2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

COVERS Grace of The Guitar+ 森恵

無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

ドームが俺を呼んでるぜ

例年11月頭は職場が非常に忙しい時期なので俺も休みは希望してなかった。ところが、たまたまなんだけど11/3が休暇に割り振られてしまった。

11/3が休み・・ そうなりゃやる事は一つしかない。表題通り、東京ドームが俺を誘うのだ(笑) 勿論、チケットなんか取ってないから頼みの綱はヤフオクのみ。転売屋は好きになれないがこういう時は神に転じる。世間じゃ色々言われてるけど、ネットオークションのおかげで入手困難なチケットも金に糸目を付けなきゃ容易に入手出来るので、俺みたいな奴にしてみれば大歓迎なのだ。

最初は友人誘って比較的入手が容易な1階席とか2階席で見ようと思ってたものの、なんか都合悪いらしいので一人で行くしかなくなった。だったらここは奮発してアリーナ買っちゃえ!と思い立ち、ちょいとお高いアリーナ席を確保。他の出品物を見渡しても一応相場の域・・とは言え、やっぱり高かったねえ。それでも祭りへの参加権は手中に収められたので個人的に満足。

ただ、俺の買った席の優劣が全然分からないんだよね。何故ならアリーナ席の座席表が全く公表されてないから。決してベストポジションじゃない事は割り振られた座席ナンバーから推察出来るものの、ホントに悪い席かどうかは会場に入るまで分からない。東京ドーム公演って毎回こんな感じなのかね??

ちなみに俺、ドームでのライブはこれが初体験。東京ドームへ足を運ぶのも2002年の日本シリーズ(松井秀喜G時代最後の年)以来か。そもそもライブハウス属性の人間だからデカ過ぎる会場は琴線に触れないのだ。故に大会場へ足を運んだのもブルーハーツの武道館公演が最初で最後。ストーンズはちょっと行きたかったけどチケット取れなかったし当時はヤフオクもなかったし、ダフ屋からチケット買うのもイヤだから行かなかった。

だから当然アリーナ席の相場がよく分からず、今回もアホみたいに金使い過ぎかなあ・・と半ば自己嫌悪に陥りつつ、実際の所どんな価格で取引されるのか気になってオークファンで東京ドーム アリーナのキーワードで過去のオークション履歴を調べてみたら・・

凄え! SMAPになると1枚20-30万で落札する強者がゴロゴロしてる!! それに比べたら俺の散財額なんぞ正にスズメの涙。しかしコンサートチケット1枚に2-30万出しちゃうってのはどういう経済力なんだ?? 恐らくは大金持ちの奥様か娘なんだろうけど、こちとら貧民には真似出来ないし、したくもない。しかし、こういう現実を目の当たりにするとジャニーズのカリスマ性ってのはハンパないんだなあ、と改めて感じるわ。

・・なんか、話がズレちゃったのでこの辺で。

2010年10月29日 (金)

スケ番☆ハンターズ 告知色々

さて、ザ・グリソムギャングのスケ番☆ハンターズイベントも近付いてまいりました。こちらはキャパが限られてる為、既にソールドアウトか?という声も届いているので興味がお有りの方は直接会場へお問い合わせ下さい。亜紗美ちゃん&三輪ひとみさんと約半年ぶりの再会&約1時間半に渡るトークという事で俺も若干緊張気味(笑)

告知を続けますが爆発!スケ番☆ハンターズ/総括殴り込み作戦のDVDリリースが決まりました! GPミュージアムソフトから12/17発売です。そして拙作地獄の決闘ですが・・ 残念ながらDVDはリリースされません!!!

・・ウソです(笑) 時期をずらしてこちらもしっかりリリースされますので、発売日等詳細が分かり次第書きます。サントラCDは自主制作だけど、DVDは天下のGPミュージアムソフトさんが面倒見てくれますので全国発売です! TSUTAYAにも並びます! お金が無い人はレンタルで観て下さい!

また、来る11/29に阿佐ヶ谷ロフトAでDVD発売記念イベントやります。亜紗美ちゃんや掟ポルシェさんも来ます。そして、今は公表出来ないあの人やあの人も・・! こちらはかなりの長丁場となるので、お客さんを飽きさせない為に色々と企画を考案中です。

更に、我らのスケ番☆ハンターズシリーズがドイツでDVDリリースされます! しかも独語吹き替え版だ! これは俺も観たい!! そして既にビーモのブログで公表されてるからこっちでもフォローしますが、これがそのパッケージデザインだ!

101029

カッコイイ!!・・けど総括~に地獄~のスチールが、地獄~に総括~のスチールが使われてて何だかメチャメチャだ! ちなみに総括~が1、地獄~が2の扱いですね。そして予想通り両作共に18禁だ!!(笑) これはもう俺らにとって冠でしかないので万事OK。地獄~なんてエロ描写皆無なのに18禁だもん。遂に俺もロボコップと肩を並べたね(笑)

2010年10月28日 (木)

貴方はどっちが好き?

命懸けで好きな2バンドの新旧動画を並べてみる。まずはARBの魂こがして武道館Ver・・

続いて所属事務所を干され、独立を余儀なくされた時期の同曲

次にブルーハーツの終わらない歌。まずは初の武道館公演(俺は生で観てると少々自慢)

そしてメジャーデビュー直前の豊島公会堂バージョン

貴方はどっちが好き?

ちなみに武道館Verを選んだ貴方はKY確定(笑)

大日本プロレス

中平さんが生で観たら泣くぞと言ってたけど、俺はYouTubeで泣いたわ。正に命懸けのパフォーマンスに脱帽。ちなみに痛いのが苦手な人はご遠慮下さい。

Perfume Fan Service 〜bitter〜

GAME TOUR、武道館公演に引き続きPerfumeのDVD購入は3枚目。これが前記2枚を遥かに凌ぐ素晴らしい内容でますますPerfumeにハマり込んでる。ちなみに写真集付きの初回盤は2万前後で取引されてるので俺は2000円程度で買える通常版に甘んじた。

これはPerfumeがポリリズムでブレイクする約半年前に収録されたライブ映像。既にライブハウスならワンマンで満杯に出来るだけの力を付けていたもののアイドルとしては大成と言えず、そんな状況下で上を目指して必死に頑張る3人の姿がしっかり記録されてる。

