2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« クリスマスイヴは新宿ミラノ座でバチ当たりな三本立てを! | トップページ | E.T. COLLECTOR'S EDITION »

2014年12月25日 (木)

酔っぱらいがE.T.20周年アニバーサリー特別版をdisるぞ

ミラノ座ラストショーの最終日は仕事で参加出来ない事が確定しており、その悔しさをE.T.20周年アニバーサリー特別版をdisる事で発散しようかと。ちなみに真偽の程は定かじゃないけど、今ではスピルバーグ本人もあれが改悪だったと認めてる説があるらしい。俺としてもそうであって欲しいという願望を含めつつ好き勝手な事を書いていく。

1882年に公開されたオリジナル版と20周年アニバーサリー特別版の主な相違点はE.T.の動きや表情をCGで修正、宇宙船の放つ光線もCGによって差し替えられ、自転車で空を飛ぶシーンでは垂直に安定していた動きが不安定に蛇行。そして、クライマックスで子供達を追いかける警官の手に持たれた銃器が無線機に変わっている。

前記の修正点に関しては現代のニーズに合わせた物だろうから頭ごなしに否定しない。ここまでCGテクノロジー(今となってはVFXと言った方が適切)が発達し、実写と比較しても遜色ないウソの映像が氾濫してる以上、オリジナルの方が良かったと孤独に吠えてみても着ぐるみは着ぐるみだし、そこに拘るのはアナログ世代の郷愁でしかない。

ただ、一つ言える事は俺ら昭和のシネフィルは特撮のアラに対して盲目になれるという特技があり、如何に嘘臭い造形やハリボテも本物として脳内で補完する事によってフィクションの世界に没頭出来るんよ。だから俺らにとっては1982年版で充分たった。逆に、そうやって脳内補完してたE.T.がリアルになりました~って感じでピョンピョン跳びはねたり顔をしかめたりすると興醒めしちゃうというオールドタイプの身勝手な主張。その点に関してはジジイの戯れ言だと認めますよ。

それでも絶対に納得出来ないのは警官の持つ銃器を消した点。大昔に旧サイトで同じ事を書いたけど考え方は今も変わってないので繰り返し書いちゃう。道徳云々はさておき警官の持つ銃器って権力の象徴で、それを蹴散らして子供達が空を飛んでっちゃう所にカタルシスがある。

特にチャリンコチェイスの末に警官隊に囲まれ行く手を阻まれ、少年達が絶望しかけた時クローズアップされる警官の手元に光るショットガン。このカットは絶対に切るべきじゃない・・つーか必要不可欠。20周年版ではこれが見事に切られてて、その帳尻合わせでBGMにもクロスフェード処理が施されてる。だから違和感ありありだしカタルシスも半減以下。これぞ正にTHE改悪ですよ。

ミラノ座ラストショーの大トリがE.T.と知った時は最もふさわしい作品だなと思ったけど、それが20周年特別版という事で俺は仕事を優先してしまった。でも大筋は何も変わらないし、俺みたく偏屈な拘りがなければ感動巨編として充分に堪能出来ると思う。むしろミラノ座ラストショー最終日の最終上映に立ち会える1000人余りの人達が心底羨ましい。

ちなみに最終日のE.T.に参戦する方々へ老婆心ながらアドバイスと要望を書かせていただくと、最後の拍手のタイミングね。ミラノ座ラストショーでは上映終了時の拍手がお約束になってるけどE.T.の場合、エンドロール終了後じゃなく本編のラストカット、エリオット少年のクローズアップがカットアウトする瞬間だよ。DVD収録のワールドプレミアでもこの瞬間に拍手喝采(恐らくはスタンディング・オベーション)で、その音声を聞いてるだけで鳥肌が立つ。当日ミラノ座へ行かれる貴兄はこの瞬間、手が腫れ上がる程に拍手し立ち上がりましょう。

そして、舞台やコンサートだけじゃなく映画も一期一会だという事を証明しましょう。映画祭等へあまり出向かない人達にとっては恐らく生涯忘れ得ぬ経験になるだろうし、それを演出できる場に立ち会えるんだから、聖地ミラノ座への感謝の意を込めて日本映画史上に残る感動の舞台を作り上げて下さい。

« クリスマスイヴは新宿ミラノ座でバチ当たりな三本立てを! | トップページ | E.T. COLLECTOR'S EDITION »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酔っぱらいがE.T.20周年アニバーサリー特別版をdisるぞ:

« クリスマスイヴは新宿ミラノ座でバチ当たりな三本立てを! | トップページ | E.T. COLLECTOR'S EDITION »