2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« イノセンス | トップページ | タワーリング・インフェルノ »

2011年5月 5日 (木)

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊

吾が舞えば 麗し女 酔いにけり
吾が舞えば 照る月 響むなり
結婚に 神降りて
夜は明け 鵺鳥鳴く
遠神画賜
遠神画賜

いやあ・・ 難しいッスねえ。初めてこの歌を聴いた時は日本語だと思わず何となく聞き流してて、その後この歌詞を知ったものの、やっぱり意味がよく分かんない。それでもこの歌と押井ワールドの融合は実に魅力的で何度観ても陶酔させられる。

この作品、世界観やビジュアルも見事だけど、とにかく音が素晴らしい。銃弾が装甲車を貫く時の共鳴音とか凄く印象的で、拙作スケ番☆ハンターズ地獄の決闘でも再現を試みてたりする。女殺し屋アキラの発砲するOOB弾がトタン板に着弾する時の音だけど、音効さんに攻殻~を観て貰いこういう感じでお願いします!って伝えた。

この作品を初めて観たのは97年の夏頃。当時俺はトレカ収集に狂ってて、コレクター仲間がこれのトレカを集めてた影響で俺も作品を観ずに買い、その後レンタルビデオ屋で借りてきて観たんだっけ。ホント、あの頃は全く映画も観ずにNifでトレカのトレードばっかりしてたから例えビデオでも映画を観るのは久々だった事を思い出す。その際も一時トレカ収集を忘れて陶酔させられたっけ。

ちなみにその時集めた攻殻のトレカ、クロミウム仕様で凄くカッコよかったけど今は手元に1枚も残ってない。随分前にヤフオクで売り払ってしまったのでした。当時フルコンプリートセットで5000円ぐらいになったのかな? 今は1000円でも捌けないから早めに手放したのは正解だった。

なんか全然攻殻のレビューになってないや。イノセンスの直後に観ちゃうとさすがに古さを感じるけど、世界観と空気感の心地良さは不変だね。

« イノセンス | トップページ | タワーリング・インフェルノ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊:

« イノセンス | トップページ | タワーリング・インフェルノ »