ミュージシャンのみならずあらゆる表現者は上を目指してる時が一番輝いてる。勿論、頂点を極めても輝いてるんだけど、無我夢中の時期って不思議なオーラを発するんよ。例えば俺が大好きなブルーハーツやARBもそう。武道館を埋めるレベルに到達した時もカッコ良かったけど、日比谷野音のブルハや新宿ロフトのARBは輝きのレベルが違った。もう、100%どころか200%の力を発揮してるからだろうな。

昨日も中平さんと飲みながらそんな話をしてたんだけど、最近中平さんがテレビでよく観てるのが大日本プロレスで、とにかく客を楽しませる為の必死さがハンパないんだと。逆に新日本とかはビッグネームの余裕があるから60%ぐらいの力で勝負してると。そりゃ輝きが違うのも至極当然。

歌ってのは決して200%がベストじゃなく少し余裕があった方が人の心を掴んだりもする。でも俺は200%の力を出し切って無我夢中でやってる姿の方が魅力的だと思う。だからこそこのDVDに感動しちゃったんだね。

YouTubeにはこのDVDの動画も沢山アップされてるのでその内の1曲をご紹介。確かに著作権法違反だけど、俺なんかこの動画を観てDVD買っちゃったから結構宣伝効果あるんだよね。メーカーさんもその辺を踏まえて多少は大目に見て欲しいな~と思う今日この頃・・

2010年10月27日 (水)

初回限定盤のレアリティ

朝の書き込み後、確認の為にAmazon覗きに行ったら今日発売の放課後ティータイムⅡ初回限定盤が軒並みボッタクリ価格で個人ディーラーから出品されてる。何じゃこりゃ?と思いつつ今度はヤフオクをチェックしたら似たような価格で沢山出てて、しかも入札がガンガン入ってる。

こっ、これはっっ!!と思い、地元でストック用にもう1枚買ってんの(笑) 相変わらずバカだねえ、俺。

しかし、こうなっちゃうと地方の人には申し訳ないけど首都圏の方が絶対的に有利なんだよね(出荷量が段違いなので)。それでもこの調子じゃあと数日で都心部の店頭在庫も完売して、個人ディーラーやボッタクリショップ大喜びのプレミア街道まっしぐら。俺みたいに2枚買うバカも多いから欲しい人は速攻で買いに行った方がいいよ。

さておき、CDに初回限定盤なる物が登場したのは恐らく90年代中頃。特殊仕様のジャケットや特典DVDを付けてユーザーの購買意欲を煽る常套手段だけど、それ自体は必ずしもプレミアには繋がらない。機会ある度に書いてるけどプレミアってのは需要と供給のバランスが崩れた時に初めて発生する。例えば俺、ハイロウズとクロマニヨンズのCDは必ず初回限定盤を買ってるけどプレミア付いた試しがない。

恐らくは、だけどクロマニヨンズと放課後ティータイムⅡの初回限定盤プレス枚数は大差ない筈(根拠のない憶測だけど共に1万枚程度と思われる)。すなわち、クロマニヨンズの初回盤を欲しがる人は1万人も居ないけど、放課後ティータイムⅡ初回盤を欲しがる人は軽く1万人以上居るってこと。

更に言えば、これが3万枚あっても欲しがる人がその数を上回ればプレミアは発生する。最近よく聴いてるPafumeが良い例で、2ndアルバムGAME初回限定盤のプレス枚数は3万枚前後らしい(これも憶測の域を抜けない)んだけど、今も中古盤が定価の約1.5倍で取引されてる。特典DVDが魅力的って事もあるけど、やはり東京ドーム公演のチケットが即日完売と乗りに乗ってる人気ユニットは需要がケタ違い。で、これが3rdアルバムの初回盤になるとプレミアは付いてない。多分、プレス枚数を増やしたんじゃないかな。

そしてこれは朝も書いたけど、こういうプレミア物には必ずがあり、熱望する人が現存数を下回った時点でプレミアは消滅する。だからこそ放出時期が重要。

その昔キャラ系トレカをよく買ってた時期に得た感覚で言えば、けいおん!!ブームのピークは劇場用映画の公開直前直後と推測する。俺のストック分にはその頃に旅立って貰う予定だけど、さてどうなる事やら・・

【追記】

しかしPerfume初回限定盤の歴史を紐解くと直筆サイン封入だの全3種のトレカ封入だのと商魂逞しい上にコレクターのツボを上手く付いてる。恐らく、内部に俺らの同類が居るな(笑)

放課後ティータイムⅡ 初回限定盤

1010271

けいおん!!の劇中歌に加え、ドラマ中で歌詞の一部や1フレーズだけが披露された楽曲の完成版を含むオリジナルサウンドトラック。未発表曲も完成度は高いけど、やはり劇中歌の方が良く聞こえるのはTVアニメを観てたからだろうな。前にも書いたけど、楽曲単体で聴いたって大して良く聞こえなくても、物語展開の中で聴かされると妙に良く聞こえたりするから、多分そういう事なんだと思う。

ちなみに俺、けいおん劇中歌(OP.ED曲を含む)の音源は全て手元にあるけど、いずれもレンタルCDで済ませてた。だからCD購入は初めて。何故ここに来て購入に踏み切ったのかと言うと・・

1010272

初回限定盤にはこんなオマケが付いてるから。TVアニメのCFキャッチやドラマ中に卒業間近のメンバーが自作の記録として録音したテープを模して作られたオーディオカセット。これが凄く欲しかった・・って訳じゃなく、コレクターとしての俺のレーダーがプ・レ・ミ・アの四文字をキャッチしたから(笑) 実際、Amazon辺りじゃ既にソールドアウト状態みたいだし。

但し、その栄光はけいおんブームの渦中に限定される。このテのキャラ系グッズの場合、ブームから約1年は価格だけ残りつつも需要が減り、2年後には二束三文に成り下がるのが常。だから今は様子見だけど、凄まじく価格が高騰するようならピーク時を見定めて放出する可能性有り。大した事なければずっと持ってる(笑)

ただ、最近俺のレーダーも鈍ってきてグラインドハウス限定DVD-BOXの時は完全にアテが外れたし、これ読んでおお、そうか!とか思って投資目的で買っても散財に終わる可能性があるから、あんまり信用しない方がいいよ。

しかし改めて聴いてもふわふわ時間はいい曲だなあ、と。これも俺がアニメ観てたからそう感じるだけなのかなあ・・

2010年10月26日 (火)

誓い

101026

今月から来月末日までこの4本で持たせる! 世間一般的に考えたら充分飲み過ぎだけど、ここ最近3日で1本空けてた俺にしてみれば結構なセーブ量なのだ。

給料日直後って事でローゼスの黒とジェントルマン・ジャックを買ってみた。今はジェントルマン・ジャック飲んでて、確かに風味が良い気はするけどジャック・ダニエルの倍額と考えれば勿体ないだけ。

