2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

COVERS Grace of The Guitar+ 森恵

無料ブログはココログ

« 変身サイボーグCM集 | トップページ | 金のかからない娯楽 »

2011年10月15日 (土)

読書の秋 更に延長

ちょっと更新をサボったら瞬時に3日過ぎてしまった。ここ数日バタバタしてたって事もあるけど。

その間に推定無罪を読破し、アンドロメダ病原体を読み始めた。推定無罪は裁判始まるまでがタルいけど、いざ裁判で弁護側と検察側の対決が始まると緊張感あり、裁判の実状もよく分かって興味深い。結末もおお~って感じのどんでん返しがあったりして結構楽しめた。でも映画化作品を観ようとは思わない。

アンドロメダ病原体は昭和51年発行の古本を買ったら壮絶に字が小さくて読み難いものの、やっぱり面白くホイホイ読み進めてて、今の所半分読み終えた。全350ページだけどボリューム的には今発行されてる文庫本の500ページ相当だな。もう、こんなに字が小さい本は何年か先になったらリーディンググラスがなければ読めなくなるかも。

・・で、また新たに2冊の文庫本を購入。マキノ雅弘監督の自伝映画渡世 天の巻・地の巻だけど、これも学生時代に買って全く読まずに処分してしまった事を思い出して再度入手。

俺、全然本を読まなかった時代にほとんどポーズで文庫本を購入し、何年も放置し埃まみれヤニだらけにして処分してしまった本が幾つかある。映画渡世以外だとアーサー・C・クラークの2001年宇宙の旅とかメルヴィルの白鯨とか斉藤敦夫の冒険者たち ガンバと15匹の仲間とか(いずれも何年か前に再入手して読破済み)。

俺の場合、読みたい本を読むって事も重要だけどそれ以前に一時期持ってたクセして読まずに処分してしまった本を読破しないと死にきれないという意識の方が強い。恐らく読まずに手放して未読のままの本はこれが最後の筈。だからこれを読み終えたら読書の秋も一段落にしようかな~と。

あ、今思い出したけど昔持ってて読まずに手放してしまい気になってる本がもう一冊あった。それは幼稚園の卒園式の日に貰った新約聖書。ブラックジャックの一編に死刑囚が聖書をむさぼり読むエピソードがあり、それを読んだ時から気が向けば読んでみようと思いつつ何時まで経っても気が向かず未読のまま。これはホントに気が向かない限りそのままだろうな。

« 変身サイボーグCM集 | トップページ | 金のかからない娯楽 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189657/53000022

この記事へのトラックバック一覧です: 読書の秋 更に延長:

« 変身サイボーグCM集 | トップページ | 金のかからない娯楽 »