2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

COVERS Grace of The Guitar+ 森恵

無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

年内最終更新

はい、今年も今日でおしまい。世間的には大晦日という事で休みを謳歌してる人も多いでしょうが例によって俺は年末年始関係なく今日も明日も明後日も仕事。

で、俺的2011年総決算を書こうと思うけど5月以降俺の中で一つの標語が出来上がり、それは拾った命は大事にしようという事。

5月のTIA(一過性脳虚血発作)での緊急入院はやはり俺にとっての大きなターニングポイントで、もう様々な事を考え直すキッカケになった。あの時詰まった血管が流れずに脳の一部が壊死してたら俺は脳梗塞で重度の後遺症に悩む日々を送ってた。更にその当たり所が悪ければ脳卒中で今頃墓の下に居る可能性とてなきにしもあらず。だから今回はたまたま運良く命を拾ったと思ってるし、そう考えないと俺の人生も終焉が近い。

折角拾った命だからこそ大事にする為タバコは辞めたし野菜も極力食うようになったしフィットネスクラブへも通うようになった。結果どうなるかは神のみぞ知るだけど、喫煙を続け野菜も食わず運動不足の日々を送るよりは10年ぐらい長生き出来るんじゃないの? 同世代は勿論の事、若い人達にも健康第一という言葉を贈る。金や地位や名誉があっても健康がなければ何の意味も無いよ、正直な話。

そして例年大晦日に紹介するテキストで締めさせていただく。このテキスト、いつもは忘れてるのに年末になると必ず思い出す。そして大晦日には新たなリピーターの為にリンクを貼らせていただいてる。旧サイト開設から毎年続けてるので今回で11回目になるのか。時間という物の貴重さを強く再認識させられる名文です。

ろじっくぱらだいす | ちょっといいお話

それでは2012年が僕や君や彼等にとって素晴らしい年でありますように。

メモリースティック PRO-HG Duo 海外パッケージ品

俺と似た境遇の人にとっては有益な情報。

SONY HDR-AX2000の対応メモリーはSDカードとメモリースティック。SDカードの方が普及率は高いけどメモリースティックPRO-HG Duoの方が高速データ転送に有効という事でそっちを買ったものの、これが32GBだと16800円とかして結構高い。

ところがヤフオクを覗くと全く同様のスペックながら7-8000円という海外パッケージ品が複数出品されてる。備考欄を見ると国内サポートは受けられないという事なれども使えない訳じゃなさそう。何しろ正規品の半額以下なので試しに一つ買ってみようと思い落札してみた。

111231

左が正規品、右が海外パッケージ。見たところ正規品と何ら変化ないものの、いざカメラ本体へ挿入してみると海外パッケージ品には正常に記録・再生出来ない可能性がありますという警告が毎回現れる。但しこれは警告だけで、実際は正常に記録・再生可能。しかしながら毎回毎回警告が出るので非常にウザい。

そんな訳で、このウザさが気にならない人はリーズナブルな海外パッケージ品を入手した方が経済的だし、そういうのは我慢ならん!って人は正規品を買った方が賢明ですよとアドバイスしておく。

しっかし、この小さい板切れにminiDV3本分の高画質映像が記録出来るんだから大変な進歩ですこと。

2011年12月30日 (金)

さらばHDR-FX1。そして

以前から機会ある度に書いてるけど、今までメイン機として使ってきたSONY HDR-FX1は年1-2万のペースで値落ちしてる。去年の今頃は13-4万で売れたのに今はせいぜい11-2万。この調子だと来年の今頃は10万を切ってしまう・・という訳で、もはやここまでと判断しヤフオクで売り払ってしまった。カメラ本体+付属品とワイドコンバーターを個別に出品したら本体の方は11万5千、ワイコンは結構良い値が付いて2万5千、計14万に化けたのでした。

思えばこれを入手したのは2008年の夏頃で価格は20万だったか(但し、1万で売却したジュラケ付属なので実質19万)。スケ番☆ハンターズではサブカメとして、その後も様々な記録撮影で活躍したけど、何よりもファイナルカットの編集データをHDVで書き出す際の録画デッキとして重宝した。差額分の元は十二分に取れたので今はただFX1よありがとう、お達者でとしか言いようがない。

しかしながら作品制作や時折単発で依頼が舞い込む記録撮影の為にカメラは必要。そんな訳でFX1とワイコン売却に加え、イーストウッドチラシコレクションの一部を切り崩して拵えた金を元手に念願のこいつを入手したのでした。

111230

SONY HDR-AX2000。業務機HXR-NX5Jのハンディカムバージョンでお値段はACキット込み275000円也。現在市販されてるAVCHDフォーマットのホームビデオとしては最高峰。AVCHDの天下が何時まで続くのか不安視する部分もあるけど、もはや衰退の一途を辿るHDVよりは未来があるんで。

