2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

COVERS Grace of The Guitar+ 森恵

無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月31日 (月)

さらば2012年

紅白歌合戦をBGにしつつ年内最後の更新。

今年の心残りは短編映画一本のアイディアすら思い付かなかった事。いや、実際には幾つか思い付いたけど今更こんな物を撮っても意味なかろうと思い制作に着手出来なかった。まあ実際に稚拙なアイディアばかりだったんだけどね。

結果、5本買い込んだ8ミリフィルムはものの見事に期限切れ。ただ、期限切れフィルムって少々赤味が増すけど何年か先になっても撮れる事は撮れるから、いつかこいつらで8ミリ新作を!という野心は捨ててない。ちなみに今手元にある8ミリフィルムは5本。18コマ毎秒で1本3分20秒撮れるからトータル約17分。5-6分の短編を仕上げるには充分だから、来年も5分前後で完結する短編のアイディアを練り、これだ!ってのが思い付いたら周囲の人間を巻き込んで撮りたいな、と。

しかしウチのZC1000、取り敢えず問題なく空回りはしてるけどいざフィルムを装填した時ちゃんと機能するんだろうか。何しろ10年以上実用してないから凄く心配。まあ、ダメだったらAX-2000様にご登場いただき普通にAVCHDで撮るけどね。

気が付けばスケ番ハンターズの公開から2年以上が経過。俺としてもたった1本だけ劇場用長編を作り上げた男では終わりたくないから今後も創作意欲を失わずに生きていきますよ。問題はなかなか一歩を踏み出せない頭の固さと勇気のなさ、かな。

さておき、2013年も僕や君や彼等のために素敵な年でありますように。ところで毎年書いてるこのフレーズがブルーハーツの終わらない歌の引用だという事を即座に指摘出来るリピーターが何人いるかな?

あ、俺まだまだ寝ないからカウントダウン直後には新年のご挨拶を更新予定。

2012年12月に観たWOWOW録画BD(レンタルDVD含む)

荒馬と女、ロッキー、ロッキー2、ロッキー3、ロッキー4/炎の友情、ロッキー5/最後のドラマ、ロッキー・ザ・ファイナル、先生を流産させる会、柔らかい肌、嘆きの天使、甘い罠、エヴァの匂い、エクスペンダブルズ、DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?、わらの犬(2011)、呪われた者たち、鱒、早射ち野郎、日本沈没(2006)、日本沈没(1973)、いまを生きる、新宿アウトロー ぶっ飛ばせ

以上22本。ちなみに新宿アウトローは現時点でまだ半分しか観てない事を白状しておく。

残念ながら大して面白くはなかったけど宍戸錠の早撃ち野郎の舞台背景がかなり本格的な西部の町だった事に関心。当時はまだ日光のウエスタン村も存在しなかった筈だから、この映画の為だけに大枚はたいてセットを組んだ事がうかがえる。いや、俺が知らないだけで日活無国籍アクションにはこういうインチキウエスタン路線も複数存在するのか??

取り敢えず2012年もあと1時間ちょいで終わるので年間DVD&BD鑑賞数を弾き出してみる。1月23本、2月20本、3月19本、4月27本、5月28本、6月22本、7月21本、8月21本、9月22本、10月13本、11月18本、そして12月22本でトータル256本。2011年のデータを見返したら208本だったから今年は48本増ですか。

ポータブルプレーヤーでの通勤途中鑑賞を始めたのが2006年。以来、最も少なかった2011年でも200本観てるって事はこの7年間で1400本は確実に消化してるのか。とは言え300本近く観た年があったり再見作品が含まれてたりって感じだから実際には1500本前後ですかね。

2012年12月30日 (日)

日本レコード大賞

別に権威ある賞だとは思ってないから何でもいいんだけどさあ・・ AKBが2年連続受賞ってどうなのよ?? まあ、不振が続く音楽業界での貢献度が高い事は認めるけど、こういう賞ぐらい実力派にあげてもいいんじゃないの、と思ったりして。

以上、いきものがかりに受賞して欲しかった一ファンの戯れ言でした。ちなみにレコ大を生で観たのは30数年ぶり。

日本沈没大会

また変な大会やってますが・・

さておき、WOWOWで録画した2006年版の日本沈没を一昨日観る。世評は最悪の本作品、まあ言うほど酷くはないと思ったけど主人公の安いヒューマニズムや超個人的なラブストーリーが主軸となってるが故に、日本が消えて無くなるという巨大スケールの物語が凄くこぢんまり見えてしまう。

