2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« アンストッパブル | トップページ | ポータブルブルーレイプレーヤー »

2011年1月11日 (火)

地獄の決闘セルリリース10日前

・・という訳で作者なりの宣伝活動を。逆襲!スケ番☆ハンターズ/地獄の決闘は5月のシアターN渋谷レイトショーから地方公開を経て、DVDリリースが決まった時点で思う所あって若干の手直しを施し、劇場公開版の73分から71分にシェイプされてる。これは公開後に様々な方から受けたアドバイスを反映させつつも決して鵜呑みにする事はせず、俺自身納得のいく助言のみを活かす形でテンポアップさせた。

実を言うと地獄の決闘は仮編段階で78分ほどあり、これを73分にシェイプしたのも周囲のアドバイスを受けての事。俺自身はカットの頭尻に過度の間合いを持たせたもたり感が好きなんだけど、それは必ずしも観る者にとって好ましくなかったりする。それを周囲に指摘されカットの頭尻を削って5分短縮させたんだけど、劇場公開版にはまだ自分好みのもたり感が数多く残されてたのね。

で、多くの方々に観て貰った結果あそこってちょっと長くね?みたいな意見が多数耳に届いてきたのと、そこを削ってもまだ自分好みの長廻し演出は残されるという事実に気付き、個人的な拘りを捨ててカットワークだけはもたりを無くそうと思って更にカットの頭尻を削った、と。

そんな訳で劇場公開版とは若干ニュアンスの異なる仕上がりになってる。でも前記の通り、長廻しカットは全くの手つかず・・と言うか、手の入れようがない。ちなみに本作で最も長いカットは1分36秒(草原で静かに復讐の準備をする亜紗美)で、次に長いのが1分19秒(小龍会倉庫での格闘)。更に1分前後の長廻しが5-6カットある。71分というコンパクトな作品中にこれだけ長廻しが含まれてればカットワークでもたり感を出す必要はないでしょ。

そんな訳で劇場公開版をご覧頂いた方にも仕上がりの違いをご確認いただきたく。

« アンストッパブル | トップページ | ポータブルブルーレイプレーヤー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地獄の決闘セルリリース10日前:

« アンストッパブル | トップページ | ポータブルブルーレイプレーヤー »