使い勝手は良いし画質も申し分なし。そして32GBのメモリーカード1枚あれば3時間の連続撮影が可能。更に2つのカードスロットを駆使してカードを差し替えていけばノーカット撮影が延々続けられるんだと。難を言えばFX1に比べ僅かばかり液晶ファインダーが小さくなった点と、撮影・再生のモード切替がメニュー選択になってて煩わしい点か。他は特に文句なし。まだ実践で使ってないから分からないってのが正直な所だけど。

カメラマン的に嬉しいのはアイリスリングがレンズ側に備わってる点。FX1やZ1Jは小さなダイヤルでアイリス調整する作りになってて非常に操作性が悪かったけど、これは実に扱い易い。

残念ながら・・って言うと先方に失礼だけど、こいつの初陣は映画制作じゃなく、来年予定されてる知人の婚礼撮影なのだ。そこで使い勝手をシュミレーションしつつ改めてレビューを書こうと思う。

2011年12月29日 (木)

Canon FV M100

1112292

年賀状作成終了。PCの普及により年賀状書きの手間は手書き時代に比べたら1/10以下に軽減されたよね。まあ味気ないと言えば味気ないけど。

話は変わって画像のDVカメラ。2004年に6-7万出して購入し、当時は小犬だったMAYばかり撮ってた。しかしながら2005年には刑事たちの午後、デカドローム、刑事のいけにえと3本の劇場用作品でメインカメラとして活躍したから、たかがホームビデオとはあなどれない。

その後は職場関係者の送別会やら婚礼やら、地獄の決闘のメイキングビデオやらで活用したものの2010年初頭、録画映像にノイズが乗ってしまう不具合発生。以来約2年間放置してたので今じゃクズ鉄同様。燃えないゴミとして処分しても良かったけど、このカメラには思い入れがあり過ぎるので思い出のクズ鉄として後生大事に持ってるつもり。大して場所取らないし。

Canon PIXUS MG3130

先日壊れたキャノンのBJ-S300というプリンターは2001年発売だから、その1-2年後に買ったとしても約10年使ってきた事になる。まあ大往生だね。

俺ってテキスト以外だと時折地図をプリントアウトするぐらいだから普通に動けば10年前のプリンターでも何ら不都合なかったわけ。故にこの10年間、量販店のプリンターコーナーも覗いた事がない。

今回、年賀状作成を目前にして新調を余儀なくされたので地元のヤマダ電機へ物色に行ったら、当然と言えば当然ながら10年前とは比較にならない程に進歩してる。そんな中で歳末セール品のこいつが目に止まった。

111229

スキャナも付いててお値段は7580円也。安い!安いよ! もっと調べれば更なるお買い得品に出会えたかも知れないけど見て回るのも消耗なのでこいつを衝動買い。俺、スキャナは使用頻度があまりにも低いので数年前に売り払ってから所有した事がなかったけど、プリンターと一体になってるなら話は別。

但し難点があり、ボディがデカ過ぎてウチの事務机に常設出来ないのだ。故に普段はしまい込んでおき、必要な時に引っ張り出してくる事になる。面倒臭いけど使用頻度を考えれば大した手間じゃねえな、と。

【追記】
価格.comで送料無料6698円ってのを発見!(涙)

ボディ・バイブ

普段フィットネスクラブへ行くとマシーンで適当に筋トレ3-40分、その後プールへ移動し水泳3-40分の計1時間半トレーニングってパターンが主。何時間もトレーニングし続ける人が結構いるみたいだけど飽きっぽい俺にはこれが限界。

で、昨日は以前から気になってたサービスプログラムを利用してみる事にした。色々あるけど昨日の夜プログラミングされてたのはボディ・バイブってやつ。ビリー・ザ・ブートキャンプみたいな感じで軽快な音楽に合わせボールとチューブを使って45分間動き続ける内容。

取り敢えずインストラクターの動きを真似るんだけど、ちょっと複雑な動きになると訳がわからなくなりデタラメなヨイヨイ踊りになってしまう。こりゃあ面識ある人に見られたら抱腹絶倒必至の無様さ。それでも筋トレしてる時とは比べものにならないほど汗だくで、結構いい運動にはなってるんじゃないかと。こういうのを毎日やってたらみるみる体が引き締まるんだろうな。仕事の都合上、毎日は通えないけど。

筋トレ数10分に加えこのボディ・バイブでお腹いっぱいになったので水泳はパス。

2011年12月28日 (水)

