2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

COVERS Grace of The Guitar+ 森恵

無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

デコトラギャル奈美 爆走!夜露死苦編

亜紗美ちゃんの強力サポーターSHINさんと飲んだ時に傑作ですよ~ 泣けるので是非観て下さい!と薦められたのは随分前の話なんだけど、近所のレンタル屋じゃ置いてなくて長いこと保留してた。で、ようやく数日前に借りて観たら・・なるほど、確かに泣ける。ただ、これを泣ける映画として紹介するのは違うんだな。言ってみれば往年の人情喜劇的な笑いあり涙ありの泣けるシチュエーションといった感じ。

タイトルが示す通り、このVシネマは鈴木則文監督の快作トラック野郎のギャル版。しかも制作者サイドは意識的にトラック野郎の世界観をリスペクトしてる。いつもの仲間達が集まる古いドライブインがドラマの拠点になってる所とかね。そこに強い映画愛を感じるし親近感すら覚える。

俺らがやくざハンタースケ番☆ハンターズでピンキーバイオレンスやマカロニウエスタンをリスペクトしたようにVシネの世界にも往年の娯楽作を今の時代に蘇らせようとするシネフィルが大勢居て、恐らくは今までにもデコトラギャルの様な秀作が沢山作られてきたんだと思う。ただ、あまりにも数が多過ぎる上に注目度が低いからその評判が俺の耳にまで届いてこないんだよね(単に勉強不足とも言えるけど)。

でも俺なんかより敏感なレーダーを持ったシネフィルには好評で、デコトラギャル奈美シリーズは既に3作目のリリースが控えてるという。時代の波に押し流される事なく、こういう良質な人情喜劇が作られ続けるのは非常に喜ばしいですね。俺も陰ながらスタッフ・キャストの皆さんを応援させていただきますよ。

2011年1月30日 (日)

フジカシングル8 フジクロームR25N

110130

取り敢えず5本買ってきたフジカシングル8フィルム。これは己に対しての決意表明である。すなわち今年はこれで短編作品を1本撮るという。

但し今のところ企画は全くの白紙状態で撮りたい作品がある訳じゃない。それでもフィルムを買ってしまったのは自分を追い込む為、ですかね。本末転倒と言えなくはないけど昔はカメラとフィルムさえあれば勝手気ままに何でも撮ってたじゃないか。だったら今年も同じようにやってみろ!という。

ちなみにフジカシングル8のフィルム販売は2012年3月で終了、現像サービスも2013年9月で終了というメーカーからのアナウンスが出てる。若干の猶予はあるし、8ミリ愛好家にはレトロ通販という強い味方が付いてるので向こう10年は安泰だったりするけど、そういう事じゃないんだなあ。

旧サイトで熱弁を奮った通り、俺にはフィルムに対する強い思い入れがある。でも35mmは夢のまた夢だし16mmは金がかかり過ぎる。だから富士フイルムの純正サービスが受けられる間にもう一回だけ8ミリでやりたいって事は何年も前から考えてた。それも先送りしてる間に崖っぷちになっちゃったからやるなら今年だろ!と。最終的に俺の背中を押したのは先にレビューを書いた時をかける少女(2010)だったんだけどね。

手元には今もフジカZC1000があり、フィルムも買っちゃったからその気になれば明日からでも撮り始められる。10代の頃の俺なら無計画に撮り始めてた。でも今の俺は頭が固くなっちゃって企画が固まるまで一歩が踏み出せない。大人ってイヤだね。

で、企画が固まらないと動けないんだったら企画を固めようと無い頭振り絞って色々考えてる。さすがにスケ番☆ハンターズの時みたく大がかりな事は出来ないから少数精鋭で、それも撮影期間1-2日でカタが付く短編企画を。

そうするとお茶の子博士ホラーシアターに習ったホラー系になっちゃうのかなあ・・ 或いは10分そこそこで完結する人間ドラマとか。そんな調子で何を撮るべきか、何が撮れるのかを模索中。何か良い題材はないもんだろうか・・

ちなみに撮りは8ミリでも編集はDVにテレシネしてファイナルカットでやります。フィルムへの拘りはあるけど、今更テープで切り貼りするのも時代錯誤なんで。 

でかっ

でかっ
画像じゃスケール感が全く伝わらないジャックダニエルのビッグボトル。通常700mlのところ1750mlと2倍半の内容量だからこれ1本で一週間は持つな。

CRガッチャマン

CRガッチャマン
ハネデジだけど6連して昨日の負けは取り返した。但しプラマイゼロなので時間はムダにしてる。

時をかける少女(2010)

新宿紀伊国屋アドホック店を覗いたら店員の一押しみたいなコーナーに置いてあって、その店員が書いたであろう熱いコメントが添えられていた。こういう一個人を惹き付ける作品って俺自身の好みとか度外視すると必ず何処かに魅力的な部分がある筈で、それを確認するために借りてきたら良い映画だった。webを見渡すと賛否両論あるけど俺は支持派かな。

大林版の時をかける少女(1983)は高校時代に観て感動した覚えがあるけど、恐らく今観たらあの時の印象が崩れる気がして一度も見返してない。で、今回の2010年版を観ると、あの時俺が感じた印象に近い要素を持った作品で凄く好感が持てた。リメイクというより大林版の続編で、前作を再現したシーンがちりばめられてたりして制作者サイドの強い映画愛も感じさせる。

で、重箱の隅をつつくようなマニアからの突っ込みを書かせていただくと、このドラマは1974年を舞台にしてるんだけどヒロインが転がり込む男の部屋にヤング・フランケンシュタイン地球の頂上の島のチラシが貼ってある。いずれも1975年公開作品ですぜ。

それと映研の人たちが使ってるシネ8ミリカメラのフジカZC1000も1975年発売で、劇中に登場するズーム棒が中折れ式になってる後期モデルNEW ZC1000は1979年以降のカメラ。だから作品としてどうこうって事はないんだけど気になったので(笑)

2011年1月29日 (土)

で、

結局ワンセット終了の6500円負け(泣) しかし大当たりラウンドで久々に聞かされたけど広瀬香美ってホント、俺の感性に合わない。昔からダメだったし今も全く好きになれないや。折角当たり引いても嬉しさ半減だからもう雪物語は打ちません!

Drペッパー

Drペッパー
パチ屋で確変引くと必ず飲むのがこれ。別に縁起担ぎじゃないよ。飲んでもよく負けるので。言ってみれば祝杯みたいなもんですね。

雪物語

雪物語
15000円突っ込んでようやく確変GET。巻き返しなるか??

