2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

COVERS Grace of The Guitar+ 森恵

無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

森恵 Re:Make1を熱く熱く語る

やべえ、Re:Make1のヘビロテが止まらん。手元に届いた27日からBD・DVDの類は一切観ず、電車移動中も仕事の合間も自宅に居る時も、寝床に入ってさえも聴き続けてる。もりめぐさんのCDはどれもヘビロテしてきたけど、ここまで極端にのめり込んだのは初めて。これは一体どういう事??と自分に問いかけたくなる。

一つにレコーディングは実働2日、18時間x2の計36時間で行われたという事前情報が強く影響してる事は確か。こういう話を聞かされると、何故そんなハードスケジュールを強いられたのかを勘ぐりたくなる。

まずRe:Meke1が相当な低予算企画だという事は容易に想像出来る。低予算の常として何を優先し何を削るかが重要になる訳だけど、レコーディング予算を抑える常套手段は打ち込みを多用する事。これなら一人のエンジニアで事足りるからね。しかしながらもりめぐさんのバックが打ち込みという選択肢はどう考えてもあり得ない。そこは制作者サイドも分かってるから最低でもアコースティックバンド編成という結論が導き出される。そうなれば当然、打ち込みより人件費がかさむから何かを削る必要が出てくる。そしてサポートメンバーを交えたミーティングで全12曲を録りきる最低ラインの時間が弾き出され、実働2日というハードスケジュールが確定したんじゃないかと邪推する。

時間的余裕がなければ作品クオリティに影響するのは当たり前の話。しかしながら、そういった修羅場では時折とんでもなく魅力的な作品が生まれる事もある。例えばの話、3テイク重ねればベストパフォーマンスを記録出来たとしても時間的制約で1テイクしか録れない状況に陥ったとする。ミュージシャンは絶対に失敗出来ない極限状態でレコーディングへ挑む形になり、結果的に理屈や理論じゃ説明の付かない魂が作品に宿る。Re:Make1で言えばあの日にかえりたい恋の予感が正にそれで、あのスリリングさは尋常じゃない。能力ある人にギリギリの仕事をさせるとこういう奇跡が生まれるんだという事を改めて思わされる。

で、昨日たまたま電車移動中に柴田淳さんのカバーアルバムに収録された青春の影とRe:Make1収録の青春の影を気まぐれに聴き比べたくなって立て続けに聴いてみたら不覚にもRe:Make1バージョンで泣けてしまい困った。これ、双方手元にある人には試して欲しいんだけど、しばじゅんさんのバージョンは音がクリアなのにRe:Make1の方は若干音がこもってる。要はそれだけレコーディングスタジオや機材面でもりめぐさんが悪条件での勝負を強いられてるという事。だというのに歌そのものは音質やレコーディング環境に左右される事なく聴き手のハートを強く揺さぶる・・と同時に、限られた予算と時間の中で可能な限り良い物を作ろうとするサポートメンバーやアレンジャーやレコーディングエンジニアの心意気までもがひしひしと伝わってくる。

その時ふと思い浮かんだのはガラスの仮面の姫川亜弓と北島マヤの対決。演劇界のサラブレッドとして恵まれた環境下でその才能を遺憾なく発揮する姫川亜弓に、天性の才能だけで挑むマヤの姿が二人とダブって見える。言わずもがな姫川亜弓がしばじゅんさん、マヤがもりめぐさんね。突飛な発想ではあるけど、双方の青春の影を聴き比べた時は本気でそう思った。それとこれも完全に憶測だけど、Re:Make1バージョンとしばじゅんさんバージョンの青春の影はアレンジが凄く似通ってるので、もりめぐさん本人にその気がなくともアレンジャーには少しだけ対抗意識があったんじゃないかな、と思ったりして。

いずれにせよRe:Make1は単によく出来たカバーアルバムではなく、もりめぐさんをはじめとするレコーディング参加メンバーの強い想いが聴き手へダイレクトに伝わる奇跡の傑作だと思う。これだけの作品に触れる機会はそうそうないので、少しでも興味を持たれた方は是非お買い求めいただきたく。ちなみにこのカバーブックCDがセールス的に成功を収めれば、今回よりは良い条件でRe:Make2が作られるそうな。一ファンとして是非実現させたいので、リピーター諸氏にもご協力いただきたいところ。税込み2310円と比較的安価だし、買って損のない名盤だという事は俺が絶対の自信を持って保証します。

2013年4月29日 (月)

Roi Thaiのグリーンカレー 実食

先日イオンモールのタイフェアで買ってきたRoi Thaiのグリーンカレー、web検索するとやたら評判が良く、凄く気になるので買い込んだレトルトカレーの山そっちのけで実際に作ってみた。

具として加えたのは鶏モモ肉210g、茄子1個、筍水煮75g、マッシュルーム(ホール)50g。こいつをオリーブオイルでちょいと炒めてから鍋へ移し、カレーの素を加えて焦げ付かないように木ベラでかき混ぜながら弱火で煮込む事10数分。そして出来上がったのがこれ。

130429

例によって食事量は抑え気味なので飯抜き、スープ感覚で食してみる。うむ、辛過ぎず甘過ぎず、日本人の味覚にも合いつつ本場の味を堪能出来る逸品。これで98円は安い。勿論、食材が別途必要だから実際には1食400円ぐらいになるけど。

一つ失敗だったのは肉が固い事。別に食えなくは無いけど、タイ料理屋で食うグリーンカレーに入ってる鶏肉のホロホロ溶ける感じにはならなかった。そりゃまあちょいと炒めて10数分煮た位じゃ柔らかくならないよね。次回は肉のみ圧力鍋で柔らかくしてから加えてみるか。

2013年4月28日 (日)

赤坂Bonne eau再び

2月末にお邪魔した三輪ひとみさんのお店Bonne eauへ再び訪問。前回iPhoneでお店の様子を画像に収めてきたものの全部ピンボケで1枚も公開出来ず、ちょっと反省して今回はペンタの一眼デジカメK-rで激写。オーナーから掲載許可を貰ってきたのリピーター諸氏にもこの不可思議空間をご堪能いただきたく。

1304281
13042821304283
1304284130428513042861304287

今回は約3年ぶりに吉行由実さんとも再会して同世代トークに花が咲く。また、三輪さんを交え実相寺昭雄監督作D坂の殺人事件の裏話で盛り上がり、映画フリークとしてこの上なく贅沢な時間を過ごす。三輪さんも吉行さんも拙作へ出演していただく遥か以前からスクリーンを通して知ってた人達だから、同じ空間を共有しつつ俺の事を監督扱いしてくれるのが気恥ずかしく、不思議な感覚。

ちなみに今日の一杯目はこいつ。

1304288

マリワナの葉っぱが原材料のビールですと。ちょっとヤバい香りがするけど、こうやって普通に日本へ入ってきてるって事は合法品なんでしょ。三輪さんのお店にはこういう変わり種のビールが沢山置いてあって面白い。前にも書いた通り、満席じゃなければ予約せずとも入店可能なので、興味がお有りの貴兄には是非とも足を運んでいただきたく(但し、原則的には予約制)。

2013年4月27日 (土)

森恵 路上の鳥 Re:Make1 仙台発注分ご到着~

130427

うわ~い、待ちかねたよ~ん! ・・という訳で発売日から遅れること3日。ようやく仙台で予約したサイン入りの2枚が到着したのでした。しかしRe:Make1の方はサインがデカくてド迫力! これだけでダブらせた価値があるというもの。

ちょっとだけ残念だったのは裏面の印刷に少し痛みがある事。ただ、これって粘着テープ付きの透明フィルムに入ってるから痛めずに取り出すのが難しい。俺はコレクターだからコンディション維持の為にも台紙はフィルムから出さずCDのみ出し入れするけど、全部出さなきゃサイン出来ないもんね。そんな訳で、こんな些細な痛みは気にしない!

路上の鳥の方はカップリング曲も含めラジオで何回か聴いたからまずはRe:Make1。言うまでもなく最高でしょ。ギター1本のなごり雪からアップテンポでジャジーなアレンジのみずいろの雨へ、という抜群の構成が聴く者全てのハートを鷲掴みにして、そのまま全12曲を一気に聴かせる超弩級の傑作。

このアルバム、確か5人編成ぐらいでレコーディングされてると思ったけど信じられないほど高級感が漂う。それが全12曲を36時間で録り切ってるって?? これは凄すぎる。ちなみに以前もりめぐさんは一発録りの方が本領発揮するのでは?みたいな事を書いたけど、このアルバムは狙いじゃなく結果的にそれを実践してる。勿論その事によるクオリティの低下は全く感じられない。はい、もう言う事ありません。もりめぐさんに興味がない人もこれを買いに今すぐ書店へ走れ! ちなみに一部CDショップやTSUTAYAにも置いてあるみたいです。

続いて路上の鳥。なるほど、全くタイプが異なるから改めて3曲並べて聴くと確かにミニアルバム的印象が強い。で、タイトル曲や確固たるものはPVやラジオで何度か聴いたけど彼方のレコーディングバージョンを聴くのはこれが初めて。だから新鮮さもあって・・なのかも知れないけど一番ハートに響いたのは彼方だったりする。仙台公演の見事なパフォーマンスも影響してるかな。

で、話はRe:Make1に戻る。このアルバムはwebでのリクエストを元に選曲され、参加者の名前がブックレットに掲載されるという企画だった。既にその画像は余所のファンブログでも複数アップされてて、そこに俺の名前も載ってたりしてちょっと笑っちゃったんだけど、俺は他の方々の迷惑にならないよう、こういう形でアップしちゃう。