未だに俺には1ランク上の美味さがわからない。口当たりまろやかとか芳醇な香りとか、そんな理由で倍額なら俺は普通のジャックを買うのみ。そもそも12年物とか18年物とかは俺の性に合わないし。ちなみに熟成物は通常ボトルに比べアルコール度数が高いから(通常40%に対し45-50%とか)美味い云々以前にキッつ!!という印象の方が強く、好んで飲む気になれない。それも慣れの問題なんだろうけど、これ以上強い酒に慣れたくないし安酒で満足ならそれで万事OKだから、以後このテは買い控える事にしましょ。

逆襲!スケ番☆ハンターズ/地獄の決闘 サントラCD その3

地獄の決闘のサントラはギターサウンドメインで行くって事は企画発足時から決めてた・・と同時に、1曲だけ趣の異なる曲が必要になる事も確定していた。

その1曲と言うのはクライマックスで亜紗美ちゃんと三輪ひとみさんが長時間睨み合う決闘シーンで使用する曲。このシーンは続・夕陽のガンマン/地獄の決闘のクライマックスの再現(・・と言うより完コピ)を目指していたのでエンニオ・モリコーネ調の壮大なオーケストラ曲が必要不可欠。

企画発足の初期の初期にはホンモノのオーケストラ編成でレコーディングとか夢みたいな事を考えていたものの当然ながら実現出来る訳もなく(笑)、現実的な所で打ち込みのエキスパートにお願いしようと思っていた。そこで総括殴り込み作戦の音楽を担当していた福田裕彦さんに参加していただく事となった。

福田さんには続・夕陽のガンマンのクライマックスで使用された決闘の序曲The Trioの劇中バージョン(CDバージョンは後半のアレンジが異なる)を聴いていただきこれと全く同じ構成の曲を作って下さいとお願いした。これにはちょっと裏があり、The Torio劇中バージョンをベースに仮編作業を進めていた為、構成が変わると頭から編集をやり直す必要があったから。

この無茶なリクエストに応えるため、福田さんはThe Torio劇中バージョンをトレスする形でオリジナル曲を作り上げてしまった。すなわち、構成はおろかオーケストラ演奏の微妙なテンポのズレまでもを再現してくれたのだ。もしリピーター諸氏に続・夕陽のガンマンのDVDを所有していて拙作地獄の決闘サントラを購入して下さる方がいたなら、一度双方をシンクロさせてみていただきたい。寸分違わずマッチしてる事実に驚愕する筈。この場を借りて福田さんに心よりの感謝を。楽曲として素晴らしいだけでなく、ここまでしていただいたおかげで一箇所の微調整もなく仮編素材を活かす事が出来ました。ありがとうございました。

3回に渡りサントラ解説を続けてきましたが、興味を持たれた方には御購入いただけましたら幸いに存じます。不測の事態が発生しない限り11/8より通販を開始致しますので何卒宜しくお願いします。

2010年10月25日 (月)

逆襲!スケ番☆ハンターズ/地獄の決闘 サントラCD その2

俺の記憶違いでなければ亜紗美ちゃんの歌声を初めて聴いたのはやくざハンターの撮影最終日にロケ地の新小岩へ向かう為、早朝ビーモへ集合した時に完成したばかりの主題歌狩人のブルースをデモテープに合わせて鼻歌交じりに歌った時だと思う。

やくざハンターのコンセプトが東映プログラムピクチャーの、とりわけ女囚さそりシリーズの再現と決まった時点で主演女優が主題歌を歌うという案は当然の如く浮上してきて、俺としては緋牡丹博徒の藤純子みたく決して上手くはないけど味のある歌、みたいな物を想定してた。ところが亜紗美ちゃんは非常に歌が上手く、良い意味で期待を裏切られた感じ。ちなみに作曲と録音を担当した二木元太郎君曰く、亜紗美ちゃんの歌声は音声波形レベルでもプロ級(ブレがないという点で)なんだそうな。

そうなれば続編でも歌って貰いたくなるのが人情・・という訳で、地獄の決闘で亜紗美ちゃんは2曲の劇中歌を披露している。まず1曲は狩人のブルース 地獄Ver。やくざハンター主題歌のアレンジバージョンで、昭和歌謡のイメージが濃いオリジナルアレンジを泥臭いフォークロック調に置き換えて貰った。ちなみに参考資料として元太郎君に聴いて貰ったのは頭脳警察のあばよ東京。知ってる人が聴いたらこの曲をリスペクトしてる事は即座に分かる筈。

もう1曲がスポ根ドラマ&アニメにオマージュを捧げたやくざハンター応援歌。往年のスポ根主題歌の大半が軍歌をモチーフにしてる事を踏まえ、徹底的に威勢の良い行進曲風に仕上げて貰った。こちらは室田晃氏とのコラボで一番が室田さん、2番が亜紗美ちゃん、3番がデュエットという構成。旧友とみさわ昭仁氏の歌詞も冴え渡る名曲で、私的にはアストロ球団応援歌に負けじ劣らぬ傑作だと思ってる。

なお、歌付きの楽曲に関しては元太郎君とフロムナウのボーカル松井陽明君の合作。作曲能力ゼロの俺としては彼らの才能に平伏すのみ。亜紗美ちゃんの美声しかり、素敵な楽曲が地獄~を根底から支えてくれた事に疑いの余地はない。

次回はもう一人のコンポーザー、福田裕彦さんについて書いていきます。

2010年10月24日 (日)

逆襲!スケ番☆ハンターズ/地獄の決闘 サントラCD その1

販売に向けての準備が整ったので告知します。

5/22シアターN渋谷でのレイトショー公開から約半年の時を経て逆襲! スケ番☆ハンターズ/地獄の決闘のオリジナルサウンドトラックCDを発売します(亜紗美の歌う劇中歌2曲を含む全17曲/税込み¥2500)。

まず11/6.7にシネマバー ザ・グリソム ギャングで行われる亜紗美スペシャル:豪快!スケ番☆ハンターズまつりで即売会、11/8以降は当ブログや旧サイト映画バカのホームページで通販を開始します。その折には改めて告知しますが、基本的に発送は私一人の手作業となりますので仕事の都合上、若干お待たせする事もあり得ますのでその点は何卒ご容赦下さい。

