2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 危険な情事 | トップページ | ペヤング イカスミやきそば 漆黒のソース »

2012年10月29日 (月)

ぱちんこAKB48論

昨日、NHKのミュージックジャパンにAKBが出てるのを観たら、以前Perfumeやいきものがかり目当てでたまたま競演してるのをなんとな~く観てた時と、選抜メンバーほぼ全員の顔と名前が一致してる今とでは印象が大きく異なる。渡辺麻友とか松井玲奈って線が細く華奢なイメージだけどダンスは凄くシャープでカッコいい。なんかこの娘達、単に可愛いだけじゃねえぞと思ったり。それもこれもぱちんこAKBの恩恵というか弊害というか・・

そんな訳で導入から約2ヶ月が経過した今でもぱちんこAKB48をよく打ってる。同一機種をこれだけ長い期間打ち続けたのは2008年の花満開以来か。まあ、それだけよく出来た台って事で、折角だからどれだけよく出来てるかを熱弁してリピーター諸氏を悪の道へ引きずり込もうかと。

まず大当たり確率が約1/199という当たり易さ。そりゃあナメてかかると痛い目見るけど(実際、7-800ハマリ経験が数回有り)、大抵は4-5000円投資で当たりを引けて、良い波に乗ると瞬時に万発越えの爆発力もある。但し出玉2000発の15R当たりをどれだけ引けるかが全てで、8R通常で終わってしまったらあまり粘らない方が得策。そういう意味でも引き際がハッキリしてる。

で、俺的に一番評価したいのは演出バランス。コアなファン層をターゲットにした台という事でぱちんこ冬のソナタ同様に実写リーチが多用されてるんだけど冬ソナほど長くないし、強予告が絡まなければほぼハズレだから無駄に期待せずに済む。更にハズレと分かってても耳当たりの良いヒット曲が流れてるから不快じゃない。そのクセ、最も信頼度の低いダンスリーチってのがあるんだけど、時折これでビタ当たりする所が海物語的だったり。

そして一度味わうとクセになるAKBスパーク。普段は上部にあるAKBロゴ付きの小型液晶が大当たりを引いた瞬間、虹色に光りながら台の中心に落下してきてAKBロゴが激しく回る。しかもこれが通常当たりからミュージックラッシュ(確変みたいなもの)へ昇格した時、4ないし8Rから15Rへ昇格した時、じゃんけん大会で勝った時にも発動するんだけど、少し間を置いてからストン!と落ちてくる時間差攻撃が抜群。これはヤバい。依存症になっちゃう。

結果、半依存症と化して打ちまくってたら選抜総選挙ベスト10の顔と名前が一致してしまう程AKBに詳しくなってしまった。しかも毎回サビ部分ばかり雑音の中で聴かされるから我慢ならずCDにまで手を出した、と。

参考までに通算成績を書くと、トータルで5-6万勝ちってところ。少し前まで約10万勝ちだったんだけど、ここのところ負け続きでね。でも最近は1パチ2パチがメインで4パチはほとんど打たないし、打っても数千円で引き上げちゃうからヤケドはしてない。

取り敢えずこれ読んで興味を持った人には1パチをお勧めしておきます。まだ人気あるからなかなか空席に出会えないけど、一時期に比べれば出会える率も上がってます。参考までに書くと、当たりが引けなかった場合4パチは約40分で1万円失います。1パチなら4倍打てるから40分で約2500円です。経済的でしょ。勿論、景品も1/4だけど演出を楽しみたいだけなら1パチが吉。

ちなみに公式サイトはこちら

« 危険な情事 | トップページ | ペヤング イカスミやきそば 漆黒のソース »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぱちんこAKB48論:

« 危険な情事 | トップページ | ペヤング イカスミやきそば 漆黒のソース »