2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

COVERS Grace of The Guitar+ 森恵

無料ブログはココログ

« 旬を過ぎた直筆サインカード その1 | トップページ | 昭和残侠伝シリーズ制覇 »

2010年8月15日 (日)

旬を過ぎた直筆サインカードその2

1008152

・・つーか、この直筆サインには旬すらなかった。ちなみにこのオッサンはジョナサン・モストウと言う人で、ターミネーター3の監督。

丁度直筆サイン入りトレカが過渡期を迎えた頃の代物で、封入率は1:36だったか。36パック入りの未開封ボックスを買えば必ず1枚はサインカードが引けるという事で何箱も大人買いする頭のネジがぶっ飛んだコレクターは数多く、かく言う俺もその一人だった。ちなみに海外ノンスポトレカの未開封箱は大体1箱1万前後。今思うと高いよねえ。

で、このテの商品に封入される直筆サインカードには当たりとハズレがあって、このターミネーター3の場合シュワちゃんのサインが大当たり、女ロボット(役者名忘れた)のサインが小当たり、その他はハズレ。当然ながら当たりは数が少なく、ハズレが凄く多い。多分、シュワちゃんは100枚ぐらいしかサインしてなくて、この監督が3000枚とか書いてる筈。だから一時期e-bayじゃこの監督サインばっかりが$10.00とかで多数売りに出されてた(参考までに書くとシュワちゃんサインは安くても$300.00)。

帳尻合わせの為にさんざんサイン書かされた監督には同情するけど、需要がない不人気カードという事実は揺るがないのだ。

« 旬を過ぎた直筆サインカード その1 | トップページ | 昭和残侠伝シリーズ制覇 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189657/49152842

この記事へのトラックバック一覧です: 旬を過ぎた直筆サインカードその2:

« 旬を過ぎた直筆サインカード その1 | トップページ | 昭和残侠伝シリーズ制覇 »