1304272

表示されてる画像の大きさじゃ見えないかな。しっかり確認したい物好きな方は画像をクリックすればもう少し大きく表示されてるのでお試しあれ。さておき、微力ながらもこういう形でアルバム作成に参加し、その痕跡を残せたのはファン冥利に尽きるというもの。

で、これって全何名なんだろ?と思いつつ、正確に数えるのも消耗だな。一行約15名で22行だから、そこからざっくりと数を割り出すと330名前後。案外少ないねえ。ただ、ここ1ヶ月でもりめぐさんの知名度は少し上がってるからRe:Make2が実現すれば倍ぐらいになるかも。

2013年4月26日 (金)

森恵さん出演のプレミアMelodix! & PON! を観たい方へ

NHK歌謡コンサート関ジャニの仕分け∞は全国放送だったけど4/23に放映されたテレ東のプレミアMelodix!と日テレのPON!は東京ローカルだから地方在住で観られなかったもりめぐさんのファンも多かったと思います。

で、この2番組、俺はもう自分用にBD-Rへ焼いちゃったのでHDDから消去してもいいんだけど、ご存じの通り地上波の録画データは10回までコピーが可能なんですよ。すなわち、あと9回コピー出来る。

もしこの番組が観られず何らかの情報が欲しくて偶然に当ブログへ辿り着いた方がいらっしゃれば、これも何かの縁だと思うのでコピーして差し上げますよ。そんな訳でコピー希望の方はコメント欄にその旨ご連絡下さい。メディア代と送料のみご負担いただければ郵送しますので。

あ、ちなみに即メアドや住所を書き込むのは止めて下さい。こっちのメアドを先にお知らせしますのでその後はメールでやりとりをしましょう。

言わずもがな、ですが希望者が9名になった時点で締め切りとさせていただきます。

新生トムヤムクンヌードル 実食

1304263

基本的には去年のと同じ味。相違点は別添の調味オイルがなくなってる事だけど味に大差ないから粉末スープにその要素が含まれてるんだろうな。しかしながら個人的にネックなのはやはり乾燥ネギが入ってる事。これが無かった点がポイント高かったのに・・ まあ、そんなの偏食のお前が悪いと言われたら返す言葉ないけど。

ちなみに画像は一度中身を全部出し、粉末スープを茶こしにかけてネギを抜いた代物。いちいちネギ抜くの面倒臭いからこれの大人買いは無しということで。

イオンモール・タイフェアのグリーンカレー

1304262


日清トムヤムクン&グリーンカレーヌードルと一緒にイオンモールのタイフェアで買ってきたのがこのパックジュースみたいなグリーンカレー。原産国タイ、パッケージの記述も全てタイ語で日本語表記のシールが貼ってあるという、かなり本場の味が期待出来る代物。

で、さっき裏表記をしっかり確認したら肉や野菜をお好みで適量入れて下さいと書いてある。要はレトルトカレーと異なり、カレーの元みたいな代物なんだな。ちょっと面倒臭いけど折角買ってきたので近日中に作ってみる。

イオンモールに日清トムヤムクンヌードルが!

130426

買い置きの日清トムヤムクンヌードルを食い尽くして早や10日が経過。嗚呼、今度あの味に出会えるのは何時の事やら・・と思いつつ、別件で地元のイオンモールを覗いたらタイフェアやっててこれが置いてあった! ラッキー♪ そう言えば去年の今頃もイオンモールでタイフェアやってたっけ。

ちょっと気になるのはパッケージが去年と異なる事。原産国も去年のはタイだったけどこれは国産。あと個人的に残念なのは原材料にネギの表記が・・ 去年のには入ってなかったのになあ。

そんな事もあり一気に大人買いするのは止めて取り敢えず2つ試し買い。ついでに気になるグリーンカレーヌードルも置いてあったのでそっちも2つ購入。いずれもまだ食ってないからレビューは書けませ~ん。

2013年4月25日 (木)

柴田淳 COVER 70's

1304252

仙台発注分の路上の鳥とRe:Make1は未だ届かず。もうすぐ職場へ向かわなくちゃいけないので今日は聴けないか。だから待ちきれなくて・・って訳じゃないけど表題のCDを近所のレンタル屋で借りてきた。こちらも実に渋い選曲でオサーンの琴線に触れまくり。ちょっと紹介すると・・

「東京」 (マイ・ペース)
「スカイレストラン」 (ハイ・ファイ・セット)
「みずいろの雨」 (八神純子)
「飛んでイスタンブール」 (庄野真代)
「Mr.サマータイム」(サーカス)
「あなた」 (小坂明子)
「木綿のハンカチーフ」 (太田裕美)
「青春の影」(TULIP)
「秋桜」 (山口百恵)
「22才の別れ」 (風)
「異邦人」 (久保田早紀)
「迷い道」 (渡辺 真知子)

初回限定盤にのみ収録
「卒業写真」(荒井由実)

俺が借りたのは通常版だから卒業写真は収録されておらず。しかし面白いぐらいにもりめぐさんのRe:Make1と時代もジャンルも似通ってる。後発のもりめぐさんとしては選曲に相当頭を抱えたろうな。恐らくレパートリーの一つでもある異邦人は自作へ盛り込みたかったろうに涙を飲んで外したんじゃないかと邪推する。

実際に聴くと、しばじゅんさん特有の優しい声で昭和歌謡を華麗に歌い上げた秀作。もしこの世に森恵という人が存在しなかったら手放しで絶賛したかもしれない。しかしながら、既に公開されてる数曲しかまだ聴いてないけれども、やはり俺的にはもりめぐさんのRe:Meke1へ軍配を挙げる。これは良し悪しじゃなくて好みだけの問題ですよ。

とは言えこちらもかなりの名盤なので、今日は通勤途中BD鑑賞をお休みにしてこれを聞きながら通勤する事にしよう。

森恵 路上の鳥 Re:Make1

130425

昨日発売日を向かえた森恵さんの3rdシングル路上の鳥と、書籍扱いでリリースされたカバーアルバムRe:Make1が届いた。

路上の鳥をmu-moショップで予約すると直筆サイン入り着せ替えジャケットが、Re:Make1をAmazonで予約すると直筆サイン入りピックが付いてくるという事で双方1ヶ月以上前に予約。だと言うのに、先日の仙台公演でこの2枚を予約すれば現物にサインして後日発送すると言うから注文してしまい、そっちも追って届く筈。そんな訳で、こっちは未開封のままにしておきたいからまだ聴けませ~ん。

しかしRe:Make1の書籍扱いってのは面白い戦略だな、と。今のもりめぐさんの知名度だとオリコンでもベスト50に入れるかどうかって感じだけど、書籍でJ-POPというカテゴリーに限定すればベスト10入りも夢じゃない。事実、一時期Amazonではベストセラー扱いされてたから知名度を上げるには有効な手段と言える。デメリットがあるとすれば、どんなに売れてもオリコンのCDチャートには反映されないって事か。

ご覧の通りRe:Make1は昭和歌謡のカバーアルバムという事で12インチのアナログレコードを模した形になってる。故にweb検索したら本当にレコードと勘違いしてる人が居たりして面白い。開封するとアナログレコードの形状をした台紙にCDが収まってるので安心してお買い上げ下さい>アナログと勘違いしてる方々

ところでこのカバーアルバムはwebでのリクエストを元に収録曲がセレクトされてる。勿論俺も参加したけど残念ながら俺のリクエスト3曲は一つもラインナップされてない。3曲中2曲は個人的な好みでセレクトしたから除外されても仕方ないと思ってたけど、そのうちの1曲異邦人だけは絶対入ると思ってたのに選出から漏れてる。これは一体どういう事??と思ってたら、その理由が昨日になってようやく分かった。

俺は昨日まで知らなかったんだけど、もりめぐさんが敬愛してやまない柴田淳さんもほぼ同じコンセプトのカバーアルバムを昨年10月にリリースしてて、そちらの1曲目に異邦人が収録されてた。更に言うと俺がもりめぐさんへリクエストした3曲全てがこのアルバムに入ってる! 参考までに書くと俺が久保田早紀さんの異邦人以外にリクエストしたのは渡辺真知子さんの迷い道と小坂明子さんのあなた。しかもRe:Make1に収録されてるみずいろの雨青春の影もしばじゅんさんのカバーアルバムと被ってるから、仮に俺のリクエスト曲を全部収録したら5曲被り。後発のもりめぐさんがそんなアルバムをリリースしたらしばじゅんさんに挑戦状を叩き付けるようなもんだから、そこは絶対に避けるよね。なるほど、選曲に悩んだ理由の一つはこんな所にもあったのか。

逆に、それを踏まえてもみずいろの雨と青春の影をセレクトしたって事は、多分この2曲に並々ならぬ思い入れがあるんだろうな。

それはいいけど、すぐ聴きたいので早く仙台発注分のCD届かないかしら・・ 現物が手元にあるのに聴けないってのはちょっとした拷問ですぜ。

2013年4月24日 (水)

森恵@プレミアMelodix! & PON!