そうなると1973年版の日本沈没を見返したくなりレンタル屋で借りてきて昨日観たんだけど、こっちはこっちで地味な印象が強い。要は140分に及ぶ上映時間中、派手なスペクタクルシーンがせいぜい10分程度しか描かれず、ひたすら地殻変動の科学的根拠やら海外への国民受け入れ交渉と言った小難しい話が室内劇で展開されるのみなので期待外れ感が強い。ガキの頃つまらないと思ったのも仕方ねえかなあ、と。それでも2006年版に比べたら遥かに良く出来てるかも。

こんな調子で新旧共に俺のハートを揺さぶる事はなく不完全燃焼なので、ちょっとBookOffで原作本を買ってきた。恐らくは、だけど原作はかなり面白い筈。ちなみに俺、小松左京の小説は復活の日しか読んでない・・けど、あれは凄く面白かったから、多分日本沈没も俺の期待を裏切らないんじゃないかと。

でも今は録り溜めたBD&DVDの消化で手一杯だから、実際に読むのは数ヶ月先かな。

2012年12月29日 (土)

サメ手おどり

サメ手おどり
中野ブロードウェイ4Fのまんだらけ変やで発見。ちょっと欲しいけど8400円とかして高いので要らない。

2012年12月28日 (金)

松井秀喜引退

目覚まし代わりのJ-WAVEから流れてきたこのニュース。ああ、やっぱりかあ・・というのが個人的な印象。レイズに選手外通告された時から何となく予感はしてたし。

2005年辺りから俺も全然野球観なくなっちゃって松井選手の動向は時折webでチェックしてただけだからとやかく言う資格なし。それでもNPB時代は誰よりも尊敬してた選手だから正直寂しい。とは言え充分過ぎる功績を残したよね。今後は指導者として輝いて欲しいと切に願う。

で、懐かしくなって引っ張り出してきた松井レアカードの一部。国産メモラ系はほぼ全て自引きした物で大して元手がかかってない事もあり手放す気なし。破産寸前になったら考えるけど。

121228

そう言えば俺、松井秀喜ホームランカードも延々購入し続けてて数日前に最後の2枚(506.507号)が届き、昨日はちょっと悩んで1枚5000円もするスペシャル仕様のカードを発注したばかりなのでした。それがラストカードになっちゃうのかも。

2012年12月27日 (木)

恐怖のパチンコ年間収支

はい、今年も押し迫って参りました。昨日仕事帰りに1パチで1300円のショボ勝ちをして、額はさておき勝ち試合で終わりたいから年内はパチ屋へ近付かない事に決定。そんな訳で相変わらず続けてるエクセルの収支記録で年間収支を叩き出してみた。今年は198800円の負け収支で終了です。あ、一応書いておくと2006年以来勝ち収支で終わった年は一度もありません。

ちなみにこの負け額は2006年以来最低額。1パチメインの立ち回りが功を奏したって事ですかね。約20万失ってるとは言え月額約16000円だからゲーセンレベルのレクリエーション費と言っていいんじゃないでしょうか。ただ痛かったのは10月の攻殻機動隊での約10万ロスト。これさえなかったから年間収支もマイナス10万で収まったのになあ。

なお、歴代最悪の年間収支を叩き出したのは俺がパチにハマった2006年。これもしっかりエクセルに記録されてるので見返したら年間624300円失ってますね。この額も相当にアホだけど、恐ろしいのは出資額。驚くべき事に4122300円注ぎ込んでる。400万オーバーですぜダンナ。確かに思い返せばあの頃は正にオナニー猿状態で連日打ってたからなあ。そして3498000円を回収して前記の負け額へ落ち着く。

今年はと言えば出資額が920100円で回収額は721500円。2006年よりは遥かにマシだけど額面だけ見るとギョッとするな。安全と言われる1パチでさえこのザマだから如何にパチンコ業界が潤ってるかうかがい知れる。嗚呼、もうパチ業界の術中にハマりたくない・・と思いつつまた来年も打っちゃうんだろうなあ・・

2012年12月22日 (土)

