2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 森恵 愛せない人 そばに 新旧バージョン | トップページ | ジャイアンのサインカード引いた! »

2014年2月 5日 (水)

レ・ミゼラブル

こんにちは。ヴィクトル・ユーゴーのああ無情がレ・ミゼラブルの原作だという事を一昨日初めて知った無知野郎です。不勉強にも程があるな。

で、2012年版映画化作品をさっき観終えた。決して悪い作品じゃないとは思いつつ俺的に全く乗れず。ウエストサイド物語サウンド・オブ・ミュージックに陶酔出来たガキの頃なら絶賛したかもしれないけど、そうじゃないのは俺自身が純粋さを失ってしまったからなのかも。

特に気になったのがCGやワイドレンズや手持ちカメラ&ステディカムの多用。CGに関しては昨今の大作に必要不可欠って事で容認出来るものの、いわゆるドキュメンタリータッチに有効な手持ち撮影と、ウソの固まりと言っても過言ではないミュージカルは正に水と油の関係なので激しい違和感に襲われる。

ちなみに本作はミュージカルと言うよりシェルブールの雨傘に代表されるシネ・オペレッタ(台詞が歌になってる映画)なのね。それ自体別に悪い事とは思わないけど、故に拒絶反応を示した人も多いみたい。

それでも劇中最大のキー曲でMay.JさんもカバーしてるI Dreamed a Dreamのシーンは良かった。逆に言うと、印象に残ったのはそれぐらいかなあ・・

« 森恵 愛せない人 そばに 新旧バージョン | トップページ | ジャイアンのサインカード引いた! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レ・ミゼラブル:

« 森恵 愛せない人 そばに 新旧バージョン | トップページ | ジャイアンのサインカード引いた! »