130424

もりめぐさん出演番組の録画BD-Rが増えていくのはファンとしてのみならずコレクターとしても嬉しい。しかしNHK歌謡コンサート録画用のディスクがこんなに早く埋まるとは昨年10月の時点じゃ夢にも思わなかった。参考までに書くと残り容量は5GB。歌謡コンサート1回が約4.7GBなのであと1回分しか記録出来ない。

さておき表題の件。23日2:50放映のプレミアMelodix!に引き続き、10:25放映の情報番組PON!にも出演という情報を前日の夜にご本人のTweetで知りつつも、夜勤明けに仕事仲間と飲んで帰ったら自宅に着いたのが放映の3分前。危ねえ危ねえ。

まずプレミアMelodix!。予想してたものの南海キャンディーズとの絡みは無かった。但しストリートで歌うと思わず足が止まると話題に、心の琴線に響く生命や愛を綴った詞、広島が育んだ癒しのアーティストというテロップがデカデカと掲げられる好意的な扱い。路上の鳥の楽曲演奏は1コーラスに大サビのみという簡略バージョンだったけど、そこはまあ贅沢いいっこなし。例え東京ローカルでも地上波でオリジナル曲を披露したという実績が何よりも重要なのだ。

続いてPON!。アーティストにリポートさせちゃったシリーズなる3分ほどのコーナーでお気に入りのケーキ屋さんを紹介するレポーターとして出演というかなりの変化球なれどもbrand new dayや路上の鳥のPVが短時間ながら流され、avexが推しに推しているシンガーソングライター、山里亮太・カンニング竹山・エハラマサヒロもハマるといった紹介もあり、かなりの宣伝効果が期待出来る。双方合わせれば、また何百人かファンが増えるんじゃないかと。

しかしここにきてもNHKのMUSIC JAPAN出演のアナウンスがないって事は、残念ながらPerfumeとの競演実現せずか・・ 同じ局の歌番でもコンセプトが全然違うから歌謡コンサートとMJに横の繋がりは無いんだろうな。

2013年4月23日 (火)

森恵@SENDAI KOFFEE CO. 2013/04/20 その2

130423

はい、またまた長文ですが森恵さん仙台公演ルポの続きです。ちなみにこの画像は公演直前に撮ったステージの模様。

【以下、ネタバレ注意】


日々YouTube動画を観てても思うけど、もりめぐさんって既存の曲をあたかも自分の為に書き下ろされた曲の如く歌いこなしてしまう不思議な性質を持ってる。恋の予感は学生時代に歌番やラジオでさんざん聴かされた安全地帯の代表曲、みずいろの雨は小学生時代に歌詞の意味も分からないまま口ずさんだ八神純子の大ヒット曲。いずれも遠い過去にリリースされた曲だというのにもりめぐさんのフィルターを通すと完全に森恵カラーへ染まる。本家を超えてるなんて書き込みが他方面で多く見受けられ、それを俺がここで肯定してしまうと本家に失礼なので止めておくけど、多くの人々にそう思わせてしまうという事実だけは否定しないでおく。

8.恋の予感(安全地帯カバー)
9.みずいろの雨(八神純子カバー)
いずれの演奏前にもMCがあり、カバーアルバムのレコーディングは実働2日、それぞれ18時間(すなわち計36時間)スタジオに籠もって行われた事、時間的には本来2-3曲の収録が通例のところ12曲一気録りのハードスケジュールだった事、2000曲のリクエストから悩みに悩み抜いて今の自分が表現したいと思える曲をセレクトした事、Re:Make1がセールス的に好調ならもう少し良い条件でRe:Make2が作れる事、等々が語られた。ちなみにもりめぐさんがリクエストした人に挙手を求めたところ、手を挙げたのは約半数。意外と少ないんだなという印象を持った。ちなみに俺のリクエスト曲は今回セレクトされてないけど個人的にRe:Make3までは作られると決めつけてるので、いずれかに収録されるでしょ。

10.路上の鳥
この日、もりめぐさんがハイライト曲にセレクトしたのはニューシングルのタイトル曲路上の鳥。松井五郎氏から捧げられた詩への想いや、自分にとっての大事な一曲に仕上がった事、ニューシングルと言いつつ自身ではトリプルA面的ミニアルバムとして作り上げた事などを語り、情感たっぷりに歌い上げる。

11.運命にさよなら
ここでもりめぐさんは客とのコミュニケーションを図りつつ手拍子&腰振りをオーディエンスに強要。椅子に座ってたら腰振れないでしょ!とスタンディングを要求。そしてここからスタンディングライブとなる。それはいいんだけどステージがフラットな為、小柄なもりめぐさんは前の客に隠れて全く見えなくなった。ただ、俺って手拍子が苦手だから好都合ではある。目の前でクリアに見えてたら手拍子しない訳にいかないからね。

もりめぐさんのライブでは他にも手拍子がお約束になってる曲が幾つかあるけど、俺はいつも手拍子しない。何故なら手拍子すると歌に集中出来なくなるから。ただ、足踏みしながら体を揺するのが俺の鑑賞スタイルだから手拍子しなくても楽しんでる感は伝わってる筈。楽しみ方は人それぞれだから別にこんなでいいんじゃない?と思ったりして。

12.傷
13.キミニハ薔薇ヲ

そこからフィナーレへ向かって元気でノリの良いロックなナンバーを立て続けに2曲。俺、初めてアルバムでキミニハ~を聴いた時はカルメン・マキなんかが歌うとハマるハードアレンジだから、もりめぐさんだと声が綺麗過ぎてちょっと不釣り合いかな~と思ったりしたものの、やっぱり生で聴くと良いんだよな。これは1月の渋谷や先月の錦糸町イベントでも思ったし、仙台で再確認。

14.brand new day
1stアルバムリリース後からライブでもUst配信番組でも常にトリの1曲として演奏されるこの曲を聴くと、本屋で蛍の光を聴かされるような一抹の寂しさを感じる。嗚呼、楽しい時間もあと少しで終わりか・・なんて思ったりしてね。勿論アンコールの時間は用意されてる訳だけども、祭りの終焉が近づいてる事は間違いないので。

オーディエンスの拍手喝采の中もりめぐさんは一礼しつつ一端外へ退場し、アンコールを求める手拍子を受け2-3分後にツアーTシャツを着て再登場。ここからのMCは通例ながら販促トークがメイン。そりゃあメシの種だからミュージシャンにとっては非常に重要な時間と言える。ちなみに俺、入り口で売ってたTシャツが俺の持ってる(つーか、会場で着てた)1月にAXで買ったモノと一緒だと思ってたら、実は色柄の似通った新作のツアーTシャツだという事にその時気付いた。これは買わなきゃ!・・てな事になる訳だから、やはりこういう販促トークは重要なのだ。そしてアンコール1曲目・・

15.確固たるもの
ニューシングルのカップリング曲。これも文化放送のLISTEN?で初めて聴いた時はう~ん・・どうなんだろ?と思ったりしたけど生で聴くとカッコいいんだなあ。そう思う人は俺以外にも沢山居る訳で当然、売り上げにも大きく影響する。ミュージシャンにとって新作リリースに合わせて行われる全国ツアーって凄く重要なんだな、という当たり前の事を再認識させられる。

16.はじまりは涙
そして正真正銘の仙台公演ラストソングは路上の鳥のアンサーソングとして書いたという新曲。1曲目に歌ったそれだけ~同様に静かな導入部から徐々にパワー感が増していくもりめぐさんお得意の展開を持つ楽曲で素敵だなあと思ったけど、前記の通り記憶力の悪い俺は詩の内容とかほとんど覚えてない。これは後日改めてじっくり聴き直したいところ。

これにて約2時間に渡る仙台公演は盛況の内に終了。ダブルアンコールは無し・・つーか、誰も求めなかったので素直に終わってしまった。その後サイン会が控えてるから皆そっちの方が楽しみって事もあったのかな。

そこから約30分間、出口付近でサイン&握手会が行われ、今回は俺がAKB用語で言うところの鍵閉め(その日最後の握手会参加客)を務めた。実際の所はトイレへ行ったりTwitterにセットリストをメモったり注文書へ記入したり・・てな事をしてたら結果的にラスイチになっちゃったんだけど。

今回物販で購入したのは新作の予約以外だとツアーTシャツ&1stアルバム。アルバムの方は勿論所有済みだけどサイン入りを持ってなかったので。ちなみにTシャツにもサインは貰えたものの、着られなくなっちゃうからそっちのサインはパスしてCDのみにお願いした。その際、もりめぐさんにいつもありがとうございます。東京の方ですよね?と言われたのがファン的に嬉しかった。

敬愛するミュージシャンになんとな~くでも認知して貰えてるのは凄く光栄だし贅沢な話だと思う。でも俺の希望は今まで何度も書いてきたように話がしたくてもサインが欲しくても、それが許されない領域にもりめぐさんが飛んでいってしまう事なんだよね。とは言え、今ならこんな手作り感あふれる小規模ライブに参加出来る猶予が残されてる。俺も出来たらあと数回参加したいけど、さすがに2013春ツアーでの地方遠征はもう無理。でも今回かなり味を占めたので、金と時間の折り合いが付けばまた何処か遠くの小さな会場へ駆け付けたいな~と思いつつSENDAI KOFFEE CO.を後にしたのでした。

1304232

2013年4月22日 (月)

イワタニのガスバーナー

1304223


職場の出入り業者がこれ持っててうおっ!エクスタミネーターみたいでカッコええ!!とか思って、地元のホームセンターへ行き衝動買い。しかしカセットコンロのガスボンベをそのまま流用出来る点が優れモノ。

それはいいんだけど、勢いで入手したものの使うアテがある訳もなし。取り敢えず炙り料理とかに使えるらしいので何か魚介類を買ってきて炙ってみるか・・

仙台の居酒屋 源氏

旅の醍醐味の一つはその土地の名店を訪れる事。仙台と言えば牛タンというパブリックイメージが出来上がってるけど、昨年夏に仕事で仙台へ来た際に牛タンの有名店なら訪問済みという経緯もあり、今回は牛タンに拘らず名店検索。

するとトップに弾き出されたのは仙台駅から徒歩10分程の所にある居酒屋、源氏。なんでも店の佇まいが秀逸という事で、これは一度覗いてみたいと思いつつもりめぐさんのライブ終了後、雨の中を10分ほど歩いて文化横丁なる飲み屋街へいそいそと足を運ぶ。

130422

路地にある飲み屋街の、更に奥まった路地の先にその店はあった。正に隠れ家といった佇まいの店内に入るとほぼほぼ満席状態。ただ、タイミング良く一席空いたのでそちらへお邪魔する形で着席。

webで得た情報によるとこの店、61年もの間改装せずに営業してるらしい。そりゃ空調やビールサーバーは現代の物だけど店の雰囲気は昭和そのもので、小津映画や昭和40年代のNHKドラマに出てきそうな居酒屋の雰囲気。

しかも面白いのはメニューのシステムで、壁に貼られたお品書きを見るとビールも日本酒も1000円。但しこれに必ず料理が一品付く。最初はお新香と煮付けが少々、二杯目は冷や奴、三杯目は刺身・・と徐々にグレードが上がっていく。これもwebで得た情報だけど四杯目で完成のコースメニューになってるらしく、最後に出てくるのはおでんか味噌汁の二択。俺は躊躇せずおでんをセレクト。

出てくる料理は確かに美味い。最後のおでんなんか出汁が利いててホントに美味かったけど、ここって料理の味云々よりも雰囲気を満喫出来るという意味での名店なんだと思う。特に店を切り盛りする女将さんの上品な佇まいとか、webで書かれていた通り昭和中期にタイムスリップした気分にさせられる。実際、店内でiPhoneいじってると凄まじい違和感に襲われたりして。

俺、ちょっと前まで一人飲みが全然出来なかったから、半年前だったらこの店の情報を掴んでも行かなかったと思う。今じゃ高田馬場でさんざん一人飲みして慣れちゃったからお邪魔してみたけど、うん、行った価値は充分にあった。

そう言えばお勘定したら3800円だった。一杯1000円なら4000円の筈なのに。これ、4品完食したら割引とか、そういうシステムなのかね。

最後に暗い店内で無理矢理撮った画像を公開。これで何となく雰囲気が伝わるかな?

1304222

2013年4月21日 (日)

【超長文】森恵@SENDAI KOFFEE CO. 2013/04/20 その1

130421

これ、今回の遠征での戦利品の一つなんだけど、ニューシングルとカバーアルバムを会場で予約すれば後日サイン入りで郵送&このB3ポスターをプレゼントという事で、既にニューシングルはmu-moショップで、カバーアルバムはAmazonで予約済みなれどもサイン入りが欲しかったので予約して貰ってきたのでした。

これが当然丸まった状態で渡される訳だけど、コレクターとしては絶対痛めたくないから仙台から東京までの道中、凄え気遣いながら持ち帰ってきましたよ。ただ、以前にも書いたけどポスターって丸める作業時に痛んでしまうパターンが多く、俺がどんなに頑張って大事に持ち帰っても意味なかったりする。これもね、ちょっと痛んでるんだよね。俺はさほどコンディションに拘らないから大して気にしてないけどさ、あの苦労は一体なんだったんだろ・・と少し悲しくなったりして。

さておき、森恵さんの春ツアー1発目となる仙台公演。いつもライブルポはさらりと流し、自分の意見を中心に書いてきたけど、余所にもりめぐさんのライブルポを凄く克明に書かれるブログがあり、ちょっと感化されたので今回はその方に習う形で公演に参戦出来なかった人でも参加した気分になれるぐらいライブの様子をこと細かく書いていこうと思う。故にネタバレ注意。セットリスト含め全てを公開するので知りたくない人は即時ご退席願います。

会場となったSENDAI KOFFEE CO.はイベントスペースではなく通常カフェとして営業している店なので、実際に入ってみるとコンサート会場として突貫工事的な印象が強い。フロアの中心にステージが組まれ(但し段差なし)、それを放射状に囲む形で色んな場所から集めてきましたと言わんばかりに様々な形状の椅子が置かれてる。ステージを照らすスポットライトも無し。申し訳程度に小さなライトがステージに向いてはいたものの、ほとんど役目を果たしていない暗さ。苦言を垂れればキリがないけど俺は手作り感あふれるアットホームな会場という事でポジティヴに捉えておく。

開演時刻になり、店内どこを見渡しても楽屋らしき扉が見当たらないのでこれはひょっとしたら・・と思ったら案の定、サポートメンバーともりめぐさんが外から会場へ入ってきた。どうやら会場以外の場所に楽屋があるらしい。それを含め手作り感満載。そして開演予定時刻を5-6分過ぎてMORI MEGUMI SPRING ACOUSTIC TOUR ~brand new days~ 仙台公演はスタートした。

1.それだけでいいんだ
しっとりと歌い上げる序盤から徐々に力強さを増していく抑揚あるバラード曲。1曲目という事もあり、体が温まってないせいか1コーラス目では音程を外す箇所がしばしば。それを含めてのライブだし、誰のライブでも1曲目は堅さが見受けられるのが通例なので問題なし。しかしさすがはもりめぐさん、2コーラス目からはほぼパーフェクトで、ピッチも高音の伸びも安定してきた。

2.涙のプール
3.お菓子の家

軽快なアルペジオから始まるミドルテンポの涙のプール、ややハイテンポ気味のダウンストロークから始まるお菓子の家を立て続けに聴かせる構成で徐々に会場をヒートアップさせていく。この辺りではもう歌唱的に何の不安材料も見当たらず5-60人いたと思われるオーディエンスもノリノリ状態。

4.オープンカー
ここでメインギターのGUILD D-55に持ち替え。仙台公演では2本のGUILDを使用しており、俺も嗜む程度にギターを弾いたりするものの正直言ってアコギの音質の違いってよく分からない。特に同一メーカー2モデルの使い分けって一体どうなってんだろ?と思ったりしたけどいざ音を聴くと明らかにさっきまでの3曲とは異なり、CDバージョンのオープンカー同様の音色が飛び出してきた。いや、マイク形状も違うみたいだからボディによる鳴りの違いだけじゃないとは思うけど、俺がミュージシャンを尊敬しちゃう要素の一つはこういう繊細な音選びが出来る点。もりめぐさんってギタープレーヤーとしてもプロだなあと思わされた瞬間。そして歌詞の所々を仙台に置き換えてオーディエンスを煽る煽る。それに応える形で会場も一気にヒートアップ。

MCを挟み1ブレイク。ちなみに仙台公演ではSHIBUYA-AXの2倍ぐらいMCタイムがあり、MC苦手を公言するもりめぐさんもよく喋ってた。思うにもりめぐさんって少人数相手なら饒舌に語れるけど、会場が大きくなると緊張感で萎縮しちゃうんじゃないかな~と勘ぐったりして。

ところで俺って非常に記憶力が悪く、セットリスト16曲を何とかメモなしで覚えるのが精一杯で、どのタイミングのMCで何を語ったかまでは克明に記憶してない。そんな訳で羅列しちゃうけど、震災から間もない頃に仙台でストリートライブをしたら泣けてくる程に人通りが少なかった話、会場近くの中華料理屋から香ってくる匂いで仙台に戻ってきた事を実感した話、会場から少し離れた所にある楽屋から徒歩で移動中に転んで膝を打ち、流血するわストッキングが破れるわの騒ぎになった話、関ジャニのカラオケ対決で負けちゃったけどリン・ユーチュンさんは凄くチャーミングな人だった話、NHK歌謡コンサート出演ではサブちゃんはじめ大御所が凄かった話等々。サポートメンバーとの掛け合いも面白かったし、もりめぐさん自身、凄く楽しそうに語ってる様に見えた。

あ、本人は絶対読んでないと思うから、もし関係者が読んでれば伝えてあげて欲しいんだけど、そういう時はバンドエイドの高級版(1箱6枚入り800円とかのやつ)を使うと目立たないしキズの治りも早いのでお勧めですよ~

5.世界
序盤はキーボードとパーカッションのみ、中盤からギターを弾き始める構成。この曲はストリートでもインストアでも中ホールで聴いても素晴らしい。勿論この日も素晴らしかったけど、SHIBUYA-AXが120%としたら96%位に抑えてる印象を持った。これ、別に手を抜いてる訳じゃなくハコのスケールに合わせて力を調節してるんだと思う。仮にAXレベルで歌ってしまうとPAバランスとかグチャグチャになっちゃうだろうし。そういう意味でもこの人が本領発揮するのはホールクラスのライブなのかな。勿論アリーナクラスでも凄いだろうけど、現時点じゃそういう夢物語は置いといて・・

6.彼方
7.笑顔でいられるように

この日のベストパフォーマンスは6曲目に歌った彼方だと個人的には思ってる。こちらも静かな序盤から徐々にパワー感が増してくる楽曲で1コーラス目のサビはファルセット、2コーラス目からは地声で高音部分を力強く歌い上げる。この手法は他の楽曲でも多用してるけど2コーラス目以降の高音の伸びは本当に素晴らしい。昭和的な表現でシビれるってのがあるけど、この高音部分を生歌で聴くとゾクッと来る。背筋に電流が走る。正にシビれる感じなのだ。そして、嗚呼・・俺はこのシビれる感じを今夜も味わいたくて東京からわざわざ仙台までやってきたんだなあ・・と感慨にふけったりして。

ここでまたMCを挟み、カバーアルバムの話題に触れつつ2曲のカバー曲を立て続けに歌うんだけど、あまりにも長くなり過ぎたのでここでちょっとブレイク。その2へ続く・・

2013年4月20日 (土)

ペヤングヌードル

ペヤングヌードル

東京じゃ全く見かけないけど仙台のコンビニには何処でも置いてあるペヤングヌードル。何これ東北限定??