大掃除中

10時頃から起き出して大掃除を始めたもののガラスクリーナーが無くなっちゃったので昼飯だてらに外出し、ついでにプリンターと年賀状を購入。自宅に戻ってひたすら掃除を続けてるけど少し疲れたので気晴らしにブログ更新。取り敢えず部屋の2/3は終わって、残すところAVラック周辺とクローゼットの埃取りですかね。もうすぐ日が暮れるし、廊下と階段の拭き掃除は明日へ持ち越しだな。

しっかし落としても落としても部屋のヤニが落としきれない。何しろ1992年に越してきてから約20年間タバコを吸い続けた部屋だからねえ。絶対手の届かない場所へもヤニが入り込んでるから全部落とす事は不可能。一応手の届く範囲は落としたのでそれなりに気分良いけど。

さ~て、もう一息なので掃除再開するか。ちなみに新調したプリンターのレビューは夜に書きます。

森 恵 / 世界

来年1/18にリリースされるミニアルバムのタイトル曲。先月、川崎のインストアライブで生歌を聴いたけど素敵な曲です。売れて欲しいなあ・・

年末

ちょっと更新をサボってたら既に4日経ってる。気が付けば今年も残すところ4日しかないし、正に光陰矢のごとし。

今日は4日ぶりの休みだけど起き出したらまず大掃除、その後PC用のプリンターを買いに行って年賀状作成と結構ハードスケジュール。で、夕方からは高田馬場のフィットネスクラブへ行く予定。ちなみに今月は5日しか行けなかった。毎日通っても会費は一緒だからもっと頻繁に利用しなくちゃ金が勿体ないや。

そう言えば去年の今頃、左手人差し指をドアに挟んじゃって全く大掃除出来なかったっけ。その分今年は気合い入れて掃除しなくては。5月でタバコ止めたからヤニだらけの窓を拭くのも今年が最後。窓に限らず部屋中のヤニというヤニを落として清々しい気分で新年を迎えるのだ。

2011年12月24日 (土)

俺流風邪撃退法

やはり2日前の愚行がたたって風邪ひいたんですわ。頭はぼやけるし関節は痛むし、何より下痢が酷くてケツからションベン垂れ流してるんじゃないかって有様。

下痢はさておき他は初期症状と言っていい状態だったので、ここで何時もの必殺技をくり出す事にする。まず葛根湯の内服液。ドラッグストアで3本500円程度の奴を買ってきて1日3本のところ4-5本飲む。更にユンケル、それも400円のじゃなく700円ぐらいの奴ね、これを1本。加えて滋養強壮剤を3本(俺はリコリスってのを飲む事が多い)。そして暖かくしてぐっすり寝る、と。これで初期風邪は大抵吹き飛ぶ。ちょっと金かかるけどね。

ちなみに今回もこれで直っちゃった。何よりも9時間以上寝たのが効いたんだろうな。人間、休息に勝る薬はありませんよ。

2011年12月23日 (金)

姉貴の家の猫2

姉貴の家の猫2
俺、猫の毛アレルギー完全に克服したっぽい。

姉貴の家の猫

姉貴の家の猫
現在、小一の甥っ子と留守番中。

2011年12月22日 (木)

さらば高額アイテム

前記の通り相変わらずアホな収集活動を続けてる俺だけど、最近は高額コレクターズアイテムを放出しまくり。TIAでの入退院直後にも書いた気がするけど、コレクター垂涎のレア物を後生大事に持ってたってあの世へは持って行けないんで。

だから今回、俺の中で線引きをして単品で1万を超えるコレクターズアイテムは手放す事に決めた。勿論、まだ手放したくない1万オーバー物も幾つかあるのでそれは度外視しての話。あとプロ野球カード系は保留。これも以前書いた通り、今が最底値なので再ブーム到来を待つしかない。

今の所、初期イーストウッド作品2種と大脱走リバイバルのチラシ、計3枚が8万に化けた。但し入手に10万前後かけたからマイナスなんだよね。とは言え何年か所有欲を満たしてくれた代金と考えれば御の字。両面原寸大のカレーライスもしっかり取ったし、その辺はぬかりない。

変身サイボーグシリーズに関しては1体せいぜい7-8000円だから今回の放出リストから外してる。時価数千円の映画チラシも同様。この辺はもっともっと金に困った時に手放しますわ。

で、今手元にある最高額のコレクターズアイテム(時価20万前後?)の放出も今回は保留。こればっかりはど~しても手放す気になれないんでねえ・・ ちなみにそれが何なのかを書くといつも売ってくれメールが数通届くので今回は内緒。

