2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« カルビー バットマン イカスナックのカード | トップページ | けいおん! 1期の魅力 »

2010年9月15日 (水)

けいおん!! 2期雑感

けいおん!!、番外編が残ってるけど本編は今朝終了。最終回を迎えても1期>>>2期という私的見解は変わらず。ただ、webを見渡すと2期に心酔してる人は数知れず、中には1期より2期の方が良いと言ってる人も居る。まあこの辺は人それぞれだから、そう感じた人にとってはそうなんだと思う。単に俺が2期に乗れなかったってだけの話。

1期も2期も同じスタッフ/キャストの手によって作られてるからパッと見は大差ない。恐らく気まぐれでレンタルDVDを手にした人には1期と2期の違いが分からない筈。じゃあ何故俺は1期に乗れたのに2期には乗れなかったのか。その辺の事をつらつらと書き連ねていく。

1期と2期の最大の違いは軽音部活動描写の比率。そもそもけいおん!は軽音部の活動に没頭する人達の物語じゃない。むしろそういった部分を意識的に排除した構成で、ヒロイン達はほとんど練習しないし練習シーンになると場面が飛んだりする。だから軽音部活シーンは1期でも極端に少ないんだけど、2期では更に減る。比率的には1期が2:8、2期では1:9位か。勿論、比率の高い方はダラダラとした日常が描かれるのみ。そのダラダラ感が共感を呼び今の大ブレイクに繋がってるものの、やっぱり1:9は偏り過ぎかな~と。

2期に心酔してる人は例外なくキャラクター達に惚れ込んだ人々で、そういう人にとっては登場人物が軽音部活をしようがダラダラした日常を過ごそうが全て魅力的に見えるんだろうね。アイドル好きが表舞台のみならずオフショットにも心酔するのと同様。俺はそうじゃないから乗れなかったってのが第一の理由。

もうひとつ1期と2期の違いを挙げると1期は12話完結、2期は24話完結という事。確かに1期は良かったんだけど個人的には9話ぐらいに纏まってた方が更に良かったんじゃない?と思ってる部分がある。それが更に倍化してるので間延び感が・・ 2期に心酔してる人に聞きたいのはマラソン大会の回とか演劇の回とか観ててホントに楽しかった??って事。キャラ自体に惚れ込んでればそれも魅力的に写るのかなあ・・

それともう一つ挙げると、感情的なキャラを描いてしまった点に若干の疑問を感じた。20話の学園祭後にせよ最終回にせよ感極まった登場人物が号泣するんだけど、これはコンセプトから外れてないか?と思ったり。別にシーン自体が悪いとは言わない。ただ、そこを敢えて描かない点に制作サイドの拘りと美学を感じてたから何となく興醒めしたし、妙な違和感を感じたってのが正直なところ。

ただまあ、それでも2期は1期以上に(・・という風に感じられる)人気を集めて巷の話題になってるから良い作品ではあったんだと思う。要はそこに乗り切れない俺の感性に問題があったって事で。

ちょっと長くなってきたからここで一旦切って、何故俺は1期に魅せられたのかを綴っていく事にする。

続く・・

« カルビー バットマン イカスナックのカード | トップページ | けいおん! 1期の魅力 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: けいおん!! 2期雑感:

« カルビー バットマン イカスナックのカード | トップページ | けいおん! 1期の魅力 »