« 初回限定盤のレアリティ | トップページ | 大日本プロレス »

2010年10月28日 (木)

Perfume Fan Service 〜bitter〜

GAME TOUR、武道館公演に引き続きPerfumeのDVD購入は3枚目。これが前記2枚を遥かに凌ぐ素晴らしい内容でますますPerfumeにハマり込んでる。ちなみに写真集付きの初回盤は2万前後で取引されてるので俺は2000円程度で買える通常版に甘んじた。

 

これはPerfumeがポリリズムでブレイクする約半年前に収録されたライブ映像。既にライブハウスならワンマンで満杯に出来るだけの力を付けていたもののアイドルとしては大成と言えず、そんな状況下で上を目指して必死に頑張る3人の姿がしっかり記録されてる。

 

ミュージシャンのみならずあらゆる表現者は上を目指してる時が一番輝いてる。勿論、頂点を極めても輝いてるんだけど、無我夢中の時期って不思議なオーラを発するんよ。例えば俺が大好きなブルーハーツやARBもそう。武道館を埋めるレベルに到達した時もカッコ良かったけど、日比谷野音のブルハや新宿ロフトのARBは輝きのレベルが違った。もう、100%どころか200%の力を発揮してるからだろうな。

 

昨日も中平さんと飲みながらそんな話をしてたんだけど、最近中平さんがテレビでよく観てるのが大日本プロレスで、とにかく客を楽しませる為の必死さがハンパないんだと。逆に新日本とかはビッグネームの余裕があるから60%ぐらいの力で勝負してると。そりゃ輝きが違うのも至極当然。

 

歌ってのは決して200%がベストじゃなく少し余裕があった方が人の心を掴んだりもする。でも俺は200%の力を出し切って無我夢中でやってる姿の方が魅力的だと思う。だからこそこのDVDに感動しちゃったんだね。

 

YouTubeにはこのDVDの動画も沢山アップされてるのでその内の1曲をご紹介。確かに著作権法違反だけど、俺なんかこの動画を観てDVD買っちゃったから結構宣伝効果あるんだよね。メーカーさんもその辺を踏まえて多少は大目に見て欲しいな~と思う今日この頃・・

 

« 初回限定盤のレアリティ | トップページ | 大日本プロレス »

コメント

こんばんは、ゼブラです。

Perfumeのファンになる勇気?踏み入れの葛藤もあったのですが、他の方がどうしてファンになったのかという経緯も結構気になります。

未だにハマった理由の整理ついていませんが、その1つに3人のオーラがありました。
>無我夢中の時期って不思議なオーラを発する
Perfumeでネット巡回する内に、ブレイクする前のライブ映像・動画で、魅かれ始めていく過程でこのオーラを何となく感じていた気がします。
そして、「無我夢中でやっている姿」、やっぱり感動、素敵に思えました。

余計かもしれませんが、ハマった動画の1つに、「道夏大陸 Perfume編 http://www.youtube.com/watch?v=9uPi55RLaMI 」があります。

もっと、ハマって頂ける事をお願い致します。(すみません)

ゼブラさん

>Perfumeのファンになる勇気?踏み入れの葛藤もあったのですが、他の方がどうしてファンになったのかという経緯も結構気になります。

私自身の事を言えば掟ポルシェさんの動画を探してた課程でストリーミング放送のエレクトロワールドを観て妙に心に残ったこと、その彼女らのトークが非常に面白くて興味を惹かれたこと、それから様々な動画に触れ、彼女たちがどういう道のりを辿ってきたかを知ったこと、ですかね。

>余計かもしれませんが、ハマった動画の1つに、「道夏大陸 Perfume編 http://www.youtube.com/watch?v=9uPi55RLaMI 」があります。

観ました。良いドキュメンタリーですね。で、確かに彼女たちは魅力的だし両手離しで応援したいけど、そこから一歩引いて考えた時に、やっぱり彼女たちって凄くラッキーだったな、と思ったりするんです。

ショービジネスで成功する為には努力と才能に加え「運」も必要で、少し時間かかったけど彼女たちはその運を掴めた。でも彼女たちと同等、あるいはそれ以上の努力をして才能にも恵まれたのに運を掴めず消えていった、あるいは消えていこうとしてるアーティストは水面下に星の数ほど居るんですよね。だからその人たちの事を考えると脳天気にPerfumeだけを応援するのも違う気がしちゃったりして。私自身も似たような境遇にいるからそんな事を考えてしまうのかも知れませんが。

なんか長々と書いちゃいましたね。酔っぱらいの戯れ言とお許し下さい。

ps.
職場が非常に忙しい時期なので諦めてたんですが、たまたま11/3が休みになってしまいました。そんな訳で私も東京ドーム逝きます(笑) 同じ空間で一緒に騒ぎましょう!

映ちゃんさん、遅れレスになりましたが、ファンへの経緯等の記述を有難うございます。

エンターティメントを提供される側の方からの見方が初めてで、凄く新鮮に感じました。
普段、提供を受ける側ですから、とても貴重な記述です。
まずは、お礼を申し上げます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Perfume Fan Service 〜bitter〜:

« 初回限定盤のレアリティ | トップページ | 大日本プロレス »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