食玩バカ

111222

ちょっと言い訳めいた話になるけどリピーター諸氏にも聞いて欲しいんですよ。

昨日、仕事帰りに駅前のセブンイレブンを覗いたら少し前に入手したのとは別のAKBカードが置いてあったんですね。そしたらまた取り敢えずお菓子2個買って、残り在庫では最も人気どころと思われる柏木由紀のカードを押さえるじゃないですか。すると、ぱちんこ銭形平次やスケバン刑事でお世話になった大島優子も欲しくなるのが人情なんですよ。

常識的には今日はもう寝て明日起き出してからセブンイレブン巡りをするのが賢明なんですが、明日の朝になったら近所のAKBヲタが俺より早く押さえにかかり入手困難になる可能性が高く、今夜中にカタをつけた方が安眠出来る訳ですよ、食玩コレクターとしては。

故にこの寒空の中、酒飲んでて車に乗れないからママチャリで近所のセブンイレブンを目指したんですね。ちなみに現在の気温は1度です。寒いなんでもんじゃありません。しかしながら苦労の甲斐あって2軒目で大島カードに出会えました。俺的に満足度が高いので自慢だか何だか分からない事をこうやって書いてるんですが、ホントに俺ってバカだと思いますね。相当着込んで行ったから多分大丈夫だと思うけど、これで風邪ひいたら目も当てられません。

スケ番☆ハンターズ 米英版

制作者的には映画って完成したらおしまいとか考えがちだけど実はそんな事全然なくて、むしろ始まりなんだな。2010年初頭に完成させ5月から国内各所で劇場公開、年末にはDVDソフトリリース。これで祭りも終わりかと思いきや今年の10月にCS有料チャンネルで放映され、来年にはイギリスとアメリカでのDVDリリースが控えてる。終わりどころか今も続いてるし育ってるのだ。

大昔に観た自主映画に映画は完成した時点で作者の手元を離れて一人歩きを始めるみたいな台詞があって、今もやたら印象に残ってるんだけど正にその通り。勿論、配給会社やソフトメーカーや放送局のサポート無くして成長はあり得ないから決して一人歩きじゃないんだけどね。

さておき、ミキさんのブログに米英版のパッケージが紹介されたので、それをまんま流用させていただく形で宣言活動を。まずは総括殴り込み作戦のパッケージ。

C5a8190e1315f83571

いやあ、カッコいいじゃないですか。基本的には中平先輩のビジュアルアートをベースにしつつも、ロゴが英字になるとグラインドハウス的で実にいい感じ。

続いて拙作地獄の決闘イギリス版。

081486b11

こちらもグラインドハウスっぽくてカッコいい。しかし、やっぱり18禁なのか。前にも書いたけど俺にしてみれば勲章みたいなもんだから万事OKだけどね。ちなみにAmazon.co.ukでは発注可能みたいです。アカウント取得が必須ですが。

2011年12月18日 (日)

立川駅前

立川駅前
表参道に比べたら相当地味だけど立川も頑張ってる。

たま「まちあわせ」 いかすバンド天国

イカ天って平成元年の番組だから、もう23年も前の話になるのか。放映されてたのが土曜深夜だった事もあり、風呂場で湯船に浸かってた時ふと思い出したのが当時一世を風靡したたまの5週目。

当時を知らない人の為に解説するとイカ天って番組は毎週10組のアマチュアバンドが出演し、最も優れたバンドには前週選ばれたチャンピオンへのチャレンジ権が与えられる。そして5週連続で勝ち抜けばグランドチャンピオンとなりプロデビューがほぼほぼ約束される(必ずしもじゃなかった)といった内容。

で、ちょっとマンネリ化してきて番組的な盛り上がりに陰りが見え始めた頃、抜群のタイミングで登場したたまはその圧倒的な個性と抜群の表現力で一気に視聴者のハートを掴んで難なく4週勝ち抜き。そして最終週にこの曲を演奏するんだけど、その時のチャレンジャーがやはり当時のグラムロックフリークを唸らせた実力派マルコシアス・バンプ。遂にたまの快進撃もここまでかと思ったものの、この曲の意外性に審査員一同が呆気にとられるような形でグランドチャンピオンの座を獲得する。

俺は正に23年前のこの時期のこの時間帯にそれを生で観てたけど俺自身も呆気にとられた。楽曲としての完成度もさることながらいい機会だからテレビで遊んじゃおうぜ!的な大胆不敵さや遊び心が見え隠れする。ある意味ではアングラ系バンドによるメディアへの逆襲ですか。

そもそもイカ天に出演したアマチュアバンドの多くは注目を浴びたい!スターダムにのし上がりたい!というゴリゴリの野心を持ってたし、それは表現者として当然のスタンスだと思う。勿論たまにもそういう向上心が無かった訳じゃないだろうけど、それまでの活動スタンスや出演時の反応を見る限りは野心という物が感じられない。だからこそ最終出演週で勝とうぜ!じゃなく遊ぼうぜ!という姿勢で臨み、結果的に審査員のハートをも掴んでしまったんじゃないかと。

俺は音楽じゃなく映像を自己表現のツールに選んだ人間だから同じスタンスでの活動は出来ないけど、あの時感じた衝撃から学ぶ事は多いと思わずにいられない。そう言えば毎週イカ天キングの演奏が放映されたのって丁度今ぐらいの時間(深夜2:45頃)だったな。折角なので23年ぶりにこの映像を観てから寝ようかと思う。

2011年12月16日 (金)

P.T.A.から氷結が

仕事から帰ってきたら郵便受けにクロネコヤマトの不在連絡票が入ってて、見たらP.T.A.から何か届いてる。はて、JPNツアーチケットの発送にはまだ早いし、一体何だろ?と思いつつ再配達を依頼したらさっき届けてくれた。対応早いぞヤマト運輸。

ちなみに届いたのはこれ。

111216


キリンがPerfume 3rd Tour JPNの公式スポンサーになった事を記念してP.T.A会員5000名に抽選で氷結3缶セットをプレゼントしてくれると言うので一応エントリーしたら当たったのでした。

まあ何しろ5000名だから当たり確率は結構高かったと思うけどタダより美味い物はないので、これは有り難くいただく事にする。しっかし5000x3の計15000本をホイッとプレゼントしちゃうキリンって太っ腹だねえ。さすが大企業!とヨイショしておく。

2011年12月14日 (水)

カーズ2

Perfumeのポリリズムが使用されてるという事で気になってたカーズ2をDVDレンタル。問題のシーンを先に確認したらBG的に何10秒か流れるだけなのね。で、例によって○○○しようと思ったら新手の○○ガが使用されてて○○○出来ず。

トイ・ストーリー3を○○○した際に使用した○ッ○○○ソフトで○○○出来るという情報は掴んだものの試用期間が過ぎちゃってて、これを使うためには金払ってプロダクトキーを入手する必要がある。面倒臭いし金が勿体ないから○○○せず一度観たら返す事にしよ。そんな訳でこれからフィットネスクラブへ向かう道中に全編鑑賞予定。

【追記】
ポリリズムは台詞やSEでほとんど聴き取れない部分も含めれば数分間流れ続けるのね。で、日本語版観てたらエンドロールでフルにかかってビックリしたけど、ちょっと不自然さを感じたので英語版をチェックしたら、やはりこれは日本語版限定編集のようで。作品に関しては結構楽しめたけど特筆すべき事もなしって感じ。

どなたサマーも楽しみまSHOW!!! レビュー

取り敢えず本編を観終えたので簡単にレビューなんぞを。予想通り素晴らしい内容で、生で観なかった事を後悔しつつも、こういう記録映像って生で観るより良かったりするんでね。例えばの話、これを2階席で観ても音響は悪いわメンバーは豆粒だわで不完全燃焼に終わる可能性が高い。そういう意味で必ずしも生>記録映像とは言い切れなかったり。

内容的にはWOWOW放映されたライブ映像に手を加える形で再構成されてる。私的に残念だったのはWOWOW版じゃ良い味出してたノリノリの客の画が全面カットされてる点。ただ、これに関しては肖像権とか個人情報とか大人の事情が諸々あるので仕方ない。

これも私的見解だけどベスト・オブ・ベストは中盤のハイライトとなる帰りたくなったよと終盤ハイライトのじょいふるですかね。特に帰りたくなったよのこの画にはシビれた。

111214

BDだとキャプチャが撮れないのでYouTubeにアップされてた動画から抜粋。こういう画って野外ライブではお約束なのかも知れないけど、それを中盤のハイライトに持ってくる所に収録スタッフへは分かっとるね~!と賛辞を述べておく。ライブ構成的にも丁度この曲が演奏されるのがマジックアワー(日没後の薄明かりの時間帯)という点に関係者サイドの思い入れが感じられ、それにこういう画を捉える事で応えた収録スタッフに正真正銘のプロ気質を感じる。

あと、全編走りっ放しの吉岡聖恵嬢が凄い。横浜スタジアムのステージは両翼100数十メートルあり、更にセンターステージまでの花道が5-60メートル。この約200メートルを2時間以上飛び跳ねながら歌うには凄まじい体力を要する筈。もうカラオケで数分間飛び跳ねたら息絶え絶えの俺にしてみれば神の領域ですわ。ミュージシャンって歌唱力のみならず持久力も必要なのね。

・・という訳で、これからは映像特典を観始めます。

2011年12月13日 (火)

いきものまつり2011 どなたサマーも楽しみまSHOW!!!

