2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

COVERS Grace of The Guitar+ 森恵

無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

Thanks For 100,000Hits.

旧サイトでは節目節目で書いてたこの言葉を久々に掲げてみようかと。

ちなみに目ざとい人は既にお気付きかと思いますが数日前からアクセスカウンターを表示してます。左上の地味~な数字がそれ。当初は全く表示する気なかったものの、10万アクセスが近付いたら急に気が変わったのでした。

当ブログを本格的にスタートさせたのが約2年前だから年間約5万。但し1年目と2年目では平均アクセス数が異なり、スタート時は日に4-50程度だったものの今は200前後で、時折タイムリーなネタを書くと3-400に跳ね上がる事もあり・・といった感じ。10万程度のアクセス数なら1-2日で稼ぎ出してしまうAKBの方々に比べたら微々たる数字だけれども、俺の戯れ言に付き合ってくれる方がコンスタンスに3桁居てくれるのは嬉しいもんです。

あまり気の利いた事も書けませんが、俺が面白いと思った事を小規模ながら全世界に向けて発信したり布教したりってスタンスは崩さずに逝こうと思ってるので皆様方には今後ともお付き合い願えれば幸いです。

2012年6月27日 (水)

ポータブルアナログTV

120627

壊れた訳じゃないので今も何となく持ってるものの、これが活躍する機会は未来永劫訪れないからもう捨てちゃってもいいのかな~と思ったりして。

ちなみにこれを買ったのは1996年の夏。正にアトランタオリンピック開催中で、イマイチ受信が悪かったけどそれなりに活躍した。当時はプロ野球をよく観てたからそっち方面でも活用。メイクドラマ完結の瞬間はこれで観てたっけ。

今じゃ携帯で普通にテレビを観られる時代だからこういう物が過去の産物と化すのは仕方ない。それでもワンセグって電車内だと受信が悪くて役に立たない事が多いので16年前から状況は大して変わってないんだよね。そんな訳で電車内でもワンセグをクリアに受信出来る機種の登場に期待。

2012年6月26日 (火)

未来予想図Ⅱ

個人的にさほど思い入れのある曲じゃないけど、平成の女性ボーカル曲としては屈指の名作である事に疑いの余地無し。ただ、リリース当時の俺はロック系に傾倒するヘソ曲がり野郎だったから、この曲の巧さを認めたくなかったってのが正直なところ。

とにかく歌詞から楽曲の展開から歌唱法に至るまで非の打ち所がない程、大衆のハートを掴む要素に満ち溢れてる。上手過ぎる。だから認めたくない・・つーか、みんなが認めてるんだから俺みたいなカス野郎までもが認める必要はあるまい、と思ってた。思い返せばとんでもない天の邪鬼だったな。

今の俺はそこまでひねくれてないから、良い曲だねって感じで素直にその魅力を受け入れられる。涙流す程には陶酔出来ないけど。

一昨日、森恵さんがこの曲をUst配信でカバーして、動画をYouTubeにアップした人が居たのでリンク貼っちゃう。それと、いきものがかりのカバーバージョンもあるので一緒に紹介しておく。

いきものがかりの方はコメント欄を見るとドリカム信者の悪口雑言が絶えない様子。オリジナルに心酔する気持ちも分からなくはないけど、もうちょっと寛容になれないもんかねえ・・ ま、20代の頃は俺もそんな調子だったから人の事は言えねえか。

【追記】ちょっとWikiで調べたら、この曲って高校時代に作ったらしい。吉田美和さんも間違いなく天才だね。

冷やし中華はじめました

120626

・・という名のスナック菓子。俺の知る限り、冷やし中華味の菓子ってこれが初めてじゃないかと。そんな訳で試しに購入。で、実際に食ってみると酢醤油味で冷やし中華をイメージさせる仕上がりにはなってる・・けど、何度も食おうとは思わないなあ。不味くはないけど。

2012年6月25日 (月)

どん兵衛とUFOの金シリーズ

1206252

例によって新種を見つけたら買う! まだどん兵衛しか食ってないけど味はまあまあ。やや薄味な印象だった。ちなみにこのシリーズはカップヌードルも出てて、そっちは買ってない。

鳥肌の立つカレー

120625

この挑発的なネーミングにやられて衝動買い。別に不味くはなかったけど、取り敢えず鳥肌は立ちませんでした。

2012年6月24日 (日)

アテネオリンピック 日本体操男子団体 金メダル

これは俺、生で見損なった。確か明け方の放映じゃなかったっけ? チャンネルを合わせたら全てが終わってたという点で印象深い。

しかし今も語り継がれるこの名実況、恐らくはその場の思い付きなんだろうけどNHKのアテネ五輪テーマソング栄光の架橋にかけてる。古舘さんもそうだし、優れたアナウンサーってボキャブラリーが豊富な上、とんでもなく頭の回転が速いんだろうね。

柔道SYDNEY OLYMPIC 篠原 大誤審で銀メダル

昨夜からYouTubeでオリンピックの名場面を検索し始めて止まらなくなっちゃったんだけど、これは生で観てたなあ、俺。

試合内容については今更何を言っても仕方ないのでノーコメント。で、当時もハートを貫かれたのが5:09からの有働由美子アナウンサー。悔し涙に喉を詰まらせながらしっかりニュース原稿を読み上げる姿が実に神々しい。

映ちゃん号 車検完了

120624

14日にディーラーへ預けてから約10日を経てようやく戻ってきた映ちゃん号Z32。費用だけなら前回の方がかかったけど、手こずったという意味では今回がワースト1。何しろ引き取りに行ったら少々問題が発生しまして・・って感じで追加整備が必要になり引き取り延期って事が2回あったからね。

一番厄介だったのはパワステオイルのホース交換。それと、2日前にエンジンルームからの雨漏りが発覚して腐食した電装系のリレーを交換。他に前輪のブレーキディスクローター交換、後輪のブレーキパッド交換。これに定期点検及び車検諸経費を足して総額22万也。タイヤ交換の9万を加えれば30万オーバー。たかが車検に2年連続で30万絞られたら放出を考え始めるのも至極当然。取り敢えず平成25年中には三代目映ちゃん号へ乗り換え予定。

しかし10日ほどcube、マーチと重量の軽い車に乗ってから我が愛車へ乗り換えるとこんなに重いか??と思う。そりゃあ本気でアクセル踏み込めばcubeやマーチとはトルク感が段違いだけど、普通に走ってると軽快感は皆無に等しい。以前にも書いた通り、重い車体を強大なパワーのエンジンがグイグイ引っ張ってる印象なのだ。その分、ガソリンを無駄にまき散らしてる印象が五感に伝わってくる。こりゃあ貧乏人の所有する車じゃないよ。

そんな訳で次なる愛車を物色中。もう開き直って軽でも買おうかと思ったりして。取り敢えず新車を買う経済力はないので何を買うにせよ中古車。但し、平成20年以降登録された車にしようと思ってる。それまでの間、この時代を逆行した18年落ちのラグジュアリースポーツカーを満喫します。

2012年6月23日 (土)

いきものがかり 『風が吹いている』

NHKのロンドン五輪テーマソングで約8分に及ぶ大作。いきものがかりってシングルのオリコンチャート1位を取った事がないらしいんだけど、リリース日を五輪開催後まで引っ張れば間違いなく1位でしょ。但し、7/18のリリースが決定してるので1位をもぎ取れるか否かは同時期のリリース状況によりけり。嵐やAKBが居たら難しいかな~と。

21日の(恐らくは22日も)渋公では最後の最後にこの出来たてホヤホヤのPVをみんなで観ておしまいという構成だった。ちなみに0:12の何をするでもなく単に座ってるだけのリーダーが映し出された瞬間、場内が笑いに包まれたのが印象深い。もうリーダーはそういうキャラが確立されてるので仕方ないけど、ちょっとだけ同情してしまった。

いきものがかり @渋谷公会堂2012/06/21 追記

・・という訳で昨日の続き。ファン的にはミュージシャンをより近くから見られるホールライブって凄く魅力的なんだけど主催者サイドからすれば大きなデメリットがある。言わずもがな動員数ですよ。アリーナクラスなら一気に1万人動員出来てもホールではせいぜい2000人。すなわち、興行収入が1/5に落ちてしまう。

そうなれば当然、予算を抑える必要が出てくる。では何処を削るか? これはもう経済学の原則としてまず人件費ね。故にホールツアーではストリングスチームとホーンセクションが不在なのだ。

だからダメって事は全然ないんだけど、生のストリングスとホーンが加われば感動も倍増するのは当然の話。そんな訳でアリーナツアーへも絶対に参戦したいと思ったわけ。更に言えば舞台装置のグレードアップも期待出来るし、セットリストが一緒でも印象は大きく異なる筈。

また例によってヤフオクでの良席狙いに終始するけど俺だって軍資金が無限にある訳はなく、なけなしの金はたいて数百円単位の醜い小競り合いの末にチケットもぎ取ってるので、転売反対な方々もあんまりボクを責めないでね。

あ、ちなみにストリングスチームとホーンセクションの加入はあくまでも予想。だからアリーナツアーが同じ布陣だったとしても俺を責めるのは筋違いだよん。

2012年6月22日 (金)

いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2012 ~NEWTRAL~ @渋谷公会堂 2012/06/21

まだツアーの最中だから演出やセットリストに関してはノーコメントで。

いやあ、素晴らしかったなあ。2月のフリーイベントは極寒でのパフォーマンスだった事もありところどころ音を外してたものの、渋公はベストコンディションで陶酔する事しきり。昨今、妙な発声で歌う女性ボーカリストが多いけど、吉岡聖恵さんの歌唱法は素直だし声質も俺好みだし、聴いてて最高に心地良い。リーダーとほっちの漫才的MCも面白く、色んな意味で楽しめた。

チケットを入手した時はどの辺の席なのか濁して書いたものの、今だから白状すると1階席の前から7列目で、しかもどセンターという超良席だったのでした。これはある意味最前列よりも良席と言える。ステージ全体が視界に入る上、距離感は最前列と大差ないからね。ちなみにステージまでの距離は約10メートルほど。この距離で熱唱する聖恵さんと目が合うのはかなりヤバい。

ちなみに聖恵さんって元気な歌は少し遠方に視線を向けながら、バラードは近距離の真正面を見つめながら歌う傾向がある。で、その近距離の真正面ってのが丁度俺の立ち位置辺りなわけ。だから時折見つめ合うような形になる。当然ながら聖恵さんは俺を見つめて歌ってる訳じゃないけど結果的にそうなってしまうのだ。もう全身硬直。勘違い野郎なら聖恵ちゃん、俺一人に歌ってた!!とか思っちゃうよ。現場でちょっとだけそんな事を考えてしまった俺も相当な勘違い野郎か。

しかし、いきものがかりの客層はホントに幅広くて正に老若男女ひしめき合ってる。俺、その中ではのカテゴリーに入ってしまうのが少し悲しいけど、俺以上に年配の方も沢山居た。男女比はほぼ半々。客ノリはロック系やPerfumeに比べればややおとなしめだけどポップ系としてはこれ位が普通かも。

そう言えばじょいふるでお約束のタオル振り回し、あれってすげーホコリが舞うのね。もう、下手したら咳き込んじゃうレベル。更に隣の奴へタオルをブチ当てないよう気遣う必要もあってイマイチ狂えない。ライブ映像ではみんな狂ってるように見えたんだけどなあ。

