2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ロンドン・オリンピック | トップページ | Final Cut Pro X »

2012年7月26日 (木)

Mac mini 新調

120726

今日は棒茄子当て込んで少々高価なお買い物。

以前から機会ある毎に書いてきたけど、俺はファイナルカットを使った映像編集の為だけにMac miniを所有してる。これが2007年の年明けに購入した物なのでHD編集にはマシンパワーが全然足りない。それでも騙し騙し使ってきたものの、もうさすがに限界かな~と。

ちなみに画像奥にあるのが約5年半愛用してきたMac mini MA608J/A。劇場用短編映画3本、長編映画1本を作り上げ、10数件にのぼる記録映像の編集で活躍した非力ながらも頼れる相棒。それなりに愛着あるし、ヤフオクへ出品してもせいぜい数千円にしかならないから、これも思い出の鉄クズとして後生大事に持ってるつもり。大して場所取らないし。

で、今回購入したMC936J/AはクアッドコアCPU搭載の現行Mac mini最高機種。スペックは申し分ないけど光学ドライブが内蔵されてないのでSuperDriveなるブート対応の外付けドライブを同時購入。価格は合わせて9万ちょい。目玉が飛び出る程ではないけど安い買い物じゃないね。

で、ソフトウェアのアップデートやら何やらで時間を浪費しつつ、ファイナルカットのDVD-ROMを引っ張り出してきてインストールしようと思ったら・・PowerPC アプリケーションは現在サポートされていないため、アプリケーション Final Cut Studio.mpkg を開けません。という無情のメッセージが。何とファイナルカット6は現行Mac miniのOSに対応してないのでした。これは誤算も誤算、大誤算。

そんな訳で、こいつで映像編集をしようと思ったらファイナルカットも新調する必要が出てきた。ところがwebで情報収集すると現行のFinal Cut Pro Xがやたら評判悪い。それでも、これを導入しないとMac miniの新調自体が無駄になってしまうので近日中に購入予定。ちなみにFinal Cut Pro Xは10万オーバーが常識だったFCPとしては26000円と比較的リーズナブル。安くもないけど。

« ロンドン・オリンピック | トップページ | Final Cut Pro X »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mac mini 新調:

« ロンドン・オリンピック | トップページ | Final Cut Pro X »