2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« フジカシングル8 フジクロームR25N | トップページ | 隅田川 »

2011年1月31日 (月)

デコトラギャル奈美 爆走!夜露死苦編

亜紗美ちゃんの強力サポーターSHINさんと飲んだ時に傑作ですよ~ 泣けるので是非観て下さい!と薦められたのは随分前の話なんだけど、近所のレンタル屋じゃ置いてなくて長いこと保留してた。で、ようやく数日前に借りて観たら・・なるほど、確かに泣ける。ただ、これを泣ける映画として紹介するのは違うんだな。言ってみれば往年の人情喜劇的な笑いあり涙ありの泣けるシチュエーションといった感じ。

タイトルが示す通り、このVシネマは鈴木則文監督の快作トラック野郎のギャル版。しかも制作者サイドは意識的にトラック野郎の世界観をリスペクトしてる。いつもの仲間達が集まる古いドライブインがドラマの拠点になってる所とかね。そこに強い映画愛を感じるし親近感すら覚える。

俺らがやくざハンタースケ番☆ハンターズでピンキーバイオレンスやマカロニウエスタンをリスペクトしたようにVシネの世界にも往年の娯楽作を今の時代に蘇らせようとするシネフィルが大勢居て、恐らくは今までにもデコトラギャルの様な秀作が沢山作られてきたんだと思う。ただ、あまりにも数が多過ぎる上に注目度が低いからその評判が俺の耳にまで届いてこないんだよね(単に勉強不足とも言えるけど)。

でも俺なんかより敏感なレーダーを持ったシネフィルには好評で、デコトラギャル奈美シリーズは既に3作目のリリースが控えてるという。時代の波に押し流される事なく、こういう良質な人情喜劇が作られ続けるのは非常に喜ばしいですね。俺も陰ながらスタッフ・キャストの皆さんを応援させていただきますよ。

« フジカシングル8 フジクロームR25N | トップページ | 隅田川 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デコトラギャル奈美 爆走!夜露死苦編:

« フジカシングル8 フジクロームR25N | トップページ | 隅田川 »