1時間待ち

1時間待ち
やっと最新型来た。でも発車のベル2回はお約束なんだな。こういう細部の拘りが良い感じ。

三ノ輪橋駅

三ノ輪橋駅
昭和の雰囲気を残す良い感じの駅

都電

都電
意味なく都電荒川線に乗りたくなり大塚-三ノ輪橋を往復。母方の実家が目白なのでガキの頃に乗った記憶があるもののそれ以来だから30数年ぶり。車体は近代化してるけど昔ながらのチンチン電車で、発車の度に2回ベルが鳴るのが楽しい。山手線でグルグル回るより断然風情があるね。

シネフィル的に都電と言えば88万分の1の孤独と番格ロックか。あの黄色い車体こそが正しき都電イメージだったな。そう言えば都電で人身事故シーンを撮影して問題になり、以後映画撮影には一切許可が下りなくなったという曰く付きの自主映画アナザサイドは観てないや。別に全編観なくてもいいけど、問題の事故シーンだけは観てみたい(笑)

2011年1月28日 (金)

Panasonic DMP-B100

110128

やっぱり買ってしまったポータブルBDプレーヤー。理由としてはWOWOWで録画したBD-Rが自宅じゃ消化し切れない枚数になってしまったから、ですかね。ちなみに現在手元にあるWOWOW放映分の未見BD-Rはおろち、ヴィヨンの妻、カバーガール、早春、マッハ!弐、イングロリアスバスターズ、インビクタス、グラントリノ、ウディ・ガスリー/わが心のふるさと、アバター、それとストーンズのライブ2編。更に来月いっぱい加入してるつもりなのでもう少し増える。

10数本だから自宅で観てもいいんだろうけど、電車移動中に動画を観るのが習慣化してるので出来ればこいつらも通勤途中に観たいのだ。で、昨日初めてブルードットの12インチポータブルDVDプレーヤーからこいつに持ち替えて出勤。8.9インチという事で今までに比べ若干小柄で軽量化されてるから持ち運びは快適。画面も12インチDVDより明るくて見やすい。

ただ、このスケールは16:9なら問題ないけど4:3ではかなり寂しい事になる。そんな訳で4:3物や少しでも大きな画面で観たいDVDはブルードットで、BD物はこれで観るという両刀使いを暫く続けようかと思ってる。

使い勝手はさほど悪くないものの、モニターを畳むと勝手に電源落ちちゃうのが親切だけど余計なお世話。あと、ボリューム調整がボタン式だけど個人的にはブルードットのダイヤルの方が都合良かったかな。

肝心の画質だけど、例えBDでも8.9インチレベルじゃDVDと大差ない。比較すれば当然DVDより画質良いものの高画質を劇的に堪能出来る訳がない。まあ、こっちも高画質を期待して購入した訳じゃないから問題ないけどね。

しかし今月は既に27本の映画をDVDで観てるけど、その全てが日本映画。これは俺としてはかなりのレアケース。でも劇場じゃ3本洋画を観てるから完全邦画オンリーではないんだけどね。ちなみに手元の未見ライブラリーを見返すとおろち、ヴィヨンの妻、時をかける少女(2010)と邦画が3本あるのでここから着手し、1月は邦画月間として終える予定。

2011年1月27日 (木)

nude

国民的AV女優みひろ私小説の映画化作品。興味本位で借りて観始めたら非常に良質なドラマでグイグイ引き込まれた。観ながら思ったけど、これほど真面目な顔して絡みのシーンを観たのは初めてかも知れない。これはもう原作の面白さと、奇をてらわずオーソドックスな演出に徹した小沼雄一氏の真摯さの勝利。

ヒロイン役の渡辺奈緒子嬢の好演も光る。もう、一気にファンになってしまった。ちょっと調べたらこの人アウトレイジにも出てたのね。記憶になかったので調べてみたら椎名桔平の女役か。これはもう一度見返さなくては・・

この作品によってAV女優の大変さは世に認知されると思うけど、男優も大変らしいよ。近しいところで大学の先輩にAV男優の人が居て、話を聞くとそれはもう気が狂うほど過酷な仕事だそうな。何が大変かって、イッてしまうと仕事にならない事。すなわち、勃起状態を何時間も維持しなくちゃいけない。それがどれだけ過酷か世の男性諸君には説明不要でしょ。それでいてAV女優に比べたら格段にギャラは安いしお前は好きなだけ女とヤレるからいいよなとか陰口叩かれたりと、もう精神的にボロボロになるらしい。世間的に卑下されてるけどAV業界は女優も男優も大変な仕事ですよ。勿論スタッフもね。

2011年1月26日 (水)

ヒーローショー

実はこの映画、我らのスケ番☆ハンターズがレイトショー公開された時期、シアターN渋谷では昼のプログラムだった。故に予告編を何度も観てて、その時の印象でヤンキー連中のコミカルな青春群像を描いた作品なのかと思ってたら全然違った。コミカル要素皆無のダークでヘビーな破滅型の物語。

主人公はとにかく徹底的なダメ男だし、周囲の野郎共もひたすら頭の悪いバカばっかり。だから登場人物に全く感情移入出来ないんだけど、このバカ野郎達の愚行から目が離せず気が付いたら134分一気観。特に中盤のターニングポイント以降、このバカ達ったらやる事なす事スキだらけで、どんどん収拾付かなくなっていく様がやたらスリリングでドラマにグイグイ引き込まれる。バイオレンス描写がハンパないから万人にはお勧め出来ないけど傑作だわ。

ちなみにチンピラの一人で議員の息子を演じた林剛史って人、なんか凄く見覚えあるな~と思ったらテレ朝で放映されたアストロ球団実写版の宇野球一だった。この人、いい顔してるわ。スポ根からヤンキーまでしっかりこなしてるし、今後もっと活躍して欲しいもんです。

2011年1月24日 (月)

フライング!

フライング!
近所のレンタル屋覗いたらもう貸してた! ちなみに先のバイトさせてくれなかった店ね。 嬉しくて借りて来ちゃった(笑) なーにが完全勝利だよ。客として還元してるじゃん。ホント、バカだなー俺。

スケ番☆ハンターズ地獄の決闘 レンタル開始前夜

島本和彦氏の傑作マンガ燃えよ!ペンの中で主人公・炎尾燃のマンガがアニメ化され、完成試写後に俺の作品がレンタル屋に並ぶのか・・ 故郷の仲間達は観てくれるだろうか・・ と感慨に耽るシーンがあるんだけど、今の俺も正に似たような心境ですね。

自作が劇場公開されるのもDVDショップの店頭に並ぶのも勿論嬉しい。ただ、レンタル屋に並ぶのって別の嬉しさがあるんだな。これは俺がビデオソフトの時代から買う事より借りる事をメインにしてきたせいかも。手放してしまった物を含めても俺が今までに購入した映像ソフトは(ビデオ・LD・DVD・BD全て含めても)せいぜい3-400本。これがレンタルって事になれば少なく見積もっても2-3000本。特にここ数年は年間200本を割る事がないので慣れ親しみ過ぎてる。そこに自作が並ぶんだから、そりゃあ感慨深いですよ。

先の炎尾燃の台詞にあるけど、ガキの頃の友人や昔の仕事仲間が地獄の決闘を気まぐれに借りて、タイトルクレジットに明記された俺の名前に気付いてえっ!?となったりしたら面白いよね。ただ、ちょいとクセのあるタイトルだから(笑)気まぐれに借りる事はないか。

あともう一つ。俺が今の職に就く前、フリーカメラマンの仕事だけじゃ食えないので近所のレンタル屋にバイトで雇って貰おうと思い、年齢を偽った履歴書を持って面接に行った事がある。結局、年齢を偽ってもバイトにしちゃ歳を食い過ぎてるから(ちなみに実年齢32歳でウソの履歴書には27歳って書いた)面接でハネられ雇ってくれなかったんだけどね。

当然、そこにも俺の映画は並ぶわけ(総括~を貸してるから地獄~が並ぶ事はほぼ間違いない)。これはもう快感ですよ。バイトもさせてくれなかった店が俺の映画を並べた時点で完全勝利。もう、鬼の首でも取った心境ですわ。ざまあみやがれ!!

