2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

COVERS Grace of The Guitar+ 森恵

無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月31日 (木)

痩身月間延長

130131

今回の節食は何時になく順調で、1/6時点では76.5kgだった体重が今ではご覧の通り。好きな物を好きなだけ食えないのは寂しいっちゃ寂しいけど我慢出来ない程じゃない。

ちなみにここ最近は1日のカロリー摂取量を1000kcal前後に抑えてる。多い時で1200、少ない時は800kcal程度ですか。具体的に書くと職場にいる時はフルーツやおでん(大根・ロールキャベツ等カロリーの低い物)のみ。家に帰ったらごはん半合におかず少々(ハムとサラダが多い)、そしてイカ食いながら酒を飲む、と。ちなみに酒が200kcal程度だから食事に限定すれば6-700kcalですか。酒を断てばもっと落ちるんだろうけどこればっかりは止められない。

いつも74kg台と72kg台の壁にブチ当たり、前記に近い食生活を送ってもウェイトが数日変わらなかったり、逆に数100グラム増えたりしてメゲてしまい挫折する事の連続。勿論今回も壁には当たったけど、そこを突破出来たのはやはりスポーツクラブ通いの影響かも。

あと、自分なりに食事内容を考えてるって事もある。絶食するとまた体調を崩すから最低限のカロリーは取り、更に自然食を選ぶと。その辺が1日にカップ麺1個とかそういうデタラメをしてた数年前と大きく異なる。しかしフルーツメインって事は読んだ直後やや批判的な事を書いたアレン・カーのダイエット・セラピーを実践してる形になるのか。確かにカロリー低くて栄養価は高いから間違いじゃないんだよね。

ただ、それなりに無理してるから体重が戻ろう戻ろうとする感覚がひしひし伝わってくる。恐らく今普通に3食飯食ったら一気にリバウンドすると思う。それに70.8kgってのは例によって朝イチ全裸計測だから実際はプラス1.5kgぐらい。そんな事もあり2月も今の食生活を続けてあと数kg絞る事に決めた。その後はどうやってウェイトを維持するか考えていく予定。

しかしここまで絞り込んでも腹回りのムダ肉が落ちきってない。数年前に同じウェイトまで落とした時はもう少しスッキリしてたのに。結局、歳のせいで体型が変わっちゃったんだろうな。歳を食うのは悲しいもんです。

2013年1月26日 (土)

2013年 丸長の旅

映画の世界じゃ宇宙旅行が繰り広げられる2013年、思いっきりスケールが小さい表題の小旅行を企てたのでした。

そもそもこの企画は中野の栄楽閉店の情報を掴んだ直後、今度の平日休みには映ちゃん号で都心へ出て昼は目白、夕方は荻窪の丸長でつけそばを食うと心に誓ったところから始まる。約半月を経て昨日がようやくの平日休みだったので実行に移した、と。

休みなのに9:30から起き出し、映ちゃん号へ乗り込んで目白を目指す。到着は11:20頃だったか、既に行列が出来上がってたけど5-6人だったし、ラーメン屋は回転が早いから10数分で店内へ。そして注文してから5分と待たずにつけそばが出てきた。さすが人気店、この辺の手際は見事。

130125_4

1301252_10

実は目白の丸長に来るのは20歳の頃以来だから20余年ぶり。当時、警備員のバイトをしてて目白の住宅地に半日突っ立ってたら物好きなおばさんが声を掛けてきて、あそこの行列が出来てるラーメン屋さんのつけそばが美味しいのよ、と教えてくれた。実際に食ってみたら確かに美味い。そして味のみならず店構えやカウンターの色等、中野の栄楽との共通項の多さに驚いた事を思い出す。

うろ覚えながら味は当時のままだなと思った。栄楽のつけそばから辛味を引いて酸味を足した印象。微妙な違いこそあれ中野の栄楽と同じ血筋が感じられる。だからといって頻繁に通いたいとまでは思わないな。せいぜい年に1.2回食えれば満足。

折角目白に来たのでガキの頃から脳裏に焼き付いてる風景を見に行く。

1301253

他愛もない風景だけど、これは母方の実家の真横。目白には急勾配の坂が幾つかあり、そこから遠くに新宿副都心を望む情景は俺の頭に深くインプットされてて今も夢に出てくる。不義理だけど母方の親戚とはあまり接点がなく、ここに来たのも20数年ぶり。でもガキの頃よく観たこの風景を再確認出来たので満足。

その後、スポーツクラブでひと汗流したり、1パチ打ったりして時間を潰し、5時近くなったので荻窪へ移動。その道すがら中野を通ったので閉店した栄楽へ寄り画像を収める。

1301254

1301255_2

更に母校である中野の小学校へ。ここも数年間に廃校となり、施設はそのままに今じゃ専門学校になってるらしい。普通に小学校だった頃は俗に西門と呼ばれてたポイントから校庭が覗けるので、そこで1枚。

1301256

学校ではなくなっても建物自体が残ってるのは卒業生として嬉しい。中学の方も最近廃校になって、そっちは今じゃ更地だからね。ついでに書くと俺が4歳から25歳まで過ごした公務員住宅も再開発で取り壊されたから俺の故郷は半分消失してる。だからこそ、ここだけは末永く残して欲しい。

話が脇道にそれたけど5:30ジャストに荻窪へ到着し、約1年半ぶりに荻窪丸長のつけそばをいただく。

1301257

1301258

こちらも相変わらずの美味さ。過激なまでの酸味と甘味はかなり好みが分かれる所だけど俺は好き。ただ苦言を垂れるとここで出される水が超不味い。これはもう20年前から変わらない。絶対に浄水器替えた方が良いと思うんだけどなあ。

さておき、栄楽のつけそばを偲ぶ旅としては実に有意義だった。で、俺はまた今日から節食生活に戻ります。昨日まで順調にウェイトが落ちてたけど、昨日のつけそば2杯で5日分は足踏みしたかも。

【追記】
webで情報収集したところ栄楽のオヤジさん、昨年末に他界されたそうな。心よりご冥福をお祈りします。長年、美味いつけそばをありがとう。

2013年1月25日 (金)

シネサロンR40~週末の午後は映画を語ろう~

ちょっと告知させていただきましょう。来月2/10、阿佐ヶ谷ロフトA開催のイベントです。勿論、俺も参戦しま~す。

「シネサロンR40~週末の午後は映画を語ろう~」

シネコンの普及やビル老朽化で、映画館が次々と閉館に追い込まれるなか、R40以上の世代にとって、DVDやネットでなく、作品を見る前後の出来事を含め、あくまでも“映画館で見た実体験”は忘れがたい思い出になっているはず! そこで1970~80年代に日本公開された洋画を中心に、本編・予告編・PVなどの映像素材、チラシ・パンフレットなどのグッズを最大限にフル活用した、“超現場主義トークイベント”を開催!!

実体験世代の興奮と共感を呼び起こし、未体験世代にはちょいと学んでもらう記念すべき第1回のテーマは、『お正月映画、全部見せます!?』。77年から88年までの正月映画を、「あの超大作のキャッチコピーは?」「日本オリジナルのイメージソングって?」「当時の歌舞伎町、映画館事情は?」など、独特の切り口で語りまくり、イジり倒す! この3時間で『キングコング』から『キャノンボール』、3GやBCGまで、すべて総ざらい! お年玉はたいて見に行った、あのドキドキとガッカリが今、よみがえる!

【出演】
ミルクマン斉藤(映画評論家)
1963年生。京都府出身。グラフィック・デザイン集団「groovisions」の、唯一デザインしないメンバー。日本のクラブ・シーンにおけるVJの先駆け的存在であり、「ピチカート・ファイヴ」のステージ・ヴィジュアルを8年間手掛けてきた。現在は執筆活動のほか、大阪・天六「ワイルドバンチ」にて、トーク・ライヴ「日曜日には鼠を殺せ!! 魁!!映画塾」を開催中。

中平一史(アートディレクター、グラフィック・デザイナー)
1966年生。東京都出身。『BROTHER』以降の北野 武監督作品を中心に映画やアニメのキービジュアル、商品パッケージのアートディレクション、デザインを手掛ける。近作は『アウトレイジ ビヨンド』『デッド寿司』(井口昇監督)。また10年には劇場公開作映画『爆発!スケ番☆ハンターズ/総括殴り込み作戦』を製作・監督。

くれい響(映画評論家)
1971年生。東京都出身。大学在学中に、クイズ番組「カルトQ(B級映画)」でカルトキング(優勝)になった後、バラエティ番組制作を経て、「映画秘宝」(洋泉社)編集部に入社。その後、フリーの映画評論家となり、現在は雑誌・新聞・ウェブなどのほか、アジア映画を中心に、劇場用パンフレットにも執筆。なかでも、『ザ・ミッション/非情の掟』から『奪命金』まで、数多くのジョニー・トー監督作を手掛けている。

OPEN 12:00 / START 13:00
予約¥1,500 / 当日¥1,800(共に飲食代別)
ご予約はロフトAウェブ予約にて受付中!

2013年1月24日 (木)

オークリーのメガネ

1301242

レーシックしてから約5年、進行する老眼が業務に支障を来たし始めたので観念してメガネ使用再開。ちょっと高かったけどオークリーのフレームで作ってみた。かけ心地はまあまあかな。

ちなみにこれは完全に近距離専用の為、仕事の時以外は使えない。あと、本を読む時にも有効なので昨日はこれかけて本読みながら帰宅したのでした。

読書週間

今年に入ってからポータブルBDで観た映画は21本。ここでちょっと通勤途中鑑賞を休止して読書する事にした。

最初に着手したのは湊かなえの贖罪。数日前、WOWOWで放映された黒沢清さん監督のドラマが凄く良かったので原作を読みたくなったのだ。今のところ半分読み終えた印象では、告白の面白さには至らずの印象。ドラマを観終えた直後って事もあるんだろうけど、告白だって映画を観た後で読んだのにグイグイ引き込まれたからね。むしろ黒沢さんの脚色能力が如何に優れてるかを再認識させられたり。

次に読むのは贖罪と一緒に買った少女か、年末に買った小松左京の日本沈没かで悩むところ。いずれにせよ全部読み終えるのに一週間かからないだろうな。

130124

2013年1月23日 (水)

森恵@NHK歌謡コンサート 2013/01/22

MY COUNTRY ROAD 2013の興奮もさめやらぬ昨日、もりめぐさんが二度目となるNHK歌謡コンサートへ出演して朱里エイコの北国行きでを熱唱(失礼ながら俺は知らない歌)。

パフォーマンスが素晴らしいなんて事は分かりきってるのでその点は言及せず。むしろ問題視したいのは番組でのもりめぐさんの扱いで、前回同様森恵さんが歌います以外に何一つ触れられる所がないまま番組終了。大御所や知名度の高い歌手ならそれでもいいけど限りなく無名に近いもりめぐさんの場合、これだけの紹介じゃ何回出演したって視聴者に認知して貰えないよ。最低でもストリートからの叩き上げで云々の紹介は欲しいよなあ。

ただ、数ヶ月のうちにニ回出演って事はNHKがもりめぐさんを買ってるのは間違いない。ならば次のシングルがリリースされる頃にもう少し視聴者の年齢層が低いMUSIC JAPANの方へ出演する可能性もゼロじゃないか。あっちは毎週AKBグループが出てるし司会はPerfumeだし、歌謡コンサートへ出演し続けるよりは先行き明るいかも。

2013年1月20日 (日)

スキージャンプ・ペア 2EX 実戦

130120

新台ながら空席が目立つのでイヤな予感はしてたものの、確かにこれはちょっと微妙かもしれない。スキージャンプ・ペア最大の魅力はバカなリーチ演出なんだけど確変に突入すると単調な滑降の画が続くばかりでリーチ演出は全く観られない。逆にリーチ演出を堪能したければハズレを引き続けるしかない。そんなの絶対楽しくないし、リーチ演出にせよ新ネタより旧作のリメイクが多いから新鮮味に欠ける。明らかに前作の方が良かった。

1500円投資で素直にSJPラッシュへ突入して24000円勝ちに終わったからクソとは言わないけど、期待外れ感が強いなあ。もう1パチに落ちてくるまで打たないかも。

野田のパチ屋

野田のパチ屋
1ヶ月点検とETC不具合対応で2時間待ちという事なので近場をウロウロしてたらパチ屋発見。ラッキー♪ ここで時間潰そう・・と思って近づいたら廃墟だった。ガッカリ。

今日も晴天

今日も晴天
ああ、軽は有料道路も安いんだ。不満も多いけど、こういう時は得した気分。しかし千葉の中古車屋に行く時は何時も晴天だな。

森恵 MY COUNTRY ROAD 2013 SHIBUYA-AX

久々に熱いレビューを書いちゃおうかな~って事で表題の話。もりめぐさんのライブはインストア3回、路上で10回ぐらい観たけど有料のハコライブは初体験。やはり冬でも暖かく、大勢のファンと一緒に、音響の整った環境下で20曲余りを6人編成のバンドスタイルで堪能出来るという点でフリーライブとは大違い。勿論、雑踏の中でのパフォーマンスも魅力的だけどね。

黒いミニのドレスに赤いハイカットのスニーカー、そして手に持つのはフェンダーのストラトというアンバランスさが妙な魅力を醸し出す。今までラフな服装でアコギをかきならす姿しか観た事が無かったのでライトアップされたもりめぐさんは別人のように煌びやかに見えた。

文句なしの実力派だからパフォーマンスは及第点。webを徘徊すると歌が上手いという単語をよく目にするけどそれはプロとして当たり前で、俺は技巧の先にあるソウルこそがこの人の魅力だと思ってる。特に圧巻だったのは中盤のハイライトとなる世界。ギターを持たずに歌ったこの曲の魂の入り方は尋常じゃなく全身総毛立つ。

以前PANTAの対談記事で読んだんだけど、ギターを弾きながら歌った時とギターを持たずに歌った時では音声レベルが異なるとPAに言われたそうな。PANTAにせよもりめぐさんにせよギターを弾きながら歌っても充分過ぎるぐらいソウルフルだけど、ギターを弾かず歌に専念すれば更にパワーが増すんだろうね。

ちょっと気になったのはMCの淡泊さ。webで得た情報によるともりめぐさんってMCが苦手らしいんだけど、もうちょっと時間を多く取っても良いんじゃないかなあ、と。ファン的にはUstで展開されるグダグダトークでも全然問題ないと思うんだけどね。

いずれにせよ約2時間半のMY COUNTRY ROAD 2013は素晴らしい内容だった。そしてこの人の話になると毎回同じ事を書くけど、これだけの実力を持ったミュージシャンのライブが何故満席にならないのか?という大いなる疑問符。ちなみにSHIBUYA-AXはシートスタイルで7-800人のキャパ。客入りは8割程度と見受けられたから600人前後か。しかも約半数が俺と同世代らしき40代と見受けられるオサーン達。

以前にも書いたけどオヤジに絶大な人気を誇っても未来は無い。経済学の常として新規顧客の獲得、更に言えば若年層を惹き付ける事が何よりも重要になってくる。

金のかからないリサーチ、という事で関係者が森恵 MY COUNTRY ROAD 2013の語句でweb検索してウチへ辿り着く事も大いに考えられるので関係者向けに俺なりのアイディアを書いておきます。今後もりめぐさんが大きく飛躍する為に必要なのは大物のサポートだと思います。若干金がかかるかも知れないけど、知名度の高いアーティストやヒットメーカーとして名高いコンポーザーに楽曲を提供して貰ってはいかがでしょうか。

もりめぐさんは確かに優れた楽曲を世に送り出してますが大衆のハートを掴むレベルに至ってません。ファン層を見れば一目瞭然ですが昭和世代の心は掴めても若い世代を掴み切れていないのです。だからこそ若年層を惹き付ける術を心得たクリエイターのサポートが有効なのでは、と私は考えます。

春先にリリースされるカバーアルバムにせよ、既に獲得したファンは喜ぶでしょうが新規顧客の獲得に繋がるとは私には思えません。もりめぐさんのブレイク、すなわち金のなる木へ成長させる為にはもっと思い切った変革が必要だと思います。

2013年1月19日 (土)

長蛇の列

長蛇の列
森恵さんのSHIBUYA-AXライブ終了。詳細は自宅に帰ってから書きます。ちなみにこれは次回のライブチケット先行発売で並ぶ人々。ざっと数えても200人位いるから俺はパス。後日ネットで買えるでしょ。

AXと代々木体育館

AXと代々木体育館
ヒマなのでもう一枚。

SHIBUYA-AX

SHIBUYA-AX
開演まであと40分。予想通りオサーンのファンが大半。俺もそうだけど。

ネタがないから日常記

森恵さんのライブ、もう今日なのか。チケットを買ったのが10月で、まだまだ先だと思ってたのに時が経つのは早いなあ。この為に希望休を取ったけど18:00開演なので昼は地元で所用を済ませ、スポーツクラブで一汗かいてからSHIBUYA-AXへ乗り込む予定。

明日は明日で休みだけど、スピアーノ1ヶ月点検の為に千葉の中古車屋へ向かうのでほぼ半日ドライブ。ちなみに買い換え時、Z32に積んでたETCを載せ替えたものの何故か機能せず、これは取り付け時に何らかの不手際があったとしか思えないので当然クレーム。故に点検&ETC不具合の対応で数時間待たされる。ポータブルBDで映画を観ながら待ちますかね。

そう言えば数年前からフルコンプリート目指してコツコツ抜け番を埋めてきたカルビーのバットマンカード、もう収集欲が薄れてしまったのでレアブロックの全てをヤフオクで放出(大して重宝されてない#1-50の第一弾コンプセットはまだ持ってる)。手元にあったレアブロックカードは80種。大半を1枚¥1000円で入手してるのでまとめて¥75000で出品してみた。これじゃ高くて誰からも相手にされないかなあ・・と思ってたら入札者が一人居て、なんか先方も凄く喜んでた。俺は俺で出費額をほぼ丸々取り返せたので上機嫌。こういう時に何度も書いてるけどホント、ヤフオク様様だわ。

コレクタブルと言えば今ちょっとした騒動になってる河西智美表紙のヤンマガ、コレクター的にはかなり琴線に触れるね。発売日延期で回収したものの相当数が市場に出回り複数ヤフオク出品されたらしいけど、ヤフオクのトップページを見ると出品禁止アイテムに指定されたそうな。こうなると妙に欲しくなるのがコレクターの性。まあ画像自体はネットで普通に拾えるから大枚はたいて買う気はないけど、10年前の俺だったら食い付いてたかも。何しろ大して好きでもないアイドルの直筆サインカード狙いでアホみたいにトレカ買い込んでたバカコレクターだったからね。

酔っぱらって何書いてるのか分からなくなってきたからこの辺で・・

2013年1月15日 (火)

太田裕美・渡辺真知子

例によってYouTubeを徘徊してたら出会った感涙動画。昭和野郎としては渡辺真知子の歌う木綿のハンカチーフ、太田裕美の歌うかもめが翔んだ日に総毛立つ。

2013年1月14日 (月)

積雪

外出する時はまだ普通の雨だったので舐めてかかりスニーカーで出かけたら皆さんご存じの通り大変な積雪で、帰り道に泥沼みたいな水たまりへ数回足を突っ込んじゃって自慢のニューバランスMR2002がグチャグチャのドロドロですよ。まあ、さっき念入りに手洗いしたけど。

取り敢えず明日から数日間、こういう時の為に昨年買った合皮製の防水安全靴が活躍する予定。安全靴ってつま先に鉄板が入ってるだけじゃなく、ソールの滑り止め性能も高いから雪道に凄く有効なのだ。

年始にオートバックスへ行った際、スピアーノ用のチェーンも買おうかと思ったものの結局は買わなかった。買ったところで使うのはせいぜい年に1-2回だし、巻くの面倒臭いし。実際、こういう日は車に乗らなきゃ済む話なので今後も買う気なし・・と言いつつ、実際は車載義務があるんだよね。超気が向いたら買おうかと思ったりして。

思い返せば昨年の大雪の日(いきものがかりのフリーイベントの日だから2/29)はどうしても郵便局へ行く用があり、チェーン無しのZ32で出かけたら行きはよかったものの帰りの自宅前で完全に雪にハマって進退きわまり、小一時間汗だくで雪かきして抜け出した覚えがある。あの時もチェーンの必要性を強く感じたけど、車を出さなければ苦労はしないんでねえ・・ でも出先でいきなり雪に降られる事だってあるから、転ばぬ先の杖で安いチェーンを積んでおくのが得策かな。

塩だれにんにく

1301143

高田馬場BIG BOX 1Fのイベントスペースで売ってた。内容量300gで¥780と、少し量が多いし安くもないけど素通り出来ずに購入。まあまあ美味しくいただけるものの市販の梅しそにんにくやみそにんにくに比べ、かなりにんにく臭が強い。外出前には絶対食えねえな、これ。

CRスキージャンプ・ペア2EX

1301142

昨日パチ屋で発見。15日導入ですと。これは楽しみだなあ。パチにハマった2006年以来、打っててマジで笑える機種はスキージャンプ・ペアだけだった。あのバカな演出がまた沢山観られるのかと思うとワクワクしちゃう。

ただ、妙チクリンなスペックだから糞台の可能性もあり。いずれにせよ俺は演出を楽しみたいだけなので早く1パチへ落ちてきて欲しいと切に願う。

昭島の新幹線図書館

130114


昭島のホームセンターへ行った帰りにたまたま信号待ちしてたのがこの新幹線の真横だったので車の中から撮影。この図書館は俺が立川へ引っ越した頃から存在したので20年前後の歴史がある筈。最近の新幹線は超未来カー的フォルムになってるけど俺ら世代的に新幹線と言えばやっぱりこれだよねえ。

ちなみにこの図書館、昭島のモリタウンやシネコンを利用する時には日常的に見てるけど中に入った事は一度もなし。web検索すると運転席とかも見られるらしいのでちょっと入ってみたくなった。

しかしこういう旧車輌を利用した施設って全国に点在してるのかなと思ってwebで調べたらヒットするのはこの昭島図書館ばかり。近所にあるからそれほど有り難みを感じなかったものの、これは結構レアなのかも知れない。

2013年1月13日 (日)

痩身月間

犬の散歩だてら借りたDVDを返す為に近所のレンタル屋へ行く。例によってメチャ寒なので現在温度をwebで調べたらマイナス1度。この時間帯、立川は連日氷点下だなあ。

しかし今年は風邪ひかない。例年今の季節になると最低2回、更に3月までにプラス1-2回は風邪ひいてるのに。これはやはり最低でも週一で通ってるスポーツクラブでの運動が効いてるのかも。

ちなみに昨日もスポーツクラブで小一時間の筋トレ+1kmのスイミング。少し前まで出来なかったけんすいも逆手なら出来るようになった。しかし逆手で出来て順手じゃ出来ないって事は肩の筋力が足りないのかな。

さておき、これだけマメにスポーツクラブ通いを続けても運動そのものは全く痩身に繋がらない。だから筋肉はそこそこ付いてきてるのにムダ肉が落ちず、いわゆるいい体になっていかない。やはりムダ肉を削ぎ落とす一番の近道は節食なんだなあと思い、約1週間前から1日1食生活を始めた。今のところ順調に落ちて約2kgの減量に成功したものの、また壁にブチ当たって忍耐の日々を送ってる。1日1食に抑えてるのにウェイトが400gも落ちないのは凄いストレスなのだ。

それでも経験上、今の生活を半月続ければ確実に2kgは落ちる。今回はムダ肉を落として筋肉質の俺を鏡で見たいという目標があるから意外と苦もなく節食生活を続けられてるけど、問題は落としたウェイトを維持する事。

俺は年に1-2回は周期的にダイエットしてて、そのウェイトを維持出来ないから定期的に繰り返す羽目に陥る。代謝率が落ちてるから仕方ないけど、1日1食生活を何年も続ける事は出来ないんでね。

取り敢えず今月は痩身月間と銘打ち、今の食生活&スポーツクラブ通いを続ける予定。1月末日の段階で何kg絞れてるか、鏡で見る俺の裸体がどうなってるかが楽しみであり、不安でもある。

2013年1月12日 (土)

2009年に観たDVD(VHS含む)

1月
不良姐御伝・猪の鹿お蝶、恐怖女子高校・暴行リンチ教室、女番長ゲリラ、女番長、やさぐれ姐御伝・総括リンチ、前科おんな・殺し節、混血児リカ、資金源強奪、ストレンヂア、ダーティメリー・クレイジーラリー、チームアメリカ、デアデビル、ヘル・オブ・ザ・リビングデッド、鰐、スポーン、ナイトメア・シティ、新幹線大爆破(17)

2月
暴力戦士、レイダース・失われたゾンビ、怒りの山河、天国の日々、赤い影、蛇にピアス、シティ・オブ・ゴッド、女王蜂の怒り、喜劇・女は度胸、殺人捜査線、第十一号監房の暴動、スペースサタン、悪魔の追跡、ブーメランのように、風の中の牝鶏、青いパパイヤの香り、イースタン・プロミス、ランボー/最後の戦場、BUG、キャット・ピープル、普通の人々(21)

3月
クローズ・ユア・マインド~馬熊横町~、キス・オブ・ザ・ドラゴン、チャイナタウン、デルタフォース、狂った果実、ジャッカー、ギャンブラー、アメリカン・ジゴロ、エクスタミネーター、デルタフォース2、お姉チャンバラ、制服サバイガール、最終兵器女子高生RIKA、女番長ブルース・牝蜂の挑戦、犬神家の一族、工業哀歌バレーボーイズ THE MOVIE、地球外生命体捕獲、アウト・フォー・ジャスティス、東京ゾンビ、極道戦国志・不動、実録・安藤昇侠道伝・烈火、龍が如く、IZO、生活保護打ち切り隊、新・仁義の墓場、スピードレーサー(26)

6月
ココロオドル、東京残酷警察、ターミネーター斬、平凡ポンチ、青春金属バット、ヒート、変態村、おっぱいチャンバラ(8)

7月
片腕カンフー対空とぶギロチン、ヘアピンサーカス、大西部無頼外伝、ゼブラーマン、鉄拳、殺人魚フライングキラー、鏡心、さすらいのガンマン、トランス/愛の晩餐、サムライ、東京フィスト、アイアンマン、六月の蛇、DEAD END RUN、エレクトリックドラゴン80000V、ヘイズ、ヒルコ 妖怪ハンター、鉄男Ⅱ、ヴィタール、五条霊戦記、三人三色、鉄男、フィーメイル、バレットバレエ、豹/ジャガー、帰って来たガンマン、クライモリ・デッドエンド、パンプキンヘッド、ザ・リッパー、パンプキンヘッド・復讐の謝肉祭、フューネラル、夕陽の群盗、不良少女モニカ、革命前夜、暗殺の森、個人生活、愛の奴隷、斬る(38)

8月
炎のいけにえ、トウキョウソナタ、カナリア、叫、LOFT、網走番外地 大雪原の対決、エレクション・黒社会、丹下左膳余話百萬両の壺、血だらけの惨劇、中国決死行、神獣の爪、ラストラン、よみがえるブルース、ビッグトラブル、魅せられて、フェイシズ、こわれゆく女、アメリカの影、マッドマックス2、キングコング、カサンドラクロス、犬神家の一族(2006)、オープニングナイト、パラダイス、ドリーマーズ、ラストタンゴ・イン・パリ(26)

9月
エクソシスト2、バットマン、エクソシストⅢ、エクソシスト、大砂塵、ロシュフォールの恋人たち、ロッカーズ、XYZマーダーズ、ワイルドアパッチ、わらの犬(10)

10月
蛇の道、蜘蛛の瞳、乙女の祈り、さまよう魂たち、斬、お姉チャンバラvorteX、絶対の愛、ブレス、ワイルドアニマル、奇跡、サスペリアテルザ最後の魔女、パピヨン(12)

11月
田園に死す、コックと泥棒 その妻と愛人、シューテム・アップ、デスレース、ヤッターマン、細菌列島、ワールド・オブ・ライズ、ハロウィン(2007)、ダイアリー・オブ・ザ・デッド、県警対組織暴力、オカルト、フロンティア、夜空に星のあるように、グロテスク、サーチャーズ2.0、3時10分決断のとき、ブレアウィッチ・プロジェクト、怒りの日、メイドインUSA(20)

12月
ワイルドパーティ、狼よさらば、ロサンゼルス、アドレナリン、MAY、ストリートファイター、ブレイクアウト、地獄で眠れ、白昼の暴行魔、ガートルード、あるじ、エグザイル/絆、ザ・ミッション/非情の掟、プラネットテラー、デスプルーフ、スパイキッズ、エル・マリアッチ、デスペラード、レジェンド・オブ・メキシコ、シン・シティ、コントラクトキラー、ダーティメリークレイジーラリー、エレクション/黒社会、ゴースト・ハンターズ、マーダー・ライド・ショー(25)

以上203本。この年はスケ番☆ハンターズの制作に追われて鑑賞本数が少なめ。

2008年に観たDVD(VHS含む)

【1月】
華麗なる対決、ラヴィ・ド・ボエーム、Do You Like Hichicock?、スリープレス、ゼイ・コール・ハー・ワン・アイ、セシルB・ザ・シネマウォーズ、イデオン接触編・発動編、ヒドゥン、ザ・ファン、エネミー・オブ・アメリカ、スターウォーズエピソードⅢ、怪談昇り竜、直撃地獄拳大逆転、復讐運命の訪問者、復讐消えない傷痕、座頭市笠間の血祭り、子連れ狼親の心子の心、曽根崎心中、帝都物語、帝都大戦、シンシティ、飛べ!フェニックス、ヴェラクルス、燃える戦場、フリスコキッド、アパッチ、ターミナル、男たちの挽歌Ⅱ、ザ・ミッション非情の掟、サスペリアPART2、ペイチェック消された記憶 、G.O.D.死亡的遊戯、殺しのベストセラー、殺人者たち、ガンファイターの最後、狼たちの絆、あなただけ今晩は、歓びの毒牙、わたしは目撃者、告白(41)

【2月】
クロネンバーグ初期傑作選、バイキング、攻撃、アポロンの地獄、ルトガー・ハウアー/危険な愛、COMPULSION、Thicf、TWO-MINUTE WARNING、女王陛下の戦士、妖艶毒婦伝般若のお百、墓場なき野郎ども、ラブ&ポップ、それでも生きる子供たちへ、マグノリア、パンチドランクラブ、13日の金曜日完結編、ハロウィン、シャイニング(143分版)、たたり(19)

【3月】
悪魔のいけにえ2、キングコング、ラ・ジュテ、ロストハイウェイ、マルホランド・ドライブ(5)

【4月】
ハードボイルド、トゥルーロマンス、仁義なき闘い広島死闘編、デスレース2000、スペースバンパイア、スペースインベーダー、グラインドハウス、スポンティニアス・コンバッション、ゴースト・オブ・マーズ、バニシングポイント、ブラックサンデー、サブウェイパニック、脱出、マングラー、ゾンビ ダリオ・アルジェント監修版、怪談かさねが渕、荒野のダッチワイフ(17)

【5月】
M、スパイクスギャング、バイオレントサタデー、ローリングサンダー、血の唇、バイオハザードⅡ、シャドー、処女ゲバゲバ、ザ・ファミリー、スリザー、インビジブル、人蛇大戦蛇、スリーピーホロウ、チャイニーズ・ゴーストストーリー、サイレントヒル、ハンニバル、ホステル2、アポカリプト、ゾディアック、ファニーゲーム、ドラキュリア、ポリスストーリー香港国際警察、セブン(23)

【6月】
レジェンド・オブ・メキシコ、新仁義なき戦い、300、 アイ・アム・レジェンド、AVP2、グッド・ウィル・ハンティング、スモーク、ヤングマスター、PODIUMスターは俺だ、スパルタンX、スパイダーマン3、殺人の追憶、シュリ、ザ・ソルジャー、オメガマン、地球最後の男、ジャガーノート、湖のランスロ、地獄の貴婦人、針の眼、トータルリコール、ブルーレクイエム、フォーガットン、氷の微笑、イマージュ、墓地裏の家、ザ・ブルード、影なき淫獣、フォーンブース、サイン、銀河鉄道999、さよなら銀河鉄道999、トゥモローワールド、ヴィレッジ、13日の金曜日ジェイソンの命日、シックスセンス(36)

【7月】
ディスタービア、アンブレイカブル、ふたりにクギづけ、妖精たちの森、隠された記憶、壁の中に誰かがいる、レネゲイズ、ブレインデッド、狼の時刻、ペンデュラム、悪魔の棲む家2、モデル連続殺人、バットマンリターンズ、PLANET OF THE APES猿の惑星、ビートルジュース、ピーウィーの大冒険、プロジェクトA、酔拳、グリズリー、ヒルズハヴアイズ、コープスブライド、ビッグ・フィッシュ、エクソシストⅢ、マッチ工場の少女、地獄の門、過去のない男、ビヨンド、愛しのタチアナ、レニングラードカウボーイズ モーゼに会う、10ミニッツ・オールダー人生のメビウス、ショーガール、刑事マディガン、白い花びら、ハムレット・ゴーズ・ビジネス、DEAD OR ALIVE逃亡者、DEAD OR ALIVEファイナル、ブロークン・フラワーズ、街のあかり、グロリア、ヒストリー・オブ・バイオレンス、4番目の男、真夜中の虹(42)

【8月】
浮き雲、この女たちのすべてを語らないために、トータル・バラライカ・ショー、パラダイスの夕暮れ、キル・ビルVol.2、片腕マシンガール、カラマリユニオン、罪と罰、ファイナル・デスティネーション、連鎖犯罪、ゴー!ゴー!L.A.、世界中がアイ・ラヴ・ユー、ポゼッション、俺たちフィギュアスケーター、愛のレッスン、死亡遊戯、ありふれた愛に関する調査、ジャッキーブラウン、夢の中の人生、犬神の悪霊、恐怖奇形人間、スタンダール・シンドローム、スペッターズ、娼婦ケティ、ブルース・リーの生と死、鏡、ファニーとアレクサンデル、ドラゴンへの道、ドラゴン怒りの鉄拳、グリーン・ホーネット、グリーン・ホーネット2、ドラゴン危機一発、死の王、フォートレス(33)

【9月】
ミリオンダラー・ベイビー、サザン・コンフォート、ネクロマンティック1、悪魔、ミスティック・リバー、ネクロマンティック2、炎、昭和残侠伝血染めの唐獅子、アラン・レネ/ジャン・リュック・ゴダール短編傑作選、日本怪談劇場Vol.1-4、網走番外地、マディソン郡の橋、修羅雪姫、愛のそよ風、マスターズ・オブ・ホラー(ディア・ウーマン/ゾンビの帰郷/チョコレート/閉ざされた場所/世界の終わり)、トゥモローワールド、駅馬車、リオ・ブラボー(21)

【10月】
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ、タクシードライバー、夕陽のギャングたち、1/880000の孤独、グッドフェローズ、ミスター・ノーボディ2、ロード島の要塞、L.A.大捜査線 狼たちの街、ブギーナイツ、大日本帝国、バットマン・ビギンズ、パルス、呪怨パンデミック、ブラックブック、アワー・ミュージック、インランド・エンパイア、真夜中のカーボーイ、カーウォッシュ(18)

【11月】
セルピコ、クライシス・オブ・アメリカ、ジェシー・ジェームズの暗殺、ブラジルから来た少年、15ミニッツ、モンスター・パニック、ハウリング、狼男アメリカン、ヒルズ・ハブ・アイズ2、ミスト、U・M・Aレイクプラシッド、ピラニア、ギプス、ビッグガン、レディ・イン・ザ・ウォーター、クライ・ベイビー、アナコンダ、座頭市と用心棒、ザ・シャウト、ランボー、ランボー怒りの脱出、ランボー3怒りのアフガン、トム・ホーン、スクリーム2、スクリーム3、翼のない天使(26)

【12月】
ザ・クレイジーズ、レイジングブル、座頭市血笑旅、白と黒のナイフ、モーテル、プリティベビー、小さな悪の華、鬼畜大宴会、暗闇にベルが鳴る、河内山宗俊、欲望、出発、ミディアン、吸血鬼ドラキュラ、CURE、それぞれのシネマ、沖縄やくざ戦争(17)

以上298本。2007年と違って月分けしてるから少し分かり易い。

2007年に観たDVD(VHS含む)

自分用のデータとして旧サイトから拾ってきた2007年の記録を書いておく。

スケアクロウ、ハードボイルド、チャーリーとチョコレート工場、2300年未来への旅、スカーフェイス、愛のメモリー、フレディvsジェイソン、硫黄島からの手紙、猫目小僧、まだらの少女、わらの犬、アリゲーター、コーマ、バットマン、影の車、白い家の少女、殺人狂時代、独立愚連隊、ビリー・ザ・キッド21才の生涯、砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード、江戸川乱歩の陰獣、アルタードステーツ、マーダーライドショー2デビルズ・リジェクト、その後の仁義なき戦い、仁義の墓場、女囚さそり701号恨み節、サイレント・ランニング、卍、デッド・コースターファイナル・デスティネーション2、ボストン絞殺魔、真夜中の招待状、ニュー・シネマ・パラダイス、闇打つ心臓(2005年版)、ドッグス、ゲッタウェイ(1972年版)、猿の惑星(1968年版)、突撃!博多愚連隊、放送、再現、1936年の日々、狩人、アレクサンダー大王、蜂の旅人、ユリシーズの瞳、永遠と1日、テオ・オン・テオ、荒野の用心棒完全版、脱出、うつせみ、ホステル、マスターズ・オブ・ホラー(インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~、愛しのジェニファー、虫おんな、ハンティング、ムーンフェイス世界の終り、魔女の棲む館、ダンス・オブ・ザ・デッド、ヘッケルの死霊)、インフェルノ、TV版シャイニング、SAW3、アイデン&ティティ、あしたのジョー実写版、ウィークエンド・シャッフル、激動の昭和史沖縄決戦、レイジング・ケイン、ファンタズム、ファンタズムⅡ、ファンタズムⅢ、ファンタズムⅣ、鮮血の美学、吸血の群れ、ヒッチハイク、ゾンゲリア、処刑軍団ザップ、復活の朝、ヘルター・スケルター、美味しんぼ、オーディション、クワイヤボーイズ、0093女王陛下の草刈正雄、スペインからの手紙、グエムル、サンゲリア、俺は田舎のプレスリー、カリフォルニアドールス、ウォンテッド、テレフォン、スパイクスギャング、センチュリアン、ザ・ファミリー、食人族、水の中の八月、ザ・チャイルド、プレスリーVSミイラ男、デアボリカ、オーメン4、青春残酷物語、ユメノ銀河、弓、スネークフライト、特攻大作戦、ランド・オブ・ザ・デッド、ずべ公番長ざんげの値打ちもない、ファントム・オブ・パラダイス、ナッシュビル、キングコング、八つ墓村、砂の器、センチネル、アンディ・ウォーホルのBAD、突撃隊、ミュンヘン、バイオレント・サタデー、父親たちの星条旗、プロフェシー/恐怖の予言、殺し屋1、監督・ばんざい、戦争のはらわた、荒鷲の要塞、戦略大作戦、無防備都市、大日本人、デッドマン、血を吸うカメラ、友だちのうちはどこ?、ブロンドの恋、トラベラー/パンと裏通り、火刑台上のジャンヌ・ダルク、チャイニーズ・ブッキーを殺した男、クローズアップ、ホームワーク、そして人生は続く、オリーブの林を抜けて、桜桃の味、続荒野の用心棒、風が吹くまま、痴漢ドワーフ、悪魔の植物人間、真夜中のサバナ、ペンチャーワゴン、ジャイアントスパイダー大襲来、シノーラ、巨大生物の島、シティ・ヒート、デビルズゾーン、ピンク・キャデラック、クリスティーン、怒りの荒野、御用牙、回転、生血を吸う女、ダイ・ハード4.0、FULL METAL極道、極道恐怖大劇場牛頭GOZU、御用牙かみそり半蔵地獄責め、御用牙鬼の半蔵やわ肌小判、鬼畜、ラスト・シューティスト、ジンクス、知りすぎた少女、ファイブ・バンボーレ、コンドル(S・ポラック)、マニアック、KIDNAPPED、THE MANITOU、血みどろの入江、オーバードライヴ、ドラブル、突破口!、ウエスタン、ミッション・インポッシブル、ボディダブル、カリートの道、デビルマン、グッドフェローズ、エイリアンvsプレデター、ゼイリブ、奇跡の海、ガンマン大連合、風来坊、ミスター・ノーボディ、光る眼、カジュアリティーズ、ミッション・トゥ・マーズ、狂気の愛、リスボン物語、遊星からの物体X、ラフカット、クリント・イーストウッドアウト・オブ・シャドー、ハッスル、10番街の殺人、姿なき脅迫、ZOO、悪夢のファミリー、御婚礼ザ・ウェディング・パーティー、世にも不思議な怪奇アパートメント、ドレス、ボディバッグス、フューリー、死霊伝説、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ、ミッドナイト・クロス、キャリー、デ・パルマ初期作品集、ダーク・スター、要塞警察、スネーク・アイズ、虚栄のかがり火、ファム・ファタール、スターマン、パラダイム、ヴァンパイア/最期の聖戦、ゴースト・ハンターズ、遺体安置室、ブラック・ダリア、ニューヨーク1997、バンパイアの惑星、エスケープ・フロム・L.A.、ザ・ディレクターズジョン・カーペンター、ジョン・カーペンター恐怖の影、青春のマンハッタン、殺しの烙印、野獣の青春、ピアノブルース、摩天楼ブルース、傷だらけの挽歌、悪魔の沼、透明人間、アイガー・サンクション、おいら女蛮、世にも怪奇な物語、ワイルドバンチ、夕陽のギャングたち英語版、アウトロー、ソドムの市、XYZマーダーズ、リトルショップ・オブ・ホラーズ('60)、殺しが静かにやってくる、サンダーボルト、アンタッチャブル、殺しのドレス、クイック&デッド、フリックストーリー、ダンサー・イン・ザ・ダーク、スクリーム、マイ・ボディーガード、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序、スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ、狂気の海、銭ゲバ、ラストマン・スタンディング、直撃!地獄拳、華麗なる追跡、ハウス、ドミノ、最恐の心霊現象、GONIN、スパルタの海、くりいむレモンいけないマコちゃん、OLヴァンパイア智子の初恋、0課の女赤い手錠、エロ将軍と二十一人の愛妾、聖獣学園、修羅雪姫、修羅雪姫怨み恋歌、修羅雪姫(2001)、緋牡丹博徒、GUN CRAZY復讐の荒野、ワイルドビート、ブローバック、緋牡丹博徒お竜参上、打鐘(ジャン)男たちの激情、緋牡丹博徒花札勝負、ブローバック2、GUN CRAZY叛逆者の狂詩曲、GUN CRAZY用心棒の鎮魂歌、デッド・オア・アライブ、893タクシー、御法度、ドーベルマン刑事、ゴキブリ刑事、ゴジラxメカゴジラ、青春の殺人者、GUNCRAZY裏切りの挽歌、子連れ狼地獄へ行くぞ!大五郎、昭和残侠伝血染の唐獅子、緋牡丹博徒お命頂きます、スコア、野良猫ロックセックスハンター、野良猫ロック暴走集団'71、狂った野獣、アサシン、ブルースチール、フロム・ダスク・ティル・ドーン

数えるのが面倒臭いから正確には分からないけど多分300本前後。

2013年1月11日 (金)

中野の栄楽 閉店ですと

さっきwebでこの情報を掴んだんだけど、これはさすがに寂しい。当ブログのラーメンカテゴリーを見返すと俺が最後に栄楽のつけそばを食ったのは2011年11月15日。1年以上前か・・ その時もオヤジさん元気がなかったし、ここ1年で更に体調を崩してしまったんだろうな。惜しい、あまりにも惜しいけどこればっかりは仕方ない。でも、もう一度あの辛美味いつけそばが食いたいなあ・・

フラッシュダンス

年始にWOWOWで放映されて、俺は未見だったから一応どんな映画なのか確認しておこうと思って録画。で、昨日観たらまあ可もなく不可もなく、つまらないとまでは言わないけどリアルタイムで観ても夢中にはなれなかったろうな、という感じ。

この映画って1983年の正月映画だった気がしたけどWikiで調べたら7月公開だった。完全に記憶違いだね。ちなみに俺は当時17歳。青春まっただ中ですなあ。あんまり充実してなかったけど。

しかし80年代前半の空気感って、当時はこれで良かったんだろうけど今観るとイケてない感が非常に強い。70年代まで遡れば古過ぎて逆に新鮮だし、90年代に近付くと現代のスタイルに結構近いからあまり違和感がない(・・と思うのは俺が古い人間だからで、若い世代にとっては違和感ありありかも)。

最近ロッキーの3・4を観た時も同じ印象で、80年代前半ってエアポケットの様に旧世代からも新世代からも支持され難い雰囲気を醸し出してる気がする。

でも時代は巡るから10年後には再評価されたりして。実際、当時の事を思い返せばスタイリッシュな物として普通に受け入れてたし、前記の通り今はタイミングが悪いだけなのかもね。

2013年1月10日 (木)

アイソトープ治療

これって前にも書いたっけ?? 忘れちゃったので書いておくと一昨年TIAで緊急入院した際の精密検査で、約10年前の甲状腺切除手術により収束した筈のバセドー氏病再発が発覚。1年半投薬を続けてきたものの血液検査の結果は平行線で回復に向かわない。これはもうアイソトープ治療に切り替えようという結論に達し、来月中旬に実施する運びとなったのでした。

ちなみにアイソトープとはいわゆる放射線治療なんだけど、実際にはカプセルを飲むだけ。俺の場合さほど深刻な症状ではないので入院する必要もなく2日通院するのみ。ただ問題は1週間前から治療後4日間の11日間、かなりの食事制限が課せられること。

病院で渡された案内書によると昆布だしは(勿論、昆布自体も)厳禁ということで和食全般が禁止、更にラーメン(カップ麺含む)もダメですと。

逆に食っていいのは穀類、パン、スパゲティ、ピザ、カレーライス、野菜、果物、豆腐、肉類、イモ類、キノコ類。これだけ食えれば不都合ないか。多分、カレーと野菜&フルーツを食う日々だろうな。

バセドー氏病は直接命に関わる病気じゃないけど脈が安定しなかったり投薬の影響で太り易くなったりと弊害も多い。放射線治療って事で少し抵抗があったものの後々問題になるような事はないらしく、10日ばかりの食事制限で健康体に戻れるなら問題ナッシング。

最初に医者から勧められたのが秋口で、その時はちょっと躊躇したけど今にして思えば早めに決断すれば良かった。まあ、あの時はもう少し投薬を続ければ数値が下がるかも?と思ったからなんだけどね。

2013年1月 5日 (土)

新カーナビ続報

iPod再生で曲間にブランクが入るという症状が納得いかず色々テストを繰り返す。まず車載のclassicをnanoに替えてみたけど状況変わらず。安ケーブルが悪いのかもと思いつつ純正ケーブルで試してみても改善されず。MP3CDならどうかと思って試してみたら症状が悪化して0.1秒程度だったブランクが約2秒に伸びる。但し通常のWAVファイルCDだったら問題なく再生可能。もう、そういう物だと割り切るしかなさそうだね。

ちなみに曲間0.1秒のブランクが問題になるのはライブ盤や組曲形式のアルバム。こういう時いつもテストに使うのはビートルズのアビイ・ロードB面で、あの緊張感みなぎる組曲の合間に例え0.1秒でもブランクが入ると、あり得ないほどにシラける訳ですよ。Z32で使ってたパナの安物カーオーディオでさえ曲間のブランクは無かったのになあ・・ 

買ってしまったからには不調に陥るまでこいつを使うけど、次回買い換えの際はiPod再生で曲間にブランクが入るか否かが最重要チェックポイントになる。基本カーナビでオーディオ機能は二の次だとしても私的に絶対譲れない所なんでね。

逆に利点を挙げるとDVDが再生可能って所ですか。当然、運転しながら観るわけにはいかないけど音楽系のDVDが移動時のBGに使えるのは嬉しい。画面はナビで音のみDVDって使い方も出来るので、気が向いたら手持ちの音楽系DVDを移動時に堪能しようかと。

2013年1月 4日 (金)

新カーナビ

新カーナビ
使い勝手はまあまあ。難点は文字表示が小さいので少し大きくしようと思ったら設定変更出来なさそうなのと、iPod再生すると曲間に0.1秒ほどのブランクが入る事。昔の機種にはありがちだけどまさか2012年モデルにこんな欠点があるとは夢にも思わなかった。結構ショック・・

取り付け完了の報を受け

取り付け完了の報を受け
チャリで再びオートバックスへ向かう。寒いけど凄く良い天気。

カーナビ交換

昨日給油したらスピアーノの街乗り燃費は約10kmという事が判明。軽だから劇的に良い燃費を期待してたけどせいぜいロードスター1600並なんだな。ただ、かなりブン回し気味に走ってるから日々省エネ運転を心がければもう少し距離が伸びるかもしれない。

さておき表題の件。中古で買ったスピアーノにはカーナビが装備されてたもののこれが凄く古い機種で、地デジに対応してないしMP3CDも使えず、当然iPodにも対応してない。で、ちょっと調べたら2002年製なんだよね。地図データも10年近く前の物だし、こりゃあ買い換えが賢明かなと。

そもそも俺、カーナビなんか無くても構わないんだけど折角付いてたナビを破棄して普通のカーオーディオにするのは寂しいので、MDV-333というケンウッドでは一番グレードの低いカーナビをオートバックスで購入。現在取付中なれどカーナビって取り付けに金も時間もかかるのね。工賃は15000円とかするし仕上がりは4時間後ですと。そんな訳でルノーの折り畳み自転車を積んでオートバックスへ行き、現在一時帰宅中。

しかし折り畳み自転車が活躍するのは今日で3回目ぐらい? あまりにも使わないから手放そうと思ってたものの、時折こうして使える機会が訪れるのでもう少し持ってる事にしますか。どうせ売っても二束三文だし。

取り敢えずまだ仕上がりまで時間があるので年末に出来なかった大掃除でもしようかと。

2013年1月 2日 (水)

キリヤマ隊長

ウルトラセブンの第1話でウルトラ警備隊員の年齢が紹介されるんだけど、キリヤマ隊長って38歳なのか。俺より全然年下じゃん! ショーック!!

ちなみにキリヤマ隊員を演じた中山昭二さん、どう観ても今の俺より老けて見えるから設定上38歳でも実は50近かったんじゃないの??と思ってWikiで調べたらウルトラセブン放映時は39歳だった事が判明。今の俺より7つも下かよ~! 更にショーック!!!

ウルトラセブン

今WOWOWで全話放映中のウルトラセブンを観てるんだけどやっぱり面白い。全作網羅してる訳じゃないから断言出来ないけど、俺にとってのベスト・オブ・ウルトラシリーズはセブンだね。

合間合間に入るインタビューでも語られる通り、怪獣物だった前作ウルトラマンからコンセプトを大幅に変更し、ターゲットをやや高めに設定したちょっと大人のドラマだから今観ても楽しめちゃうんだろうな。

あと、全体的に釈然としないモヤモヤした話の展開ね。俺、悪い奴にも事情があるという基本設定は好きじゃないけど、セブンの場合むしろ地球人ってホントに正しいの??という疑問符が主軸になってる。宇宙人が俺たちを侵略者よばわりするけど、最初に手を出してきたのはそっちじゃないかみたいな事を言うエピソードもあったりして。だからセブンがそいつらを倒してくれてもなんか気持ち良くない。そこがいいのよ、俺ら大人の視聴者的にはね。

そんな調子で今のところ全話欠かさず録画中。欲を言えばハイビジョンリマスター版の第12話が観たいよねえ・・ 絶対無理だろうけどさ。

ちなみに今日放映されたエピソード中2つに外国人俳優が出てて、そこが日本語吹き替えになってるところが奥様は魔女みたいで妙に味があってよろしい。昭和世代にとっては色んな意味で魅力的なのだ。

日清トムヤムクンヌードル箱買い

そう言えば初夢見なかったな。何か見たのかも知れないけど覚えてない。

さておき表題の件。遂に店頭から姿を消してしまったトムヤムクンヌードル、web検索したらAmazonで箱売りしてたので購入。20個入りで、毎日は食わないから向こう3ヶ月は安泰(賞味期限1013.04.13迄)。これ食い尽くした頃には完全に入手出来なくなるんだろうなあ。

ちなみにトムヤムクンフォースープってのもあるけど、俺は断然こっちの方が好き。

130102

2013年1月 1日 (火)

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。本年も当ブログを何卒宜しくお願いします。

例年この時間は年末ジャンボ宝くじの当選番号確認をしてるのに今回買い忘れちゃってねえ。どうせ当たりゃしないんだろうけど、あの数分間のドキドキ感を今年は味わえないのが凄く残念・・

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »