2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 映ちゃんの異常な愛情 または私は如何にしてストリートシンガー森恵と出会い16枚のサイン入りCDを所有するに至ったか【中編】 | トップページ | 後記 »

2013年5月 6日 (月)

映ちゃんの異常な愛情 または私は如何にしてストリートシンガー森恵と出会い16枚のサイン入りCDを所有するに至ったか【後編】

2012年8月辺りからもりめぐさんの新宿ストリートライブに立ち会える機会が激減。Twitterでストリート情報を掴んでも当局の水入りで中止になったり終電間際だから駆け付けられなかったり。丁度この頃1stアルバムのレコーディングが始まり、秋の全国ツアーや地方のイベント参加で都心のストリート自体ほとんど行われなくなった事も影響してる。だからって訳じゃないけど今年の1月にSHIBUYA-AXのハコライブへ初参戦。これが圧巻のステージで、余所のファンブログを覗いても今までのベストパフォーマンスと絶賛する人が多い。先月には生まれて初めて地方へ遠征し、春ツアー初日の仙台公演に参戦。今ではニューリリースの3rdシングル路上の鳥とカバーブックCD Re:Make1をひたすらヘビロテする森恵中毒状態の日々を送ってる。

そして普通なら森恵さん、これからも応援しますので頑張って下さいと綺麗に締めたい所だけど例の如く、この人の話になるとそういう訳にはいかない。問題視すべきは言わずもがな今もりめぐさんの置かれてる状況ですよ。YouTubeで初めて出会った時もこういう確実に実力を備えてる人こそもっともっと上に行って欲しいと書いたけど、それから1年8ヶ月経過しても状況は変わらず。いや、少しは変わったけど逆に言えば少ししか変わってない。何故??? この言葉しか出てこない。

ただ、それまで1段1段・・どころか1/4段レベルのスローペースで階段を上ってきたもりめぐさんを巡る環境が昨年10月にNHK歌謡コンサートへ出演した頃から徐々に変化を見せ始める。特に3月末、テレ朝の関ジャニの仕分け∞のカラオケ対決コーナーに出演した際の反響は大きく、やはりこの人は本物なんだという確信を持った。それまでもりめぐさんが思うように売れず、何故か中高年にばかり支持されるのは良くも悪くも昭和的な趣きが時代のニーズとズレてるせいなのかも・・と思ったりしてたけど、仕分け放映直後には若年層の数え切れない賞賛の声がTwitterへ殺到。違う、みんな知らないだけなんだ、こうやって出るところに出れば若年層からも支持されるんだという強い手応えを感じた。

ところが先月リリースされた3rdシングルのオリコンチャートは129位。俺、正直言うとベスト30は無理でも50位ぐらいになら食い込むと信じてたのに。もう何というか、瞬時に盛り上がり一気に冷める大衆の掴み所のなさと残酷さに打ちのめされた心境ですよ。いや、俺は別にオリコンチャートが全てだとは思ってないし、売れて欲しいとかヒットチャートを賑わせて欲しいとかそういう事を言ってるんじゃない。この人はもっと正当に評価されなくちゃダメなんだと思ってるだけ。

例によって分析狂の俺はニューシングルの初動129位という数字から、1枚だけ持ってるとか気に入ったら買うとかじゃなくもりめぐさんの新譜なら必ず買うというややコアなファンは日本に1500-2000人程度と推測する。少ないと思われるだろうけど、そうでなきゃこのランクは考えられない・・とすればRe:Make1初回プレス6000枚の完売も楽観視出来なくなる。勿論、衝動買いする人、ジャケ買いする人、この1枚だけ気になって買う人、色々いると思うから4000枚ぐらいは捌けると思う。問題は残り2000枚ね。これは古参新参問わず今現在、森恵という希有のアーティストに出会い、魅せられてしまった者の使命として、我々が捌く為の行動を起こさなくちゃいけない。

方法は人それぞれでいいと思う。俺みたくサインを貰う為に複数買いするのもいいけど、むしろ友人知人に勧めてファンを増やす方が今後に繋がるんじゃないかな。あと、お店を経営してる知り合いが居たら寄贈して店内でかけて貰うとか、選抜総選挙の投票目当てで何百枚もCD買っちゃうAKBヲタみたいな金持ちを味方に付けるのもあり。最後のは冗談だけど、恐らくRe:Make2リリースの絶対条件は初回プレス完売だと思うので、ここは決起して実現させましょう。昔の全キャン連みたいに。

とは言え、今は行動を起こす時じゃない。まだリリースから半月程度だから普通に買う人も沢山いるだろうし、俺らがドカドカ買い込むのは逆に迷惑な話。4-5ヶ月経過しても店頭在庫が山積みだったら俺らの出番ね。

一つ例を挙げると、まだ売れなかった頃のPerfumeは出たら解雇とファンの間で囁かれていたコンプリートベスト盤を2006年にリリース。解雇フラグが立った! こりゃ何とかしなきゃ!!と古参のファンは示し合わせて複数買いし、初回プレス10000枚を無理矢理完売させる。結果、解雇を免れた上にご褒美として両A面シングルファン・サーヴィス[sweet]がリリースされ、収録曲チョコレイト・ディスコが木村カエラ嬢に見出され自身のラジオ番組でヘビロテ。結果、NHKのCF出演に繋がり半年後ポリリズムで大ブレイクする。ファンの組織買いが実を結んだ美談ですね。

勿論、これは長い音楽業界の歴史の中でも類を見ない奇跡の例だから、俺らがRe:Make1を完売させた所で即もりめぐさんもスターダムへ・・って事はないと思う。でも次には繋がるよね。まずRe:Make2実現の為にみんなで頑張りましょうよ。

ちなみに俺、全キャン連の微笑がえしを一位にしよう運動とか前記のPerfume救済計画とか、参加出来た人がちょっと羨ましかったんだよね。そりゃ当人達は必死だったと思うけど、話だけ聞くとこれほど楽しい祭りもねえなと思ったりして。奇しくも今、敬愛なるもりめぐさんをバックアップフォローする祭りへ参加出来る事に少しだけワクワクしてる自分が居る。

なお、まだ森恵さんに興味がない方の参加も大歓迎。結構楽しめちゃうと思うので我々の輪に加わってみませんか。方法は簡単。YouTubeで森恵を検索し、弾き出された気になる動画を2・3観るだけ。これでもう貴方も我々の仲間です。

では、3回に渡る連載もこれにて終了。拙い長文に最後までお付き合いいただいた方へは心よりの感謝を。

130507

« 映ちゃんの異常な愛情 または私は如何にしてストリートシンガー森恵と出会い16枚のサイン入りCDを所有するに至ったか【中編】 | トップページ | 後記 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映ちゃんの異常な愛情 または私は如何にしてストリートシンガー森恵と出会い16枚のサイン入りCDを所有するに至ったか【中編】 | トップページ | 後記 »