« 2012年2月に観たDVD | トップページ | その昔、高田馬場のこの場所に »

2012年3月 3日 (土)

生き残ったサングラス その2

はい、誰も待ち望んでないのに自分のコレクションを紹介してしまう身勝手なシリーズの第2弾です。何年か前、レイバンの中古サングラス収集に突然目覚めたんだけど、その理由は1999年にレイバンブランドがイタリアのルクソティカ社に売却され、アメリカ製のB&Lオリジナルレイバンは稀少品になる予感がしたから。

当時はそんなレア物予備軍が中古なら1本2000円前後で叩き売りされてたんだよね。もう、のべつまくなしに落札しまくったら手元のサングラスが40本を越えてしまった。で、数年後に不要な分をまとめて売却したら既に値が上がり始めてて、売値が買値を下回った物は1本もなかった筈。俺のプレミアレーダーも捨てたもんじゃないね。

それでもまだ20本ぐらい所有してたものの、今回更に厳選して手元へ残したオリジナルレイバンは5本のみ。これをそれぞれの思い入れと共にご紹介・・

1203031
レイバンと言えばこれ!と言うべきティアドロップレンズのアヴィエーターモデル、アウトドアーズマン。ブロウバーと呼ばれる汗止めパーツと縄手の耳当てが特徴的。これを買ったのは25-6歳の頃で、モノマガジンの男の一流ブランドみたいな特集にG-15レンズのウンチクとか色々書かれてて思いっきり感化され買ってしまった。これが俺の生まれて初めて買ったレイバン。当時は目が悪かったらレンズを度付きに替えて愛用してたけど今はオリジナルのG-15。

1203032
アヴィエーターと並びレイバンの代名詞たるウェイファーラー。俺、バージョン違いとか合わせると一時期このモデルを9本持ってたんだよね。結局、1本だけ残そうと思った時にセレクトしたのはこの5022モデルのモックトータスカラーだった。理由は大好きなブルース・ブラザースのジョン・ベルーシが愛用してたから。

1203033
シンプルなオーバルモデル。確かこれが7-8年前に始めたレイバン収集のスタートラインだった筈。そもそもHANA-BIでたけしさんがかけてたサングラスが欲しくてデザインの似たこいつを入手したんだけど、実際にたけしさんが劇中使用してたのはアルマーニ製らしい。それでもこれを実用する機会は多く、恐らくは最も使用頻度の高いモデル。

1203034
ダーティハリーの1作目でイーストウッドがかけていたバロラマ。今はルクソティカから復刻版が出てるけど、それ以前は価格が高騰した時期もある稀少モデル。今もこのオリジナルバロラマにはマニアが食い付けば良い値が付いたりするものの、これはレンズの一部に欠けがあって売り物にならない。ちなみにこのモデルには鼻当てがなく、相当鼻筋の通ったメンズモデルでも日本人はかけこなす事が出来ない。だから俺は自作の鼻当てを貼り付けて愛用してる。その話は旧サイトここに詳しく書いたので興味がある方はご参照の程。

1203035
これは近い将来手放してしまう可能性があるシューターのカリクローム。レンズにRay-Banロゴのある後期モデルで、売りに出せば2万は固い。そもそもレイバンのカリクロームレンズは生産数が少なく稀少品扱いされてるもののRay-Banロゴ入りは更に人気が高い。何故なら古いモデルになるとフレームはレイバンなのにレンズは他社製のイエローレンズってのが凄く多いから。これならB&Lオリジナルって事が一目瞭然でしょ。そんな訳でコレクターズアイテムとして出し惜しみしてるものの、俺は別に夕方ハンティングへ出かけたりしないから実用性皆無なんでねえ・・

取り敢えずこんなとこ。今後減る事があっても増える事はないから、もはやコレクションとは呼べないかも。

« 2012年2月に観たDVD | トップページ | その昔、高田馬場のこの場所に »

コメント

つかぬことをお聞きします、映画hanabiで北野武が着用していたアルマーニのサングラスは何というモデルでしょうか?

残念ながらモデルまでは分かりません

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生き残ったサングラス その2:

« 2012年2月に観たDVD | トップページ | その昔、高田馬場のこの場所に »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