2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

COVERS Grace of The Guitar+ 森恵

無料ブログはココログ

« オメガのサービスセンターへ行く | トップページ | 日清 出前一丁 出前坊やのまかないチャーハン »

2015年2月15日 (日)

夜明けのつぶやき

例によって休み明けの夜勤に備えて夜更かし・・つーか、もう朝だけど。もう暫く起きてて9時頃に睡眠導入剤飲んで寝ればすんなり夜勤モードへ移行出来るかなーと。それまでの暇潰しで日常記なんぞを。

昨日の健康診断の行き帰りから今に至るまで亡国のイージス下巻を読み続けてる。とは言うものの自宅での読書は集中力が持続せず、数10ページ読み進めては休止する事の繰り返し。ようやく残り90ページになったので、これは今日の通勤途中に消化しようかと。

俺の場合、一日の通勤途中(電車移動時間は往復で約110分)に約100ページを消化する。しかしながら疲れて寝ちゃう事も多く平均すると7-80ページ。ここまで来れば空き時間も利用して全部読んじゃうから今日から明日にかけて読み終える事は確実。そのラインまで到達したから残りは通勤途中のお楽しみって事で。

以前から漫画家や小説家ってペン1本で途方もなくスケールの大きい世界を構築出来て羨ましいなと思ったりしてる。何しろ映像化には巨額の費用がかかるからね。逆に、絵や活字だけでスケール感を出すのって凄え才能だよなあとも思わされる。亡国~なんか最たる例で、文字を追ってるだけなのにハリウッド大作顔負けのスケール感がバシバシ伝わってくる。

前にも書いたけど、こういう小説の映画化作品って既読の人は大抵失望する。何故なら登場人物を自分にとっての理想像で思い描いちゃうから、既存の役者が演じるとシラけるんよ。例えば亡国~には凄腕の女工作員が印象的に登場するけど、もう俺の中では自分にとってこの上ない超絶美女が華麗に立ち回る姿が脳内再生されてて現実化不可能なのね。ちょっとweb検索したら映画版で女工作員を演じたチェ・ミンソも大した美女だけど、俺の理想には遠く及ばない。アクションに関しては何もか言わんや(観てないけど観るまでもない)。

仙石の真田広之も違うし宮津の寺尾聰も違う。そんな訳で映画化作品は幻滅する事が分かってるので観る気なし。あ、更に調べたら如月行役の勝地涼ってあまちゃんの前髪クネ男か。この人だけは有りだな。

話は変わってパチンコ談。昨日、約4ヶ月ぶりにパチ屋へ行き、これまた久々の4パチ北斗を打ってみた(但し遊パチ)。高田馬場では2500円を瞬時に失い撤退。後に地元で3500円突っ込みようやく当たりを引いたものの5R.10Rの2連で終了。結局は6000円投資6000円回収でプラマイゼロ。時間を無駄にしただけで終わってしまった。深海ハンターで念願のキラカードを引き、最近の俺は乗ってるから来そうな気がしたのになあ。まあ、負けなかっただけ幸運か。

そう言えばwebニュースによるとシーナ&ロケッツのシーナさんがガンの為に逝去されたという。享年61歳。俺らがガキの頃に夢中だったパンク・ニューウェーブの旗手達も徐々に鬼籍へ入っていく・・ 寂しい事この上ない。

ちなみに俺がシナロケを観たのも内田裕也のニューイヤーロックフェス。ほんの数曲だったけどカッコ良かったなあ。改めてシーナさんの冥福を祈りつつ合掌。

« オメガのサービスセンターへ行く | トップページ | 日清 出前一丁 出前坊やのまかないチャーハン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189657/61138290

この記事へのトラックバック一覧です: 夜明けのつぶやき:

« オメガのサービスセンターへ行く | トップページ | 日清 出前一丁 出前坊やのまかないチャーハン »