« 森恵 路上の鳥 Re:Make1 | トップページ | イオンモールに日清トムヤムクンヌードルが! »

2013年4月25日 (木)

柴田淳 COVER 70's

1304252

仙台発注分の路上の鳥とRe:Make1は未だ届かず。もうすぐ職場へ向かわなくちゃいけないので今日は聴けないか。だから待ちきれなくて・・って訳じゃないけど表題のCDを近所のレンタル屋で借りてきた。こちらも実に渋い選曲でオサーンの琴線に触れまくり。ちょっと紹介すると・・

「東京」 (マイ・ペース)
「スカイレストラン」 (ハイ・ファイ・セット)
「みずいろの雨」 (八神純子)
「飛んでイスタンブール」 (庄野真代)
「Mr.サマータイム」(サーカス)
「あなた」 (小坂明子)
「木綿のハンカチーフ」 (太田裕美)
「青春の影」(TULIP)
「秋桜」 (山口百恵)
「22才の別れ」 (風)
「異邦人」 (久保田早紀)
「迷い道」 (渡辺 真知子)

初回限定盤にのみ収録
「卒業写真」(荒井由実)

俺が借りたのは通常版だから卒業写真は収録されておらず。しかし面白いぐらいにもりめぐさんのRe:Make1と時代もジャンルも似通ってる。後発のもりめぐさんとしては選曲に相当頭を抱えたろうな。恐らくレパートリーの一つでもある異邦人は自作へ盛り込みたかったろうに涙を飲んで外したんじゃないかと邪推する。

実際に聴くと、しばじゅんさん特有の優しい声で昭和歌謡を華麗に歌い上げた秀作。もしこの世に森恵という人が存在しなかったら手放しで絶賛したかもしれない。しかしながら、既に公開されてる数曲しかまだ聴いてないけれども、やはり俺的にはもりめぐさんのRe:Meke1へ軍配を挙げる。これは良し悪しじゃなくて好みだけの問題ですよ。

とは言えこちらもかなりの名盤なので、今日は通勤途中BD鑑賞をお休みにしてこれを聞きながら通勤する事にしよう。

« 森恵 路上の鳥 Re:Make1 | トップページ | イオンモールに日清トムヤムクンヌードルが! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柴田淳 COVER 70's:

« 森恵 路上の鳥 Re:Make1 | トップページ | イオンモールに日清トムヤムクンヌードルが! »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