2013年4月19日 (金)

旅支度

いよいよ明日の早朝、夜勤明けで仙台へ向かうから忘れ物しないようここにメモっておく事にする。

□コンサートチケット
□新幹線乗車券
□iPhone&チャージャー
□トレーニングウェア一式

チケットは財布に入れたし新幹線の乗車券は日々持ち歩いてるパスケースへ入れたから問題なし。とにかく気を付けなくちゃいけないのはiPhone。今の時代、携帯電話って便利過ぎるからこれを忘れると死活問題(特に旅先では)。但し現地でブチ壊す可能性がゼロじゃないから会場のSENDAI KOFFEE CO.と予約したホテル、更に仙台の名店で検索したらトップに出てきた居酒屋のGoogleマップだけはプリントアウトしてカバンに突っ込んだ。これでぬかりなし。

ちなみにトレーニングウェアを持って行くのは仙台でトレーニングしようって訳じゃない。帰京したら自宅へ戻る前に高田馬場のスポーツクラブへ寄って一汗流すため。

あとは道中の暇潰し用にポータブルBDプレーヤーとWOWOWで録画したロジャー・コーマン大全のBD-Rさえあればパーフェクト。こっちも充電用のACケーブルを忘れないようにしなくては・・

2013年4月17日 (水)

グリーンカレースープ

グリーンカレースープ

最近ダイエット食として重宝してるのがこの2種のグリーンカレースープ。クノールのは130kcalで、エースコックの方なんか69kcalしかない。節食中って刺激物が恋しくなるから、低カロリーで適度な刺激を味わえるこいつらは実に好都合。ちなみにいずれも本物のグリーンカレーより辛さ控え目で比較的マイルド。

さらば日清トムヤムクンヌードル

さらば日清トムヤムクンヌードル

年始に20食入りを箱買いした日清のトムヤムクンヌードルもこれでラスイチ。再販を強く希望!

森恵@NHK歌謡コンサート 2013/04/16

日々YouTubeを覗いてるとコメント欄の○○なんかより○○の方が断然良いとか○○に比べたら○○なんて糞といった書き込みが目に付くけど、比較対象を貶める事でしか物事の優劣を表現出来ない人ってホント、評価者としては三流だと思うよねえ。まあYouTubeのコメントに一流を求める方がナンセンスなのは分かってるけど、ちょっと見苦しいので言及させていただく。

さておき表題の話。これが4回目となるもりめぐさんの国営放送出演だけど、約1年半に渡り見聞きしてきたYouTubeやUst配信番組や文化放送の深夜番組LISTEN?、更には新宿のストリートライブでこの人に歌いこなせない歌がない事は分かりきってるから、俺的にはパフォーマンス云々よりこの番組出演がどれだけもりめぐさんの知名度アップに貢献してくれるかが最重要ポイント。

で、昨日から今朝にかけて夜勤だったので今さっき録画した番組を観たんだけど悪い予感が的中して、今回も森恵さんが歌います以外の言及ゼロ。これじゃ何度出演してもダメなんだよなあ・・ 恐らくこの番組が好きで毎週観てる年配の方々にとっても、もりめぐさんって歌声が素敵な謎のお嬢さん的存在だと思う。まあ、周りは大御所ばかりだから難しいんだろうけど、今のままだと10回出演したって知名度は上がらんぞ。

そんな訳で今度は22日放映のMelodiX!に期待。俺、この番組観た事ないんだけど(ブレイク直後のPerfumeが出演した回だけはYouTubeで観た)これって全ゲストが南海キャンディーズと絡むのかな。それともやっぱり駆け出しは楽曲のみの出演なんだろうか。個人的な希望を述べれば、やはり山ちゃんには新宿でもりめぐさんのストリートに偶然立ち会いCD買ってサイン貰ったエピソードを是非テレビで披露して欲しい。さて、どうなる事やら・・

2013年4月16日 (火)

ペヤング 和風焼き蕎麦

ペヤング 和風焼き蕎麦

職場近くのファミマで発見。こんなの見かけたらそりゃ買うでしょ。ちなみにペヤングのキワモノシリーズはこれで第5弾になるのかな。

味はまあ普通。恐らくは誰もが想像した通りの味で、不味くはないけど特筆すべきほど美味くもなし。ちなみに今回も激辛とかじゃないです。

珍品レトルトカレーいろいろ

俺、新種の食玩カードと同じぐらい珍品のレトルトカレーに目がなくて、琴線に触れた物はすぐ衝動買いしてしまう。今日も地元のイオンモールへ行ったら北海道フェアをやってて、思わず買ってしまった4種のレトルトカレーをご紹介・・

130416


帆立カレーとカマンベールチーズカレーは680円、たらばがにカレーとかきカレーは780円と結構なお値段。ちょっと躊躇したもののあれって一体どんな味だったんだろ・・と悶々とした疑問符を残したまま死にたくなかったので奮発した。但し今はまだ節食中だから実際にこいつらを食うのは相当先。レトルトカレーって賞味期限が凄く長いからこういう時に重宝するよね。

ついでにストック分の2種も紹介しちゃう。

1304162

地元のマツモトキヨシに置いてあった酒カレー。これは酒好きとして無視できない。ちなみに買ったのは約1ヶ月前。

1304163

こちらは高田馬場のドンキに置いてあったゴーゴーカレー。2食入りで、1月に1食だけ食ってもう1食分は手つかず。実際に食ったら確かに店舗とほぼ一緒の味だった。

ちなみにイオンモールのバラエティショップに変わり種のレトルトカレーが沢山置いてあり、かなり気になったもののあまりにも数が多いのと、前記の通り節食中だから今は保留中。でも、このまま見逃せないので買ったら随時レビューを書いていこうかと。

radikaとradiko

昨日の朝10時頃に呼び鈴で叩き起こされ、寝ぼけつつ2階の窓から玄関先をうかがうと、いかがわしいセールスか宗教の勧誘とおぼしき女が立ってるのが見えた。面倒臭いのでそのままシカトしてたんだけど、あろうことかその女はヘアピンらしき物をウチの鍵穴に突っ込みガチャガチャし始めた。

まさか開けられる訳なかろうと思ったら明らかに鍵の開いた音が俺の部屋にまで聞こえてきて、その女が家の中に入ってきた。そして階段を上る音が聞こえ、俺の部屋の扉が開くと、手にバカでかいチェーンカッターを持った女が迫ってきてうわっ!!となった瞬間目が覚めた。いや~、こんな変な夢を観たのは久々だったけどマジで怖いよね。飛び起きて数分は心臓がバクバクしてたもんな。

さておき表題の話。Twitterでとみさわさんがニッポン放送のラジオ番組に出演されるという情報を聞き、丁度放送時間に外出しなくちゃならなかったのでradikaで録音予約。これ、ラジオ番組をタイマー録音出来るフリーソフトで、森恵さんが1コーナーを持ってる文化放送の深夜番組を録音する為に約1年前から愛用してる。

その昔、ラジオの録音と言えばオーディオテープが大道だったけど、今やradikaを使えばMP3やmpeg4といったファイル形式も任意で選べるし、ノイズがほとんど入らないクリアな音質で記録出来るし、もう至れり尽くせりの優れモノ。一つ難を言えばPCが立ち上がった状態じゃないと録音がスタートされない事。

で、取り敢えずPC付けっぱなしにして外出したんだけど電車移動中が丁度とみさわさんの出演時間で、iPhoneにradikoをインストールしてた事を思い出してリアルタイムで聴取。こっちはこっちでノイズのないクリアな音質で途切れる事なく堪能出来た。その昔、野球中継に夢中だった頃は立ち位置によって激しいノイズに見舞われ、とにかくラジオをクリアに聴けるポイントを求めて電車内をウロウロした事を思い出す。時代は変わったよねえ。もうPCとiPhoneさえあればラジオなんか要らないよ。

でも震災時はPCもiPhoneも役に立たなくなる可能性が高いので、俺はハンドル充電のラジオも常備してるのでした。

2013年4月15日 (月)

シマダヤ スーラータンメン

1304152

掟ポルシェさんご推奨の中華三昧 酸辣湯麺は確かに美味かったけど、昨日地元のマルエツで見つけたこいつはどうだろうと思い買ってきた。うん、それなりに美味いけど敢えて優劣を付ければ中華三昧へ軍配かな。ただ袋裏の表記通りに水350mlでスープを作ったら薄味になってしまった感があるので、2食目はやや濃いめに作ってみようかと。

しかしスーパーに売ってる生ラーメンってせいぜい350-400kcalしかないから結構ヘルシー。あ、そう言えば今朝全裸計測したらめでたくウェイトが68.4kgに落ちてた。当然、今はラーメン一杯分増えちゃってるから69kg前後だと思うけど。

すき好きこんぶ

少し前に紹介した袋入りの都こんぶ、高田馬場のおかしのまちおかでは完売状態で他に売ってる店も知らないのでちょっと困ってしまい、こうなったらネット通販するかと思いweb検索したらメーカー製造中止ですと。あらら、ヘルシー&リーズナブルでお気に入りだったのになあ・・

そんな訳で最近は代用品的に家飲みのお供としてよく食ってるのがこれ。

130415

駄菓子の名門やおきんから出てる酢昆布だけど内容量18gで42円。前記の都こんぶが70gで168円だったから価格:ボリュームはほぼ一緒、味も大差なし。

地元駅前のセブンイレブンには置いてあるけど、これはこれで他に売ってるところ知らないから在庫を買い尽くしてしまうと入手困難に陥る。ただ、こっちはネット通販可能という事をさっき確認したので一安心。しかし酒(しかもウイスキー)の肴に駄菓子の酢昆布を好んで食ってる変わり者って日本に何人ぐらいいるんだろ。

2013年4月14日 (日)

ザ・クロマニヨンズ LIVE at CDJ 12/13

金曜にWOWOWで放映されたザ・クロマニヨンズのライブを観てるんだけどヒロト&マーシーは相変わらず凄え。音程を外さない歌唱法や、技巧的に卓越したギタープレイがロックにとっては全てじゃないという事をこの2人は約30年に渡り体現し続けてる。

いや、2人とも決して下手じゃない。でもヒロトは相変わらず音程を外しまくるし、マーシーはマーシーで早弾きとか複雑なコード進行とかそういう方向を全く目指してない。でもヒロトの歌はハートに響くしマーシーの刻むビートには無意識的に足踏みしちゃう。正直、楽曲自体はブルハ時代が一番好きだったけど、そういう点での魅力は今も遜色なし。

更にビックリなのはこの2人、俺より3-4歳年上なのにブルハ時代からのスリム体型を維持してる事。加齢による代謝率の低下は絶対ある筈なのに、恐らくは30年近く人前に立つ仕事を続けてるからストイックな食生活が身に付いちゃってるんだろうな。羨ましいけど俺も見習わなくちゃいかん。

B級映画の帝王ロジャー・コーマン大全

あと2枚未見のDVDを観たら先日買ったスティーヴン・キングの文庫4冊を読み始めようと思ってたのに、こんな魅力的な特集がWOWOWで始まってしまったから先送りするしかない。しかしWOWOWって時折こういう渋いラインナップを唐突に送り出してくるからあなどれない。

ちなみに内訳は昨夜放映された監督作編がワイルド・エンジェル、侵入者、ガス!、白昼の幻想、来週放映予定のプロデュース作編がデス・レース2000年、残虐全裸女収容所、バニシング IN TURBO、ロックンロール・ハイスクール。俺、デスレース~とバニシング~以外は未見なのでかなり楽しみ。ちょっと調べたらガス!はソフト化もされてないみたいだから結構貴重。

それに今夜はドキュメンタリーコーマン帝国も放映される。今は仕事がバタついててすぐ着手出来ないけど、落ち着いたら私的コーマン大会だな。

瞬時に2kg増

ここ10日ほど何故か5時間程度の睡眠時間で起きてしまう。勿論これで足りてる訳じゃないから職場で時折ウトウトするし、だったらって事で早寝したりするものの、そうすると早起きしちゃうからどのタイミングで寝ても睡眠時間は5時間。何これジジイの予兆??

飲んでる薬が影響してるのかな?と思ったりしたけど鼻炎が治まってからはここ1-2年常用してる甲状腺機能抑制剤チウラジールと抗血小板剤バイアスピリンしか飲んでないのでそれは考えられない。ちなみに甲状腺機能は先々月の放射線治療でかなり治まってきたから数ヶ月後にはチウラジールから解放される可能性が高い。

バイアスピリンの方はね、恐らく一生付き合う形になると思う。ただ、この薬の弊害は血液をサラサラにする分、切り傷とかが治り難くなる事。だから怪我した時には数日飲むのを止めたりしてる。医者もそうしろって言ってたし。

あと薬じゃないけど2ヶ月欠かさず飲んできた生酵素、明日なくなるけど全く効果が体感出来ないので追加購入無し。で、こういうサプリって飲んでる時より飲まなくなった時に影響が出たりするので、飲むのを止めたら一気に体重が増え始めたとかそういう事になればまた飲み始めるけど、それはないでしょ。

で、表題の話。一昨日、自分でも呆れるほどのムチャ食いをしたんですね。で、昨日朝イチ全裸計測したら体重が70.8kgになっててビックリ(前日は68.6kg)。度を過ぎるとたった1日で2kg以上増える事もあるんだ。まあ太ったと言うよりも食い物が腹に溜め込まれた状況なんだけど。

さすがに反省して昨日はいつものペースへ食事量を落とし、さっき全裸計測したら69.3kg。今日も食事量には気を付けるから多分明日には68kg台へ戻る筈。しかし、こうも簡単に70kg台へ跳ね上がっちゃうって事は俺の実体重ってそれ位なんだろうな。やはりもう少しだけ絞っておきたいところ。

2013年4月11日 (木)

健忘症か??

涙そうそうの音源が欲しくて2・3日前、近所のレンタル屋でBEGINのベスト盤CDを借りたんですね。それはいいんだけど昨日、iTunes Storeから購入明細のメールが届きましてあれ?俺、何買ったっけ??と思って見たら4/3にBEGINの涙そうそう2バージョンをダウンロードしてる。そう言えば酔っぱらった勢いでポチッた事をその瞬間に思い出した。全く忘れてたけど。

今は今で職場の書類作成の為に2時間集中してPCでエクセルデータ作成してたら目が霞んでるし・・ 嗚呼、歳は取りたくないねえ・・

そんな訳で少しでも若さを取り戻すために今日もこれからスポーツクラブで筋トレ三昧。

ホントに最後の松井秀喜ホームランカード

先月ここでちょっと触れた松井秀喜ホームランカード、これが最後じゃなかったらしく、少し前に正真正銘ラストカードの注文書が届いた。

130411_2

独占インタビュー掲載のブックレット付き20枚セットで7800円。高いなあ。どうしようか少し悩んだものの1998年会員になり、それ以前のカードはトレードやシングル買いで穴埋め、専用カードホルダーはパスしてきたけど、それこそカードと名の付く物に関しては時折企画される高価なスペシャルカードを含め全種揃えてきたので、これが最後ならと奮発してさっき送金を済ませた。

ちなみに1枚だけ手元にないのが10号修正版。もう今更入手しても仕方ないのでこれだけは度外視。

2013年4月10日 (水)

チケット到着

130410_2

うむ、新幹線の乗車券は押さえたしホテルも予約済み、駅近くの名店と称される居酒屋は検索済みだしネットカフェが複数存在する事も確認済み。あとは夜勤明けでそのまま出発するから前日職場へ向かう際チケットを忘れないよう気を付けなくては。勿論iPhoneも。俺、時折携帯を自宅に忘れて外出する時があるから用心用心。

整理番号があるから早めに会場へ出向く必要もなし、と。これは助かるね。

2013年4月 9日 (火)

痩身の恩恵と弊害

一昨日、仕事帰りにiPhoneでU-STREAM動画を観てたんだけど、少し前まで地下鉄じゃ駅でしか観られなかったのに今は移動中も途切れる事なく観られるのね。iPhoneの受信機能が優れてるのか東京メトロの通信環境が向上したのか。いずれにせよユーザーとしては有り難い限り。

さておき表題の話。めでたく約8kgの減量に成功した訳だけど、その弊害は今まで穿いてたパンツ類がことごとく穿けなくなった事。何しろベルト穴2つ半ほどウエストサイズが減ったからね。ここ1ヶ月ほどベルトで絞り込んで騙し騙し穿いてたものの、さすがに観念して2-3本新調。

逆に恩恵としては、その昔穿いてたウエスト32インチの革パンが再び穿けるようになった事。ジーンズとかチノパンなら躊躇なく処分出来ても、大枚はたいて買った革パンは気軽に処分出来ないから今の今まで後生大事に保管してたのでした。

ついでに36サイズのライダースジャケットも着られるようになったので、10数年ぶりにこの雄姿をリピーター諸氏へ後悔・・もとい、公開しようかと。

130409

いやあ、相変わらずだけど我ながらバカですねえ。でも俺、バカは嫌いじゃないからこんなボクが好き。

白状するとちょっとだけキツい。これを余裕で着こなす為には最低でもあと2kg絞る必要がある。でも俺、もう真冬に単車へ乗ったりしないから着られるようになった所でさほど意味はない。でもまあ目標設定としては面白いかもね。

2013年4月 7日 (日)

痩身計画一時休止

昨日もスポーツクラブへ行こうと思ってたんだけど悪天候で出不精になってしまった。しかしながら筋トレは自宅でも出来る!・・という事で加圧ウェア着て腹筋100回、スクワット70回、腕立て50回。大した数じゃないけど加圧してるからキツいぞ~!

そんな訳で最近書いてなかったダイエットネタ。ウェイト維持は出来てるものの2月中旬から朝イチ全裸計測68.5kg前後の平行線が続いてる。瞬間的に67.7kgへ落ちたのが今回の記録かな。ちなみに今はもう極端な節食をしておらず時折食いたい物は食ってる。まあ、当ブログにもラーメンやら焼き鳥やらの画像を乗せてるので周知の事実か。

結局、75-6kgあった体が元の状態へ戻ろう戻ろうとするからなかなか落ちないんでしょ。だったら今の体型を半年1年維持し、68kgをデフォルト化しないとこれ以上落とすのも難しいかな~という結論に達し、取り敢えず痩身計画は一時休止して維持モードへ移行。たらふく食ったら翌日は食う量を抑えるとか、そんな感じで今の体型をキープしていきます。勿論、スポーツクラブ通いは続行。

ちなみにさっき飲み食いした後で体重計へ乗ったら69.4kgだった。そりゃそうだよねえ。60kg台をキープしようと思うと結構ギリギリだから、余裕を持たせる為にもあと1kg絞りたかったな。

2013年4月 6日 (土)

AKB48アンダーガールズ/君のことが好きだから

そういう訳でAKBネタへ戻ったりして(笑) ちなみに今はもう飲んでる。

ぱちんこAKB48の6図柄・あきちゃこと高城亜樹嬢(現JKT48)に興味を持ち、去年YouTube検索したらこの曲が弾き出されてきた。アンダーガールズってのはいわゆる2軍で、選抜に漏れたメンバーによって構成されてる。この曲はAKBが初のチャート1位を獲得したシングルRIVERのカップリングながら、人気投票ではRIVER以上に支持されたそうな。例え2軍でも楽曲クオリティが高ければ1軍を凌駕するって事ですかね。

俺、AKBの楽曲で最も完成度が高いのはフライングゲットだと思ってるけど、趣味で言うとこっちの方が好き。さすがヒットメーカー織田哲郎、マイナーコードの挟み方やBメロからサビへの展開が秀逸。あきちゃがセンターで、個人的に応援してる松井玲奈&指原莉乃嬢が脇を固めてる点もポイント高し。

しかし18歳当時のあきちゃって高橋尚子さんそっくり。個人的には今の方が好みかな。

あ~、こんな事を書いてたらまたぱちんこAKB打ちたくなってきた。でも、もう酒飲んでるから車乗れないや。残念・・

祝! 森恵さん 4/16 NHK歌謡コンサート出演

やはり来ましたか。しかし、みんな情報掴むの早いなあ。助かるけど。

今回はちょっとだけでもいいからカバーアルバムの話を振ってくれないかな~ NHKだから難しいかな~ 取り敢えず4回連続森恵さんが歌いますでおしまいは無しの方向でよろしく>国営放送

しかし、最近もりめぐさんネタが多過ぎるから16日までちょっと自粛。俺、ブログ更新は大抵飲みながらやってるので読み返すと内容クドいし、いい加減リピーター諸氏に呆れられてると思うし。ちなみに今は飲んでない。

指定席確保

1304062

結局、早朝出発を選択。万が一にでも寝坊したら全てが終わるので。ちなみに1時間40分程度で着くはやてじゃなく約2時間20分かかるやまびこを選んだのは終点が仙台だから。夜勤明けという事で寝過ごす可能性があるんでね。

仙台に着いて即ネットカフェへ飛び込めば開場時間の18:00までガッツリ寝られる。それはそれで気を付けないとキアロスタミのトラベラーみたいな事になるから目覚まし必至。

あとは10日配送予定のチケットが無事手元へ届けば準備完了。おっと、宿泊先を決めて地元の美味い店も探さなくちゃ。ま、たまにはこんな旅もいいよね。

ちょっと調べたら森恵 SPRING ACOUSTIC TOUR ~brand new days~ のスタート地点となるSENDAI KOFFEE CO. はライブハウスじゃなくカフェで、通常営業時は40席とか書いてあるから詰め込んでも5-60席か。そんな規模でもりめぐさんの美声を堪能出来るハコライブなんて都心じゃ考えられないから奮発した甲斐があるというもの。楽しみだねえ。

さておきウチのアクセス数は元に戻りつつあり、YouTube動画の再生回数も落ち着いてしまったから10000を越えるのはもう少し先になりそう。Twitterでは相変わらずもりめぐさん関連のつぶやきが多数見受けられるものの、以前よりやや多めという程度の落ち着きを見せてる。これこそが大衆の性質というか、盛り上がる時は一気に盛り上がり冷めるのも一瞬。

大衆が初めてもりめぐさんに振り向いたのが嬉しくてここ数日いろいろ書いてきたけど、こういった現実に直面するとまた不安に駆られたりして。

俺、誰からも反応が無くてもひたすら熱く語り続けちゃう程もりめぐさんの才能に惚れ込んでるけど、初めて観た時から拭いきれない不安材料が2つある。これは余所のファンブログでも皆書いてるから同意見の人が多いと思うけど・・

1...CDより生歌の方が良い
2...オリジナルよりカバーの方が良い

これ、オリジナル曲やCDがダメって事ではない。凄く素敵な曲だし俺も大好きだしCDだってもりめぐさんの美声はしっかり堪能出来る。でも生歌のカバーはもっと良いんだよ。これ否定出来ないでしょ>古参のもりめぐファンの方々

逆にこの問題さえクリアすれば森恵時代到来ですよ。YouTubeにアップされてる異邦人YELL歌うたいのバラッドを越えるオリジナル曲を出してきたらブレイクしない訳がない。

じゃあその為に何をどうすれば良いのかと言えば、もりめぐさん陣営に頑張っていただき奇跡の名曲を作って貰うか、前にも書いた通り著名なアーティストやコンポーザーから楽曲を提供していただくしかない。

生歌を越えるCDってのは難しい問題だけど、一発録りとかライブをそのまま音源にしちゃうとかやりようはある気がする。熱唱系アーティストの場合、大抵CDより生歌の方が良いし。

ただ、もりめぐさんの場合それがちょっと極端な気はする。いきものがかりだってCDより生歌の方が断然良いけどもりめぐさん程の差はないからなあ・・ あれってホントにどういう事なんだろ。シチュエーションによって発揮する力が本能的に変化するシンガーなんだろうか・・ だったら音質とか無視して最大限の力を発揮するシチュエーションの音源をそのまま製品化するしかない。

あ~、また酔っぱらって適当な事をダラダラ書いてるな。正直言うと個人的に欲しいだけなんだけど、取り敢えずライブDVDをリリースしちゃうってのはどうでしょう>関係者の方々

実際、昨年の赤坂BLITZや今年のSHIBUYA-AXのワンマンライブの模様はしっかり記録されてるみたいだから、それ製品化しましょうよ。特に渋谷で歌った世界なんて神の領域だからもう1回観たいもん。

ホントに酔っぱらいの戯れ言でしかなくなってきたからこの辺で終了・・

【※】
さんざん苦労してチケットを入手したのに、寝過ごしてサッカーの試合を見逃してしまう可哀想な不良少年の物語。

ブルボン The Audition

以前ここでちょっと触れたブルボンのThe Audition、なんぼ探しても見つからないので恐らくは処分しちゃったんだろうな、全く覚えてないけど。

で、何日か前に気まぐれでヤフオク検索したら5枚セットが100円で出品されてた。思わず入札し、こんな物を熱望する変わり者は俺ぐらいしかいないのでそのまますんなり落札。約13年ぶりの再会を果たしたのでした。

130406

ほとんどの人が知らないと思うので解説すると、これは2000年にブルボンが発売した食玩で、300円のお菓子にシングルCDが1枚入ってた。全5種あってそれぞれにアイドルの卵2人の歌が収録。その中から3人を選んで投票し、一番人気の娘三人をユニットとしてデビューさせちゃおうという企画物。

めでたく三人娘が選出されCDデビューを飾ったものの全く売れず自然消滅したそうな。その歌はブルボンのCFにも使われたそうだけど詳しいことは知らない。ほら俺、変わった食玩を集めるのは好きだけどその対象がどうなったかには興味ない奴だから。

で、13年ぶりに肝心のCDを聴いてみたんだけど・・ 

もうね、CDの構成・楽曲・歌唱力、全てが微妙。こりゃあ手放した過去の俺を全く責められない。まずスタイリッシュぶったDJの紹介コメントから始まり、エントリーされた娘の歌が1コーラス流れるとそれをかき消すかの如くスタイリッシュぶったDJが再登場するという流れ。楽曲は当時人気の小室サウンドをパクっ・・もとい、リスペクトした感じ。

そんな訳でかなりの脱力アイテムだという事を再確認。ただ、もう手放さないよ。貴重な文化遺産だし、売りに出しても金にならないからね。後者の方が理由としては強いけど。

2013年4月 5日 (金)

大勝軒のおみやげ中華そば2杯目

1304052

前回はスープと麺の比率が悪くてイマイチ美味そうに見えなかったので、今回は意識的にスープの量を減らしてビジュアル面の向上を目指した。勿論、残ったスープは捨てたりせず飲み物として美味しくいただく。

しかしながら冷凍保存してた麺の解凍に失敗し、一部がくっついて団子みたいになっちゃった。やはり店で食うのが一番ってことですよ。

仙台まで車で行くと

気まぐれにweb検索すると、地元から東北自動車道の仙台宮城インターまで愛車スピアーノ(軽自動車)で移動した場合、ETC割引料金で片道3300円。勿論ガス代もかかるけど、走行距離332.4kmだからスピアーノの燃費で高速走行なら消費量はレギュラー25リッター程度。リッター145円として3625円。3300+3625x2=総額13850円か。新幹線と比較すれば5000円ほど浮く計算になるものの劇的に安上がりって事もない。やはり車移動は複数人じゃないと旨味がないね。

更に言えば俺、夜勤明けだから片道300kmオーバーの長距離ドライブなんぞ自殺行為。乗車券買っちゃったし、素直に新幹線で移動します。

地方公演参戦

130405

普段、新幹線なんて出張の時しか乗らないから自腹で乗車券買うとこんなに高いかと思う。大黒屋で買っても東京-仙台の往復で2万近いもんなあ。

宿泊施設をweb検索すると最安値で4500円ぐらい。夜には美味い店探して飲み食いするから4-5000円飛ぶだろうし、地方公演参戦が目的だというのに一番安いのはチケット代という正に本末転倒。全国ツアー制覇とか目指しちゃうアイドルヲタの人が多いけど、追っかけなんて経済力がなくちゃ出来ない道楽だよねえ・・

以前Perfumeファンのオフ会に参加させて貰った際、JPNツアーの全国制覇を目指してる人と話す機会があり仕事とか大丈夫なんですか?って聞いたら、その方は会社かお店を経営してるらしくいや~、従業員に任せてるから大丈夫ですと言ってた。立場的にも経済的にも、そういう人にとっては楽勝なんだろうな。

他にも全国制覇を目指す人が居て、聞くと結構無理してるっぽかった。基本的に公演日は土日中心だから休みを利用して何とかやってるみたいな事言ってたけど旅費も飛ぶからねえ。みんなよーやる。貧乏ヒマ無しの俺は一公演参戦が精一杯です。

取り敢えず今日みどりの窓口に行って座席指定するつもりだけど当日は朝5時まで仕事だから、早朝に出発して仙台のネットカフェで一寝入りするか、一度自宅へ戻って少し寝てから昼頃出発するかで悩むところ。

2013年4月 4日 (木)

2013年3月に観たDVD(WOWOW録画BD含む)

気が付けば3/30以降、5日連続でもりめぐさんのネタしか書いてない。このままだと古くからのリピーター諸氏に愛想尽かされるので急に映画ネタへ戻る。まあ、ウチは映画系ブログでもないんだけど・・

あ、春、J・エドガー、アギーレ/神の怒り、ヒューゴの不思議な発明、M:i:Ⅲ、ミッション・インポッシブル、マンディンゴ、セーラー服と機関銃、ションベンライダー、台風クラブ、悪魔の美しさ、コブラ・ヴェルテ/緑の蛇、シュトロツェクの不思議な旅、夜ごとの美女、二重の鍵、刑事ベラミー、三重スパイ、ジェーン・バーキンのサーカスストーリー、ある秘密、パレルモ・シューティング、バトルシップ、野生の証明、ケイゾク/映画、地球は女で回ってる、歴史は女で作られる、ゴモラ、ロベレ将軍、スクワーム、フェリーニの道化師、ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女、ミザリー、暗殺の森、昼顔

以上33本。1ヶ月の鑑賞本数が日数を上回ったのは恐らく2年ぶり。ただ俺って記憶力があんまり良くないから沢山観過ぎると内容がどんどん抜け落ちていく。特に今月はヨーロッパ系の映画を多く観てて、観てる間はそれなりに入り込んでても今解説しろと言われると内容をほとんど覚えてなくて何も語れなかったりする。実際、俺みたいな奴は月10本程度に止めておいた方が良いのかも。

そんな中でも印象に残った作品の寸評を羅列すると、J・エドガーはちょっと俺の性に合わなくて入り込めず。ヒューゴ~は結構良かったかな。少し前にも書いたけど格段に印象深かったのはザ・ガールとミザリー。久々に再見した暗殺の森と昼顔もやっぱり凄えなと。

M:i:Ⅲも観てる時は最高に面白え!とか思ってたのに、今じゃ内容をよく覚えてない。ただ、ミッション・インポッシブルのシリーズはどれもハズレがないよね。強いて挙げればジョン・ウーの2作目がちょっと落ちるか。

ちなみに未見のDVD&BDがあと4枚ほどになったので、これを全て見終えたら先日BookOffで買ってきたスティーヴン・キングの文庫本4冊に着手して読書の日々を送る予定。

2013年4月 3日 (水)

眠れぬ夜/森恵

俺、もりめぐさんのサイン入りCDなら12枚持ってるけど、実は1種だけ持ってないタイトルがある。それが表題のインディーズ2ndシングル眠れぬ夜。楽曲自体は他2種のCDやビデオクリップ集のDVDにも収録されてるから何度となく聴いたものの、やはり生粋のコレクターとしてこのシングルCDは入手しておきたい。

ところが1年以上前から在庫切れで入手叶わず。去年の地方ツアーでは限定販売されたらしく、このCDを入手する為だけに地方ライブへ出向こうかと思ったものの貧乏ヒマ無しでねえ・・ 

少し前にオークファン検索したら数ヶ月前ヤフオク出品された履歴が残ってて落札価格は3400円。それ見た時は高いなあと思ったけど今なら俺も3400円出すよ。もう、俺のコレクターとしてのプレミアレーダーがビンビン反応してるんで・・

そんな訳でもりめぐさん、価格が高騰しちゃうんでブレイクするのは俺がこのCDを入手してからって事でお願いします(笑)

ところで俺、今までどんなに惚れ込んだアーティストでも地方公演に参戦した事はなかった。せいぜいPANTAを大宮と川崎へ、Perfumeをさいたまスーパーアリーナへ観に行った程度で。

しかしながらもりめぐさんの地方ライブの規模を調べると何処の会場もキャパ100程度のアットホームな雰囲気で、これは一度参戦してみたいなあ・・と思ってた。去年は残念ながら一度も参戦出来なかったけど2013年春ツアーのスタートとなる宮城公演の4/20はたまたま休み。折角なので参戦しちゃおうかな~と先月末に調べたらローソンチケットは完売状態。あれま、残念・・と思いつつ、さっき気まぐれにもりめぐさんの公式サイトを覗くと普通に売ってた。

20日は夜勤明けだから遠出がキツかったりするものの何も考えず発注し、送金完了・・つー訳で私、20日に宮城へ伺います>かずよしさん

さて、東北新幹線の乗車券も押さえなくては・・

2013年4月 2日 (火)

祝! 森恵さん4/22プレミアMelodiX!出演

いやあ、畳み掛けてくるなあもりめぐさん。おかげで冗談抜きに森恵ファンブログ並のもりめぐネタ連投。しかし一昨日、物販無しアンコール無しで慌ただしく退場したのはこれの収録がスケジューリングされてたからなのね。テレ東で深夜2:50スタートという決して知名度は高くない番組だけど、オリジナル曲でのテレビ出演は素直に嬉しい。

業界の常として新作リリースに合わせメディア露出度が高くなるから、恐らくは関ジャニもプレミアMelodiX!も事務所サイドの売り込みでしょ。特にプレミアMelodiX!の方は司会が南海キャンディーズだから、約1年前に山ちゃんがもりめぐさんの路上ライブを偶然観てCDを買いサインを貰ったという経緯もあり話が通し易かったんじゃないかな。しかしこれが本当に新作リリースに向けてのプロモーションなら更に2つ3つ来るぞ。楽しみ楽しみ。

森恵というアーティストを知って約1年半になるけど、今回は本当に良い風が吹いてる。昨年末のNHK歌謡コンサート出演も嬉しかったけど今回は10倍の神風と言っていい。だってさあ・・NHKじゃ3回出演して3回とも森恵さんが歌いますしか言ってくれないんだもん。逆に関ジャニは歌唱力披露の場を与えるだけじゃなく、もりめぐさんがどういう人かをしっかり紹介してくれたのが偉い。更に演者サイドからYouTube動画の言及という後押しもあり、世間への浸透力はNHKの比じゃない。中高年から支持だけは余計だったけどね。まあ事実だけど。

ここで国営放送の悪口を書いても仕方ないのでちょっとだけ持ち上げておくと、恐らくNHK歌謡コンサートの出演は番組サイドからのオファーだった気がする。初出演時、特に新作はリリースしてないので。これが俺の憶測じゃなく事実だったら日曜夕方のMUSIC JAPANで新曲披露の可能性がある。あっちはあっちで駆け出しは楽曲紹介しかしてくれないけど毎週PerfumeとAKBグループが出演してるから若年層への影響力が強い。

現時点で歌番の最終着地点はMステって事になるんだろうけど、これは1ファンから贔屓目に見てもまだ現実的じゃない。余所のファンブログじゃ半分冗談半分本気で年内Mステ出演とか書いてる人もいるけど俺はそこまで楽観的になれない。ただ、Mステも関ジャニもテレ朝だから、今後関ジャニに何度も出て知名度を上げていけばMステ出演も夢じゃないとは思う。でも年内は難しいよね。

また無責任に個人的な意見を書いちゃうけど、俺的には年内にもう1枚シングルリリースが欲しい。それも掛け値無しの傑作シングル。4月にリリースされる路上の鳥は確かに良い曲だけど大衆のハートを鷲掴みするにはちょっと弱い。でも今もりめぐさんには凄く良い風が吹いてるから、このタイミングでグッと大衆の心を掴む名曲を送り出せば確実に森恵の時代が来る。武道館公演も紅白出場も夢じゃなくなる。頼むよavex。ここで一発、強力なバックアップフォローで俺らの夢を叶えてくれ。

【※】
あ、間違い。NHK歌謡コンサート初出演は1stフルアルバムいろんなおとリリースの前日だった・・とすればMJ出演も幻か・・

2013年4月 1日 (月)

森恵 世界 新宿東南口 2012/3/28

全国放送の影響力はこんな所にも現れるのか。これ、約1年前に俺が撮影してYouTubeにアップした動画だけど、なかなか再生回数10000を越えないなあ・・とか思いつつ、たまにユーザーページの折れ線グラフをチェックしてた。

で、さっき確認したら3/30の再生回数が凄い事になってる。この調子なら数日中に10000越えるわ。ついでにリンク貼っておくのでみんな観て観て!

途中から慌てて撮り始めたので冒頭が切れてるけど、最近ストリートではほとんど演奏しなくなった世界の見事なパフォーマンス。現時点で俺が最も好きなもりめぐさんのオリジナル曲です。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »