2020年9月24日 (木)

青い味覇

Img_5032

その後、1.000mg/Lの壁を破りたくてストレートのアーリータイムズを口に含んだ直後に計測したりと色々試したものの、何度やっても0.950より上がらない。で、取説を再確認したら最高計測値が0.950ですと。激しく時間を無駄にした気分・・

***

さておき表題の件。地元のスーパーを覗いたらこんなのが売ってて無視出来ずに購入。

Img_5055

青いウェイパァー。SNSで語句検索したところ、巷で評判の新商品らしいね。

海鮮スープの素って書いてあるから最初は普通にスープとして飲んでみる。とにかく海老の風味が凄まじく、こりゃ海鮮スープと言うより海老スープだわ。

スープとしてもまあまあ美味しくいただけるものの大味の印象なので、これはシーフード炒飯とかの調味料に使った方が本領を発揮するかもしれん。今は食事量制限中なので、ウェイトが目標値に下がったら色々試してみたいところ。

2020年9月22日 (火)

アルコールテスター

某・元メンバーの酒気帯び運転報道に触れ、ちょっと気になって飲酒運転の歴史を調べてみる。

1970年に罰則が科せられ(それまでお咎めなしだった事が驚き)酒気帯び運転が6点減点の一発免停、飲酒運転が15点減点で免許取り消しという時代が2002年まで続く。

その後は年々厳罰化され、2009年に酒酔い運転・減点35・5年以下の懲役または100万円以下の罰金、酒気帯び運転(0.25mg以上)・減点25・3年以下の懲役または50万円以下の罰金、酒気帯び運転(0.15mg以上0.25mg未満)・減点13・3年以下の懲役または50万円以下の罰金という現在の罰則が確立。それだけにとどまらず実名報道され仕事は懲戒免職、文字通り社会的に抹殺される。社会人ならそんな危ない橋は渡らない筈なんだけど今も飲酒運転絡みの事故報道は絶えない。それだけ頭のネジが外れた奴が一定数存在するって事なんだろうな。

俺も半アル中みたいな奴だけど一応常識人を自認してるので飲んだら乗らない、乗るなら飲まない。ただ、夕方まで飲んでて一寝入りして深夜に運転とか、明け方まで飲んで爆睡し、起き出して午前中から運転・・ってな事はよくやる。アルコールは完全に抜けてる筈だけど実際の所どうなんだろ?

で、こんなのを買ってみた。

Img_5017

大昔にも似たような代物を買ったけど完全にオモチャで何の役にも立たなかった。それから約四半世紀の時が流れ、今じゃもう少しまともな物が売ってるだろうと思いつつ地元のヤマダ電機へ行ったらタニタ製で5000円のと、1000円のこれが置いてあった。あまりにも価格差が激しいので少し悩んだものの、結局は興味本位で精度は二の次だからリーズナブルなこいつを選択。

Img_5018

まず飲む前に計測。勿論、数値はゼロ。そこでヱビスビールを一気飲み。

Img_5019

わはは!上がった上がった。こいつは使えるかも。ちなみに10分ほど空けて再計測したら、

Img_5024

なんか一気に数値が下がってる。そこでアーリータイムズの水割りを注入し再計測。

Img_5027

おお~!すげえすげえ。今、映ちゃん号でドライブすれば俺の人生終わりだと思ったら結構スリリング。勿論そんな事しませんよっと。

問題は飲むのを止めてからどの程度ブランクを空ければ数値が規定値以下に落ちるか。今は楽しい晩酌中なので、もう少ししたらアルコール摂取ストップ後の経過を記録しようかと。

【追記】
はい、検証結果。20:50にアルコール注入を中断し、数分後の計測結果が0.225mg/L、その後は21:20に0.125、21:55も0.125、22:10で0.100、22:35に0.050、そしてジャスト2時間後の22:50に0.000となった。

この時点でちょっと実験的に取説記載の計測法(フーッと息を吹きかける)じゃなく、セクハラ上司になりきって生温かい息をぼえ~っと吹きかけてみたら0.125の数値へ逆戻り。やっぱあれって機械も嫌がる不快さなんだな。この方法で計測を続け23:10に0.100、そして23:30には何をどうやってもアルコールが検知されなくなった。2時間40分か。体感的にも酔いが覚めるまで2-3時間と認識してたので、それが数値で裏付けられた。

但しこれはオモチャみたいなテスターの結果でしかなく、高性能の計測器を使えば検知される可能性とてゼロじゃないので3時間ブランクを置けば運転しても大丈夫って事にはならない。飲んだ量や体調にも左右されるし、あくまでも参考データね。

ピッカリコニカで撮ったスーパーカーの写真

俺がピッカリコニカで写真を撮るようになったキッカケは恐らく1977年に晴海で行われたスーパーカーショー。wikiで調べると5/5-8開催って事になってるけど親父が脳卒中で倒れたのが5/1だから、その僅か一週間後にお袋が連れてってくれたとは思えないんだよな。ひょっとしたらもっと先に晴海で行われた別のショーだったかもしれない。

これを機に俺はカメラ片手に街へ繰り出し、地元の大通りに張り付いてスーパーカーが通るのを待ったりした。当然、そう簡単にはスーパーカーに遭遇出来ないから収穫ゼロの日ばっかり。それでも何か撮りたくて比較的遭遇率の高かったフェアレディ240ZとかケンメリGT(Rに非ず)とか、ヨタハチとかいすゞ117クーペとかの国産車を撮る事で欲求不満を解消した。国産ヒストリックカーに惹かれる基盤が出来上がったのはこの頃だな。何とも渋い趣味のスーパーカー少年ですこと。

残念ながら当時の写真はほとんど残ってない。捨てたつもりはないんだけど、ないって事は何処かで見切りを付けて処分しちゃったんだろうなぁ。すんげー貴重って事もないから別にいいけど。

で、古いアルバムをチェックしたら小学生の頃に撮ったスーパーカー関連の写真が16枚あった。少年時代の撮影能力を尊重しノントリミングでその一部を紹介しましょう。

Img_5015Img_5016

この2枚は遠足帰りのバスの中から撮影した物。環八だから東名か第三京浜を下りて中野へ向かう途中だね。今もそうだけど環八沿いには輸入車専門店が沢山あり、街中じゃあまり見かけないスーパーカーがショールームに鎮座しておられた。だからこうやって写真に収め、何となく場所を覚えておき後日チャリで写真撮りに行ったりして。でも中野から環八の専門店(恐らく駒沢辺り)って20kmぐらい離れてるんだよね。我ながら凄え行動力だな。

Img_5008

これは確か甲州街道沿いにあった中古車屋の裏手のパーキングだったと思う。当時は分からなかったけどフォードGT40のレプリカですかね(ベース車は不明)。

Img_5012Img_5011Img_5010Img_5009

お宝ザックザクの輸入車専門店。これも甲州街道沿いだった筈と思いつつ写真に写り込んでるELITEという看板を手がかりにweb検索してみたら、何とまあ今も健在なのね。ちょっと嬉しい。

Img_5013

大通りで張ってて偶然押さえたディーノ208GT4。こうやって流れる車の中からスーパーカーを見つけて捉えた例はせいぜい2-3回だった気がする。

Img_5014

青梅街道沿いのマンションのパーキングで見つけたジャガーEタイプ。ちゃんとしゃがんでロウアングルで捉えてる少年時代の俺、分かっとるね。カメラマンの素質充分と自画自賛。

他にも世田谷のマンション前で路駐してたベージュのトヨタ2000GTを押さえた写真とか色々あったんだけど、前記通り今はもうない。ただ、初代映ちゃん号ユーノスロードスター1600購入直後に夜な夜な環八や地方の輸入車専門店へ向かい似たような事をした頃の写真が数10枚あったり。

でもそっちはカメラがピッカリコニカじゃないし、あんまり面白い写真でもないので今回は少年時代の写真のみで完結。

2020年9月21日 (月)