ところで俺、ホールライブ参戦はこれが初めてになるのか。大昔、中野サンプラザ大ホールで公開録画なら観たけどあれはライブじゃないし、思い返せば武道館や東京ドーム等の大会場かライブハウスにしか行ったことがない。ミュージシャンとの近い距離が快感なれども幾つかデメリットもある。一番強く感じたのは左右のスピーカーが後方へ向いてて、最前列付近は音的にベストポジションじゃない事(但しこれは渋公に限った話かも)。もう一つはネタバレになるので渋公2日目が終わってから追記しましょう。

さておき、今回ちょっと味を占めたので8月下旬から再開されるアリーナツアーへも最低1回は参戦しようかと。取り敢えずは武道館4Daysのいずれかに行きたいな。

2012年6月21日 (木)

渋公初日終了

渋公初日終了
詳細は後程

タオル買ったし

タオル買ったし
これで騒ぐ準備OK!!

開場20分前

開場20分前
ちょっと早めに着いてしまった。しかしCCレモンホールってイマイチ格好悪いから名称が渋谷公会堂に戻って良かったと思うのは俺だけか?

原宿

原宿
渋谷公会堂は渋谷駅より原宿駅の方が近いので原宿で降りて代々木体育館前で1枚。ついでにPerfumeのマカロニPVロケ地の聖地巡礼と洒落込みたいところだけど残念ながらそれほど時間はない。

西部警察PARTⅢ

半月ほど前だったか西部警察のパチ打ってたらPARTⅢのオープニングを見返したくなりYouTube検索。ちょっと画質悪いけど見つけたのでリンク貼っちゃう。PARTⅠのほのぼの感漂うオープニングも嫌いじゃないけど、燃えるのはやっぱりこっちでしょ。しかし最後の方に出てくる石原裕次郎がオープンカーへ飛び乗るアクション、実際にやるのはかなり難しいんじゃないのかな~とガキの頃から思ってる。

2012年6月20日 (水)

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

言うほど悪くなかった。そりゃあ前田敦子が大根だったり、BGが大袈裟でマンガっぽかったり、ところどころにアイドル映画特有の変な演出が含まれてたり、野球部員がみんなイケメンで高校球児的な良い顔が全く見受けられないとか言いたい事は沢山あるものの、骨格の部分で往年のスポ根ドラマのお約束をしっかり守ってる所に好感を持った。まあ、それって原作の功績だろうし、俺らみたくスポ根全盛期直撃世代としては点が甘くなる部分とてなきにもあらず、なんだけど取り敢えず食わず嫌いはいかんな~と。

ちなみに後半部分で帽子が出てきた辺りから嫌な予感がして電車内鑑賞を切り上げ、続きは自宅で観る事に。何度も書いてる通り俺ってああいうシチュエーションに弱いんよ。で、予感的中。家で酒飲みながら観てたら俺、泣いてんの。だから素晴らしいとは言わないけどね。

森恵「ルビーの指環(寺尾聰)」

寺尾聰つながりでこっちにもリンク貼っておきましょう。素晴らしい以外に言う事なし。

『出航~SASURAI~』 寺尾聰 (1981年)

また同世代限定ネタだけど数日前ラーメン屋に入ったらこの曲が流れてきて、あまりの懐かしさに総毛立つ。寺尾聰と言えばルビーの指環が有名だけど当時CFタイアップでヒットした曲があと2つありShadow Cityとこの出航~SASURAI~。いずれもあの頃聴いて以来だから約30年ぶり。

これら3曲が収録されたアルバムReflectionsは当時ミリオンセラーとなり、寺尾氏は役者のみならずミュージシャンとしてその名を歴史に深く刻み込むものの、その後は目立ったヒット曲もなし。恐らくは様々なタイミングが合致してこの1枚だけ爆発的にもてはやされてしまったんだろうな。

2012年6月19日 (火)

台風

120619

いや~来ましたね。皆さんの地域は大丈夫でしょうか。

俺、台風運は強くてここ何年来、辛いタイミングで外出ないし帰宅という事がなかった。しかしながら今回は大当たりで、職場から駅までは問題なかったものの地元の駅に下り立ち、数分歩いたところで強風に煽られて約1年愛用してきた折り畳み傘は画像の通り一巻の終わり。

どうせセブンイレブンで700円ぐらいで買った安傘だから別に構わないけど、そこから6-7分は豪雨のなか傘なしで、家に着く頃には笑っちゃうぐらい全身ズブ濡れ。それでもこれからもっと酷くなるらしいので俺なんかマシな方かも。

予報によると明日の朝6時には降水確率10%程まで落ち着くらしい。俺、明日は7時頃に自宅を出なくちゃいけないから予報通りである事を祈るのみ。

2012年6月18日 (月)

映ちゃん号入院中

車検の為、14日に地元の日産ディーラーへ預けた映ちゃん号Z32、予定では15日に戻ってくる筈が厄介な箇所のパーツ交換が必要になり17日になっても戻らず。代車のcubeは17日迄しか押さえていなかったので別の代車へ乗り換える必要があるとの事で代車交換の為だけにディーラーへ。これはその時撮らせて貰った映ちゃん号の姿。

120618

いやあ、随分と派手に分解されてるねえ。聞くとエンジン外周を巻くように取り付けられたパワステオイルのパイプを交換する為とのこと。その他諸々の作業を経て21日には手元へ戻ってくる筈。

しかし我が映ちゃん号、エンジンこそまだまだ元気なれども周辺部品のトラブルが多く、さすがに維持するのも辛くなってきた。今回は仕方ないけど次回の車検時までに乗り換えようと本気で考えてる。とにかく18年落ちだから毎回毎回車検費用がバカ高なのだよ。

ちなみに前回の車検時に諸々のパーツ交換で約30万吹き飛び、今回は少しマシだろうと思ってたら別の箇所に色々と問題が起きて結局は20万オーバー。2回分の車検費用で中古車が1台買えたわ。

更に3ナンバーって事で税金高いし今年から重量税も増額されちゃったし、何より燃費が最悪で、ハイオクで街乗りリッター5kmしか走らない。もう完全に時代を逆行してるバブル期の遺物なのだ。

車検通しちゃったから約2年間こいつに乗り続け、次回車検の半年前には見切りを付ける予定・・となると、次は何を買いましょうかね。取り敢えず、もうスポーツカーは選択肢から除外。どうせ街乗りにしか使わないんだから馬280頭分の力を持つモンスターマシンなんぞ不要も不要。

。・・と、口では言いつつカーセンサーヤフオクでラグジュアリースポーツカーばかり眺めてる俺が居る。いや、別に買う気はないけど眺めてると楽しいんで・・

2012年6月17日 (日)

セックス・チェック 第二の性

はい、今日の通勤途中に鑑賞。タイトルの怪しさに釣られて借りてみればTHE増村保造とも言うべき変態映画だった。ネタバレになっちゃうので観たい人は以後読み飛ばして下さいな。まあ、40年以上前の映画だからネタバレもクソもないけど。

緒形拳扮する陸上競技コーチが安田道代扮する女子スプリンターの卵を発掘し、特訓に注ぐ特訓で遂には女子短距離選手として日本新記録やオリンピック代表の座をも狙える逸材へと成長させる。ところが陸上競技連盟のセックスチェックを受けたところ半陰陽(いわゆるふたなり)と診断され、女子選手としての未来が閉ざされてしまう。

しかしながらこの選手はまだ男としても女としても未成熟・・という事でコーチは一大決心をする。曰く、よし、こうなったらお前を女にする為に俺が毎晩ヤッてヤッてヤリまくってやる!!と。そして昼は短距離走の猛特訓、夜はベッドで猛特訓という日々を重ねてふたなり少女は一人前の女へ成長するものの・・といった内容。デラタメにも程があるけど映画になっちゃうと面白いんだなあ、これが。

こういう作品に触れると突飛な発想が映画にとって如何に重要かを思い知らされる。そして、クリエイターにとって常識ほど役に立たない物はない事を再認識。俺も何かを作り上げようと目論むならもっともっと常識外れな変態を目指さねばいかん。

瞬殺!!

120617

そ~ら言わんこっちゃない。昨日紹介してから24時間経ってないぞ~!!  これはPerfume人気の凄さか、プレス枚数の少なさか(恐らく後者)。

ちなみに前回もそうだったけど、網張って待ってるとキャンセルや再入荷で一時注文再開される事もあるみたい。

WOWOW録画ライブラリー

昨日、新宿のTSUTAYAで借りてきた日本一のゴマすり男を観る。クレイジーキャッツ系の映画って非常に予定調和的で傑作と言えるほどの作品が1本もなく、これもやはり想定通りの映画だったけど決して悪くはない。

で、一緒に借りた増村保造監督の初期作品巨人と玩具をたった今見終えた。想像とはちょっと違う内容だったけど良かったな。1958年の作品とは思えず、今の時代にも充分通用する完成度を誇る。

増村作品はセックスチェック 第二の性も同時に借りたので今日中に観る予定。そして、これを見終えるとレンタルDVDのストックは無くなり、通勤途中鑑賞はWOWOWで録画した作品群へと移行しておく。Perfumeのライブ目的で三度目のWOWOW加入を果たしてから早や1ヶ月。その間に録画しBD-Rへも焼いた作品は以下の通り・・

ナチュラル・ボーン・キラーズ、ブラックスワン、フロムヘル、メカニック(1972)、メカニック、ジョン・レノン・ニューヨーク、姑獲鳥の夏、静かなる男、現金に体を張れ、ゲンスブールと女たち、マディソン郡の橋、ヒアアフター、アイアンマン2、荒野の用心棒、アントワーヌとコレット、逃げ去る恋、赤ずきん、大脱走、ゾンビ ディレクターズカット版、もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーのマネジメントを読んだら、深夜の告白、赤ずきん、トロン、私のように美しい娘、七年目の浮気

以上25本(加えて音楽番組が4-5本)。当然、加入し続ける限りライブラリーも増殖していく。しかし放映される作品をのべつまくなしに溜め込んでいくと脈絡のなさにも拍車がかかる印象。前田敦子主演のもしドラとか、その酷さが俺の耳にもビシビシ届いててDVDレンタルする気なかったけど、こうやって録画した上にBD-Rへ焼いてしまうともう逃げられない。そういう意味では自分の意思でレンタルするより鑑賞作品の幅が広がるので結果オーライかも。

ちなみにもしドラの原作は映画より全然良いらしいんで、文庫本がBookOffで105円になる頃に買って読もうかと思ってる。

2012年6月16日 (土)

Perfume 3rd Tour「JPN」(初回限定盤) [DVD] 予約開始

但しAmazonだと定価販売。俺はもう少し安いところを探して発注しました。それでも前回のLIVE@東京ドーム初回版を入手し損ない悔しい思いをした人へは早めにツバ付ける事をお勧めします。

森恵@新宿東南口 2012/06/15

今月26日には渋谷で森恵さんのハコライブがあり、行きたかったのに当日は22時までの仕事が確定した為、残念ながら参加不可。だからって事もないけど休みの日は路上ライブの情報収集に力が入る。そして昨日も20時過ぎにTwitterでもりめぐさん路上ライブの情報を掴んだので新宿へ移動。

