2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

COVERS Grace of The Guitar+ 森恵

無料ブログはココログ

« 今月は | トップページ | 旬を過ぎた直筆サインカードその2 »

2010年8月15日 (日)

旬を過ぎた直筆サインカード その1

100815

トレカが狭い世界でブーム的に盛り上がっていた20世紀末に、海外スポーツカードの流れを受けて国内のトレカにも直筆サインカードが封入され始めた。これは当時自力で引き当て、早く売りに出せばそれなりのお小遣いになったのに勿体ぶって持ってたら旬を過ぎてしまった代物。

左はハドソンの子会社からリリースされた三重野瞳トレカの直筆サイン。知ってる人が非常に少ないと思われるけど、ギャルゲーの先駆けときめきメモリアルの主題歌を歌った人。封入率1:1000とかで、当時売りに出せば1万ぐらいにはなった筈・・だけど、今となっては1000円でも捌けないんじゃないかと。

右はアクラスというメーカーからリリースされた全日本女子プロレストレカの納見佳代直筆サイン。当時はアイドル的に人気があった人で、ヤフオクへ出せば軽く5000円になったものの後生大事に持ってたら相場が底値に・・ 参考までにヤフオク検索したら別メーカーのサインカードが1000円でも捌けない様子。

このテの直筆サインカードはまだまだあるから連載形式で紹介していきます。

« 今月は | トップページ | 旬を過ぎた直筆サインカードその2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189657/49149641

この記事へのトラックバック一覧です: 旬を過ぎた直筆サインカード その1:

« 今月は | トップページ | 旬を過ぎた直筆サインカードその2 »