しっかし、俺も小さい奴だな~(笑)

書を捨てよ町へ出よう/さらば箱舟

20年以上前の話だけど、一緒に8ミリ映画を撮ってた仲間に寺山修司の崇拝者が居て、その魅力を熱く語られたり強く薦められたりしたものの何故か全く観る気になれなかった。理由としては直感みたいなもんだけど多分、俺とは相性悪いんじゃないかなあ・・と思ったから。それは当時ダイジェスト的に何かの番組で田園に死すの一場面を観てちょっと違うと思った事も強く影響してる。

それから長い年月を経て昨年か一昨年に田園に死すを初めて全編観たけど、予想通り全く乗れなかった。それでも1本だけ観て結論付けるのは違うし、何時か他の作品も観ておかなくちゃと思いつつ観る気にもなれず今に至る。

そして重い腰を上げ、ここ数日で書を捨てよ町へ出ようさらば箱舟を観たんだけど寺山修司(の映像作品)に対する印象は更に悪化してしまった。とにかく何をやりたいのか、何を訴えかけたいのかがさっぱり分からない・・と言うかその魅力が理解出来ない。恐らく作品としては決して悪い物じゃないんだと思う。そこに魅力を見出す人が数多くいるからこそ今の時代にもDVD化されてる筈だし。

もう、何というか波長が合わないのね。決してアヴァンギャルドだからとかそういう事じゃなくて空気感が肌に合わない。特に書を捨てよ町へ出ようは俺にとって凄まじく苦痛で、通勤途中の電車内だからこそ2日かけて全編観られたけど、劇場で約2時間半も付き合わされるのは拷問に近い。いや、我慢出来なくて劇場を飛び出してたかも。

そもそも俺はアヴァンギャルドが嫌いな人間じゃない。それこそ学生時代にはアヴァンギャルド系の自主映画を撮ってたぐらいだし。でも寺山修司製のアヴァンギャルドはホントにダメ。その理由が何なのか自分なりに分析してみたんだけど、最大の理由は登場人物が饒舌って所なのかな~、と。

個人的に好きなアヴァンギャルド映画を思い付くままに列挙するとリンチのイレイザーヘッド、スコリモフスキーのバリエラ、タルコフスキーの惑星ソラリス、レネの去年マリエンバートで、あと吉田喜重のさらば夏の光か。いずれも登場人物は寡黙でほとんど台詞がない。

逆にダメなのはパゾリーニ諸作品、ホドロフスキーのエル・トポ、シュレンドルフのブリキの太鼓(これはアヴァンギャルドじゃないか・・)。寺山作品も含め、ドラマ的な要素を取り払った前衛的な作品で波長が合わないと俺は異臭を感じるのね。何か、映像を見てるだけなのに悪臭が漂ってくる。理屈じゃなく感覚が悲鳴を上げてる感じ。そんな感触を久々に味わったわ。

それでも作品自体は否定しないよ。先に書いた通り崇拝者は数多く存在するし、肌に合わないのも俺自身の個人的な問題でしかない訳だから。ただ、いわゆるアングラ世代はこういった作品を認めないと君は本当に芸術という物が分かっていないねとかバカにされた事が容易に想像出来るので気の毒な時代だったなあ・・と同情したりして。

俺も今だからこうやって好き勝手な事を書けるけど、仮に60年代後半から70年代初頭にかけて20歳そこそこだったら好きでもない寺山作品をポーズ的に素晴らしい!とか言っちゃってたかも知れない。もう誰を敵に回したって関係ないから声を大にして言うけど、俺には全く理解不能です。好きだって人を非難したりはしないけどさ。

グリーン・ホーネット

感想を一言で述べるとつまらなくはない映画かなあ・・ 別に目クジラ立てて文句言いたくなる程に酷くないけど面白い!って言葉は出てこない。

派手なアクションシーンはビジュアル的に観てて楽しいし、若き日のブルース・リーが演じたカトー役のジェイ・チョウも好演してる。ただ、そういった面白い部分が点と点になってて、線状のうねるような盛り上がりに繋がっていかない。中盤の三角関係的仲間割れとか完全にドラマが停滞しちゃってるし。

金持ちの自警団という設定ではバットマンやアイアンマンと同一線上の作品だけど、アイアンマンに比べるとかなり落ちるかな~

ちなみにこれ観たらオリジナルTVシリーズの第1話を無性に観たくなった。単にオリジナルのグリーン・ホーネット誕生の経緯はどういう流れだったのか気になっただけなんだけどね。

それと、この作品が俺にとっては昨今の3D映画初体験(今更だけど)。

う~ん・・ 確かに立体的だけど3Dと言うよりは飛び出す絵本的で、二次元が2層3層になってる印象や、浮遊物には有効だけど早い動きの被写体には効力を発揮しないという点でジョーズ3Dの時代から大して進歩してないのね。あと、画面全体の自己主張が激し過ぎてドラマに集中出来ない。100円の3Dメガネも安っぽくて掛け心地悪いし、今後は3Dと非3Dの二択を迫られたら俺は非3Dを選んじゃうなあ。見せ物としては面白いけど、3D体験だけなら量販店の3DTVのデモ画面を数分眺めるだけで充分だわ、俺は。

2011年1月23日 (日)

キック・アス

その昔、スーパーヒーローには強い事以外の要素は全く必要がなかった。それが現実離れした異星人でもマッドサイエンティストが作り上げた改造人間でも観る側は納得出来たわけ。ところが今の時代、そんな単純な設定じゃ子供も納得しなくなって様々な変化球が必要になってくる。昨今のバットマンやスパイダーマンにもそういう要素は含まれてるね。すなわち現実離れしてるんだけど限界ギリギリのラインで踏み止まるリアリティですか。

キック・アスも正にその変化球を使った現代のスーパーヒーロー物なんだけど、一番重要なのは軸がブレない点で、正義は必ず勝つ事、悪人がやられるシチュエーションにカタルシスがある事、この2点をしっかり守ってるから設定や展開が変化球に満ちていても俺はヒーロー物の大道だと思う。

私的に嬉しかったのがダークマンと同系列の復讐物が主軸になってる事と、全世界の映画ファンを熱狂させてるヒットガールの立ち振る舞いね。小学生の殺し屋という設定から三池さんの不動を思い出したりして。とにかくガキが華麗に人を殺すという不道徳感がたまらない。

一つ難を言うと主人公が捕らわれる所で悪玉の息子が奴は助けてやってくれ的に情を移す点。何度も言うけど悪役は悪役以外の何物でもなく、徹底的に憎たらしくしないとカタルシスが半減するんだよ。ネタバレになるから書かないけどラストカットへの布石(すなわち次作へ繋げる為)に必要だったのかな~とは思うけど、俺は奴にも徹底的に悪役を貫き通して欲しかった。

さておき、そういった細かい部分を除けば文句なしの傑作。但し、バイオレンス描写が結構激しいからそういうの苦手な人はご用心。

映画秘宝 2011年3月号

110123

Amazonに発注した地獄の決闘DVDがまだ届かない。何時もは発売日かその前日に届いたのに・・ これは一時在庫切れという有り難い事態らしいので作者としては喜ぶべき。取り敢えず24日までには届くみたいだし、慌てず騒がず到着を待つ事にしましょう。しかしAmazonさん、せいぜい5枚とか10枚しか入荷してなかったんじゃないの??と勘ぐったりして。

