« 目覚めぬ単車 | トップページ | ホットロード »

2015年3月26日 (木)

マッドマックス トリロジー

150326

久々にマッドマックスを見返したくなりDVDを引っ張り出してきたら4:3レターボックスで、42型テレビで観ると非常に寂しいものがある。

で、Amazon検索したら三部作3枚組のブルーレイが2877円と安価だったので即購入。昨日届いたので早速観たけど俺、1作目って全編通しで観たのはせいぜい3回程度だったりする。でも特定のシーンだけは500回ぐらい観た。いや、もっとか。

その特定のシーンだけど、マッドマックスフリークには説明不要。まず冒頭のナイトライダーとの攻防、西部劇風の寂れた町でのトゥカッター一味登場シーン、中盤のグースのZ1000早朝疾走シーン、クライマックスのインターセプター激走シーン。以上4つで、気が向くと他のシーンも観るけどドラマ部分はほとんど観ない。

ところでこの作品公開当時、撮影中にスタントマン2名死亡という穏やかじゃない裏話が宣伝に使われてたものの実際はハッタリで死者なんか出てないらしい。ところが当時バカな中学生だった俺らがスタントマンが死んだのは絶対にこれだと決めつけたカットがある。

2014022431

webで情報収集するとこのお方、今も健在でフェイスブックとかやってるそうな。確かに改めて観るとせいぜいムチ打ち程度の衝撃にも見える。ちなみにこれの1カット前、カワサキZ1000がゴロンゴロン転がる様を望遠レンズで捉えたカットは凄まじい迫力で単車乗り的にシビれまくり。

あと、日本の族の方々はノーヘルでロケットカウルを天に向けて装着する事に美学を感じてたみたいだけどオーストラリア辺りの族はちゃんとフルフェイスを被り(それも例外なくキズだらけ)ロケットカウルもしっかり前に向けて装着してる。これが当時も粋に見えたよな~

続いて2作目のロードウォリアーを観る。こっちも冒頭とクライマックスのタンクローリーvsヒューマンガス一味しか観ないけど、それだけ観れば充分。しかし何度観ても最後のヒューマンガス様の自殺行為が訳分からん。まあ、だからこそ良いとも言える。

で、3作目のサンダードームはまだ観てない。あまり思い入れがないんでね。でも折角だから近日中に見返そうかと思ってる。

« 目覚めぬ単車 | トップページ | ホットロード »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マッドマックス トリロジー:

« 目覚めぬ単車 | トップページ | ホットロード »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