2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 活躍機会の少ないハードウェア AV機器編 | トップページ | 博多ラーメンばりこて 高田馬場店 »

2014年11月19日 (水)

アオイホノオ ブルーレイBOX

141119

届いたので早速観てみる。まずは本編追加シーン。取り敢えず早送りして追加部分を見つけたらそこだけ観るという邪道スタイルで消化。既に原作も読破済みなので、ドラマじゃどう描くんだろ?という偏った見方になってしまい素直に楽しめず。そういう意味でもドラマを見終えるまで原作を読まなかったのは大正解。

それと、つい最近勇者ヨシヒコシリーズや変態仮面でのヤスケン氏やムロツヨシ氏、佐藤二朗さんの濃過ぎる怪演を観たばかりなので、若干抑え気味のアオイホノオが少し物足りなく感じられたりして。まあ、この辺は同じコメディでも作品カラーが異なるので仕方ない。

で、本編以上に期待してた映像特典のメイキングやインタビューは凄く良かった。これだけでも大枚はたいた甲斐があるというもの。

放映から間もなく、まだ記憶が鮮明なので今のところドラマ本編をBDで観返そうとは思わないけど暫く時間を置いて、また観たくなった時にはCFを飛ばす煩わしさがないから重宝するだろうな~と。そんな訳で特典Disc以外は未来の俺の為の買い物と言っていい。

あと特典映像として収録予定だったものの結局は諸般の事情により収録されなかったDAICON3オープニングアニメに関して。本編で使われる尺が長くなったという事でそちらを確認すると、まず当然ながら既成曲&既成音使いまくりの音声は全て別物に差し替えられ、様々なSFキャラが続々登場する後半のパロディシーンになると国内の特撮・アニメのキャラは普通に登場するけどスターウォーズのスター・デストロイヤーや宇宙戦争(パル版)の戦闘機、スタートレックのU.S.S.エンタープライズ号はカットされてる。恐らく、この辺は使用許可を取るのが困難だったり使用料が莫大だったり・・って感じで収録出来なかったんだろうな~と勘ぐったりしてる。

ただ、手元には大昔に入手したダビングビデオを録画したDVDがあるし、YouTubeにも複数アップされてるから何時でも観る事は可能。出来たらBDの鮮明画像で補完したかったから残念と言えば残念だけどね。

【追記】
ちょっとドラマを見返したら国内キャラじゃ唯一、未来少年コナンのギガントがカットされてた。海外物は自主規制、ギガントは許可を取れずって感じなのかね(例によって超憶測)

« 活躍機会の少ないハードウェア AV機器編 | トップページ | 博多ラーメンばりこて 高田馬場店 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アオイホノオ ブルーレイBOX:

« 活躍機会の少ないハードウェア AV機器編 | トップページ | 博多ラーメンばりこて 高田馬場店 »