さておき映画秘宝。実は俺、秘宝買うのは初めてじゃないかな? 昨年、亜紗美ちゃんとオーケンさんの対談が掲載された時にも買おうと思って発売日に本屋へ行ったんだけど、内容があまりにも総括殴り込み作戦に偏っていたのでちょっと寂しくなっちゃって(笑)立ち読みで済ませてしまったのでした。

20日発売の3月号に掲載されてる2010年度映画秘宝ベスト10で幾人かのクリエイターの方々が我らのスケ番☆ハンターズを選出して下さってるという情報が耳に届いてきたのでこれはもう買わなきゃ!と思い、今回は立ち読みじゃなくちゃんと買ってきた。先の対談ではスルーだったけど今回のベスト10選出ではしっかりタイトルを明記して下さったオーケンさんの気遣いは素直に嬉しいですね。

篠崎さんも関係者故、という事で選外にしつつも記述の中でしっかりフォローされた上に亜紗美ちゃんを2010年度ベストガールに選出して下さったりと感謝する事しきり。この場を借りて総括殴り込み作戦を選出して下さった大槻ケンヂさんと須賀隆さん、地獄の決闘を選出して下さった田野辺伊達直人さんと柳下毅一郎さんに深く感謝申し上げます。

我々の映画製作の為の努力は既に終わっていて、これからすべき事は一人でも多くの方に知って貰う為の努力なんだけど作者としても限界があり、今回のような著名な方々のバックアップフォローは本当に有り難い事です。それはブログやツイッターで宣伝活動を繰り広げて下さっている方々のご厚意も同様です。改めて皆様に心より御礼申し上げます。ありがとうございました。そして、これからもスケ番☆ハンターズを宜しくお願いします。

2011年1月21日 (金)

逆襲!スケ番☆ハンターズ/地獄の決闘DVDは今日発売で~す

また古いCFのキャッチコピーを・・

さておき、表題通りです。ひょっとしてフライングで店頭に出してる店がないかしら?とか思って昨日新宿で数店舗見て回ったけど置いてなかった(笑)

でも今日は置いてありますよ~♪ 但し! 総括殴り込み作戦の時同様、店頭在庫を見つけるのは結構骨が折れるかもです。総括リリース時の情報を参考にすると・・

●量販店にはほとんど置かれない
●TSUTAYAのセルDVDコーナーは遭遇率が高い
●ヤマダ電機のDVD売り場にはGPミュージアムさんのコーナーがある(当然、遭遇率高し)
●中野ブロードウェイセンター2FのDISC FIVEさんには確実に在庫がある
●新宿の紀伊国屋アドホックさんも取り扱ってる

・・こんな調子。東京ローカルネタが多い点はご容赦の程。見つからなかった場合は左のリンクをクリックしてAmazonで御購入下さい。そうすると僕にも僅かばかりのお小遣いが転がり込むのでお勧め(笑)

で、ソフト買うお金がない、或いは買う気はないけどレンタルだったら観てやるよという貴兄は25日のレンタル開始までお待ち下さい。ちなみにTSUTAYA DISCASさんには15枚の在庫があり、35名の方がレンタル予約をして下さっている模様。こういう事が分かってしまうんだからwebって凄い。

それとユナイテッド・エンタテインメントさんのオンラインショップでは期間限定でお得なセット販売をしております。関連グッズにも興味がお有りの方は是非この機会に御購入下さい。

以上、諸々宜しくお願いします。

2011年1月20日 (木)

S&Bカレーの王様 市ヶ谷店

S&Bカレーの王様 市ヶ谷店
市ヶ谷って所は前の職場が不況で事務所を移転した1995-98の4年間勤務した場所だったりする。それと1996-2001にかけて月イチ開催の市ヶ谷カードショーによく足を運んだ事でも思い出深い。

事務所が市ヶ谷にあった頃はJR市ヶ谷駅前にあるS&Bカレーの王様でよくカレーを食った。特筆すべき事はないけど普通に美味くてね。思い返すと新宿歌舞伎町にあった頃は映画帰りに、事務所が丸の内にあった頃は日比谷店でカレーの王様を食ってた。ところが前の職場が潰れて市ヶ谷を離れてから今日までの約13年間カレーの王様とは無縁の生活を送ってきた(カードショーで来た時は食わなかったので)。

数日前に何となくその事を思い出し、市ヶ谷店まだやってるかな〜と思いつつ仕事帰りに市ヶ谷へ寄り道したら普通にやってた。店の趣も13年前のままで味も相変わらず普通に美味い。な〜んか感慨深くて、外で一人飲みなんてほとんどしないのに生ビール頼んじゃった。カレーの王様に乾杯! また気が向いたら食いに来るぜ♪

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち

SPACE BATTLESHIPヤマトのレビューにも書いた通りさらば宇宙戦艦ヤマトが見返したくなり家から一番近いドラマへ行ったら貸し出し中。2番目に近いTSUTAYAに行っても貸し出し中。やはり考える事は皆一緒って事か。しかし俺もこうなると意地になる性分なので今晩中に絶対借りてやる!と思いつつ家から4-5km先のTSUTAYAまで車飛ばして行ったら1枚貸してたので速攻レンタル。

しかしこの作品、封切り時に新宿東急で観た後にTV放映で1回見返したきりだから約30年ぶりの再見。驚くほど細部まで記憶に残ってたけど当然ながら今観たって泣ける訳もなく、逆に突っ込みどころが多過ぎて苦笑する事しきり。すげー懐かしかったから観る価値はあったけど。

とにかく敵の中枢部が手薄過ぎとか森雪の生命力弱過ぎとか、回想する位なら島も連れていけとかテレサよ、お前は一人で逝け!とか色々あるけどガキの頃は充分過ぎる程に魂を揺さぶられたんだよね。とにかく劇場で人目をはばからず泣いたし、主要キャラがドカドカ犬死にしていく展開はトラウマになった。思えばこの殺伐とした展開は後のイデオン発動編とかにも多大なる影響を与えてるのかな~と。

ちなみに俺、公開後に放映されてこの映画の存在を無き物にした宇宙戦艦ヤマト2は確か1話しか観てない。こっちもちょっと観ておきたいな~と思いつつ全26話あるので、まあ気が向いたら観ようかなと思ってる。

2011年1月17日 (月)

おくりびと

はい、全くもって今更ですがおくりびと観ました。納棺師という仕事を静かに、奇をてらうことなく真摯に描いた良作でした。これも引き合いに出すには古過ぎるけど伊丹十三のお葬式よりは断然好感が持てた。俺、お葬式ダメなんよ。何を描きたいのかさっぱり分からなくてねえ・・

ただ、私的に熱く語れる要素は無かった。最近キワモノばっかり観てるからこういう静かな映画に対して不感症気味になってるせいもあるけど。でもまあ、良い映画だとは思いますよ。

しかしwebを見渡すと広末涼子が評判悪過ぎ。俺、そこまで酷いとは思わなかったけどなあ。黙ってりゃあんないい女いないしね(笑)

高田馬場べんてん

高田馬場べんてん
仕事帰りにエスパス日拓高田馬場でハネデジ1000円打ったら素直に当たり引いて今日も5000円勝ち♪

そこから徒歩1分程の所にあるべんてんを見たら何時も10人位並んでるのに、今日は寒いせいか誰も並んでなかった。こうなると入らないのは損な気がしちゃって(笑)吸い込まれるように店内へ。

