2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 久々に餃子の王将 | トップページ | 立川ラーメンスクエアの極ジョー »

2015年2月18日 (水)

新ヒッチコック劇場の小指切断ゲーム

WOWOWで放映されたヒッチコックのドキュメンタリーを観たら手元にあるヒッチコック劇場のDVDの相場が何となく気になってヤフオク検索。そしたら数年前に新ヒッチコック劇場の方もDVD化されてた事を初めて知る。俺、積極的に情報収集しないからこういう事ってありがち。

新ヒッチコック劇場と言えば何を差し置いても小指切断ゲーム。ちょっと調べたらVol.5に収録されてる事が分かり、Amazonなら送料込み514円と激安なので即座に注文。この作品については旧サイトで何度も熱く語ったので知らない人にはこちらをご参照いただく事にして、今回はこの作品との出会いについて書いてみようかと。

俺が初めて観た南から来た男の映像化作品はロアルド・ダール劇場 予期せぬ出来事の1エピソードで確か中二の時。テレ東(当時の東京12チャンネル)で夜10時ぐらいにやってたのをたまたま観たら面白過ぎて卒倒。その後、過去に同じ話がヒッチコック劇場でも映像化されてる情報を掴むんだけど、それにブレイク前のマックィーンが出演してた事実を知るのは相当後。

時は流れて1980年代半ば。前記の予期せぬ~とほぼ同じ時間帯にテレ東で新ヒッチコック劇場なる番組が始まる事を知り、テレビ欄をチェックしたら副題に小指切断ゲームって書いてある。これってもしかして・・と思いつつしっかりタイマー録画し、観たら予想通り南から来た男の別バージョンだった。これがまた面白くてねえ。原作は同じだけど良い感じに80年代風の脚色が施されてて凄く楽しめた。特にオチの脚色は見事だったな。

当時の録画データはDVD-Rにコピーして今も持ってるけど受信が悪くて画質グチャグチャ。そんな事もありこれが収録されてるVHSのレンタル落ちを10年近く前に入手。その頃はまだDVD化されてなかったんでね。今回入手したDVDも決して高画質ではないけどレンタル落ちのVHSよりは断然良いので個人的に満足してる。

150218

あと、これは吹き替え版が収録されてる点でもポイント高し(VHSはオリジナル音声のみ)。初見が吹き替え版だったという思い入れもあるけど、今は亡き永井一郎氏や青野武氏の仕事ぶりが素晴らい。あと、メラニー・グリフィスの声を潘恵子さんがアテてて、これも雰囲気あって凄く良かった。ちなみに廉価版故か、オリジナル音声も選択可能なれど字幕が付いてないから吹き替え版を観るしかないという不親切仕様。俺は吹き替え版にこそ価値を見出してるので問題ないけど。

しかし改めて観ても面白いなあ。その昔、これを友人に見せたら感情移入しちゃって、ジッポーライターの蓋を開けてからなかなか着火しない主人公にイラつき、テレビに向かって早く火ィ付けろよ!と怒鳴り散らしてた事を思い出す。まあ、それだけ観る者を惹き付ける力を持った作品という事ですよ。気になる貴兄はAmazonで注文すべし。514円以上の価値がある事は俺が保証します。

【追記】
ちなみにこのVol.5、若き日のティム・バートンが演出したエピソード(ビン詰めの魔物)も収録されてたりして超お買い得!

« 久々に餃子の王将 | トップページ | 立川ラーメンスクエアの極ジョー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新ヒッチコック劇場の小指切断ゲーム:

« 久々に餃子の王将 | トップページ | 立川ラーメンスクエアの極ジョー »