では、今日から三回に分けて内容の解説など・・

地獄の決闘のサントラは人気急上昇中のポップ系ユニットfromnou(フロムナウ)のギタリスト二木元太郎君が手がけ、多彩なギタープレイを惜しげもなく披露してくれています。当初、地獄の決闘のサウンドトラックはスパニッシュ系アコースティックサウンド1本で行こうと思っていたものの実際に撮影・編集したところそのコンセプトを見直す必要が出てきて、最終的にスパニッシュ系の楽曲は2曲のみで、かなりバラエティに富んだ内容となりました。

ザッと挙げていくとアヴァンギャルド、ハードなエレキの独奏、四畳半サウンド的アコースティック、クラシカルなアルペジオ、メタル、ボサノバ、軍歌etc..。それら無茶な要求にしっかり応えてくれる元太郎君の引き出しの多さは壮絶の一語。実際これは自主映画のサントラですが、ギターアルバムとしても十二分に聴き応えのある作品に仕上がってます。

では、今回はこれぐらいにして次回は歌姫・亜紗美を熱く語っていきます。

2010年10月21日 (木)

フィンガー5の思い出

年甲斐もなくPerfumeのCD聴いたりDVD観たりしてたら遠い過去の記憶が蘇ってきた。確かこの話は随分前にホームページでも書いた気がするけどよく覚えてないや。

友人知人や仕事仲間と昔のアイドルの話をすると必ずジェネレーションギャップが生じる。20代のADなんかに聴くとSMAP辺りが小学校時代のアイドルだったりするもんな。

ちなみに俺が小学生の頃のアイドルと言えばまずフィンガー5、それから山本リンダ、西城秀樹、郷ひろみ、キャンディーズ、沢田研二、ピンクレディーといった感じ。モロ世代がバレるね(笑) ちなみにフィンガー5が個人授業で大ブレイクしたのは1972年だから俺が小一の頃で、生まれて初めてアイドルに熱中した。レコード欲しかったけど流行歌聴くとバカになる!とか親に言われて買ってくれなかった。

さておき当時俺は中野に住んでて、オープン間もない中野サンプラザでは頻繁にテレビの公開録画が行われてた。俺も何度か観に行ったけど(視聴者応募の入場券が捌けなかった時は当日サンプラザ前で配ったりしてたから)そこでフィンガー5も生で観た。曲は恋のアメリカンフットボールだったかな。当時のフィンガー5は人気絶頂期で凄まじい歓声だった事をよく覚えてる。

それから暫くした頃、家の近所(サンプラザの目と鼻の先)でプラプラしてたら妙なオヤジに声をかけられあそこにフィンガー5が居るぞとかぬかしやかる。何言ってんだこのオヤジと思いながらオヤジが指差す方を見ると・・ ホントにフィンガー5が公園に居てファンと談笑してる! それもファンに囲まれて大騒ぎって訳じゃなく、メンバー4人(アキラは雑誌用スチールの撮影中とかで不在だった)と近所の子供5-6人が静かに静かに世間話をしてた。中には同じ小学校の奴も居て死ぬほど羨ましかった。

いや、羨ましがるヒマがあったらその輪の中に入っていけばいいのに、俺は人見知りが激しい上に天下の大スター・フィンガー5が恐れ多くて近寄れず、その様子を一歩離れた所から見守る事しか出来なかった。

この辺、今もあんまり変わらないね。何しろ憧れの石橋凌さんが飲み屋で隣に座っても恐縮しちゃってまともに話が出来ないんだもん。なんか、そんな勿体ない経験を何度も繰り返してきたような気がする。まあ、有名人と会う機会がそんなにあった訳じゃないけど。

話を戻せば、あの時の不思議な光景は今も脳裏に焼き付いてる。サンプラザの関係者出入り口で出待ちのファンに囲まれる有名人は何度も見たけど、時の大スターが近所の子供達と静かに談笑してる姿なんて後にも先にも見た事がない。今にして思えば多忙のスケジュールをこなしてたフィンガー5にとっても良い息抜きの時間だったのかも知れないな。ホント、もう少し勇気を出してあの輪に加われば良かったと後悔することしきり。加わった所でこんな奴だから話なんか出来なかったろうけどね。

2010年10月20日 (水)

Perfume CD&DVD

101020

コレクターが何かに興味を持つとすぐこうなるのが困りモノ。武道館ライブDVD以外は中古だけど、左上のGAME初回限定盤(一番欲しかったマカロニPVのDVD付属)はプレミア付いてて5000円とかする。既に○○○を取ったから手放してもいいんだけど今はちょっと様子見。

武道館ライブDVDは昨日届いて、最初は飛ばし飛ばし観てたものの中盤からガン見しちゃって気が付けばこんな時間に・・ で、GAME TOURと武道館ライブのDVDを比較すると圧倒的にGAME TOURの方が良い。メンバーのパフォーマンスには大差ないものの客ノリが全然違う。

個人的な経験から言っても武道館やドームってオーディエンスは多いものの、その分客一人一人のパワー感が分散しちゃってライブハウスや中ホールのうねるような客ノリは損なわれてしまう。その点、GAME TOURの客ノリは異常で下手なロックバンドよりノリが良い。

しかしPerfumeのライブって凄い不思議空間。まずライブに不可欠な生演奏が皆無で、楽曲もほとんどが口パク。CDを聴くと音楽は全部打ち込みだしボーカルもライブでは再現不可能な程に加工されてるから仕方ないんだろうけど、こういうライブって観た事がない(知らないだけかも知れないけど)

そこが一部のバッシングにも繋がってるみたいだけど客はメチャメチャ楽しそうだし、それを補うダンスパフォーマンスや様々な工夫もなされてるからこういうのも有りかなと思う。実際、一度この不思議空間を体験したいと思うもん。そういう意味で11/3の東京ドームはちょっと行きたかったりするんだけど(笑)丁度この時期は職場がメチャ忙しいから行けないのだ。まあ、彼女らの勢いは暫く続くだろうからまたの機会に行ってみようと思う。

2010年10月19日 (火)

年下の男の子 後楽園Ver

俺も44歳になり職場の若い連中からオヤジ扱いされて悲しくなるけど、奴らに自慢出来る事があるとしたら、こういう幸福な時代を知ってるって事かな。スーちゃんの素晴らしいMCから5万5千人の大合唱となるこの動画はリアルタイムで観た時以上にハートを貫く。

IE不調解決

インターネットエクスプローラー不調の理由が分かった。シッチェス映画祭の公式サイトを覗く時に翻訳ソフトを使ったらリモートホスト設定が勝手に切り替わったせいでした。これをキャンセルしたらブログ更新もYouTubeの動画再生も快適になった。めでたしめでたし。

そんな訳で(どんな訳だ)ここ数日見まくってる70年代歌番組の中から一つご紹介・・

キャンディーズとピンクレディーの活動期間がカブってた時期によく見られた競演ですね。アイドルという存在が今とは比べものにならないほど強大だった時代の遺産。

2010年10月16日 (土)

IE不調

ウチのデスクトップPCのインターネットエクスプローラーが突然不調に陥った。ココログやYouTubeの表示が極端に重く、ブログ更新出来なかったり動画再生出来なかったり。最初はサイト側の問題か?と思ったものの、同環境でノートPCから接続すれば普通にブログ更新出来るし動画再生も可能。こうなるともうIE以外に原因は考えられない。

設定をリセットしたり一時ファイルを削除したりと色々やったけど状況は変わらず・・って事で今はSafariで繋いでる。これでも特に問題ないけどイマイチ使い勝手に慣れてないのと、IEには対応してるリッチテキストモードでブログ更新出来ないのが困りモノ(これが使えないとフォントいじりはHTMLタグの直打ちが必要)。

仕方ないので暫くはこの状態で通信を続けるけど、何処かで本格的に対策を練らなくては・・

2010年10月15日 (金)

キャンディーズ FINAL CARNIVAL

1978年4月4日、当時としては異例とも言える後楽園球場でのスタジアムライブで5万5千人のファンに惜しまれつつキャンディーズは人気絶頂時に解散。その模様は3日後の4月7日にテレビ放映される。当時俺は11歳。時期的には小五から小六へ移行する春休みか。恐らく同世代の8割がこの番組を観てる筈。観てないのは子供は夜にテレビ観ちゃダメ!とか言う教育ママ(死語)に管理されてた子供と、キャンディーズに何の興味も持たなかったヘソ曲がりだけじゃないかと。

キャンディーズの歌が好きで、毎週8時だョ!全員集合を欠かさず観てた俺は当然ながらリアルタイムで観てる。ただ、当時の俺は最後の曲つばさを泣きながら歌う三人の姿を観ながら泣くぐらいなら解散しなきゃいいのに・・なんて事を考えたりして結構冷めてた。

そんな事もあり、この伝説的なコンサートの模様は見返した事がなかった。昨日キャンディーズの事を書いたら当時の事を思い出し、ちょっと探せば出てくるかな~?と思いつつYouTube検索すると、当然こういう動画は瞬時に出てくる。そして、32年ぶりに再見したんだけど・・

・・もう、オッサン号泣ですわ。長島選手の我が巨人軍は永久に不滅です!と並び70年代の名言として知られる本当に私たちは幸せでした!から♪別れの時が来ても泣かないわと涙ながらに歌う三人の姿に総毛立ちまくり涙腺爆発で画面が見えない。そして、当時リアルタイムで観ながら涙一つこぼさなかった11歳の俺に死ね!と言いたい。まあ、奴に死なれたら今日の俺は居ないんだけど(笑)

この動画が感動的なのは様々な人達の想いが定着してるからなんだな。涙ながらに歌う3人組の姿以上に、キャンディーズ解散を惜しむ観衆の想いがひしひしと伝わってくる。そういう事がガキの頃の俺には分からなかったんだねえ。

で、これをちゃんとした画質で観たくてAmazonでDVD買っちゃった。ただ、今出てるDVDはダイジェストに近い内容らしい。実際には50数曲を歌いまくる凄まじいライブだったという話だけど、今ある公式映像がこれだけなので仕方ない。何時の日か完全版が出る事を望みつつ、届いたら泣きながらこのDVDを観たいと思う。

2010年10月14日 (木)

Perfumeとキャンディーズ

やべえ。Perfumeにハマっちまった。音楽も良いんだけどそれ以上にトークが面白い。この動画があまりにも面白かったので、今じゃ一晩中Pafume関連の動画を観続けてる有様。

これだけトークが冴える女性アイドルって今じゃほとんど居ないんじゃないかな?(テレビ観ないのでよく知らない)  3人組の女性アイドルという事で言えば、この面白さはキャンディーズに匹敵するんじゃないかと思いつつ、今度はキャンディーズ関連の動画を掘り下げると・・

・・いや、時代が違うから単純に比較出来ないけど、ちょっとキャンディーズは格が違う。Perfumeの面白さは彼女たち自身の持ち味なんだけど、キャンディーズの面白さはなんだよね。与えられた芸をしっかりこなす事によって人を笑わせるという点で生粋のプロフェッショナルだという事を再認識した。

ただ、Perfumeも素質充分なので、折角ならこの高みを目指して欲しいな~と。

シッチェス・カタロニア国際映画祭

10/7-17開催の第43回シッチェス・カタロニア国際映画祭(スペイン)に、我らの爆発!スケ番☆ハンターズ/総括殴り込み作戦及び逆襲!スケ番☆ハンターズ/地獄の決闘が正式出品されました。公開は2日前に終わった模様ですが。

俺はハワイ以外だと仕事でインドネシアとタイにしか行った事がなく、ヨーロッパなんぞ未開の地・・だと言うのに作品は監督を差し置いてスペインへ堂々と渡っちゃうんだな。悔しいけど嬉しい(笑)

ちょっと気になって公式サイト覗きに行ったら紹介ページ発見! ビジュアルが前面にフィーチャーされてて有り難い限り。ちなみにタイトルはTHE ULTIMATE BATTLE ROYALE, THE REVENGE DUEL IN HELL だって。カッコええな。更にJapan Madnessと銘打たれてるのがいいね。確かにマッドだし。

2010年10月13日 (水)

中森明菜 歌姫伝説 ~恋も二度目なら~

中森明菜 歌姫伝説 ~恋も二度目なら~
堅実にハネデジ打ってりゃいいのに数日前X-JAPANで勝負に出て1万ロスト。しかしながら今日の明菜5連で完全に取り返しお釣りも出た。やっぱりX-JAPANより明菜だね!

