2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 森恵@NHK歌謡コンサート | トップページ | 森恵とオリコン »

2012年10月25日 (木)

いろんなおと / 森恵

121025


来年1月のワンマンライブのチケットと一緒にCDを買えば特典CDもくれるという超抱き合わせ販売に乗せられて購入した森恵さんの1stフルアルバム。ちなみにチケットを見るとA列になってるから最前列か?と思いきや、webでSHIBUYA-AXの座席表を見るとその前にSA、SB列ってのがあるので前から3列目。ただ、かなり端っこなんだよね。5列目でもいいからセンター付近の方が嬉しかったなあ。

さておきアルバムについて。豪華サポートメンバー等、事前に掴んでた情報からファンの期待を裏切る内容じゃない事は確信してたから良い意味で予想通りの完成度。もりめぐさんの本領と言えばギター1本の弾き語りで、今まで聴いたどのCDもアコギ1本のバージョンには敵わないと思ってたけど1曲目のオープンカーは初めて弾き語りより良いと思わされた。イントロのアコギとスライドギターの掛け合いはツェッペリンやスライダーズを彷彿とさせるハードさが見え隠れして実にいい感じ。

ファン心理をかなぐり捨てて冷静に分析すると、大衆を巻き込んでブレイクするキッカケになりそうな楽曲は含まれてない。それでも大化けしそうな曲を強いて挙げれば前記のオープンカーとトリのbrand new day。いずれも地方CFや深夜放送のEDテーマというタイアップ曲だからメディア露出度が高く、何処ぞの大物が食い付けば更なる高みへ繋がるかも・・と言うか、ファン的には繋がって欲しい。

しかしアルバムタイトル通り、歌唱法も音的にもバリエーション豊富。見当違いかも知れないけど遊びというか実験的というか、表現スタイルを模索してる印象がある。悪く言えば一貫性がなく、良く言えば多種多彩。そんな事もありファンの人達より昨日までもりめぐさんを知らなかった人達がこのアルバムに触れてどういう印象を持つのかが気になる。良くも悪くもファンは絶賛しかしないからね。

« 森恵@NHK歌謡コンサート | トップページ | 森恵とオリコン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いろんなおと / 森恵:

« 森恵@NHK歌謡コンサート | トップページ | 森恵とオリコン »