2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

COVERS Grace of The Guitar+ 森恵

無料ブログはココログ

« 旬を過ぎた直筆サインカードその3 | トップページ | 70年代映画談義 »

2010年8月17日 (火)

旬を過ぎた直筆サインカードその4

100817

ターミネーター3の項目で書いた通り、トレーディングカードに封入された直筆サインは数少ない当たりと、多くのハズレで構成されてる。故にダブりが生じる事も少なくない。

上記の画像上列はMCC98というマーヴェルコミックのトレカに、下列はトワイライト・ゾーンTVシリーズのトレカに封入された物。MCC98の大当たりはスタン・リー(スパイダーマンの原作者)のイラスト入り直筆サイン、トライライト~の方はウィリアム・シャトナー(スタートレックのカーク館長役)の直筆サイン。いずれも極端に枚数が少ないらしく今もe-bayじゃ超高額品。

これを夢見て買ってはみたものの、こうやって全然知らない人のサインをダブらせるのが関の山。MCCに関しては未開封箱を2つ買ったら双方から同じサインが出て非常に精神的ダメージが大きかった。参考までに書くと上がTodd Dezagoって人、下がJean Carsonって人(どっちも知らない・・)

web検索したらTodd Dezagoは1990年代にスパイダーマンのコミックを書いてた人、Jean CarsonはTVを中心に活躍し、オードリー・ヘップバーン主演のマイ・フェア・レディにも出演した人らしい。こう書くと偉い人みたいだけど、残念ながらe-bayに出品されてる直筆サインカードには$5.00でも入札がない模様。

« 旬を過ぎた直筆サインカードその3 | トップページ | 70年代映画談義 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189657/49169392

この記事へのトラックバック一覧です: 旬を過ぎた直筆サインカードその4:

« 旬を過ぎた直筆サインカードその3 | トップページ | 70年代映画談義 »