« ロートレアモン マルドロールの歌 | トップページ | 70年代初頭アニメの魅力 »

2011年8月22日 (月)

さすらいの太陽

110822

酔っぱらってYouTube検索してたらこれのオープニングを見つけて懐かしかったのと、よくよく考えたら俺ってこのアニメは飛び飛びでしか観てないので全編しっかり観返したくなり衝動買い。

レンタルされてればそっちを利用するんだけど、DISCASでもぽすれんでも貸してないんだよね。まあ全話収録のDVD-BOXが7000円程度だったし、見終えたら即放出しちゃえば良い話なんで・・

ちなみに同世代しか知らないと思うので解説すると、ホントは金持ちの娘なんだけど赤ん坊の時に貧乏の子供とすり替えられたヒロインが周囲のイジメに合いつつ歌手を目指して流しをするというかなり酷いシチュエーション。終わり方とか全然覚えてないって事は多分観てないんだな。そんな訳で終わり方とか書かないように。楽しみなんだから。

« ロートレアモン マルドロールの歌 | トップページ | 70年代初頭アニメの魅力 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さすらいの太陽:

« ロートレアモン マルドロールの歌 | トップページ | 70年代初頭アニメの魅力 »