2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

COVERS Grace of The Guitar+ 森恵

無料ブログはココログ

« GIRLS' GENERATION食玩 | トップページ | [HD 1080p] CM サントリーウイスキー トリス 「雨と子犬」 »

2011年7月17日 (日)

さらばヤンキース 運命のワールドシリーズ

俺が本の虫と化してた2003-2004年頃、BookOffで衝動買いしてそのまま放置してたこの本を一週間ほどで読破。副題から察するに伝説的名勝負が展開されたワールドシリーズの詳細なルポなのかと思ってたら全然違って、常勝ヤンキースが勝てなくなるまでのドキュメンタリーだから対戦チームの話題が多く、肝心のワールドシリーズの事は全編約700ページ中、最後の50ページ程度しか書かれてない。それなりに興味深かったけど予想と違う内容だったので少し納得いかない。

ついでに紹介するのはこの本にも度々登場するロベルト・クレメンテさん&テッド・ウィリアムズさんのジャージーカードとブルックス・ロビンソンさんの直筆サインカード。いずれも手放したって構わないものの時価数千円程度だし、引き取り手もないから後生大事に持ってるのだ。

110717_2


« GIRLS' GENERATION食玩 | トップページ | [HD 1080p] CM サントリーウイスキー トリス 「雨と子犬」 »

コメント

故ハルバースタム野球三部作の一つですね~
男たちの大リーグ もそうですが、時代とその時代を共有した
男達の群像劇なのでタイトルと内容に違和感があったのかも
しれませんね^^;

自分にとっては、メジャー創世記からニグロリーグまで
遡るきっかけをくれたバイブルでした^^

>赤目堂さん

問題はやっぱりタイトルですよ。興味深い内容で別につまらなくはないんだけど「運命のワールドシリーズ」なんて銘打たれたら名勝負の数々のルポを期待しちゃいますから。関係ないけど「江夏の21球」も言葉が一人歩きしてて実情を知った時はちょっと白けました。自ら作り上げたピンチの分もカウントしての21球ですからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189657/52226565

この記事へのトラックバック一覧です: さらばヤンキース 運命のワールドシリーズ:

« GIRLS' GENERATION食玩 | トップページ | [HD 1080p] CM サントリーウイスキー トリス 「雨と子犬」 »