しかしミュージシャンサイドからは告知もしてないのに何故奴は毎回姿を現すのだ??と不気味がられてる気がする。そこは情報化時代の強みなんだけど、確かにちょっと気持ち悪いよね。だから今後は控えめに・・と思いつつも心奪われる見事な路上ライブの情報を掴んでしまい、更にヒマだったりすると新宿へ向かわずにいられない。嗚呼、悲しきファンの性・・

ちなみに俺が聴いたのは20:40頃にスタートした1ステージのみなので前後の事は知らない。で、そのセットリストは・・

ひとひら
Flavor of Life(宇多田ヒカルCover)
夢の中の夢
笑顔でいられるように
を歌おうとした所で警備員ストップがかかり終了

当局ならまだしも一介の警備員に路上パフォーマンスを止める権限があるのか??と思ったりするものの、未許可である以上は従うしかない。参考までに書くと新宿東南口の一部が工事中なので、恐らくはその現場関係者ではないかと。

また少し待てば西口で続きを聴けそうな気がしたけど今回はこれにて退散。例によってCDを買いサインをいただくも今回ボー君は無し。これはこれで毎回お願いしちゃうとスペシャリティがなくなるからね。

1206152

これでもりめぐさんのCDは13枚目(5種しかないのに)。でも同類は凄く多い気がするぞ。

2012年6月15日 (金)

洋子へ 長門裕之の愛の落書集

杉山治夫氏の自伝に引き続き、先月の古本ゲリラで掟ポルシェさんから買った表題の本も一気読み。発行日を確認したら1985年11月か。なんか、中学の頃に出たような気がしてたけど俺もう大学生だったわ。それでも芸能界のゴシップに興味なかったので当時は未読。

発売当時さんざんワイドショーでネタにされたから同世代には説明不要だけど、これは長門裕之氏の女遍歴を赤裸々に綴った暴露本。更に松田聖子を筆頭に気に入らない芸能人は酷評し放題。長門氏がマキノ一族の後ろ盾を持つ芸能界の超大物だからこそ可能だったんだろうな。

とは言え実名でネタにされた有名女優達にしてみれば黙っちゃいられない・・という訳で確か裁判沙汰にまで発展したんじゃなかったっけ。まあ、そういう人騒がせなベストセラー。

実際に読んでみると・・ うん、これは面白いし興味深い。但し、池内淳子女史が事実無根だと激怒したらしいから書かれてる内容全てが真実という訳ではなさそう。それと当時も大きく取り沙汰された松田聖子批判に関しては結構正論じゃないのかね。若干感情論になってる部分がなきにしもあらずだけど。

ちなみにこれ、古本なので読み進めてるとこんな箇所があったりして。

120615

こうやってポイントポイントに丸印やラインが書き込まれてる。恐らくは、だけど律儀な前オーナーが話のネタとして覚える為に固有名詞部分に印を打ったんじゃないかと。更にこの前オーナー、読み終えた日を書き込む習慣もあったらしく'85.12.3(火)了と巻末に書かれてる。発売直後に一気読みしたんだね。そういう見ず知らずの人の歴史が垣間見えたりして何とも感慨深い一冊なのでした。

2012年6月14日 (木)

今夜も高田馬場べんてん

今夜も高田馬場べんてん
冬場から一通りのメニューを試したけどやはりつけそばが一番。池袋大勝軒系列に少し似たところがあるものの、あれに鰹ダシと甘味を過激に加えた感じ。美味え。しかし、麺少なめを頼んでも満腹過ぎる!

立川の第一デパート

立川の第一デパート
遂に潰れたか。まあ、俺自身最後に利用したのが1年以上前だし、これはもう仕方ないのかなーと。

cube

cube
現在、映ちゃん号Z32の車検中。で、代車として日産ディーラーが貸してくれたのはこのcube。しかしこの車ってイグニッションがスタートボタンになっててキー穴がない。渡されたのもリモコンだけだし、もう激しくカルチャーショック。ちょっと新鮮な感覚を満喫してるものの、別に遠出したくなるような車じゃないから普通に地元で移動手段として使用するのみ。

プレミアム海物語SAA

プレミアム海物語SAA
約半年ぶりの海で12連中。但し例によってハネデジの1パチだから勝ち額は大したことなし。しかし1991年生まれってすげーな。俺、もう普通に社会人だったよ。

万札乱舞!悪徳金貸し・杉山治夫の金満アジトに潜入

先月の古本ゲリラでとみさわさんからこれ面白いよと薦められて買った杉山治夫氏著新悪の錬金術を読破。言動の是非はさておき、読み物としてのエンタテイメント性は凄まじく正に一気読み。しかしマキノ監督の自伝もそうだけど、大物が語るシモの話ってどうしてこんなに面白いんだろ。スパイとして送り込まれた色情狂の女を杉山グループのシュワルツェネッガーと称される元ホストの男を使って骨抜きにして二重スパイさせる話とか最高に面白い。

この本の中でも語られるミッキー安川氏による取材の模様がYouTubeにアップされてたので紹介しちゃう。問題の万札ばらまきパフォーマンスは6:54辺りから。これって著書に書かれてる通りやらせらしいけど面白い見せ物である事に変わりはない。しかしこれを観る限り杉山氏ってそれほど怖い人に見えないものの、実際に借金の取り立てをさせたら小便チビる程に怖いんだろうな。

2012年6月11日 (月)

日本一のゴマすり男

どういう訳か最近この映画が観たくてねえ・・ 近所のレンタル屋には置いてなくて、新宿のTSUTAYAにはあったけど貸し出し中だった。

この映画の挿入歌ゴマスリ行進曲は正に傑作中の傑作。YouTubeにアップされてたらリンク貼ろうと思ったものの、みつからなかったので予告編でご容赦の程。THE高度成長期って感じで、からかい半分シンパシー半分なスタンスが素晴らしい。