前作が出た頃は俺のパチ狂いピーク時でよく打ったなあ。リーチやラウンド中の歌聴いてたらCD欲しくなっちゃって中古のベスト盤まで買っちゃった(笑)

ちなみに俺は別に明菜派じゃなかったけど、学生時代の流行歌は脳内に深く根付いてる。しかも歌姫伝説は当たり引かないと最後まで聴けずサビの直前でブッた切られたりするからCD欲しくなるのだ(笑)

CDはもう手放しちゃったけど当然iPodに入れてあるから明菜聴きながら帰ろっと♪

PAPERS

TBSテレビの深夜番組として一大ムーブメントを巻き起こしたイカ天の後番として放映され短命に終わったエビ天で、最も印象に残った作品がこれだった。実験映画と呼ばれる作品もそれなりの数を観たけど、心の底から凄え!と思ったのはこれと伊藤高志氏のSPACYぐらい。

2010年10月12日 (火)

DAICON4 OP

これは有名ですね。手塚眞氏曰く、日本で最も利益を上げた8mm自主映画。プロが相当介入してるとは言え、8mmでこのクオリティはやはり凄い。多方面で語られてる通り、今をときめく庵野秀明作画の核爆発描写が壮絶の一語。ちなみにこれ、テレビドラマ電車男のオープニングでパクられてるね。パクリと言うよりは筋を通したリスペクトなんだろうけど。

8MAN

ある意味、これがシネ8mm自主映画の最も正しい形なのかも知れない。フジカシングル8の基本性能である巻き戻し機能とコマ撮りを駆使した手作り特撮映画の伝説的傑作。

2010年10月11日 (月)

マカロニのロケ地

・・と言ってもマカロニ・ウエスタンの話じゃなく、昨日紹介したPerfumeのマカロニPV。後半部分のロケ地がやたら見覚えある場所だったのでもしかしたら・・と思って調べたらやくざハンターや中平一史監督のデカドローム、篠崎誠監督のエフカPVのロケ地でもある新小岩の首都高中央環状線高架下から歩いて10分ぐらいの荒川河川敷だった。ちょっと嬉しい(笑)

あの辺は素敵なロケーションが多いので、また何かの機会に撮影したいな。

2010年10月10日 (日)

マカロニ by Perfume

こういう映像を見てしまうとまた8mmをやりたくなる。このラフ感が素晴らしい。ウチのフジカZC-1000がクズ鉄に変わる前に何か撮りたいな。

2010年10月 9日 (土)

ミニカードという文化

カルビーの仮面ライダースナックが世を席巻した1971年頃にカード付きのお菓子が売れるならカード単体でも商品として成り立つだろうという大人の見解でミニカードという主に駄菓子屋で販売されたコレクターズアイテムは誕生したと推測される。ちなみにミニカードのサイズは66x50mmで、カルビーの仮面ライダースナックカードと全く同じ。そういう点でも仮面ライダーカードの影響下で販売された物だという事が充分うかがい知れる。

俺自身が初めてミニカードを買ったのは5-6歳の時で、モノは科学忍者隊ガッチャマンだったか。気まぐれに買って自宅で開封したら大当たりラッキーカードで、駄菓子屋へ舞い戻り景品の専用アルバムを貰おうと思ったらそこのババア、その場で見せてくれなきゃアルバムはあげないよ!とぬかし、更に俺のラッキーカードを没収してしまった。今思い返しても酷い仕打ちだよな。ちなみにその駄菓子屋跡地は今じゃ飲み屋になってて、数年前にたまたまそこで飲んでた時にこの苦い思い出が蘇り感慨深かった。

さておき、それから駄菓子屋へ行ってはなけなしの小遣いはたいて当時人気のアニメや特撮のミニカードをよく買ってた。最初期は1枚入り5円、これが10円になり、最終的には2枚入り20円になったのかな。最後にリアルタイムで買ったのはミニカードサイズより少し大きいスーパーカーカードで、600円ぐらい出して箱買いした。行動パターンが今と一緒(笑) その時に先日キングコングミニカードを紹介した際に書いたラッキーカードはビニール袋で別梱包されてる、ラッキーカード及びアルバムは1箱に3枚といった事実を掴む。

ちなみに高額のプレミアが付いたミニカードってのは俺の知る限り存在しない。せいぜいブルース・リーのカードがちょっとだけファンに珍重されてる程度。それも1枚あたり60円程度で入手出来ちゃうから大した事はない。

一時期結構な数のミニカードが手元にあったけど当時コンプリートしたタイトルは一つもなかったな。何しろ箱で買っても全種揃わないから子供の手に負える代物じゃないのだ。逆に言えば全種揃えたい!という意識に駆られる事もなかった。せいぜいダブりを友達と交換するだけでも充分楽しかったし。

そんなガキの頃の記憶が大人になってから大爆発して1996年から約6-7年間トレーディングカード収集に狂った。さすがに収集熱も相当収まったけど今また妙なカード買い漁ってるし、まったく成長のない奴だな、俺。

2010年10月 8日 (金)

キングコング&ブルース・リーのミニカード

先日入手した山勝のキングコングミニカードを開封してみた。

1010081

ご覧の通り、味わい深い絵ですこと。全何種かは不明で、開封分はNo.48が最高だから仮に全48種としても抜け番は5枚。うち1枚が10年以上前に何処かのイベントブースで買ったボロボロのカードに紛れてたので手元にあるのは44種になる。当然ながらラッキーカード3枚、アルバム3冊も超美品で入手。ガキの頃の欲求不満を一気に解消した感じ。揃ってないけど。

それと最近、こんなミニカードもヤフオクで入手・・

1010082

こちらも山勝製でブルース・リー ドラゴンというシリーズ。山勝のブルース・リーカードは他に燃えよドラゴンドラゴンへの道もあり、これは主演4作品の写真が使用された総集編的な内容。落札価格は52枚で3110円。まあ安くはないけど1枚あたり約60円だから高くもないか。

こちらは最大でNo.93まであり、これが最大としても抜けは41枚。そのうち10数種が今もヤフオクに出てるけど結構高いので見送り。別にコンプ目的で入手した訳じゃないから、よほど気が向かない限り穴埋め作業はしないつもり。

しかし最近またバカバカしい物に散財しまくってるなあ・・

カルビー バットマンカード続報

今更20年前に発売されたこの食玩カードで熱くなってる奴は多く見積もっても日本に20人ぐらいだと思うけど、誰も読みたがらないであろうカルビー バットマンカードのネタを続けるのだ。

ここ数日パチンコで勝った金で何買おうかと思いを馳せ、やはりこういうあぶく銭は徹底的に下らない物に使ってしまえ!と思い立ち中野のまんだらけカード館へ直行。店頭在庫のゲームカード6種と、2冊の専用アルバムに収まった全種揃ってないセットを購入。価格は合わせて¥18000也。こういうアホな買い物がホイホイ出来てしまうと大人っていいよなと思う(笑)

セットの方を確認したら未入手の第1弾4種と、レアな追加版が7種入ってた。更にダブりの1弾が50枚近くと、ちょっと商売出来そうな在庫を抱えてしまった・・という事で早速ダブりはヤフオクへ出品。全部捌ければ1万前後取り返せる算段だけど、このカードを熱望する人がどれだけいる事やら・・

ちなみに俺もコレクターだから非常に良心的な出品方法を採った。すなわち、ダブりカード全てを提示し、中から好きな物を5種選んで貰うという形。更に5種以上欲しい人には1枚あたり落札価格の1/5で追加提供する、という。この方法はコレクターズアイテムを複数ダブつかせた時に俺がよく使った常套手段で、落札者にもすこぶる評判が良い。俺もこんな方法で探してるアイテムを売ってくれる人が居たら絶賛するもんね・・と自画自賛(笑)

これでゲームカードを度外視したNo付の未入手カードは残すところ16種。これの入手には相当骨が折れるだろうな。何しろレアリティはカルビープロ野球のレアブロック並なれど、需要がないからオークションに全然出てこないので。でもまあ、その困難な穴埋めが楽しいからコレクターやってるんだけどね。

2010年10月 7日 (木)

ポータブルDVDプレーヤー修理逝き

日々愛用してるブルードットの12インチポータブルDVDプレーヤーが不調に陥ったので修理逝きとなった。以前からメインスイッチが半分バカになってたりディスクのフタがちゃんと開かなかったりと気になる箇所があって騙し騙し使ってたんだけど、空飛ぶモンティパイソン日本語版を観ようとしたら全く読み込めない。どうも2層ディスクの読み込みが出来なくなってるらしい。日々DVD-Rばっかり観てるから気付かなかったんだな。

で、仕方ねえ。ちょっと高く付くけどサポートセンターへ送るかと思いつつ保証書を確認したら購入日が昨年の11月。まだ保証期間中じゃねえか! ラッキー♪ 

しかし昔は中国製と言えば1年どころか1ヶ月も経たないうちに不調に陥るような代物ばっかりだったけど今は耐久性も申し分ないね。とにかく俺はポータブルDVDの使用頻度が高いから11ヶ月も持てば立派なモンだよ。まあ、最近は国内メーカー品も中国製だったりするけどね。ちなみにどれだけの使用頻度かと言えば、この11ヶ月間で少なくとも250枚以上のDVD-Rを移動しながら観てる。国産品だって悲鳴あげるわ。

取り敢えず向こう半月間は仕事の関係で電車の中でもノートPCで書類作成しなくちゃいけないから修理逝きも絶好のタイミング。月末には元気になって戻って来いよ~

古代少女隊 ドグーンⅤ(ファイブ)


古代少女隊 ドグーンⅤ(ファイブ)


関西:MBS 10月6日スタート/水曜深夜1:35~2:05
関東:TOKYO MX 10月7日スタート/木曜深夜1:30~2:00

・・という訳で、不肖私めもドグーンVの告知なんぞを。前作古代少女 ドグちゃんは地方局のみの放映だったし劇場版DVDもまだ観てないんだけど、今回はMXで観られるから楽しみなのだ。毎週欠かさず録画するつもりなので、ウチのBDレコーダーに入れっぱなしのけいおん!!全26話を遂に消す時が来たな。

井口さんご本人からこの作品に関するお話を直接伺ったって事もあるけど、更に楽しみなのが監督陣の顔ぶれ。ここで紹介させていただくと・・

井口昇、西村喜廣、豊島圭介、継田淳、三宅隆太、鹿角剛司、登坂琢磨、井上雄介(敬称略)

井口さんにはやくざハンターでご協力いただき、西村さん、鹿角さんにはスケ番☆ハンターズ二部作で多大なるご尽力をいただき、継田さんにはやくざハンター及び爆発!スケ番ハンターズ/総括殴り込み作戦の編集を担当していただいてる。正に恩人のオンパレードなのだ。豊島氏も個人的に好きな監督だし、VFXスーパーバイザーの鹿角さんはこれが初監督作品という事で過剰なまでに期待しちゃってる。荷が重いですか?(笑)>鹿角さん

大人向けの特撮、ジャンクDRAMAというコンセプトも非常に魅力的。実写ドラマを毎週見るのなんて10数年ぶりだな。放映地域のリピーター諸氏にも是非ご覧いただきたく。

2010年10月 6日 (水)

ギンギラパラダイス2遊パチ

ギンギラパラダイス2遊パチ
こいつは結構おいしい台かもしれない。但し、5回権利のビッグチャレンジを素直に引ければだけど。

昨日は久々のお座り一発即止めで7500円勝ち。今日はちょっと手こずり昨日の勝ち分全部突っ込んじゃって、またやっちまったか!?と思った矢先チャレンジ立て続けに2回引いて9000円勝ち。今月も堅実にハネデジ打つと調子良いぞ。まあホントに堅実な奴はパチンコなんてやらないか(笑)

しかし俺も例年負け収支のパチンカスとは言え借金するまでの状況には陥った事ないなあ。昨日気まぐれに昔よく覗いたパチンコ/スロットの恐怖を綴ったサイトを見に行ったら自殺した人も随分いるみたいだけど、一体どんな打ち方したんだろ? まあ、依存症で歯止めが効かなかったんだろうな。

ガラスの仮面 45巻

手元のガラスの仮面を見返したら43.44巻が昨年発行で今月末には46巻が控えてる。徐々に発売ペースが上がってるね。一番待たされたのは40-42巻辺りだったか。何しろ5年ブランクとか当たり前だったし。このペースで一気に紅天女まで駆け抜けて欲しいけど、多分何年も待たされるんだろうな~

で、45巻を読んだけどやっぱり面白い。今回一番印象に残ったのは黒沼先生の素晴らしい演出ぶりか。まあ、黒沼先生が素晴らしい演出家だと思わせる美内すずえの演出が素晴らしいんだけど。

ちなみにガラスの仮面は33.34巻辺りから単行本用に改稿され始め、発売ペースが落ちると同時に画のタッチもキラキラ風に変わってしまった。俺的には初期のミステリーマンガ風タッチの方が好きだったな。一巻の月影先生なんてほとんどホラーだし。

しかし俺が初めてガラスの仮面を読んだのは小五の時だから33年前か。これほど長い間、続きが気になって仕方ないという宙吊り状態が続いてて今も読んでるマンガはガラスの仮面だけだね。ただ、最初は少し年上のお姉さんだった北島マヤも今じゃ遥か年下になってるのが悲しい・・ 頼むから俺が死ぬ前には完結させてくれよ。

2010年10月 5日 (火)

やっと出た!

