2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« The Who - Encore coda, Woodstock, 17 Aug 1969 | トップページ | 男の手料理 健康食編 »

2011年5月30日 (月)

生き残り銃

おかげさまでヤフオク出品した物は順調に入札されてる。リッケン330みたいな高額品はなかなか入札されないから長期戦が必須だけど、フェンダージャパンのテレキャスとかツイードチャンプは即入札されたのでVOX購入資金も余裕で回収出来た。有り難いことです。

楽器類の次に出品したのがトイガン各種で、この期に及んでもまだ手放すのを躊躇して生き残った物が幾つかある。但し、MGCのS&W M29とか東京マルイのエアコッキングガバメントは売り物にならないという理由で出品しなかっただけ。

意識的に残したのはタナカワークスのコルトSAA、東京マルイのガバメント(ガスガンVer)、KSCのオート9(ロボコップの銃)の三挺。で、実はMGCのウィンチェスターも手放す気満々だったものの、備品の整理をしてたら数年前にヤフオクで入手したパーツを見つけて思いっきり手放す気が失せてしまった。

ちなみにそのパーツってのはランダルカスタム用の木製ストックなんだけど、実際に装着するとこうなる。

110530

ど~ですかこの無意味な仕様! 正にビジュアル先行型で実用性ゼロのカスタムは非常にマカロニウエスタン的で、何時の日か自作の映画に登場させたいと思ったら手放す気も失せた、と。

ちなみに俺が知る限り、こういうアホなカスタムガンが銀幕を飾った例は一度もない筈。だから当然、俺が第一号を飾るんだから映画関係者はパクっちゃダメよ!!・・つーか、パクられたくなかったら書かなきゃいいじゃんって話だけど。 でもまあ、こんな銃を小道具に映画を撮ろうとする奴は俺以外に居ないと思うから余計な心配かもね。

« The Who - Encore coda, Woodstock, 17 Aug 1969 | トップページ | 男の手料理 健康食編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生き残り銃:

« The Who - Encore coda, Woodstock, 17 Aug 1969 | トップページ | 男の手料理 健康食編 »