2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 爆連しねえ | トップページ | ポスターコレクション追加その2 »

2010年9月 7日 (火)

伊藤高志映画作品集

ここ数日は仮面の忍者 赤影プレイガールを観てる。いずれも古き良き時代の息吹は感じられても陶酔出来る対象ではない。ちなみに俺、プレイガールは当時も観た事なくて今回が全くの初見。中川信夫監督や内藤誠監督の回も観たけど基本的に二人とも職人だから内容的に特筆すべき点はなし。

その傍ら、随分前に入手しつつ長らく観てなかった伊藤高志映画作品集を一気見(但し2枚組の1枚目だけ)。これは凄い。

映画には劇映画、ドキュメンタリー映画の他に実験映画というジャンルがある。伊藤高志氏は日本実験映画界の草分け的存在で、1981年に制作されたSPACYは紛れもない大傑作。この作品の名声は学生時代の俺の耳にも届いてきたけど当時は観る機会がなく、10何年か前たまたまBSで放映された時に観てぶっ飛んだ。何が凄いって、ただ単に画面を見つめてるだけでトリップしてしまうのだ。

これ、YouTubeにないかな~と思って検索したらアップされた形跡だけ残っててダゲレオ出版に削除されてた。ただ、PVは残ってたので直リン貼っとく。SPACYもほんのちょっとだけ含まれてるね(無人の体育館に立てられたイーゼルの写真にどんどん突っ込んでいくやつ)。これだけ観てもトリップするので、映像表現の新たな可能性を知りたい貴兄には是非ご覧いただきたく。

« 爆連しねえ | トップページ | ポスターコレクション追加その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤高志映画作品集:

« 爆連しねえ | トップページ | ポスターコレクション追加その2 »