ここのつけめん、結構いけるけど量が多過ぎるんだよね。またウェイトが増え傾向だから節食しようと思ってたのにヤバいな〜

SPACE BATTLESHIP ヤマト

いや~、観てきちゃった。友人知人の感想文を見渡すと皆声を揃えてそれなりに楽しめたって書いてるけど誰も絶賛してない。ただ、酷評も見受けられない。これは自分の目で確かめなきゃと思って。

・・で、俺の感想。全く同意見です(笑) それだけじゃ話が終わっちゃうので、多方面にヒンシュク買う事を覚悟しつつ俺なりにこの映画を一言で表現させていただくと金のかかった新春スターかくし芸大会ですね。いや、バカにしてる訳じゃないよ。全盛期の新春スターかくし芸大会はホントに面白かったからね。そういう魅力を兼ね備えた作品だって事。

そりゃ細かい事を言えば色々あるけど、そういう突っ込みは野暮なので止めておく。ただ、どうにも気になった点を二つだけ挙げると、群衆シーンに人が少な過ぎ。あれだけ金かけてるんだからエキストラの100人ぐらい用意出来たろうに。何しろ人が少ないから妙なチープ感が出ちゃってる。

あと、日本映画の伝統とも言えるイエローを基調としたカラーね。もう少しブルーに転がせば多少ハリウッド感が出るのになあ・・と思ったりして。

ちなみにこれ、オールドファンはそれなりに楽しめたと思うけど、オリジナルを全く知らない世代も充分楽しめる作品とは言い難い気が・・ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破を観た時にも全く同じ事を書いたけど、オリジナルではああなる筈が新版はこうなってる的な意外性を主軸に構成されてるから元ネタ知らないと楽しさ半減なんだよね。そういう意味でも新春スターかくし芸大会のパロディドラマ風だな~と。

あ、それとこれもオールドファン全てが同意見だと思うけど、これ観たら今やシリーズ番外編と化してるさらば宇宙戦艦ヤマトを無性に見返したくなった。どういう訳かオリジナルTVシリーズよりさらば~のシチュエーションを再現してる箇所が多かったので。思い返せば純真無垢な少年だった頃、新宿東急で泣きながら観たっけなあ・・ 真田さんと斉藤の孤独な攻防とかマジで泣いたもんなあ・・

・・なんか、新作レビューだか思い出話だか分からなくなってきたのでこの辺で。

2011年1月16日 (日)

KING BLADE

KING BLADE
今月は1万負けから始まったけど、今日の勝ちで1万プラス収支へ返り咲き。実に気分が良い(笑)

魁力屋

魁力屋
近所に出来た京都北白川ラーメン魁力屋に入ってみる。濃いめのスープと崩れたチャーシューが良い感じ。難を言うとチャーハンのネギが多過ぎ!(笑)

メイキングof逆襲!スケ番☆ハンターズ/地獄の決闘

俺的宣伝第2弾。今回は本編を離れて映像特典の話・・

編集の最中にもチョロッとだけ書き込みしたけど、その頃は情報解禁されてなかったので詳細は書けなかった。今は内容が記載されたパッケージ画像も公開されてるので書いちゃいますが、特典はメイキング映像でございます。

そもそも俺は記録映像出身のカメラマンだから、本編用とは別にDVカメラを現場へ持ち込んで比較的手の空いてるスタッフへ代わる代わるお願いして記録映像を撮って貰い、ポスプロでは俺自身がカメラを回した。まあ出来たらDVDの特典用に・・って事も想定してなかった訳じゃないけど、まだDVD化の話は持ち上がってなかったから趣味的な意味合いの方が強かったかも。

実質10日に渡る撮影現場を記録したDVテープは6-7時間分あり、30分程度の中編も充分に作成可能だった・・けど、俺はこれを10分に満たない短編に仕上げた。理由は俺自身が市販のDVDを購入した際、長いメイキングはダルくて観ないから(笑) パッケージに10分って書いてあれば観るけど、30分とか40分なんて書いてあると余程好きな作品じゃなければ全く観る気になれず、保留したまま未見って事が凄く多い。せっかく特典に付けるなら多くの人に観て貰いたいし、俺基準で短編にした方がユーザーにとっても望ましいんじゃないかな、と。

それと、あまり編集に凝らないってのもコンセプトの一つ。効果を多用したスピーディーでスタイリッシュなカットワークや、バラエティ番組的なテロップとかは一切使ってない。個人的な趣味に合わないって事もあるけど、最大の理由は面倒臭いから(笑) そんな訳で編集スタイルは極めてシンプル。

肝心の内容だけど、役者さん達の素顔が観られるという点でファンの人にとっては結構な貴重映像じゃないかな。主役の亜紗美ちゃんはメイキングでも大活躍してるし、あのクールな殺し屋ルックでおどける三輪ひとみさんは劇中との壮絶なギャップが実に楽しい。

それと個人的な拘りで、俺がギターを弾きながら音楽の二木元太郎君と打ち合わせをするカットも含めた。監督自ら作曲家にギターを弾いて聴かせる記録映像って見た事がないので面白いかな~と思って。単なる出たがりとも言えるけど(笑) ちなみに俺の弾くギターは約1年前に購入したGibsonのSGスタンダード・レフティ。こういう形で活かせたから買った意義はあったね。

劇映画は短編を含め今までに4本公開されてるけど、俺の手がけた記録映像が世に出るのはこれが初めてなんだよね。そういう意味で個人的にも思い入れ深いので、DVD購入の折りには本編と合わせてお楽しみいただければ幸いです。

2011年1月15日 (土)

キル・ビル

ハイビジョンクオリティという事でタイマー録画したWOWOW放映のキル・ビルを数年ぶりに見返してるんだけど、昨日紹介した映ちゃん号ことダークブルーのフェアレディZ32はこの映画の影響で購入したんだよね。初代映ちゃん号ユーノス・ロードスターから乗り換えるにあたって最低4人乗れるスポーツカーを模索した結果、Z32という結論に達したのは自然の摂理だけど、これをダークブルーにしたのは正にキル・ビルの影響(但し劇中ソフィーが駆るZ32はオートマの2シーターで、我が愛車は2by2のマニュアル車)。

周囲じゃイマイチ評判の悪いキル・ビルVol.1だけど、俺は単純に良く出来たバカ映画として支持してる。細かい事を言い出せば色々あるものの、青葉屋の30分に渡る大立ち回りはやはり凄いな、と。あのハイテンションを30分もの間持続させるのは誰にでも出来る事じゃない。

ただ、幾つかの残酷描写がカットされてたり青葉屋のシーンも一部モノクロになってたりしてるのが妙に気になった。俺的には大した描写とも思えないんだけど、TV放映って事になるとこのレベルでもダメなのかね。これじゃ俺の地獄の決闘なんか放映不可能じゃん(笑)

ちなみに拙作地獄の決闘における母子殺害シーン、私的には夕陽のガンマン、ロボコップ、新・仁義の墓場をリスペクトしたつもりだったけど改めて見返すとキル・ビルの影響も相当受けてる。特に日本刀がベッドを貫く描写はキル・ビルVol.1のアニメパートそのもの。如何に自作が俺の今まで観てきた映画のイメージで構築されてるかを再認識させられたり。

あ、それと地獄の決闘とキル・ビルの共通点がもう一つ。いずれにも佐藤佐吉さんが出演してる事ですね。映画製作とは無縁の生活を送ってた頃に観たキル・ビルVol.1のチャーリー・ブラウンが自作へも出演して下さる事になるとは不思議過ぎる巡り合わせ・・

2011年1月14日 (金)

気になる

だんだん 好きになる 気になる 好きになる
だんだん 好きになる 気になる 好きになる
だんだん 好きになる 気になる 好きになる
だんだん 好きになる 気になる 好きになる

http://store.shopping.yahoo.co.jp/pcbox78/dmpb100s.html

映ちゃん号 完全復活!

映ちゃん号 完全復活!
年末にカーコンビニ倶楽部でキズ補修したんだけど、フロントバンパーだけは値が張るって事で保留。ところが他の補修部分が見事な仕上がりで、フロントバンパーだけキズだらけなのは気持ちが悪くなり年始に追加補修。更にくたびれてたバッテリーも交換したので我が映ちゃん号は完全に生き返った。今年で17年落ちの半クラシックカーだけどエンジンは元気いっぱいだからまだまだ乗るよ♪

ちなみに他で不安材料があるとしたらカーステのスピーカーがそろそろ寿命かも。あれ、7-8年でボロボロになっちゃうからなあ(交換したのは約6年前)。

2011年1月13日 (木)

平原綾香/いきものがかり

先の話の続き。WOWOW加入以降、録画してるのは大半が映画だけど音楽系番組も充実してるので、Perfume以外に録画したのが表題の2アーティスト。

平原綾香は約1年前YouTubeで観た岩崎宏美とデュエットで聖母たちのララバイを歌う動画が凄く良くて気になる存在だったから(現在その動画は削除済み)。いきものがかりの方はPerfume目当てで録画した歌番で共演してる機会が多く、観たら結構良かったのでライブも観ておこうと思ったから。

いや、どっちも良かったな。平原綾香は歌唱力もさる事ながら誰もが知ってるクラシック曲に日本語の歌詞を付けるというコンセプトの勝利。いきものがかりの方はとにかく声を変に作らず腹の底から声を出す直球勝負の歌唱法に凄く好感が持てた。そんな訳で自宅ではこの2番組をBGV的に流してる事が多い(今も平原綾香を聴きつつ書き込み中)。

ただ、これがPerfumeの時みたくリリースされてるCDからDVDまで一揃えしちゃう程にはハマってない。別に平原綾香やいきものがかりがPerfumeに劣ってる訳じゃなく、単に個人的な趣味・・と言うか波長の問題だな。

ちなみにこの3アーティストには2つの共通点がある。まずファン層が幅広い事、そして国営放送を味方に付けてる事。これは心強い。多少ファンの増減はあっても余程の不祥事を起こさない限り今の地位は国営放送が維持してくれるだろうから末永く頑張って欲しいよね。

2011年1月12日 (水)

ポータブルブルーレイプレーヤー

今ちょっと購入を検討してるAV機器があり、それが表題のポータブルBDプレーヤー。まだ大した数じゃないけどWOWOWで録画したブルーレイが溜まり始めてて、これをDVD同様通勤途中に消化出来たら良いなあ、と思ったりして。

ただ、これがまだ非常に限られたニーズを対象とした商品でラインナップが貧困な上に完成度はイマイチだし値段も高い。中国製で聞いた事が無いメーカーのなら3-4万と比較的リーズナブルなれど、肝心のBD-Rが再生不能なので買っても無駄。ここは慌てず騒がずブルーレイの普及率向上を待った方が賢明かも知れない。多分1-2年もすればもっと安くて高性能なデッキが登場するでしょ。

思い返せば俺が数年前に購入したポータブルDVDプレーヤーは8インチで約4万したのにリジューム機能すら備わってなかった。今じゃ9インチでUSB/SDメディア対応のデッキだって中国製なら1万そこそこで買えるもんね。

ちなみに即解約しようと思ってたWOWOWだけど月末にはイエジー・スコリモフスキー特集が、2月頭にはPerfumeの参加したAct Against AIDS 2010の放映が控えてるから今も加入中(笑) そんな訳でBD-Rは増える一方なのだ。

2011年1月11日 (火)

地獄の決闘セルリリース10日前

・・という訳で作者なりの宣伝活動を。逆襲!スケ番☆ハンターズ/地獄の決闘は5月のシアターN渋谷レイトショーから地方公開を経て、DVDリリースが決まった時点で思う所あって若干の手直しを施し、劇場公開版の73分から71分にシェイプされてる。これは公開後に様々な方から受けたアドバイスを反映させつつも決して鵜呑みにする事はせず、俺自身納得のいく助言のみを活かす形でテンポアップさせた。

実を言うと地獄の決闘は仮編段階で78分ほどあり、これを73分にシェイプしたのも周囲のアドバイスを受けての事。俺自身はカットの頭尻に過度の間合いを持たせたもたり感が好きなんだけど、それは必ずしも観る者にとって好ましくなかったりする。それを周囲に指摘されカットの頭尻を削って5分短縮させたんだけど、劇場公開版にはまだ自分好みのもたり感が数多く残されてたのね。

で、多くの方々に観て貰った結果あそこってちょっと長くね?みたいな意見が多数耳に届いてきたのと、そこを削ってもまだ自分好みの長廻し演出は残されるという事実に気付き、個人的な拘りを捨ててカットワークだけはもたりを無くそうと思って更にカットの頭尻を削った、と。

そんな訳で劇場公開版とは若干ニュアンスの異なる仕上がりになってる。でも前記の通り、長廻しカットは全くの手つかず・・と言うか、手の入れようがない。ちなみに本作で最も長いカットは1分36秒(草原で静かに復讐の準備をする亜紗美)で、次に長いのが1分19秒(小龍会倉庫での格闘)。更に1分前後の長廻しが5-6カットある。71分というコンパクトな作品中にこれだけ長廻しが含まれてればカットワークでもたり感を出す必要はないでしょ。

そんな訳で劇場公開版をご覧頂いた方にも仕上がりの違いをご確認いただきたく。

2011年1月10日 (月)

アンストッパブル

え~と、結論から言うと最高でしたね。トニー・スコットは前作サブウェイ123でちょっとやっちゃった感があり不安視してた部分もあったけど、webを見渡せば非常に評判が良いのでこりゃあ来るかも?と思って観に行ったらやっぱり傑作だった。

とにかく無駄な要素を削ぎ落とし暴走列車を止めなくちゃ!ってだけの話で見せ切る99分。その題材もトニー・スコットのスタイリッシュでスピーディな作風と見事にマッチしてる。確かに観終わった後で冷静に考えればご都合主義的な部分が結構あるけど、観てる間は全く気にならないから万事OK。ノンストップ系サスペンスでは久々に出会った大当たりって感じ。

引き合いに出すにはちょっと古いけどヤン・デ・ボンのスピードの話をすると、あれも嫌いじゃないんだけど緊張感が持続しないのね。もう、あらゆる所で緊張の糸が途切れる。良く言えば緩急って事なんだろうけど、ノンストップ系の映画で緊張の糸が切れるのは結構致命的だよね。それこそ先に言ったご都合主義的な部分が観てる間も気になっちゃう。アンストッパブルが見事なのは最初から最後まで緊張の糸が途切れないから、ご都合主義を見透かされないって事。webであそこはご都合主義だから云々・・とか偉そうな事を書いてるケツの穴の小さい野郎も観てる間は結構夢中だった筈だよ。

要はご都合主義自体が悪いんじゃなく、それが観てる間にバレるかバレないかで映画の価値は決まると思う。その点、この映画のサスペンス演出は教材にしても良い出来映え。俺は取り敢えずBDかDVDが出たら早々に入手して何度も見返し、サスペンスの勉強をしようと思ってる(笑)

とにかく小難しい事を考えず純粋に上映時間分だけ楽しみたいって人へは絶対の自信を持ってお勧めする。単純に面白い映画だよ。

新発見

新発見
地元ヤマダ電機のDVD売り場を覗いたら何と、邦画コーナーとは別に「GPミュージアム」というコーナーがあり、当然ながら総括殴り込み作戦も置いてあった。ええ、そりゃ勿論、表面置きしてきましたよ(笑) 恐らく21日になれば拙作地獄の決闘もここに加わる事でしょう。また見に来よっと♪

しかしヤマダ電機とGPミュージアムさんって特別な繋がりでもあるのかな?

優作大会

・・という訳でここ数日観たDVDはヨコハマBJブルース、俺達に墓はない、暴力教室、あばよダチ公と優作主演作ずくめ。更に嵐が丘、それから、人間の証明が控えてるので優作大会はもう暫く続く。

寸評を書くと、ヨコハマBJ~は工藤栄一監督のスタイリッシュな映像美や優作のブルースに酔いしれつつも、何処か優作の想いが空回りしてる感のある作品といった印象。しかし暴走族登場シーンで流れるBGが横浜銀蝿、族のヘッドが故・山田辰夫氏といった所に時代を感じさせるなあ・・ 優作は狂い咲きサンダーロードが好きだったんだろうか。

俺達~、暴力教室、あばよダチ公に関してはとにかくホンが荒く、物語構成も破綻してるから全く感情移入出来ず。ただ、シンパシーを感じてしまうのは70年代初頭から中盤にかけては今じゃ考えられない程のプログラムピクチャー量産時代だからホンを練り込む時間も金もなかったんだろうなあ・・という事。特にあばよダチ公は優作の太陽にほえろ!レギュラー出演時期と被ってるからスケジューリングもキツかった筈。そんな訳で無責任に作品の質云々を述べるのは止めておく。

なお龍馬暗殺、ひとごろし、華の乱は今回も観る気が起きなかったので保留・・

ちなみに以前からのリピーター諸氏は既にお気付きだと思うけど、俺はDVDを観る時に一つのテーマを決めて○○大会と銘打つ事が多い。去年だとアメコミ実写大会とかマカロニ大会とか、任侠大会とかやってたな。そんな調子で今回の優作大会を終えたら次は何大会にするか画策中。

有力なのは寺山修司大会かなあ・・ 未だ田園を死す以外の寺山作品は観てないから何処かで全作一気観しようと思ってるんだけど、なかなか気が向かなくてねえ・・ 

2011年1月 8日 (土)

地獄の決闘DVD

遂にAmazonで地獄の決闘DVDが画像付きで予約開始。何と26%OFFの2953円だ。安い! ちなみに俺もAmazonに発注しました(笑)

そりゃ、GPミュージアムソフトさんに一声かければ見本盤の1枚や2枚貰えるだろうけど、そういう事じゃないんだなあ。自作のDVDが市場に流れ、作者として1枚買うって事が快感なのだ。モノが欲しい訳じゃなく、DVDを買うという行為そのものを味わいたかったし、味わえる幸福を噛み締めたかった。それでも割引率の高いAmazonで買っちゃう辺りが貧乏根性丸出しだけど、そこはまあスルーの方向で。

しかし2953円なんて一晩の飲み代にもならないでしょ。ほらほら、そこのリピーターさんも買って買って! ヤフオクで転売しても俺は文句言わないからとにかく左のリンクをクリッククリック!!

2011年1月 7日 (金)

ドキュメンタリー頭脳警察

年明けにモンティ・パイソン7枚組を見終え、手持ちの未見DVDを全消化してちょっとした開放感に満たされたのも束の間、また調子に乗って7枚借りて来ちゃった。ちなみに内訳はSOULRED松田優作、暴力教室、俺達に墓はない、人間の証明、それから、嵐が丘と優作出演作の応酬。あと、優作とは直接関係ないけど工藤栄一監督の野獣刑事

アウトレイジの特典ディスクもまだ観てない上にWOWOWで録画したアバター、グラントリノ、インビクタス、ハッピーフライトもあるし、撮ろうと思ってる映画はまだあるから一気に未見作品が10本超え。WOWOW録画分に関してはハイビジョンクオリティだけど手持ちのポータブルDVDプレーヤーじゃ観られないので自宅鑑賞を強いられるのが辛いところ。

更にこんなのも購入・・

110107

瀬々敬久監督のドキュメンタリー頭脳警察。5時間を超える長尺って事と定価7000円もするって事で暫し静観してたものの、いざ手に入れたらこれから観始めてしまい1部2部と一気観。

しかし還暦近いから仕方ないけどPANTAもTOSHIも老けたなあ・・ 歌声だけ聞いてると俺が追っかけやってた頃と比べて何ら遜色ないんだけどね。ちなみに俺が都内近県のライブに通い詰めてた頃はPANTAもまだ38-9歳だったから今の俺より若い。ギターの菊池琢己氏にせよ生で観た時は活きの良いハードロックあんちゃんって感じだったのに今じゃどこから観てもオッサンだし。まあ、当の俺も20歳そこそこで若さ全開だったら人の事は言えない(笑)

2011年1月 5日 (水)

最も危険な遊戯

年末に中平さん、ゼブラさんと飲んだ時に最も危険な遊戯の話題になって、ファーストカットが中野サンプラザから撮られたと思われる約30年前の中野の情景だという話を聞いて何年かぶりに再見。なるほど、まだビルの少ない新宿副都心からズームバックし、丸井中野本店や我が母校である桃ヶ丘小学校からパンダウンすると木材置き場で射殺死体が発見される。思い出深い故郷の情景なのに、何で指摘されるまで気付かなかったんだろ? ちなみにあの木材置き場は当時国鉄アパートと呼ばれた住宅の合間にある空き地ですね。ガキの頃はあそこでよく遊んだなあ・・

さておき、改めて遊戯シリーズを見返すと拙作地獄の決闘で無意識的にリスペクトしてる事を自覚させられたり。語り草にもなってる遊戯シリーズの長廻し銃撃戦は地獄~における長廻しアクションのオリジナルだし、優作繋がりで言うと地獄~のラストカットは野獣死すべしのラストカットを無意識的に再現してる。シナリオやコンテを書いてる時は全然意識してなかったのに。

話を遊戯シリーズに戻すと、確かに面白いけど私的優作ベストとは言い難い。やっぱり俺の中では野獣死すべしがベスト・オブ・ベストで次点がア・ホーマンス。要するにアクション俳優から演技派へスイッチしようとしてた時期の寡黙ながら存在感が凄まじい頃の優作が一番好きなのね(ただ、家族ゲームは個人的にあまり好きじゃない)。勿論、これは優劣の話じゃなく個人的な趣味の問題。

ただ、バリバリアクションをこなしてた頃の優作も魅力的だし、実はその辺が結構穴になってて観てない作品が多いからこれを機に観ておこうかな、と思ったりして。近所のレンタル屋へ行けば俺達に墓はない、暴力教室とか貸してるので、まずはその辺から攻めていこうと思う。

2011年1月 4日 (火)

シングル年間ランキング

普段、シングルCDのランキングなんか全く気にしないのに何となくオリコン覗きに行ってみたらPerfumeより放課後ティータイムの方が売れてるのね。な~んか複雑な心境・・ ちなみにランキングから抜粋すると・・

39位...GO! GO! MANIAC(初回限定盤)  放課後ティータイム
47位...NO,Thank You!(初回生産限定盤)  放課後ティータイム
50位...Listen!!(初回限定盤)  放課後ティータイム
51位...Utauyo!!MIRACLE(初回生産限定盤)  放課後ティータイム

53位...VOICE(初回限定盤)  Perfume
62位...不自然なガール/ナチュラルに恋して(初回限定盤)  Perfume
64位...ねぇ(初回限定盤)  Perfume

・・で、95位にごはんはおかず/U&Iが。俺、放課後ティータイムじゃこれが一番好みなんだけどなあ・・ しかし時代が時代ならベストテンとか出てたのかね?? ちなみにトップ10を嵐とAKB48が独占してるのは多方面で紹介された通り。

話は変わって指の話。骨折じゃない事が分かって安心したから・・って訳でもないんだろうけど腫れが引き始めた。ただ、指先の痺れた感じがず~っと続いてる。これも強く神経を圧迫したせいで、放っておけば直るらしい。でも、あと一週間はこのままだろうな。

ちなみに昨日までは骨に異常があったらまずいって事でひたすら左手人差し指をかばい続けてきたけど、むしろ極力動かした方が早く直りそうな気もする。特に痛みはないし切り傷も治ってきてるからリハビリ感覚で指を動かすよう心がけましょうかね。

考えるな、感じろ!

考えるな、感じろ!
病院で待ち時間にコンビニで買ったブルース・リー物語のマンガ読んでたら李小龍熱が燃え上がり、ブルース・リーGODのハネデジで一勝負。14000円突っ込んでも当たりが来ず冷や汗かいたけど、そこから9連して1500円負けまで持ち返した・・って、結局負けかよ!

骨に異常無し!

骨に異常無し!
・・という事でひと安心。会計待ちの暇つぶしに病院前の公園で1枚。今日もいい天気♪

涼宮ハルヒの消失/時をかける少女

総括殴り込み作戦のDVDをレンタルした時に気まぐれで一緒に借りた劇場公開用アニメ映画2作をまとめて観る。

まずは涼宮ハルヒの消失。うる星やつら21世紀版といった内容で人気を博したTVアニメの劇場版。内容的にもうる星やつら2ビューティフル・ドリーマーをリスペクトしてる印象。これが2時間40分という長尺なので休み休み観るかあ・・と思ってたらトイレに立つ事もなく一気観させられてしまった。要はそれだけ観る者を惹き付ける力が備わった作品って事か。但し、原作ないしTVシリーズで世界観を掴んでる人向けの作りがなされてるので万人にお勧め出来る作品じゃない。俺はけいおん!の流れでTVシリーズも一応チェックしてたから素直に入り込めたけど。

もう1本が時をかける少女。筒井康隆のあまりにも有名な原作をアニメ化した作品。こちらもやけに面白くて98分一気観。そんな訳で今夜は約4時間もの間アニメに没頭してた事になる。

いずれも日常の中の非日常を描いた作品で、静かな導入部から徐々に日常が狂い始め、気が付いたら登場人物に感情移入して物語にグイグイ引き込まれていく。要するにシナリオ構成が巧みなのね。見終わった後で冷静にアラ探しすれば穴も多いんだろうけど、観てる間は全く気にならないし気にさせない。

たかがアニメとあなどる事なかれ。実写だろうがアニメだろうが優れてる物は優れてるので、俺は素直にこの2作品を支持しますよ。

2011年1月 3日 (月)

骨折か??

取り敢えず処刑遊戯殺人遊戯は見終えた。年始に東映セントラルの優作主演作を観てると学生時代に観た年末年始の深夜番組を思い出したりして。80年代半ば頃には遊戯シリーズやトラック野郎シリーズが深夜に必ず放映されてたからね。確か最も危険な遊戯を初めて観たのも20歳頃の年末年始じゃなかったかな。

それはいいんだけど、年末に負傷した左手人差し指の腫れが治まらない。一週間腫れが引かないって事は骨の異常を疑わなくちゃいけない・・って事で、今日は夜勤明けに地元の病院&整形外科を見て回ったんだけど何処も三箇日の為休診中。明日には通常診療になるらしいから朝イチで病院へ行く事にしよっと。しかし、仮に折れてたとしたら一週間放置はヤバいよなあ・・ もはや大事じゃないよう祈るのみ。

2011年1月 2日 (日)

年末年始もPerfume三昧

日々、全くテレビを観ない俺がこの年末年始はタイマー録画しまくり。その大半がPerfume関連の番組なのだ(笑) いや、公式サイト覗くとテレビ出演の情報をガッチリ拾えるし、年末年始は出演番組がやたら多いんで・・ ただ、紅白は録画しなかったな。

他の歌番も出演部分だけ一応チェックしておこうと思っただけ。とにかく見応えがあったのはNHKの東京ドーム公演ドキュメンタリー。会場で観てた時もあれだけの距離をどうやって高速移動してるんだろ??と思ってたけど、まさか花道の下が大脱走のトンネルみたいになってて人力台車で移動してたとはね。さすが国営放送。良い番組作るわ。

で、ドーム公演の再放を録画する為にWOWOW加入してんの(笑) 折角リピーターの方に録画して貰ったけど、内容が予想を超える素晴らしさだったのと、今のところブルーレイのリリースは予定されてないからハイビジョンクオリティで保管したいな~と思って。

ちなみにWOWOW加入は10数年ぶり。立川へ引っ越した92年頃に加入して(丁度ツインピークスがブーム的に盛り上がってた頃)一時期はマメに録画してたものの、年間22000円の加入料に旨味が感じられなくなって97-98年頃に解約してしまった。今じゃ月額1000円に満たないのね。でも、お目当ての番組を手中に収めちゃったから早々に解約しちゃう(笑) WOWOWゴメン。

それでも今月一杯は契約解除せず、めぼしい番組を録画しようと思ってる。既にグラントリノ、インビクタス、アバターをハイビジョンで録画。これだけで充分に元取れたかな~と。

そう言えば、ようやく空飛ぶモンティ・パイソン全エピソード制覇。ダラダラ観てたら約1ヶ月かかってしまった。そして昨日から通勤途中の映画鑑賞を再開。ちなみに今観てるのは優作の処刑遊戯。その後も殺人遊戯、最も危険な遊戯、ヨコハマBJブルースと優作主演作が続く。

2011年1月 1日 (土)

謹賀新年

110101

世間が正月気分で浮かれてる最中もこちとら深夜勤務なのだ。それでも女性キャスト達はみんな晴れ着姿で煌びやかだから俺も少しだけ正月気分。折角なのでライブの合間に斉藤&竹江キャストと記念撮影(笑)

さておき、新年明けましておめでとうございます。今年も当ブログを宜しくお願いします。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »