« キック・アス | トップページ | 書を捨てよ町へ出よう/さらば箱舟 »

2011年1月24日 (月)

グリーン・ホーネット

感想を一言で述べるとつまらなくはない映画かなあ・・ 別に目クジラ立てて文句言いたくなる程に酷くないけど面白い!って言葉は出てこない。

派手なアクションシーンはビジュアル的に観てて楽しいし、若き日のブルース・リーが演じたカトー役のジェイ・チョウも好演してる。ただ、そういった面白い部分が点と点になってて、線状のうねるような盛り上がりに繋がっていかない。中盤の三角関係的仲間割れとか完全にドラマが停滞しちゃってるし。

金持ちの自警団という設定ではバットマンやアイアンマンと同一線上の作品だけど、アイアンマンに比べるとかなり落ちるかな~

ちなみにこれ観たらオリジナルTVシリーズの第1話を無性に観たくなった。単にオリジナルのグリーン・ホーネット誕生の経緯はどういう流れだったのか気になっただけなんだけどね。

それと、この作品が俺にとっては昨今の3D映画初体験(今更だけど)。

う~ん・・ 確かに立体的だけど3Dと言うよりは飛び出す絵本的で、二次元が2層3層になってる印象や、浮遊物には有効だけど早い動きの被写体には効力を発揮しないという点でジョーズ3Dの時代から大して進歩してないのね。あと、画面全体の自己主張が激し過ぎてドラマに集中出来ない。100円の3Dメガネも安っぽくて掛け心地悪いし、今後は3Dと非3Dの二択を迫られたら俺は非3Dを選んじゃうなあ。見せ物としては面白いけど、3D体験だけなら量販店の3DTVのデモ画面を数分眺めるだけで充分だわ、俺は。

« キック・アス | トップページ | 書を捨てよ町へ出よう/さらば箱舟 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グリーン・ホーネット:

« キック・アス | トップページ | 書を捨てよ町へ出よう/さらば箱舟 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