2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 出張 | トップページ | 韓国のかっぱえびせん »

2012年4月21日 (土)

どん兵衛 関西版

大阪にいたのは僅か4時間半。ご当地の美味しい物を食う余裕すらなく東京へ帰ってきました。実際、新幹線に乗ってる時間の方が長かったよ。

勿論、移動時間を一切無駄にする事なくDVD3枚鑑賞。内訳は吉田喜重監督の水で書かれた物語、成瀬巳喜男監督の女が階段を上る時、アンドリュー・V・マクラグレン監督のワイルド・ギース。4月20日に全国の新幹線車中で観られたDVDの中で日本一渋いラインナップと言っても過言じゃないでしょう。でも周囲を見渡すとノートPC持ってる人は沢山いたけどポータブルDVDプレーヤー持ってる人って見かけなかった。まあ、ノートPCで兼用出来るからな。

さておき、大阪と言えばどん兵衛の関西版。有名な話だけど日清のどん兵衛は関東と関西で味が違うのだ。数年前に大阪へ出張に行った時も買ってきたものの、関東版と比較しながら食った訳じゃないから味の違いがそれほど明確に分からなかった。そんな訳で今回は並べて食い比べる事に。通常サイズだと2つも食えないのでミニサイズね。

120421

左が関西版、右が関東版。外見は全く一緒なので見分けが付かない。で、いざ開封してみると大きな違いが・・

1204212

粉末スープの袋の色が異なる。そして湯を注いでみると・・

1204213

うむ、明らかに見た目が違う。実際に食い比べると関西版は色のみならず薄味で、醤油の味より塩気が先に立つ印象。関東版の方は、まあ慣れ親しんだ濃い醤油味。別にどっちの方が美味いってのはないね。そもそも俺、そんな頻繁にどん兵衛食う奴じゃないし。だったら何で食い比べてるんだよ!?って突っ込まれたら返す言葉ないッス。

【追記】
余所のブログの記述で分かった事だけど見た目にも明確な違いがあった。上蓋下部のNISSINマークの左に(W)ないし(E)の記述が。勿論、Wが西でEが東ね。

« 出張 | トップページ | 韓国のかっぱえびせん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どん兵衛 関西版:

« 出張 | トップページ | 韓国のかっぱえびせん »