111213


毎回毎回Amazonさんはフライングゲットさせてくれるので実に有り難い。ちなみに今回はしっかり初回限定版。普通にCDやブルーレイ買ってるだけなんだけど、いきものカードは既に5枚。コンプ狙いとかじゃなくて、こんな感じで少しづつ増えていくコレクションも悪くない。

主要曲はYouTubeで既にチェック済みなれど、観てない曲も沢山あるから楽しみなのだ。それじゃ、これから酒飲みながら観るか!

イルミネーション

イルミネーション
あまりにも待ち時間が長いので気晴らしに外へ出たら表参道のイルミネーションが凄い事になってる。もうすっかり年末だねえ。

診察待ち中もDVD鑑賞

診察待ち中もDVD鑑賞
ちなみに今日はベルトルッチのラスト・エンペラー。

期限は2012年1月

今年も残すところ半月程度ですか。例年この時期になると同じ事を書いてるけど時の流れは早いねえ。ついこの間まで暑い暑いを連呼してたのに今じゃ凍える程の寒さだし。

それより何より時の流れの早さを感じるのは年明けに買ったシネ8ミリフィルム、フジクロームR25Nの期限が2012年1月に迫ってる事。あと1ヶ月ちょいしかない。確か年明けに今年はこれで短編映画を撮る!と豪語したっけなあ・・ あと18日で何らかの作品を撮れる訳もなく、この目標は残念ながら達成出来そうにない。

ただ、フィルム期限が半年一年過ぎても写らないって事はないので、富士フイルムの現像サービスが終了する平成25年9月までには何らかの企画を立てて短編を撮ろうと思ってる。仮にこのX-DAYを越えてもレトロ通販という強い味方が付いてるので危機感は少なかったりするけど。

今の時代にシネ8ミリを撮るのは時代錯誤としか言いようがない。しかしながら得る物があるからこそ今もフィルムに拘りを持ち続けてる訳で。例えば4倍速スローモーションや300mmレンズを使った超望遠撮影はフジカZC1000以外じゃ為し得ない味があるし、HDのプログレッシブモードが如何にフィルム的であろうとも本物のフィルムの質感には到底敵わない。

逆に困るのは撮影がビデオの何倍も困難な事とアスペクト比が4:3という事か。昔は誰でも簡単に撮れるってのがシネ8ミリ最大のメリットだったものの、その簡単さはビデオ時代に移行してから数10倍に飛躍してる。特に感度ね。デジタルビデオカメラに比べ8ミリは約5倍の光量を必要とするので極めて悪条件に弱い。

そんな訳で今このフィルムで何か撮ろうとしたら屋外撮影限定という足枷が付く。これが最大のネックになり、都合の良い企画が思い付かなかった。でもまあ、その辺は撮りようでどうにかなるので、少なくとも来年の夏までには何らかの短編を8ミリで撮りたい。これは創作意欲とは別問題で、手元にある往年の名器フジカZC1000の俺的弔いなんだよね。このカメラで満足いく作品を1本も撮ってない俺としては富士フイルムの純正サービスが終了する前にこのメディアでもう一度勝負したい、と。

しかしながら現時点では具体的な企画が何一つ浮かんで来ない・・つーか、浮かんでくる企画が面白くないので一歩を踏み出せない。何度も書いてるけど、これこそが柔軟性の欠如なんだろうな。これは成長と言えるし老化とも言える。その点、ホントに思い付きだけでホイホイ短編を撮ってた学生時代の俺が羨ましく思える。あの行動力を今こそ取り戻したいもんです。

2011年12月11日 (日)

皆既月食

111211

これ撮ったのは0時直前だから復帰しかけた頃ですか。望遠レンズが無いので最大画素数で撮りトリミングしてコントラスト&ブライト調整。言わないと何の写真なのか全く分かりませんね。しかし今日は天気が良く星も綺麗だったので実に神秘的な天体ショーを堪能出来ました。

2011年12月 8日 (木)

紀伊国屋アドホック

紀伊国屋アドホック
ちょっとアドホック覗いたら入り口付近にSUSHI TYPHOONコーナーが出来上がっててウチらのスケ番☆ハンターズや継田さんのファッション・ヘルも一緒に置いてくれてた。ありがたい事です。

愛のむきだし

学生時代、自主映画を撮りながら認められたくても認められなかったあの頃、ぴあフェスでパワフルな作風によって注目を浴びまくり、ひたすら嫉妬した二人の作家が平野勝之さんと園子温さんだった。平野さんの作品は2本観たものの園さんの作品は何故か当時は観てない。随分後になって自転車吐息自殺サークルを観たけどイマイチ乗り切れず。

そんな事もあり園さんの映画って敬遠気味だったんだけど昨日冷たい熱帯魚を観たら凄く面白かったので、長尺アレルギーという事もあって保留してた愛のむきだしも観始めるとなんじゃこりゃ~~!!な面白さ。やっぱり食わず嫌いはいけません。

ちなみにまだ1時間ちょっとしか観てないけど傑作確定。トータル237分もあるから集中力が切れないよう俺的インターミッションを挟みつつ今日中に観終えようと思ってる。

2011年12月 7日 (水)

年末と言えば

111207

やっぱりこれ。もう風物詩みたいなもんで今年も連番とバラの計20枚購入。去年は3600円になって終わった。今年こそは10万ぐらい当たってくれると嬉しいなあ。

2222

2222
大して勝てなかったから運が良いんだか悪いんだかって感じだけど流した玉数がゾロ目。

2011年12月 6日 (火)

蒙古タンメン

蒙古タンメン
以前から気になってた中本 高田馬場店の蒙古タンメンを食ってみる。禁ラー中だけどラーメンじゃなくタンメンだし、野菜たっぷりだからまあいいかと。

いやー辛い辛い。美味いっちゃ美味いけど俺には辛過ぎ。もう熱くて辛くて早食い不可能。スープ飲み干すと明日トイレで地獄を見そうだったから半分近く残してしまった。でも結構並んでたなあ。人気あるのは分かるけど俺はもういいや。

Perfume テレフォン・ショッキング

出演情報を掴んでた俺はついさっき録画データを堪能。いいとものテレフォン・ショッキング観たのは久々だったけど昔とは随分演出が変わってるのね。

しかし、あ~ちゃんのトークの冴えは相変わらず。これはもう天性の才能だね。特になりきり系のトークが絶品。JPNツアーでも堪能出来るのが今から楽しみ。

一応YouTubeにアップされてた動画にリンク貼っておくけど例によって即削除される可能性があるので観たい人はお早めに。

2011年12月 5日 (月)

監督失格

平野勝之氏の8mm自主映画狂った触覚を観たのは1985年だから大学時代か。劇映画ではなく、通俗的なドキュメンタリーでもなく、その中間と位置付けるのも違う。言葉で説明するのが非常に困難な作風なれども疾走感が凄まじく、強烈なパワー感に圧倒されっ放しだった。当時ぴあフェスではライブ映画とカテゴライズしてたけど言い得て妙と言うか、正にそんな感じ。

その後のAV作品は全く観てなかったものの、つい最近由美香を観たら自主の頃とは少し印象が異なりつつも疾走感や臨場感は相変わらずで2時間20分飽きることなく一気観。今日観た最新作監督失格は由美香のその後を記録したドキュメンタリー作品・・なれども、その一言では語り尽くせない内容になってる。

作品の主軸となる1つの記録映像に関しては業界的に有名だったので俺もその存在は知ってたけど、今回封印が解かれ公開された映像に触れると臨場感、緊張感が壮絶で、下手したら吐き気をもよおす人すら居るかも知れない強烈な生々しさ。但しその映像は意図的に撮られた訳ではなく、廻しっ放しの状態で床に置かれたビデオカメラが無機質に捉えた物。言ってしまえば偶然写ってしまった物でしかないんだけど、自主の頃から平野氏が追い求めてきたライブ映像の持つ臨場感や緊張感と一致してる点に神がかり的なものを感じてしまう。

賛否両論あって然るべきだし積極的に人へ薦めようとは思わないけど、映像が持つ力の一つの臨界点がこの作品にはある。

2011年12月 4日 (日)

手こずりつつも

大島優子を押さえてきた。こういうキャンペーンカードってスポ系同様、人気の高い順に無くなっていくから仕方ないけど地元のセブンイレブンを7-8件巡ってようやく出会えた。激しく時間の無駄だな。しかも去年のより写真悪いし。

ちなみに経験上、このテの販促品はまず駅前や住宅地のコンビニから消えていき、オフィス街のコンビニでは結構長いこと残ってたりするのでコンプ狙いのAKBヲタにはオフィス街が狙い目ですよとだけアドバイスしておく。

1112044

【追記】
ヤフオク覗くと全種セットが2-3000円で出てたからコンプ狙いならそっちが一番効率的だね。

去年のやつ

確か去年も買ったな~と思って引っ張り出してきた。1年前と行動パターンが全く変わらん。折角だから今年も大島優子を押さえに行くか。ちなみに前田敦子はあんまり好きじゃないから要らない。

1112043

悪いクセ

セブンイレブンを覗いたらAKBキャンペーンってのをやってて、対象商品を2つ買うとAKBのカードを1枚くれるという。AKBには興味ないけどカードには興味があるのでお菓子2つ買ってカード貰ってきた。もう、この悪いクセは恐らく一生直らないな。

でも、こういうカードを10年後に見ると懐かしかったりするわけよ。価値は絶対に出ないけどね。

1112042

日本晴れ!

ここ数日雨続きだったけど今日は気持ちよく晴れたねえ。せっかくの休みなので洗濯したり犬の散歩へ行ったり。ついでに家の近所の高台から1枚。立川って所は天気が良ければこれだけ鮮明に富士山を拝めるのだ。

111204

Perfumeのオールナイト・ニッポン

いや~、完全に聞き逃した。しかし、こういう時の強い味方がYouTube・・という訳で、さっき検索したらアップされてる!! もうホント、良い時代になったねえ。そんな訳で3日遅れで飲みながら堪能中。やっぱり深夜放送っていいなあ。

ちなみに月曜日にはいいとものテレフォンショッキングに出演するみたいね。こういう情報もwebでホイホイ拾えるんだから返す返すも良い時代だわ。

2011年12月 3日 (土)

イップ・マン

ブルース・リーの師匠として知られる実在の人物、葉問の半生を描いた作品(但し、かなり誇張されてると思われる)。序章と2作目の葉問を立て続けに観たらどっちも良かったな。もう紋切り型とはこれ!と言うほどにベタベタなステレオタイプなれども、やっぱり映画ってこれで良いんだよねと再確認させられる。

2作共に構成は全く一緒で、中国武術をひたすらコケにする他国の格闘技を最後には中国武術の達人が制してカタルシスドーン!!という内容。ちなみに1作目は空手で2作目はボクシング。ただ対ボクシング戦になると、かたやグローブ有り蹴り技なし、かたやグローブ無し蹴り技あり肘打ちもOKってのはフェアじゃない印象がなきにしもあらず(途中から蹴り技は禁止になるけど当然と言えば当然の処置)。その前にボクシング野郎を徹底的にイヤな奴として描いてるから気にならないと言えば気にならない。

しかしこの映画、世代によってかなり受け手に温度差がある。ステレオタイプに慣れ親しんだ同世代的には全然OKでも、変化球に慣れ親しんだ若い世代になると物足りなさを感じるらしい。確かにあっと驚く展開とかは皆無だからね。

これはもう感性の違いでしかなく、作品の優劣は別問題。例えばの話、水戸黄門や必殺仕事人は毎週同じ展開だからこそ大衆に受け入れられ、現代のニーズに合わなくなったから今は放映されてない事と同様、善し悪しじゃないんだよ。良いと思う人にとってはこれで良し、物足りないと思う人には物足りない、ただそれだけの事。だから俺は絶賛する人の気持ちも分かるし、乗り切れないという人も理解は出来る。俺自身は乗れちゃったから絶讃派に荷担するけど。

ちなみに音楽が攻殻機動隊っぽいな~と思ったらまんま川井憲次氏が担当してた。あと、久々に観たサモ・ハンは相変わらず動きの良いデブで陶酔する事しきり。勿論ドニー・イェンも良かった。前記の通り20代だと物足りなさを感じる人が多いかも知れないけど30代後半以降の人には無条件で燃える映画としてお勧め。

2011年12月 1日 (木)

2011年11月に観たDVD

スターシップトゥルーパーズ3、斜陽、アンドロメダ...、ツイスター、鉄男THE BULLET MAN、007ロシアより愛をこめて、チョコレートソルジャー、蛇拳、笑拳、酔拳2、X-MENファーストジェネレーション、決闘高田の馬場、007ゴールドフィンガー、007ドクターノオ、007サンダーボール作戦、007私を愛したスパイ、邪淫の館獣人、エコエコアザラク 黒井ミサ・ファーストエピソード、由美香、カジノロワイヤル、アイズ・ワイド・シャット、真昼の用心棒、モンスターズインク、トイ・ストーリー、トイ・ストーリー2、トイ・ストーリー3、ブラックエース、人情紙風船

以上28本。11月は30本以上を目標に掲げてたものの僅かに及ばず。これは永井豪のバイオレンスジャック全7+31巻に加えハレンチ学園全7巻の計45冊を読破し、傷だらけの天使6エピソードを観た事で生じたタイムロスが影響してる。

ちなみにこの中でNo.1って訳じゃないけど、最も印象に残った作品としてキューブリックのアイズ・ワイド・シャットが挙げられる。悪魔の追跡サザン・コンフォートにも通ずる部分がある変な映画でねえ。これにせよ全くもって今更だけど。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »