« 高いなあ | トップページ | 柔らかい肌 »

2012年12月12日 (水)

ロッキー大会あと1本

俺、スポーツクラブではiPodで音楽を聴きながら筋トレするんだけど内訳がPerfumeだったりいきものがかりだったり最近はAKBだったりとイマイチ燃えない。そんな訳で燃える曲を入手しようとTSUTAYAでロッキーのサントラCDを借りてきた。こいつを聴くと無性に体を鍛えなくなるから筋トレには有効かと。

さておきスローペースながらロッキー大会は継続中で、今さっき5を観終えたからちょっと寸評を書いておこうと思う。

まず2だけど、こんなに穴だらけの映画だっけ??という印象。とにかくロッキーが再び立ち上がるまでの1時間26分がひたすら長い。子供達と階段を駆け上がるロードワークのシーンは良かったけど試合も長いねえ。1作目は淡泊でちょっと短く感じたものの、ここまで長いとそれはそれで食傷気味。

次に3。全般的にいい感じではあるものの傍若無人の限りを尽くすチャンピオンが倒された後、そこには全く触れずエンドロールってのは納得いかな過ぎる。2ではひたすら殴り合ったロッキーとアポロが両者を称え合うから後味も爽やかなのに、例え悪党でもブッ倒しておしまい、フォロー無しってのはちょっと気持ち悪い。

4もトータル的には面白いけどラストでいきなり政治的メッセージを盛り込む所が不自然。さっき観終えた5は嫌いじゃないものの世評通りに散漫な印象。それにヘビー級のプロボクサーが素手でストリートファイトなんかしたら死人が出ると思うんだけど、そこは突っ込んじゃいけないのかね。

取り敢えずこんな調子でどれも嫌いじゃないけど何処か物足りない。なんと言うか試合に勝った瞬間のカタルシスが浅い気がする。俺的に一番ハートに来たのも勝てなかった1作目だし。

で、試合に勝った瞬間のカタルシスがハンパじゃないアルドリッチのロンゲスト・ヤードを思い返すと、脇役達のリアクションが強烈なんだよね。勿論それだけじゃないけど、ロッキーシリーズは勝利の瞬間の脇役達が意外と淡泊だからロンゲスト・ヤードほど入り込めないって事は言える。

明日はラスイチとなるロッキー・ザ・ファイナルを観る。これは世評も悪くないから期待出来るかも。

« 高いなあ | トップページ | 柔らかい肌 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロッキー大会あと1本:

« 高いなあ | トップページ | 柔らかい肌 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