2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 【分析】Perfume エレクトロ・ワールド | トップページ | スケ番☆ハンターズ ドイツ版 リミテッドエディション »

2012年5月15日 (火)

【分析】Perfume チョコレイト・ディスコ

Perfumeのライブでは後半のハイライトに欠かせない代表曲で、観客のボルテージを沸騰点に上げる役を担うチョコレイト・ディスコだけど、正直言えばファースト・インプレッションはあまり良くなかった・・と言うか、YouTubeのPerfume探求でこの曲の動画に初めて出会った時は途中で観るのを止めてしまった。

これはやっぱりしつこい程のリフレインが原因だろうな。ちなみにこの曲では冒頭30秒だけでチョコレイト・ディスコというフレーズが11回出てくる。トータル何回か数えた事がないから分からないけど、まあ聴き終わる頃には生涯忘れられない程この単語を聴かされる。

そんな訳でアルバムGAMEを買うまでこの曲を最初から最後まで聴く機会がなかったのに何度か聴いてたら慣れてしまい、更に病み付きになって、今はライブで聴くと狂うし、職場の飲み会でリクエストされればうろ覚えのダンスを披露するレベルで惚れ込んでる。

でもそういう物って音楽に限らず様々なジャンルにあるよね。実に分かり難い例えだけど新宿ゴールデン街の煮干しラーメン凪が正にそんな感じ。初めて食った時は激しい個性に面食らってさほど美味いとは思わなかったのに、何度か食ったら病み付きになって今じゃ定期的に通わないと気が済まない。要はクセがある分、ハマると抜けられない魅力を兼ね備えてるという事か。

そしてエレワの項目でも書いた通り、そういう突出した部分があるからこの曲も大して売れなかった。やっぱり大衆受けする曲ではなかったんだね。それでも業界人へのウケは良く、今や周知の事実だけどこの曲に木村カエラ嬢が食い付いてラジオで何度も流した事がPerfumeブレイクの大きなキッカケになる。

ちなみに俺の中でこの曲の印象が大きく変わる要因になったのがGAME TOURのライブ映像。多方面で語られてる通りPerfumeのライブは基本CD音源に合わせて踊るだけの口パクなんだけど、これに関してはあ~ちゃんが煽るから口パクにすら成り得てない。だというのに客が狂ったようにノッてる。これは一体どういう事??と思って何度も見てるうちに俺もその説明不能な魅力の虜になってた。ホント、何なんだろうね、この魅力は。

« 【分析】Perfume エレクトロ・ワールド | トップページ | スケ番☆ハンターズ ドイツ版 リミテッドエディション »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【分析】Perfume チョコレイト・ディスコ:

« 【分析】Perfume エレクトロ・ワールド | トップページ | スケ番☆ハンターズ ドイツ版 リミテッドエディション »