ピッカリコニカ

ウチは親父が警察庁鑑識課写真部の係長、お袋が写真館の娘という写真一家で、静止画と動画の違いこそあれ俺がカメラマン業を営んでるのも、まあ血筋なんだろうな。

だから家には俺がガキの頃から素人の手には負えない中型を含め6-7台のカメラがゴロゴロしてた。中でも親父の形見と呼べるのはここで触れたマミヤM645、ホースマン970に加えキャノン旧F-1、ペンタックスSV、そしてこいつの計5台。

Img_5006

ピッカリコニカの愛称で慣れ親しまれたコニカC35EF。小学生の頃、こいつ片手に街へ繰り出しスーパーカーの写真なんかをよく撮ったもんです。オートフォーカスが普及する以前の代物なのでパンフォーカスに近いもののある程度はフォーカスを手動で合わせなきゃだし、フィルム感度も自分で設定する必要あり。それでも当時は誰でも気軽に写真が撮れる逸品という事でバカ売れ。昭和50年代の話ですが。

これとて除湿キャビネットの奥の方に眠ってた代物なれども大してスペース取らないし、ヤフオクを覗いても熱望する人は皆無みたいだから思い出の品として後生大事に持ってるつもり。ちなみに動作チェックしてみたら完動品っぽい。保管の環境が良かったって事もあるけど昔の日本製品って耐久性が抜群ね。

さらばマミヤM645

ウチには立川へ引っ越すタイミングで購入した除湿キャビネットがあり、カメラは大半そこに保管してるのだがスペースの都合上ビデオカメラだけはソフトケースへ収め普通に保管してた。それまで特に不都合は無かったものの7月にHDCAMを使う機会があり、チェックしてみたらワイドコンバーターの前玉にカビ発見。内部まで侵されてなかったから大事には到らずともこのままにはしておけんと思い、キャビネットを少し整理する事に。

で、白羽の矢が立ったのがこいつ。

Img_4990

マミヤM645 1000S。以前も書いた気がするけどこれは親父の形見で、お袋から生前聞いた話では脳卒中で倒れる少し前に購入し、結局はテスト用フィルム1本しか実用しなかったそうな。

そういう話を聞いちゃうと手放せなくて、20代の頃には極力使ってやろうと機会ある度に引っ張り出してきて実用したけど、今の職に就いてからは使った記憶がないから20年以上キャビネットの肥やし。で、気まぐれにヤフオクを覗きに行ったら完動品は5万前後で取り引きされてる。以前はせいぜい1-2万にしかならなかった筈なので、寝かせてる間に希少性が増したんだな。

金の事はさておき、このまま死蔵してても意味ないしキャビネットに空きスペースが欲しいし、親父の形見のカメラなら他にもあるのでこれはもう放出決定。どこぞの愛好家に使って貰った方がこいつだって喜ぶでしょ。

結果42999円とやや割安価格に落ち着いたけど、これは恐らく付属のレンズが55mmという広角だからじゃないかな。80mmの標準レンズだったら5000円前後の上乗せを望めたかもしれん・・けど、そもそも俺の物じゃないし、お小遣いとしては充分な見返り。

ヤフオク黎明期にも親父の形見の中型カメラ(ホースマンの6x9)を売りに出した事があり、その時はお袋へ還元したけど今はもうお袋も居ないから供え物を奮発しますか。浄土真宗の教えによれば仏様は供え物を1/1000秒でいただいちゃうんだと。だから高級松阪牛でも買ってきて仏壇に供え、手を合わせたら後は俺様が美味しくいただけばよろし。親孝行だか何なんだかって感じだけど、こういうのは気持ちの問題ですからね。

ついでに光軸がズレたFUJICA New ZC1000も手放しちゃった。完調の前期型が手元にあるし、こいつもキャビネットのスペースを圧迫してたので。落札価格は買値の半額以下だったけど、こっちは逆に値が落ちてるから仕方ない。おかげでビデオカメラ分のスペースが確保出来てめでたしめでたし。

200921

 

2020年9月20日 (日)

次週最終回

いやー、今夜の半沢さんも面白過ぎた。緊張と緩和なんて言葉があるけど、あのスリリングかつシリアスなシーンでの大和田常務の馬乗りは緩和が緊張を侵食して大爆笑のレベル。実際、あんなシリアスな場面で腹抱えて笑わされたドラマは人生初かもしれん。

・・にもかかわらずドラマが破綻しないのは、やり過ぎOKという半沢ブランドが確立してるからだろうな。予告を観る限りじゃ大方の予想通り白井大臣が味方に付く事は間違いなさそうだし恐らくは大和田さんも寝返るだろうし、好敵手たちを携えてラスボスを倒すという少年マンガの大道に現代風のスパイスをちょちょいと加えた魅力的な終焉を迎える事でしょう。期待し過ぎると幻滅する可能性とて無きにしも非ずだから適度に期待しつつ来週の21:00を震えて待つ。

しかしさすがに今夜のエピソードは現実感なさ過ぎ。リアルワールドなら頭取と幹事長へ暴言吐いた時点で辞令を待つ事なく全てを失いTHE ENDだもんね。ま、そうならない所がドラマの面白さ。時には殺人犯がヒーローとなり、異星人だって大親友。それがフィクション。文句垂れるのは野暮でしかないので乗れる人だけ乗って楽しめばよろし。

SHARP製マスクの耐久性

半沢直樹の放映時間まで1時間を切り、早めにTBSへチャンネルを合わせて時間を潰したいところだが、そういう事するとあの予告編・・と言うより個人的にはネタバレ大会としか思えない10秒スポットを何度も見せつけられるのでギリのギリまでTBSは観ない。

あのスポットだけで視聴率の取りこぼしは相当数回収出来るだろうから局側を責めるつもりは毛頭なし。一片の事前情報も欲しくない俺みたいな奴は避けるという形で自衛すればいい。SNSとかチェックするとああいうスポットCMに文句垂れてる奴もチラホラ見かけるけど自分勝手の極みとしか言いようがなく。

***

で、21:00までの時間潰しにSHARP製不織布マスクのレビューを書いたり。

Img_4983

これが3日間の耐久テストを終えたSHARP製マスクの裏側。毛羽立ちは不織布マスクの宿命だから致し方ないけどに3日でこの程度なら上出来も上出来。体感的には巷で出回ってる輸入製マスクの5-6時間連続使用と同レベル。だから使いようによっては4-5日使い続ける事も充分に可能な耐久性を誇る。

今現在ドラッグストアやスーパーで買える輸入製マスクは50枚入りボックスとかなら1枚あたりの単価は30円前後か。1枚あたり80円近いSHARP製と比較すればリーズナブルなれど半日で内側ケバケバだから、3-4日使えると考えればコスパは同等ないしSHARPの方がやや上になる。まあ悪い買い物じゃなかったという事か。

ちょっとwebを徘徊するとホントかウソか分からんけど今もSHARP製マスクの競争率は100倍前後という記述がチラホラ。真偽の程は定かじゃ無いが仮に100倍なら俺ってばラッキーマンなのでちょっと優越感に浸っちゃうよん。

腰痛野郎の連休

有休消化1日を含め今日から三連休。世間的にも四連休2日目だから世間的な連休と俺の連休がシンクロ。これは部分日食レベルのレアケースだな。

しかし徐々に回復へ向かっているものの腰痛は相変わらずだし多摩ナンバー車で遠出も出来ない。そもそも腰への負担が大きいスポーツカーでの長時間運転なんぞ今はする気になれないし。あと昨日、スポーツクラブの2ヶ月休会手続きを完了。午前中のお買い物も済ませ、今さっきアルコールを注入したからもはや家でダラダラ過ごすしかない。さて、毎週日曜のお楽しみ半沢直樹が始まる21:00まで何をして遊ぼうか。

