2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« DVD鑑賞は続く | トップページ | サブマリン707R »

2010年11月14日 (日)

直筆サイン売買の話

ヤフオクで気になる直筆サイングッズが出品されてて動向を見守ってるんだけど、質問欄に出品者を感情的に非難する書き込みがあったりしてちょっと昔の事を思い出した。

俺も自分から著名人にお願いして書いて貰った直筆サインを即売りに出すのは否定的だけど、そうじゃない物に関しては売りに出すのも有りかな?と思ったりしてる。例えばトレカ封入の直筆サインカードなんかはそれを売りにしてる商品だから全くもって問題なし。鑑定書付きのサイン入りポートレートも同様。

プライベートサインにせよ、人から譲り受けた物とか有料サイン会で貰った物に関しては別に売ってもいいんじゃないの?的な考え方。ただ、それが激ボッタクリ価格だったりしたらなんだかな~とは思うけど。

これは昔にも書いたけど、練習場でプロ野球選手に書いて貰ったサインをその日のウチにヤフオクへ出しちゃうような輩は人間失格だと思う。でも長年それを大事に保管してて、何らかの事情(その人に興味が無くなったとか金欠に陥ったとか)で手放すのも有りなんじゃないかな。

要はスタンスの問題ですよ。俺が非難するのは先方の好意を無にする事であって、サインを売るという行為そのものを否定してる訳じゃない。だから前記の出品者に対して感情的な批判を書いてる奴には全く共感出来ない。だってさあ・・ 貰ったサインは生涯手放しちゃダメ的な考え方って一種の呪縛じゃない。そういう思想を人に押し付けるのは違うんじゃないかな~と。

あ、主語が抜けてるから何の事を言ってるのか分からない人には全然分からないか。ただ、そのオークションにリンク貼ったりすると先方の迷惑になるんでね。ちなみに俺自身の事を言えば今まで貰った直筆サインは1枚たりとも手放してないし売ろうという気も起きない。人道的云々以前に折角貰ったサインを売っちゃうのは勿体ないってのが最大の理由。

では売ってない証拠に・・って訳じゃないけど俺が書いて貰った松井秀喜選手の直筆サインカード全10枚をご紹介。こんな俺だけの宝物、死んでも手放しませんよ。

101114

« DVD鑑賞は続く | トップページ | サブマリン707R »

コメント

サインを売るという行為は同じでも、最初から売るつもりで貰ったサインと、貰った時は大切にしていても後々諸事情があって手放すことになったサインは、やっぱり意味合いが少し違いますよね。
ヤフオクで溢れる、明らかな偽サインについてはどう思われますか?

>心臓さん

あれは明らかな詐欺行為なので少し違う問題ですね。ただ、個人的な意見を述べさせて貰うなら、売る方は言語道断だけど買う側にも責任はあると思います。明らかに偽物と分かるサインを買ってしまうのは勉強不足ですから騙される方も悪い、と。まあ、太陽がいっぱいのトム・リプレイばりに練習を積んだ奴の偽サインだったら私にも分かりませんけど。

確かに買う方の勉強不足というのはあると思います。「買ってでもサインが欲しい!」と思うぐらいの選手ならば、やはり事前の勉強も大事ですよね…。こんな明らかなサインによく入札するよなぁ…というのも多いです。
私は野球関連の話題が好きなので、思い出話が嫌でなかったら、また野球の話題たまに書いてください!

この文章を松井秀喜さんが読まれたらきっと嬉しいと思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 直筆サイン売買の話:

« DVD鑑賞は続く | トップページ | サブマリン707R »