2012年6月10日 (日)

月刊少年チャンピオン1976年9月号

120610


劇画ロードショー掲載の月刊チャンピオンはこれで9冊目。特に思い入れはないんだけどあの最高につまらないジャイアントスパイダー大襲来をたなべせつを氏がどう料理したのか気になった&500円と安かったので入手。で、つまらない映画の劇画が面白くなる筈もなく・・といった内容でございました。

ちなみにこの時期同時連載されてたカリュウドってマンガが面白い。内容的には必殺仕事人同様、法の網目をくぐる悪党共を始末する若き殺し屋の話。ただ設定がブッ飛んでて、正義の為の殺しを続けてきた死刑囚の脳を移植された青年が潜在意識レベルで殺し屋家業を引き継ぎ、悪い奴を見ると小指がうずいて残忍な方法で悪党を始末していくという。こういうのを小学生の頃から好んで読んでたんだからロクなガキじゃねえな、俺。

2012年6月 8日 (金)

893239 DVD-BOXが・・

893239 DVD-BOXが・・
高田馬場駅前のCDショップ ムトウに3080円で売ってる。確か定価10000円ぐらいだからほぼ7割引。安い!

そんな訳で俺と中平先輩が共同製作した亜紗美ちゃん主演の短編作品やくざハンターを観たい人は高田馬場へGO!! BOX特典だからこれにしか入ってませんよ〜

赤い原付

昨日の路上ライブ取り締まりに立ち会ったら、昔WOWOWで観たこの歌の記憶が甦りYouTube検索して発見。いやあ、最高だねこの歌。今後もりめぐさんにも清志郎みたく警官のファンが出来るぐらい大物になって欲しいもんです。

森恵@新宿西口 2012/06/07

120608_2

やはりスマホじゃロクな写真が撮れんな。それはさておき・・

21時近くまでスポーツクラブで汗を流し、出てきたところでTwitter検索したらもりめぐさんが20:30頃に新宿東南口で路上ライブを始めたものの当局の水入りで中断という書き込みを発見。先月と同じパターンなら小一時間後に西口で仕切り直す筈・・という事で新宿へ移動しパチ屋で時間潰し。ハネデジでプラス3000円&端玉景品が約800円分のショボ勝ち。その後、西口を見て回るとやはり予感的中でもりめぐさん待機中。数分の待ち時間を経て歌姫の見事なパフォーマンスに酔いしれる。

1ステージ終了後、例によってCDを買いサインを書いて貰ったんだけど今回ちょっとわがままなリクエストをしてみた。・・と言うのも、森画伯作のボー君なるマスコットキャラがあり、webでもりめぐさんのサイン画像を検索すると非常に低い確率でこれが一緒に書かれてる。そうなると俺のコレクター気質がうずきまくり、すいません、ボー君書いて貰えませんか??とお願いするに至った、と。

1206082

ちなみにこれを見てよっしゃ!俺も頼もう!!と思った貴兄へ一言だけ注意を。こういうお願いをする場合はタイミングを見計らいましょう。俺は物販が一段落するのを待ってからお願いしました。そうしないと他のお客を待たせる形になっちゃうし、後続が控えてる時にお願いすると俺も俺もって事になりもりめぐさんの作業量が増えて迷惑この上ない。だからインストアライブ等で長蛇の列が出来上がる時とかは自制しましょう。その辺の常識をわきまえてお願いすれば快く応じてくれますよ。

で、お礼の印にって訳でもないんだけど端玉景品のお菓子を差し入れに渡す。いや、俺まだ節食中だから甘いお菓子は引き取って貰えた方が助かるんで。

ちなみに6/7のセットリストはこんな調子・・

【Stage1】
ひとひら
夢の中の夢
笑顔でいられるように

【Stage2】
Flavor of Life(宇多田ヒカルCover)

3曲目の直前で当局の水入りにより終了

しかし最近当局の取り締まりが厳しくなった気がする。これってやっぱり暖かくなってきたせいなのかね。

それと路上じゃ世界が封印状態。あの曲って高音を伸ばす箇所が多いから喉をいたわってフリーライブでは敢えて外してるのかも知れない。

2012年6月 7日 (木)

月末は渋公で

1206072

いきものがかりを観るのだ。渋谷公会堂ってキャパ2000程度のハコだから彼らにしてみれば小さ過ぎる感があり、プラチナチケット化してヤフオク辺りじゃ凄まじい額で取り引きされるかと思ったらそれほどでもないのね。そりゃあ最前列付近はやっぱり高いけど他は常識範囲内。要するにホールクラスよりも大会場の良席の方が有り難がられるって事か。

ちなみにこれ、まだ座席が確定してない段階で落札してる(故に今の相場より少しだけ割安)。何処に割り振られるか分からないってのもギャンブル感覚で面白いかなと思って。で、さっき届いて確認したら・・なんとまあ驚く程の良席。これが2階席の後ろだったりしたら翌22日の最前列付近を諭吉に物言わせて入手しようと思ってたけど、その必要がない程にステージ間近。大当たりを提供してくれた出品者様にはただただ感謝。

そんな訳で21日はタオル振るぞ~!

キャバルリー!

120607

先日紹介したタナカワークスのシングル・アクション・アーミーだけど、折角買ったパーツを一度も組まずに保管してるのもアホらしい気がして一度キャバルリー化してみた。うむ、オブジェとしては申し分なく気分はもうインディオなれども、試しにガス注入してみたら激しいガス漏れで実用不可。専門店でちょっと調整すれば解決するんだろうけど、別にこれで撃ちたい訳じゃないから放置確定。で、今は元のシビリアンに戻ってる。そっちは問題なくBB弾発射可能。

※インディオ
夕陽のガンマンでジャン・マリア・ボロンテが演じた悪役で、愛用銃はこのキャバルリー

2012年6月 6日 (水)

パック・イン・ミュージック 最終回 エンディング

酒飲みながらこんな時間まで起きてたら約30年前の今頃はTBSラジオのパック・イン・ミュージックを聴いてた事を思い出し、YouTubeで検索したら最終回の記録音声がアップされてたのでリンク貼っちゃう。俺、当時これを生で聴きながら泣いたよ。今聴き直しても野沢那智さん、良い事言ってる。

パック・イン・ミュージックに夢中になったのは俺らよりも少し上の世代だね。俺は背伸びして中二の頃から聴き始めたけど、中学生が深夜3時まで夜更かしってのはあまり褒められたもんじゃない。むしろ俺より10歳ぐらい上の人が直撃世代じゃないかと。

ちなみに俺が一番夢中で聴いてたのが西田敏行さん担当の水曜パック(火曜深夜だから正に今この時間帯)。物語形式の投稿を一人で何役もこなす語りが素晴らしくて大好きだった。俺も稚拙な文章で何度も投書して数通採用されたけど嬉しかったなあ。今にして思えば投書自体が凄く少なかったんだろうね。

Perfume「JPN」ツアーのDVDリリースが決定

・・だそうです。情報ソースはこちら・・

http://natalie.mu/music/news/70593

また今回もAmazonで注文開始と同時に発注しちゃうから無難に初回版を入手出来ると思うけど、そうすると購入特典のポスターを貰えないのがちょっと悔しい。とは言え、ポスター貰ったところで丸めっぱなしになっちゃうので貰えても貰えなくても構わないってのが正直なところ。

しかし前回のLIVE@東京ドーム初回版ってどうしてあんな入手困難になっちゃったんだろ。店頭では瞬殺、ヤフオク辺りじゃ発売日からプレミア価格で取引されてたもんね。今回はそんな事ないと思うけど、Perfume関連商品はCDの初回版も1週間足らずで店頭から消えちゃうので油断は禁物。

2012年6月 5日 (火)

イーモバイル解約

イーモバイルを2年契約で使い始めたのが2010年の6月。初年度が月額3980円、2年目が月額4980円。計107520円支払ってきた訳だけど、俺的にはそれほどの価値を全く見出せなかったなあ・・ 有効活用出来たのは去年喉の手術で数日入院した時ぐらいで、後は正に宝の持ち腐れ。まあ、この2年間で通信を巡る環境が大きく変わったって事もあるけど。

そんな訳でイーモバとも今月いっぱいでおさらば。スマホがあれば事足りるんでね。

2012年6月 3日 (日)

高田馬場 末廣のあさり醤油ラーメン

高田馬場 末廣のあさり醤油ラーメン
仕事仲間から話を聞き、ちょっと気になったので食ってみた。うん、珍味ではある。通い詰めたいとまでは思わないけど、あさりだけにあっさりした口当たりが良い感じ。

森 恵  キミ  アンプ不調で生うた

俺、不勉強なのでアンプラグドの意味が分かってなかった。そういう名前のライブハウスがあるのかなとか思ってたら全然違ってアンプを通さない(プラグを抜く)という意味なのね。

アンプを通してなければ必要以上に声を張る形になり、もりめぐさんみたくソウルフルな歌唱法の人にしてみれば本領発揮・・なんだけど、かなり喉に負担がかかるから頻繁にやると歌手生命を縮める危険なスタイルとも言える。

この動画はたまたまアンプの調子が悪く結果的にアンプラグドになってしまった際の記録らしいけど、やはりプラグインとは伝わり方が全然違う。とは言え、前記の通り頻繁にすべき事じゃないので、こういう現場に立ち会えればラッキーぐらいに考えた方が吉。

2012年6月 2日 (土)

タナカワークスのピースメーカー

1206022

こちらはタナカワークス製のコルト・シングルアクション・アーミー、通称ピースメーカー。もう一挺あったアーティラリーは昨年手放したものの、これも放出してしまうとウエスタン好きの俺を自己否定するような気がしちゃってMGC製ウインチェスターと共に手放せない。

ちなみに銃身5インチのシビリアンフレームは早撃ちの練習で幾度となく床に落としてキズだらけで、クラックを瞬間接着剤で補修してある。で、交換用にと思って当時購入したパーツが画像上にある銃身7インチのキャバルリーフレーム。ついでに撃鉄や引き金、各種スプリングも購入し、簡単にフレーム交換出来る仕様になってるんだけど、実際に装着した事は一度もない。

これもヤフオクへ出せば5-6000円かな。画像の交換用フレームや予備に持ってるパーツ類との合わせ技で売りに出したら1万越えるかもしれないけど、やはりその程度の金にしかならないんなら・・って感じで手放せずにいる。また西部劇撮ろうと思った時に使えるし。

東京マルイのガバメント

120602

手・放・し・た・い・け・ど~、ど~しても手放せない東京マルイのコルト・ガバメント、ガスブローバック。そもそもはスケ番☆ハンターズの撮影用に購入し、既に使命を全うしてるんだけどホビーとしての魅力が強過ぎて、昨年複数のトイガンを手放した時もこれは手元に残してしまった。

トイガンの魅力と言えばらしさなんだけど、こいつったらABSフレームのクセしてズシリとした重量感があり(グリップ部分に鉛が入ってる)、撃ったときの反動・・と言うか、手元に伝わるショックが心地良くて実にらしいわけ。ヤフオクへ売りに出せば7-8000円。これが1万オーバーなら考えるけど、その程度の金にしかならないなら手元にあった方が面白い。そんな訳で今も時折引っ張り出してきて部屋で空撃ちしては悦に入ってるのでした。

ちなみに右側のは同じ東京マルイ製のコッキング式エアガン。1900円にしてはよく出来てるけどガスブローバックと比較すれば単なるオモチャ。

マカロニ Perfume

俺も一応プロのカメラマンなので、ラフな撮りは排除する事を大前提に考える。それは学生時代に8mmフィルムで自主映画を撮ってた頃も同様で、如何にして8mmのオモチャっぽさや軽さを無くすか、そればかり考えてた。

ところがこれは8mm特有のラフさや軽さを逆手に取り、手ブレやコマ落とし、レンズフレアや逆光、フィルム感光、俺が学生時代に欠点だと思っていた要素を全て取り入れて魅力に転化してる。デジタル全盛の今、時代錯誤的に8mmフィルムで何かしようと考えてる俺にとっては非常に学ぶべき部分の多いPVなのだ。

Perfume@東京ドームのPuppy Love

酔っぱらってこれ観てるとオッサン泣けてくるのだよ。

さておき、WOWOWのJPNとて決して悪くはないのに何度観てもLIVE@東京ドームほどの衝撃と感動が得られない。これは一体どういう事だろと思いつつドームのDVDを引っ張り出してきて観てるんだけど、やっぱりシチュエーションの違いかなあ・・

とにかくドームは広いから撮る側も色々遊べるって事がある。広島グリーンアリーナは三人が三方向へ別れても一直線だから引き画の3ショットとサイド打ちしか撮れないものの、ドームでは大きな三角形を描くように離れるから画的な処理にもバリエーションを持たせ易い。それに会場では三方向に分かれた三人を同時に観る事が出来ないから、それをしっかりフォローした記録映像に感動してしまうという二次的な魅力もあったりして。

そんな事もあるんだろうけど、表題のPuppy Loveを観ると引き画と寄り画のバランスもオーディエンスカットの挟み方も完璧で、生で観た時の感動が甦るだけじゃなくそれ以上に迫ってくる物がある。特に1番の後の間奏部分でオーディエンスの上下上上に感極まったあ~ちゃんが拝むような仕草を見せるカットは素晴らしく、撮影クルーもスイッチャーも最高の仕事をしたとしか言いようがない。

Perfumeのライブ映像の感想で多いのは泣けるって事なんだけど、泣き虫あ~ちゃんのMCで泣けるのは当然として、Puppy Loveみたく泣ける要素が皆無な筈なのに泣けてしまうのは何故なんだろ。恐らくは画面から伝わる幸福な空気感なんだろうな。

この動画がYouTubeにアップされてたらリンク貼ろうと思ったのに見つからなかったので話だけ。興味ある人はドームのDVD買って観て下さい。

2012年6月 1日 (金)

今日の晩飯は

1206015

キャベツともやしとエリンギと豚バラ肉をタジン鍋で蒸したやつ。野菜嫌いの俺がこういう物を積極的に食うようになったのが去年の緊急入院の恩恵。ちなみにこれ、結構なボリュームで腹一杯になるけどカロリーは白飯半合と合わせてもせいぜい450kcalなので実にヘルシー。

ガラスの仮面 第48巻

1206014


酔っぱらいながらこれを読む! ちなみにスーパードライ500mlは瞬時に無くなってしまったので、ここから先はジャック・ダニエルへスイッチ。

ハートチップル

1206013

俺、昔からこのスナック菓子が好きでねえ。暫く食ってなかったけど酒と合う合う。

祝杯

1206012

どーだいこの見事な泡! ちなみに以前書いた三度注ぎね。

しかし昼はべんてんの油そば、夜は家飲みとダムが決壊したかの如き愚行なれども羽目を外すのは今夜のみで、明日からまたストイックな食生活に戻る予定。取り敢えずここ数ヶ月頑張ってきたので今夜だけは自分へのご褒美って事で。

人間ドックの後は

人間ドックの後は
喉の麻酔も冷めやらぬうちに昨日までの努力を全て台無しにするべんてんの冷やし油そば(但し麺少なめ)。面白い味だけど、やはりべんてんはつけそばが一番か。

72kg台回帰

120601

よっしゃ! よく頑張った俺。ただまあ、昨日の夜から飲まず食わずだから水一杯飲めばおしまいなんだけどね。

では、いざ人間ドックへ。

2012年5月に観たDVD

静かなる決闘、情炎、祇園の姉妹、用心棒、拳銃無頼帖 抜き射ちの竜、山の音、さらば夏の光、醜聞スキャンダル、夜の女たち、放浪記、紅の拳銃、煉獄エロイカ、近松物語、稲妻、告白的女優論、戒厳令、山椒大夫、祇園囃子、蜘蛛巣城、流れる、悪い奴ほどよく眠る、DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら夢を見る、浮雲、生きものの記録、素晴らしき日曜日、わが青春に悔なし、どん底、白痴

以上28本。家政婦のミタ全11話も観てるから枚数的にはプラス5。内訳は溝口健二5本、成瀬巳喜男5本、吉田喜重5本、黒澤明10本、赤木圭一郎主演の無国籍活劇2本、そしてAKBのドキュメンタリーが激しく異彩を放つ。

吉田喜重監督作って学生時代は好きだったものの今観るとさほどじゃない。スタイリッシュだけど気取り過ぎと言えなくもない作風だからね。むしろ、こういう作品に傾倒してた学生時代って相当に頭でっかちだったんだな、俺。

黒澤作品に関しては先日も書いた通り素晴らしき日曜日が最も印象に残ってる・・とは言え、一番良かったって意味じゃないよ。逆に期待外れだったのが悪い奴ほどよく眠る。中盤までは凄え面白かったのに終わり方がねえ・・

しかし28本中23本がモノクロ。さすがに総天然色のB級映画が恋しくなってきた。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »