« バンダイ ミサイルベイダー | トップページ | ふわふわ時間 »

2010年7月25日 (日)

告白

いや、いい作品でしたよ。ただ思うにこういう映画って今年一番の話題作とかの括りとは本来無縁の所に位置する筈なんだけど、巷の話題になって客もバンバン入ってる。これってどういう事なんだろ。そもそもこの映画に大衆は何を求め、観た事でその何かを得られたんだろうか。それが気になる。

俺的にツボだったのは作品全体を覆う気だるい空気感と、救いようのない絶望感ですかね。とにかく音楽を含めトータル的に雰囲気がどよ~んとしてる。そしてアウトレイジ同様、誰一人感情移入出来る登場人物が居ない。みんなドライで熱い部分がなく冷め切ってて、ただひたすら言い訳めいた独白を繰り返すのみ。それを退屈させず聞き入らせるのは演出の冴えか原作の功績なのか(恥ずかしながら原作未読)。

またこれも原作か脚色か功績者が分からないけど、犯人捜しに比重を置かず犯人は冒頭でバラしてしまいさて彼らは一体どうするのか?って部分を重点的に描いてるのが勝因かも。推理物が肌に合わないって事もあるけど。

« バンダイ ミサイルベイダー | トップページ | ふわふわ時間 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 告白:

« バンダイ ミサイルベイダー | トップページ | ふわふわ時間 »