« 2つのiPhone用外付けバッテリー | トップページ | 森恵 オーバールック オリコンウィークリーチャートを予想する »

2014年10月21日 (火)

AメロBメロサビという展開

オーバールックのレビューで素人ながらBメロからサビへの展開に関する偉そうな講釈を垂れた後、ちょっと気になって過去のヒット曲を聴き直してみるとこの曲展開が主流になるのは1990年代辺りで、それ以前はAメロリフレインの後にサビとか、Aメロからサビへ行ってAメロへ戻る展開の曲が多い事に気付く。だから狙いとしてそういう曲構成を今の時代に再現すると単純に昭和歌謡っぽさが出たりして。

90年代以降もヒット曲全てがAメロBメロサビの展開じゃなく、例えばPerfumeのポリリズムなんかはどの枠にも収まらない複雑な展開(・・なのにサビの印象度は絶大)だったり。ただ、この展開にすると大衆のハートを掴み易い・・という事は言えるみたい。同じPerfumeだとI still love UやSweet Refrainが正にそれで、ここで書いたタイアップの大道みたいな感覚はその曲構成にこそ秘結があるという事に気付かされたり。

で、これから紹介する3曲は俺が比較的よくテレビを観てた90年代半ばの大ヒット曲。ここでは仮に平成ひとケタ歌謡と呼称するけど、いずれのアーティストも決して俺好みじゃない。むしろ当時は俺も若く、自称ロックンローラーだったから毛嫌いしてた。

だと言うのに、いずれもたった1回聴かされただけでBメロからサビへの展開が頭に強く残って忘れられなくなり困った経験を持つ。すなわち、優れた楽曲ってのは好き嫌いや善し悪しといった偏見の枠を軽く乗り超えて人の心に入り込む力を持ってるという事か。

« 2つのiPhone用外付けバッテリー | トップページ | 森恵 オーバールック オリコンウィークリーチャートを予想する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AメロBメロサビという展開:

« 2つのiPhone用外付けバッテリー | トップページ | 森恵 オーバールック オリコンウィークリーチャートを予想する »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