2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« バイオレンスジャック | トップページ | 富士山 »

2011年11月11日 (金)

へんげ

篠崎さんに誘われ映画美学校試写室で大畑創監督作へんげを観る。結構前からTwitter等で評判は聞いてたけど実際観たら確かに凄かった。

タイトルが示す通りクローネンバーグや塚本晋也さんの諸作品に相通ずる部分のあるメタモルフォーゼ物で、事態がどんどん悪化して手の付けられない状況へ発展していく様が実にスリリングなミステリーホラー。それだけに終始しないところがこの作品の凄さなんだけど、あまり多くを語るとネタバレになっちゃうので俺が書けるのはここまで。

シアターNでの一般公開を控えてるそうなので興味がお有りの貴兄には是非是非ご覧いただきたく。例えローバジェットでも(だからこそ、と言うべきか)作者の強烈なパッションを心底感じられる希有の傑作です。

« バイオレンスジャック | トップページ | 富士山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: へんげ:

« バイオレンスジャック | トップページ | 富士山 »