2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 地獄の決闘DVD | トップページ | 新発見 »

2011年1月10日 (月)

優作大会

・・という訳でここ数日観たDVDはヨコハマBJブルース、俺達に墓はない、暴力教室、あばよダチ公と優作主演作ずくめ。更に嵐が丘、それから、人間の証明が控えてるので優作大会はもう暫く続く。

寸評を書くと、ヨコハマBJ~は工藤栄一監督のスタイリッシュな映像美や優作のブルースに酔いしれつつも、何処か優作の想いが空回りしてる感のある作品といった印象。しかし暴走族登場シーンで流れるBGが横浜銀蝿、族のヘッドが故・山田辰夫氏といった所に時代を感じさせるなあ・・ 優作は狂い咲きサンダーロードが好きだったんだろうか。

俺達~、暴力教室、あばよダチ公に関してはとにかくホンが荒く、物語構成も破綻してるから全く感情移入出来ず。ただ、シンパシーを感じてしまうのは70年代初頭から中盤にかけては今じゃ考えられない程のプログラムピクチャー量産時代だからホンを練り込む時間も金もなかったんだろうなあ・・という事。特にあばよダチ公は優作の太陽にほえろ!レギュラー出演時期と被ってるからスケジューリングもキツかった筈。そんな訳で無責任に作品の質云々を述べるのは止めておく。

なお龍馬暗殺、ひとごろし、華の乱は今回も観る気が起きなかったので保留・・

ちなみに以前からのリピーター諸氏は既にお気付きだと思うけど、俺はDVDを観る時に一つのテーマを決めて○○大会と銘打つ事が多い。去年だとアメコミ実写大会とかマカロニ大会とか、任侠大会とかやってたな。そんな調子で今回の優作大会を終えたら次は何大会にするか画策中。

有力なのは寺山修司大会かなあ・・ 未だ田園を死す以外の寺山作品は観てないから何処かで全作一気観しようと思ってるんだけど、なかなか気が向かなくてねえ・・ 

« 地獄の決闘DVD | トップページ | 新発見 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 優作大会:

« 地獄の決闘DVD | トップページ | 新発見 »