やっと出た!
ガラスの仮面45巻!

2010年10月 4日 (月)

カルビー バットマンカードの謎

1ヶ月程前から気まぐれに集め始めたカルビー バットマンイカスナックのおまけカードだけど、順調に穴埋めが進み全74種中50種近く揃った時点で希望リストを見返したら一つの事実が浮き彫りになった。51番以降が全く埋まらないのだ。1週間程前に業者からヤフオクで落札した際、店頭在庫を確認してもらったら、やはり在庫は50番以内に限定されてる。

今までの経験上、こういう偏り方をする場合はショートプリント(印刷された枚数の少ないカード)と考えてほぼ間違いない。この謎を解明する為にまんだらけカード館へ足を運んだ。何故なら何種かのレアカードをショーウィンドで確認済みだったから。

まんだらけで1枚1050円というそれなりの高額で売られていたカルビー バットマンのレアカードは全部で15種。大半がゲームカードという後期に封入されたモノで、現物はこんなの。

1010032

7枚持ってるって事は7350円突っ込んだって事ですね。相変わらず金の使い方は狂人並み。で、裏を見てみると・・

1010033

ご覧の通り通し番がない。これはコレクター的にも困った代物だね。番号を明記してトレード依頼を出す事も出来ないし、何より全何種なのか全く把握出来ない。

更にまんだらけでは#51.71も同額で売られていた。すなわち、#51以降がショートプリントという事は間違いないらしい。そして裏面を確認すると・・

1010031

黒いのと青いのがある。ゲームカードの裏面にも黒と青があるので同種のバリエーションが存在する可能性も出てきた。ちなみに#50までは黒で統一されてるから、このカードが困ったちゃんに変貌するのは#51以降だね。

ここから先は憶測だけど約10年間カルビーのカードを追いかけた経験から察するに、まず#1-50は入手が容易な第1弾、#51以降は第2弾・・ではなく、後期に1弾と同時封入された追加版と思われる。これはweb検索して見つけた、当時リアルタイムで集めた人の激しくダブらせながら#74まで完集という証言から導き出された結論。

カルビーというメーカーはこういうコレクター泣かせの事を平気でやってくれる。個人的な経験では97カルビープロ野球の巨人ハイナンバー(#217-237)、エヴァンゲリオンの第4弾(#180-215)が全く同じパターン。既に持ってるカードに全く持ってないカードが混入してるからダブりが出た時の精神的ダメージは非常に大きい(笑) 故にコレクターは嫌気が刺し、ただでさえ売り上げが低下してるスナック菓子を買わなくなるから結果的に追加版のカードは通常版に比べて極端に枚数が減ってしまうのだ。そして、時が経つにつれレアリティが増し、通常版が1枚100円程度なのに追加版は1000円で取引される事になる、と。

更に黒と青のバリエーション?? もうここまで来ると追いかける気力も失せてくる。まあ、そもそも本気で着手した訳じゃないから取り敢えず#50までの完集を第一目標として、そこから先は気まぐれに逝きますわ。

そしてこれも憶測だけど、全貌が掴めないゲームカードは恐らく全24種じゃないかと。その根拠は自身の目で確認したのが15種って事と、通し番ありのハイナンバーが全24種だから恐らく同数だろうと。ひょっとしたら第1弾と同数で通し番あり24種、ゲームカード26種の全50種かも知れないけどね。

2010年10月 3日 (日)

子連れ狼

昨日親の心子の心を観て若山富三郎版子連れ狼は全6作制覇。Wikiで調べたら映画版の方が先でテレビシリーズは後発なのね。で、テレビシリーズの拝一刀役に萬屋錦之介が抜擢された際、若山富三郎が激怒しあいつと真剣で勝負してやる!と息巻いて勝新になだめられたエピソードがあるらしい、まったく困った兄弟だな(笑)

全6作を観た上でどれが最高作かと言えば、映画マニアなら三隅研次作品をチョイスすべきなんだろうけど私的にはやはり黒田義之監督の最終作地獄へ行くぞ!大五郎。モグラ人間の荒唐無稽さに加え、女王陛下の007をリスペクトした雪上決戦の凄まじさ。マシンガンやら薙刀やら仕込み満載の乳母車をソリにして戦うデタラメさ加減に絶句。しかし、撮影は大変だったろうな。

2010年10月 2日 (土)

2010年9月に観た映画のDVD

ロード・オブ・ザ・リング二つの塔、ロード・オブ・ザ・リング王の帰還、伊藤高志映画作品集、暴走パニック大激突、0課の女赤い手錠、エロ将軍と二十一人の愛妾、子連れ狼 子を貸し腕貸しつかまつる、子連れ狼 死に風に向かう乳母車

先月は8本と少なめ。テレビシリーズのDVDばっかり観てたからな。ちなみに映画以外だと仮面の忍者赤影第一部全12話、プレイガールVol.2(4話収録)、手塚眞のホラーシアター ザ・バースデイ、スクール☆ウォーズ全26話、探偵物語Vol.4(4話収録)辺り。

子連れ狼映画版は荒唐無稽な殺陣シーンと若山富三郎の見事な立ち回りが素晴らしい。数年前に三途の川の乳母車、冥府魔道、地獄へ行くぞ!大五郎は観てるから今日観る予定の親の心子の心で全作制覇。

相変わらずこの人は上手えや!

2010年10月 1日 (金)

君達もミスターと呼ばれるような人になろう

1010012 1010013

少しでも野球カードに興味がある人なら知らぬ者のいないカルビー73 #1長島三塁手のカード。37年前に発行された日本プロ野球カードのスタート地点である。市場価格はコンディションに大きく左右され、ボロボロなら数千円。美品なら1万前後、裏面がホームランカードになってるパラレル版は10万オーバー。俺のは10点評価で7から8の間位かな。

このカードにはバット版、旗版という二種のバリエーションがあり(上部にバットが画かれたモノと球団の旗が画かれたモノがある)、恐らくはバット版が初版で、旗版は重版なれど発行枚数がバット版より少なめなのか市場価格はやや高め。

俺のレアブロック

1010011

興味ない人にとっては単なる紙切れ。しかしながらヤフオクへ出せば軽く10万を超えるマニア垂涎のカルビー原辰徳レアブロックカード群なのだ。その分、入手にも結構金使ったけどね。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »