2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« スーパーマンのタイトルクレジット | トップページ | スーパーマン2 冒険篇 »

2011年4月24日 (日)

スパイダーマンのBD

取り敢えずスーパーマン2を半分観た。そしたら中高生時代に何故2・3を観なかったのか、その理由を何となく思い出した。当時の映画専門誌で特撮がどんどんショボくなってるという記述に触れて敬遠しちゃったのでした。観れば確かに頑張ってた1作目に比べると結構なチープ感でB級フレーバーたっぷり。でもつまらなくはないしリチャード・レスターは好きな監督なのでこのまま続きを観る予定。

ちなみにスーパーマン2・3・4と同時に借りてきたのが公開当時幾人かに勧められつつ観に行かなかったインセプションと、マイケル・ジャクソンのTHIS IS IT。いずれも良い映画みたいね。

平行して折角ソフト買ったのに全然観てないBDでも観ようかとスパイダーマン三部作を引っ張り出してきて確認したら、これって初期にリリースされたブルーレイだからかリジューム(一度止めて電源を落としてもそこから再生出来る機能)が無効になってる。すなわち、40分ほど観た後に乗り換えで一度切ってしまうと頭からの再生になり、観終えたポイントまで早送りしないと続きが観られない。これは何度となくブレイクを余儀なくされる通勤途中鑑賞には致命的だよねえ。

そんな訳でスパイダーマンシリーズの通勤鑑賞は断念。で、同時期に買った輸入盤のダーティハリーBD-BOXを確認したらそっちはそんな事ないので、こいつらを観終えたらダーティーハリー大会でもやろうかなと思ってる。

« スーパーマンのタイトルクレジット | トップページ | スーパーマン2 冒険篇 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スパイダーマンのBD:

« スーパーマンのタイトルクレジット | トップページ | スーパーマン2 冒険篇 »