三代目映ちゃん号

8年半、行動を共にしたフェアレディZ32に別れを告げて三代目となる映ちゃん号を迎えた訳だけど、今回は思いっきり方向性を変えてみた。

121222

マツダ・スピアーノSS。フェイスのデザインが若干異なるもののスズキ・アルトラパンと全く同じボディ形状の軽自動車。こういうのってOEM販売と言うらしい。いわゆる企業提携で、その昔SONYとFUJIが同型のビデオカメラを売り出してた事があったけどあれもOEMだったんだな。

とにかく俺にとっては初めてずくめで、まず軽自動車を所有するのは初めてだしスポーツタイプ以外の車も初めて、オートマ車も初めてでFF車も初めて。そもそも軽に乗るのは20年以上前、友人に借りた時が最初で最後。

周囲に軽自動車の感想をリサーチをするとひたすらパワーが足りないとか高速で役に立たないとかネガティブな情報ばかりが耳に入ってきた。そんな事もあってかなり不安視してたけど実際に乗ってみれば結構キビキビ走るじゃん、というのが第一印象。ターボ車という事もあるのかも知れないね。でも高速で一定速度を超えると思いっきりフラつく。それまでZ32に乗ってたから更にそう感じるのかも知れない。タイヤの太さも車重もボディ剛性も段違いだからなあ。

あと、居住性が最悪。何しろZ32と横幅が30cm近く異なるから右肘が側面に当たる当たる。シートもベストポジションに下がりきらないし足下も狭い。全てあと5cm足りない印象。そこが軽自動車たる所以なんだろうな。

こんな調子でロングドライブだとストレス多いだろうけど街乗りにはこれで充分。何しろ維持費がZ32の約1/5だからねえ。ある程度の不満点は我慢しなくちゃいけない。

で、今回感じたのは昔単車に乗ってた頃、FZR1000からSEROW225へ乗り換えた時と印象が凄く似てる事。有り余るパワーを誇るモンスターマシンは所有欲を存分に満たしてくれるけど、日常的なツールとしてはこれで充分じゃないの?という。参考までに書くとFZR1000が135馬力でSEROW225は20馬力、Z32が280馬力でスピアーノは64馬力。贅沢言わなければ単車も車もこれでいいのよ。まあ、数ヶ月後には言うこと変わってるかも知れないけど。

最後のドライブ

最後のドライブ
昨夜中古車屋から納車準備完了の連絡があり、これから千葉の外れにある店へZ32で向かう。これが2代目映ちゃん号での正真正銘ラストドライブ。片道たっぷり3時間かかるから最後の時間を満喫するには丁度良い距離かも。

2012年12月21日 (金)

DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?

今さっきMステでAKB観たけど50人とか出てこられちゃうと3列目以降は顔と名前が一致してても何処に誰が居るのかさっぱり分からないねえ・・ しかし前田敦子はもっと歌のレッスンを積まないと歌番じゃ生き残れないぞ。

さておき2作目とはうって変わって不評だらけのAKBドキュメンタリー1作目。世評を鵜呑みにして観ないまま駄作と決めつけるのも違うと思いレンタル屋で借りてきた。で、観たらなるほどねえって感じ。言うほど酷くはないけど酷評が飛び交うのも仕方ない内容。

要は2010年にチームメンバーをシャッフルした組閣を主軸として旧チームの千秋楽と新チームの初日の記録映像に各メンバーのコメント映像をちりばめた構成なんだけど、ハッキリ言ってコアなファン以外は全く付いていけない。そもそもAKBが3チーム制(一時期はチーム4を含む4チーム制)で劇場公演してるって事すら一般人は知らない訳で、そこをひらすら深く語られても意味が分からないし、冷めた言い方をすればどうでもいい。

だからAKBに関する相当詳しい前情報を掴んでいないとまるっきり楽しめない・・というか理解不能。今は俺もその前情報を掴んじゃってるから普通に観られたものの、半年前に観たら文句たらたらですよ。

唯一良かったと思えるのは被写界深度の浅いレンズで捉えたコメント映像のクオリティですかね。これはカメラマンとして勉強になる部分が多かった。

さておき、本作に批難が集中したので視点を180度変えてドロドロの舞台裏を見せつけるコンセプトの2作目へ至ったんだろうなという事は容易に想像出来る。更に2作目が好評だったから3作目も同じ方向性でという大人の事情も予告編からうかがい知れる。確かに3作目は気になるけど、やっぱり劇場へ出向いてまで観たくないから俺はDVDレンタル待ちです。

ネット通販

何に手こずってるのか分からないけど未だ中古車屋から納車準備完了の連絡がない。今月フリーに動けるのは今日明日のみだから、もう年内納車は無理かな。まあ、Z32との別れが名残惜しいからもう少しこいつと一緒に過ごせる時間が増えたと思えば万事OK。

逆に一昨日発注したSONYの9VポータブルBDプレーヤーは今日の午前中に到着予定。現在使用中のパナ製ポータブルBDがもうあり得ないレベルの絶不調なので凄く助かる。

しかし日々普通に利用してるネット通販、冷静に考えたら完全にドラえもんの世界だよね。ガキの頃に読んだドラえもんの1エピソードでカタログ掲載商品を打ち込むと何でも瞬時に届けてくれるマシンの話があったけど、これって基本的にはネット通販と何ら変わらない。違いがあるとすれば届くのが瞬時か中1日かだけの話で。

思えば俺が購入を決めた車だってカーセンサーnetで在庫確認してるから限りなくネット通販に近い。無自覚に利用してると気付かないけど、ちょっと考えれば凄い時代に生きてるなあと思わずにいられない。

2012年12月20日 (木)

【AKB×宇多丸】シネマハスラー DOCUMENTARY of AKB48

封切り時webで話題になった宇多丸さんのラジオ番組ってこれか。初めて聴いたけど個人的には同意。トータル約40分あるので興味のない人が全部聴くのは苦痛かも知れない。でも聴いてしまったらAKBのドキュメンタリーを観ずにいられなくなる筈。

あ、一応書いておくとAKBのドキュメンタリー映画は2本(来年公開を控えた新作を含めれば3本)あり、ここで語られてるのは2作目(少女たちは傷つきながら夢を見る)の話。1作目(10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう? )はファンにもソッポ向かれた駄作(・・らしい。俺は未見)なのでお間違いなく。

2012年12月19日 (水)

AKB48チームKウェファーチョコ 続報

121219

結局、5袋目で大島優子GET。全15種だから5袋購入でトップスターを引き当てたのは幸運といえるかも。

2012年12月18日 (火)

ポータブルBDプレーヤー不調

DELLのデスクトップPCに引き続き日々愛用してるパナソニックのポータブルブルーレイプレーヤーDMP-B100が10日ほど前から不調。通勤途中に観てるといきなり電源が落ちたり、まだバッテリー容量が残ってるのにエンプティ表示が出たり。立て続けに愛用品が不調に陥ると凹むなあ・・

症状から推測するにバッテリーの接触不良が原因という事は明白なれど、接点を拭いても改善されないし本体側バッテリー側のいずれに問題があるのかも分からない。更にバッテリーを買い換えようとしたら定価¥17850、ネット通販の最安値でも¥12500と結構な高額品。こうなると修理やバッテリー交換を考えるより最新機種への乗り換えが一番の良策という事になってしまう。世代的にこういう使い捨てってかなり抵抗があるけど時代の流れがそうなってるから逆らえない・・つーか、逆らうと無駄に金が飛ぶだけだから時流に乗るしかないのだ。

取り敢えずデスクトップPCは今のところ安定してるからポータブルBD買い換えを優先して新たなる相棒を物色。そして俺がセレクトしたのはこいつ。今使ってるパナのDMP-B100は絶頂期でも3時間再生が限界だったから連続再生時間5時間はハートに来たねえ。ちなみにもう1ランク上に10Vモニターのモデルがあって少し悩んだものの、今の8.9Vでも不満はないし、日々持ち歩くことを考えると少しでも軽い方が良いので9Vモデルを選択したのでした。

今日発注したので届くのは早くても3-4日先。それまでは不調のDMP-B100をだましだまし使うしかない。ちなみにこいつも約2年酷使してきたから大往生かね。

セブンイレブン限定 AKB48オリジナルふせん

121218

個人的には去年や一昨年みたいなキラカードの方が良かったと思いつつ、見つけたら入手せずにいられないコレクターの悲しき性。でも今年は2個じゃなく1個お菓子を買えば貰えるところが良心的。その分、店頭から消えるのも早いだろうから欲しい人は早めにセブンイレブンへGO!

2012年12月16日 (日)

森永 AKB48チームKウェファーチョコ

昨年一昨年とこの時期になればセブンイレブンで対象商品のお菓子2つ使うとAKBのカードをくれるキャンペーンをやってたので今年もあるのかな~と思いつつ連日地元駅前のセブンイレブンをチェックしてたら、上記キャンペーンではないものの表題の商品を見つけたので運試しの意味合いを込めて大島優子狙いで買ってみる。しかし優子狙いならチームKとか、こういう時以外全く役に立たない知識を身に付けてしまったのも全てぱちんこAKBの恩恵。

取り敢えず板野友美以外なら誰でもいいやと思いつつ、見事に板野を引き当ててしまう辺りが俺らしい。とは言え世間的にはともちん推しが沢山居るからそういう人達を羨ましがらせる事は出来ると己に言い聞かせて取り敢えず納得。でも恐らくはあと2-3袋買ってしまうんだろうな~

121216

2012年12月15日 (土)

柔らかい肌

ちなみに私的ロッキー大会は既に完結しております。ファイナルは面白かったけど期待した程じゃなかったって感じで特筆すべき点もなし。60代であの肉体を作り上げたのは脅威だし尊敬出来るけど、それって映画とは別の話だからねえ。

で、またアート路線へ移行しようと思い最初に着手したのが柔らかい肌。トリュフォー作品としては評判が悪い部類の作品で長らく敬遠してたものの、これがメチャメチャ面白い。危険な情事とは別の意味での大人の火遊びを描いた作品で、妻子ある中年の著名文化人が若いスチュワーデスと不倫したらちょっと困った事になるお話。

俺、妻子持ちじゃないし二股かけた経験もないけど、男として生まれた以上は主人公の中年男同様の浮気根性が遺伝子レベルで組み込まれるからやたら身につまされる。多分、これも男女で大きく評の分かれる作品だろうな。いや、ラストは女性目線で観れば快感かも知れないから男にとっては戦慄の一作、女にとってはカタルシスを得られる一作かも。

しかし華氏451然り黒衣の花嫁然り、トリュフォーがあからさまにヒッチコックを模倣したサスペンス路線ってシネフィルには評判が悪いけど、本作を含め俺は大好きなんだよね。折角のアバンチュールをウザい男に邪魔されたり、奥さんに浮気がバレそうになるシチュエーションとか面白過ぎて惚れ惚れしちゃう。超個人的な浮気話を万人に入り込ませるサスペンスドラマへ仕上げてしまうトリュフォーはやはり只者じゃない。

2012年12月12日 (水)

ロッキー大会あと1本

俺、スポーツクラブではiPodで音楽を聴きながら筋トレするんだけど内訳がPerfumeだったりいきものがかりだったり最近はAKBだったりとイマイチ燃えない。そんな訳で燃える曲を入手しようとTSUTAYAでロッキーのサントラCDを借りてきた。こいつを聴くと無性に体を鍛えなくなるから筋トレには有効かと。

さておきスローペースながらロッキー大会は継続中で、今さっき5を観終えたからちょっと寸評を書いておこうと思う。

まず2だけど、こんなに穴だらけの映画だっけ??という印象。とにかくロッキーが再び立ち上がるまでの1時間26分がひたすら長い。子供達と階段を駆け上がるロードワークのシーンは良かったけど試合も長いねえ。1作目は淡泊でちょっと短く感じたものの、ここまで長いとそれはそれで食傷気味。

次に3。全般的にいい感じではあるものの傍若無人の限りを尽くすチャンピオンが倒された後、そこには全く触れずエンドロールってのは納得いかな過ぎる。2ではひたすら殴り合ったロッキーとアポロが両者を称え合うから後味も爽やかなのに、例え悪党でもブッ倒しておしまい、フォロー無しってのはちょっと気持ち悪い。

4もトータル的には面白いけどラストでいきなり政治的メッセージを盛り込む所が不自然。さっき観終えた5は嫌いじゃないものの世評通りに散漫な印象。それにヘビー級のプロボクサーが素手でストリートファイトなんかしたら死人が出ると思うんだけど、そこは突っ込んじゃいけないのかね。

取り敢えずこんな調子でどれも嫌いじゃないけど何処か物足りない。なんと言うか試合に勝った瞬間のカタルシスが浅い気がする。俺的に一番ハートに来たのも勝てなかった1作目だし。

で、試合に勝った瞬間のカタルシスがハンパじゃないアルドリッチのロンゲスト・ヤードを思い返すと、脇役達のリアクションが強烈なんだよね。勿論それだけじゃないけど、ロッキーシリーズは勝利の瞬間の脇役達が意外と淡泊だからロンゲスト・ヤードほど入り込めないって事は言える。

明日はラスイチとなるロッキー・ザ・ファイナルを観る。これは世評も悪くないから期待出来るかも。

2012年12月11日 (火)

高いなあ

取り敢えず新たに導入するデスクトップPCの目星だけ付けて量販店や価格.comで物色してるんだけど最低ラインでも12万前後と結構なお値段。スペックに拘らないと言いつつ比較し始めちゃうと少しでも上を狙いたくなるのが人情。

今のタイミングだとWin7か8搭載かで大きく値段が変わってくる。ちなみにWin7搭載マシンを今買うと1200円でWin8を入手出来るキャンペーンってのをやっててサイトを覗いてみたらちょっと胡散臭いのと、アプリのダウンロードという事でマシントラブルが発生した際、手元にDVD-ROMが残ってないから再セットアップで面倒な事になる、という事で敬遠。

参考までに書くとWin8搭載の最新機とほぼ同スペックでWin7を搭載した型落ちの価格差は3-4万。確かにちょっと躊躇する価格差ではあるけど、ここを妥協すると今後後悔しそうな気がする。別にWin8が格段に優れてる訳じゃないだろうから気持ちの問題だけど。

ところで一時期不調に陥った現在愛用してるDellのデスクトップPC、一度目覚めたら調子を取り戻して今のところ普通に起動中。あと数ヶ月はだましだまし使えそうだな。その間に悩み抜いて新たな相棒を決めようかと。

2012年12月10日 (月)

デスクトップPC不調

昨日の朝、DELLのデスクトップPCを起動させようと思ったら全く目覚めず、何をどうやっても解決しない。こりゃあPC買い換えて内蔵HDDをSATA→USB変換して必要データを吸い上げるしかないかなあ・・と諦めてたところ、夜に何度か起動・強制終了を繰り返したら目覚めた。これは神の思し召しと思いつつ必要データ全てを外付けHDDへコピー。これでもう何時クラッシュしても怖くない。まあ出来る事ならクラッシュして欲しくないけど。

ウチのデスクトップPCは以前から起動・強制終了を繰り返さないと目覚めない事がよくあり、約1年前にHDDを入れ替えて再セットアップしても解決しなかった。しかも極端に寒い時期や暑い時期に症状が起きやすい。HDD替えてもダメって事はマザボのチップが悪いのかね。

いずれにせよ、買い換え時と判断して次なるPCを物色中。しかし車を買い換えて貯金が思いっきり減った今のタイミングで不調に陥るとは実に間が悪い。取り敢えずBD-Rドライブ搭載で中の上クラスのスペックを持つ機種にしようかと。映像編集はMacでしかやらないからそれほどハイスペックなマシンは必要ないのだ。

2012年12月 8日 (土)

さらばフェアレディZ32

昨日は夜勤明けでちょっと寝てから千葉の外れにある中古車屋へ行ってきた。自宅から片道約3時間と相当距離があるもののZ32で最後のロングドライブをしたかったから好都合ではあった。そもそもはカーセンサーnetでお目当ての車種を検索したら希望のグレード&コンディション&ボディカラーの中古車が関東では千葉に1台しかなかったのだ。

で、試乗させて貰ったら全く問題なかったので即契約。次の休みに必要書類を揃えて郵送し、全ての手続きが完了したら金食い虫のZ32とはお別れ、めでたく三代目映ちゃん号への乗り換えと相成る。ちなみに今のところ車種は内緒。納車が済んだら画像と共に紹介しましょう。休みが飛び飛びなので実際の納車は半月先になるかな。

ちなみにZ32を下取り査定して貰ったら値段が付かなかった。何しろ18年落ちで走行距離は11万kmオーバー、更にエンジンルームから雨漏りしてる有様だからねえ。引き取ってくれるだけ有り難いと思わなくちゃいけない。

しかしなんだかんだでZ32にも約8年乗ってたのか。さすがに走りはパワフルなれど税金高いし燃費悪いし、車検毎に数10万絞られて年間維持費は平均3-40万。それでも映画制作じゃロケ車としても被写体としても活躍し、型落ちながらラグジュアリースポーツカーのオーナー気分を充分味わえたから万事OK。取り敢えず半月先まで最後の時間を満喫するつもり。

2012年12月 5日 (水)

ロッキー大会

学生時代に観た1・2をすっ飛ばして3から観るか、やはり伝説の始まりである1から観始めるか思い悩んだ末、うろ覚えという事もあり1から観る事にしたロッキーシリーズ。冒頭から1時間ちょいは通勤途中に、後半は自宅で酒飲みながら観たんだけどクライマックスで号泣してんの、俺。

正直言えば学生時代はそれほど乗れず、良い映画だとは思ったけど全然泣けなかった。それが今になって号泣するとは年の功か酒のせいなのか。ひとつ言えるのは、どうやら俺って冒頭30分余りを観てなかった可能性がある事。初見は2番館の二本立てで、そう言えば30分程遅れて劇場に着いた覚えがある。だとしたら借金取り立てや、毎日ペットショップへ出向いてエイドリアンにジョークを飛ばしても全く相手にされないシーンを見落としてる形になるので、そりゃあ作品の印象も大きく異なる。

今更だけど、ダメ人生を送ってきたハンパ男に降って沸いた世界防衛戦で、勝利や栄光の為じゃなく自分がクズじゃない事を証明する為、血まみれになってチャンピオンに食い下がる主人公の姿に総毛立つ。しかも14ラウンドから流れる曲が反則過ぎる。このシチュエーションでこんな曲を聴かされたら普通の感性を持つ男は号泣必至だって。

そんな訳で俺のロッキー熱が高まったので残る5作を一気観の予定。

2012年12月 3日 (月)

シルベスター・スタローン物語

121203


コンビニで売ってる実録マンガって基本スルーだけど、スター俳優のシリーズだけは買って読みたくなる。すげー面白いって程ではないものの興味深く読み終えた。

で、思い返したら俺ってロッキーは1と2しか観てない。良い機会だから先程近所のレンタル屋でシリーズ全6作を一気に借りてきた。手元にストックされてるWOWOW録画BD10数枚を観た後にするか、今観てる荒馬と女を見終えたら割り込ませて一気見するか悩み中。

2012年12月 1日 (土)

2012年11月に観たWOWOW録画BD(レンタルDVD含む)

ワイルド・ワイルド・ウェスト、猿の惑星:創世記、スピーク、オリバー!、三銃士('93)、ロボジー、スマグラー、処刑教室('08)、ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコル、遊び、孤独な場所で、悪の華、戦慄の絆、ロンゲスト・ヤード、レッドバロン('08)、ソフィ・マルソーの三銃士、熊座の淡き星影、夜霧の恋人たち

以上18本。増村保造監督の遊びのみレンタルDVDで他は相変わらずWOWOW放映作品をのべつまくなし鑑賞。ただ、11月は勘違い録画月間と言っても過言じゃない勘違いぶりで、70年のロジャー・コーマン監督作だと思って録画したレッド・バロンが2008年作のドイツ映画だったり、近年撮られたハリウッド大作だと思って録画した三銃士は93年作のディズニー映画だったり、80年代のB級映画だと思って録画した処刑教室は超絶評判の悪い2008年作だったり。ちゃんと確認せず番組表のタイトルだけ見て録画するから悪いんだけど。

しっかし処刑教室('08)の酷さは世評通りで、俺は最初からタイトルに偽りありの愚作という情報を掴んでたので普通に観られたけど、何も知らずに観たら激怒必死。だってこんな過激なタイトルのクセしてフタを開けたらつまらん学園コメディなんだもん。何処かで誰かも書いてたけど適当にこんな邦題付けた奴は死刑だよ。

話は変わってトリュフォー作品。WOWOWでは9月から未見のトリュフォー作品を立て続けに5本放映してくれて、今手元にストックされてる柔らかい肌を観たら全作制覇かも・・と思ってフィルモグラフィを確認したら緑色の部屋も未見だった。これがラスイチになるんだけどDVD化されてない。困った。WOWOWで放映してくれないかな・・

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »