高く上げるポーズをご丁寧にモノホン(死語)のジョージ・チャキリス引っ張ってきて再現する辺り、焼き返しと言うよりパクりを楽しむスタンスで作られてると言っても過言じゃない。

ラ・ラ・ランドもそうだな。あの高台のシーンの楽曲、どう聴いたってミシェル・ルグランでしょ。それをあからさまに、更に言えば英語がフランス語風に聞こえる空耳要素まで含めてるから俺みたいなオールドファンは心臓を鷲掴みされてしまう。

ちなみにウエストサイド物語だけど、敬愛なる淀川さんは激しく酷評してて全く認めてなかったらしい。テレビじゃそういう事を絶対言わない人だったから著書で読んだか講演で聴いたかうろ覚えだけど、あの体操みたいなダンスはあり得ないとかボロクソ言ってた。

俺自身は決して嫌いじゃないんだよな。実を言えば生まれて初めて観た洋画のミュージカルはウエストサイドで、登場人物がいきなり歌い踊り出す構成に戸惑いつつも楽曲の格好良さに惹かれて一時期かなり傾倒した。確か小六の頃、学校でジョージ・チャキリスのマネして廊下で踊ってたら勢いでメガネが吹き飛び、レンズをブチ割った事もあったり。バカさ加減は昔も今も全然変わらないな。ま、それだけ好きな映画だって事で。

個人的に一番好きなのはCoolのシーン。ここだけなら多分軽く300回以上観返してる。そんな事を書いてたらまた観たくなったのでこれからBD引っ張り出して再見しよ。

ちょっとYouTube検索したら動画があったので埋め込みリンク貼っちゃう。初見の人はここだけ観ても意味分からないと思うけどね。

缶チューハイ、か

思ったより早く腰痛が治まった。しかしこうやって何もしてないのに痛んだり治まったするって事は椎間板ヘルニア絡みの座骨神経痛という自己判断が正しい証拠なんだろうな。故に今は調子良くてもまた突然再発するのかと思うと憂鬱・・

取り敢えず適度な運動に支障なさそうだから明日はスポーツクラブで筋トレか、久々のスイミングと洒落込みますか。今夜行っても良かったんだけど少しベッドで横になり目を覚ましたのがクローズ時間の直前だったので・・

***

夜勤明けの三連休から昼勤務を挟み今日明日が二連休という事で食事制限を徹底し明日までにウェイトを1.5kg絞る算段だったものの、減るどころが体重計に乗ると約1kg増加してる。日々食う量を1000kcal前後にしっかり抑えてるし、昨日はやや食い過ぎ傾向だったけど、それでもカロリー摂取量は1800kcal前後だから太る訳ないのに・・

但し原因は明確で、缶チューハイの飲み過ぎ以外に考えられない。要は体重が増えたというより過剰な水分が体内に蓄積された状態なんだな。そりゃトイレで排出もするけど、体感的には排出量の1.5倍ぐらいガバガバ飲んでる印象。今の時期、冷え冷えの缶チューハイが美味くてなあ。

いずれにせよ思うようにウェイトが落ちないので外食は完全に禁止状態。連休中ちょっとしたグルメ旅行を画策してたし、また地元のMOON HOUSEへお邪魔しようかな~とか思ったりしてたけど、何れも目標値へウェイトを絞るまで暫しお預け。

しかし缶チューハイって栄養成分表を見る限り糖質もゼロに等しいから減量の障害になるとは思ってなかった。とは言えウェイトが落ちないという事実は揺るがないので、今さっき買い置きのラスイチを飲み干したから暫く缶チューハイは止めてみる。

これを以前の焼酎ロックに替えてみて結果どうなるか様子見。

2018年7月11日 (水)

生涯No.1の傑作カット

何がキッカケになったのか忘れたけど昨夜からミュージカルモードへ入り、手持ちライブラリーの様々なミュージカル作品を再見。ザッと挙げるとラ・ラ・ランド、ダンサー・イン・ザ・ダーク、嫌われ松子の一生、リトルショップ・オブ・ホラーズ、ジーザス・クライスト・スーパースター、ロシュフォールの恋人たち、シェルブールの雨傘、バンドワゴン、雨に唄えば等々・・

勿論、全編観返す余裕は無いので好きな楽曲部分のみ抜粋。こういう鑑賞スタイルなら悪名高きダンサー・イン・ザ・ダークも普通に堪能出来るので好都合。しかし改めて観てもラ・ラ・ランドのオープニングは最高だし大好きだけど、ロシュフォールの恋人たちのキャラバンの到着には到底及ばない。ダンスのシンクロ度も撮影技術も絶対的にラ・ラ・ランドの方が上だと言うのに。

結局、本家の貫禄なんだろうな。ロシュフォールなくしてラ・ラ・ランドは存在し得ないという映画史的事実が揺るがぬ師弟関係を形成する。若きシネフィルだと違ったりするのかも知れないけど俺みたいなオールドタイプにとっては崩れない、崩しようもない。憶測だけど制作サイドも似たようなスタンスじゃないのかね。目的は超える事じゃなくオリジナルに近付く事、寄り添う事であると。

***

話は変わって表題の件。俺とて何千本もの映画を観てきた自称シネフィルだから心に残る映画の傑作カットをひとつだけ選出せよと問われれば無理!と答えるけど、こめかみに銃を突きつけられ選出しないと殺すと言われたら高確率で選ぶであろうカットがこれ。

シェルブールの雨傘・第一部のラストカット。兵役で離ればなれになる恋人達の別れを描いたシーンの長回しで、少なく見積もっても3000回は観返したか。昨夜も30回ほどリピートしたけど、何100回観てもギィが乗った瞬間に列車が走り出してる。

映像を見る限り早朝の撮影と思われるので、恐らくは深夜に何度も何度も何度もリハを繰り返し、本番では男優が列車に乗る瞬間と列車が走り出す瞬間をシンクロさせるため現場に大音響でカウントダウンを流してる筈。何テイク繰り返したのか、或いは奇跡の一発OKなのかは知る由も無いけど、僅かばかり映画制作に携わった経験者として言わせて貰えば、これはもうあり得ない程に完璧で、存在する事自体が奇跡的なカットなのだ。

シェルブールの雨傘は全編通して完璧な映画だけど、このカットは完璧の上を行く完璧さ。それを映画史に刻んだという事実だけでもジャック・ドゥミは殿堂入り確定。こんな事を書いてたらまた観返したくなったので、問題のカットだけ20回ほど再見しようかと。

ゴキジェット様

今夏、自宅内で二匹目の成虫が出現。コンバットを愛用し始めてからというもの自宅でゴキ野郎がこうも立て続けに出現したのは下手したら10数年ぶりなのでちょっと困惑。

前回出現したのが約一週間前だったか。即座に近所のホームセンターへ走り画像のゴキジェット購入。これがすげー良く効く殺虫剤で、あの生命力の強いゴキ野郎が正に秒殺、イチコロ(死語)。

更に言えば狭い隙間に吹き付けると広い所へ出てきてジタバタして死んでくれるから後処理も楽。それはまあ結果オーライなんだろうけどゴキ嫌いの俺にとって強~い味方。とは言え、こいつの活躍機会は今季最後にして欲しいと心底願う。

1999年カルビープロ野球スターカード

気まぐれに1999年のカルビープロ野球スターカードを引っ張り出してきて今さっき引き当てた松坂&松井スターカードと並べてみる。上列中央のS-11松坂スターカードが当時のプロ野球カードコレクターにとっては垂涎の的で、こいつを放出すれば大抵のレアカードを入手出来るという強力な手玉だった。

アホみたいな大人買いの結果、俺は一時期これを3-4枚所有してて当時コンプリートを目指してた1994年のカルビーカードの抜け番をトレードで入手する為に大活躍していただいた。そういう意味でもカルビーの松坂カードには強い思い入れがある。

しかし改めて1999年のスターカード全55種を見返すとメンツが半端ない。松坂&松井稼を初めとしてヒデキ松井が居てイチローが居て大魔神佐々木が居て上原が居て、ヨシノブは現役2年目だしKKも健在だし新庄も前田も古田も居る。そんなの盛り上がらない訳ないじゃん。

今も気が向けばテレビでプロ野球観戦と洒落込む事があるものの、当時程のめり込む事はないなぁ。ま、役者が違うから仕方ないか。

カルビー2018プロ野球チップスのスターカード

近所のマルエツへ買い物に行ったら置いてあったので2袋つまみ、自宅で酒飲みながら開封したらこの2枚が出た。松坂大輔サイン入りパラレル&松井稼頭央のスターカードだ。二人共俺がNPBに狂ってた頃に大活躍したプレイヤーだから素直に嬉しい。もう、これだけで今日はラッキーデイ♪

しかし松坂ルーキーカード狙いで三多摩の問屋へ出向いて業者顔負けの大人買いをしたのが1999年だから約20年前ですか・・ こうやって現役で頑張る姿に触れると元気が出るねぇ。俺も飲んだくれてる場合じゃねえぞと発憤させられたり。 

 

«自衛隊員に敬意を表して