手っ取り早いところで未見BD鑑賞大会と洒落込みたいところだが未見の映画・ドラマは先週録った上田監督のイソップの思うツボのみ。あとは再見か、ジャンルを変えてライブビデオを観るか。最近BD-Rへ焼いた作品をチェックするとブルース・リー死亡遊戯、ジョーカーあたりが再見候補。音楽系だとWOWOWで放映されたピンクフロイドのライブが未見だからそっちを観るのもあり。

そう言えば昨日の通勤時間と帰宅後に半沢直樹の前シリーズ総集編を観たら内容を半分以上忘れてて思いっきり楽しめてしまった。以前も書いたけどこの辺、記憶力の悪さが功を奏する好例ね。

さておき今月は映画・ドラマの録画BDをよく観てて映画は現時点で22タイトル、ドラマは単発物も含めれば5-6タイトルか。これらは全て腰痛で動きを制限された事の弊害であり、恩恵でもある。結果オーライではあるけどBDばかり観てても時間が勿体ないから、他にも腰へ負担を掛けず家で出来る有意義な事を何か探しましょ。

2020年9月18日 (金)

腰痛日記200918

腰痛には一定のサイクルがあり、ほぼほぼ把握しているつもりなのだが酷いのは数年に1回程度の頻度ゆえ詳細までは覚えてないので、良い機会だから今回のケースを未来の自分用に記録しておく。

8/24 馬場のスポーツクラブで軽く(のつもりで)筋トレ
8/25 翌朝から腰と右肩に違和感。但し日常生活に支障を来すレベルに非ず
8/27 勤務中、不用意にストレッチ運動を行い、腰の痛みが悪化
8/28.29 痛みのピーク
8/30 峠を越え、徐々に痛みが引いていくも予断を許さぬ状態
8/31-9/14 かなり楽になり、小走り程度の運動は問題なくなる。但し違和感が残っているので行動は慎重に
9/15 何をするでもなく腰痛再発(原因不明)
9/16.17 痛みのピーク
9/18 前日よりは痛みが軽減したので峠を越えた模様。但しまだまだ予断を許さぬ状態 ←イマココ

こりゃ暫く筋トレは御法度だな。ちょっと家を早めに出てスポーツクラブの休会手続きを済ませるか・・

2020年9月16日 (水)

腰サポーター

宇宙戦艦ヤマト2202全7章完走。時間の無駄とまでは言わないけど個人的に得る物もなしって感じだったなぁ。第1章と第7章のエンドロールで流れるジュリーのヤマトより愛をこめてがグッときたけど結局は旧作のエンディングテーマ曲だから新版と無関係だし。それでも長らく保留してた録画BDを全部観終えた~っていう解放感は得られたから収穫ゼロって事もなし。

***

しかし今日は腰の調子がすこぶる悪い。昨日は特に無理した訳でもないから腰痛にありがちな日によって良くなったり悪くなったりという負のループに入った状態なんだろうな。右肩の違和感も抜けきらないし、これはまたスポーツクラブの休会手続きを済ませた方が賢明かもしれん。

ちなみに先々週だったか、大昔に医者から貰った古いコルセットを腰に巻いて2日ほど過ごしたら腹回りがかぶれてしまい激しく後悔。暑かった事もあるけど長年放置してたからダニでも湧いたか。

で、先週ナイスタイミングでこいつをウチの番組で売ったから新調してみる事に。

Img_4993

マツキヨとかでよく見かける腰サポーター。値段は大差ないし職場の売り上げに貢献も出来るからまあいいか、と。

これを巻いてる間はかなり痛みが軽減されるものの、終始巻きっぱなしだと苦しいので着けたり外したりするのがいいらしい。あと、肌に直接巻くとまたかぶれる可能性があるから今回はユニクロで売ってる薄手のTシャツの上から巻き、その上に普通のTシャツを着るというレイヤード仕様。数週間前までの猛暑日だと試そうって気になれなかったから色んな意味でタイミングが良かった。取り敢えず今日はこいつを相棒に職場へ向かう。

«水割り比率