2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ラブライブ雑感その3 | トップページ | トイレの神様/植村花菜 »

2015年8月22日 (土)

森恵ミニアルバムsmall worldのオリコンウィークリーチャート予想など

今回もyou大樹に入会してないから30位以下の動向が掴めないものの、フラゲ日を含め3日分のデイリーチャートをチェックするとsmall worldはベスト30に一度もランクインしておらず、3rdシングル路上の鳥が初週ウィークリーで129位と惨敗に終わった時同様のイヤな予感が脳裏をよぎる。

ちなみに前作オーバールックは初週でベスト30にデイリーで2回ランクインし、ウィークリーチャート67位の履歴を残した。あと4日あるとはいえフラゲ日、発売日のいずれにもランクインしていないって事は前回のランキングを下回る可能性が高い。365歩のマーチで言えば一日一歩 三日で三歩 三歩進んで二歩下がる←イマココ ・・といった感じか。

スローペースとは言え着実に階段を上ってきたもりめぐさんの、目に見える形での明らかな失速。これはまずい。ファン的にも強い危機感を覚え、微力ながら何とかせねばと思いつつ駄文を書く事にする。

まず新譜の寸評を書くと、毎度の如く含みのある書き方をすれば秀作揃いの1枚。すなわち、ブレイクのフックとなり得る傑作は今回も含まれてないって事。ユメオイビトは確かに良い曲だけどバラードってある意味予定調和的なのでファン受けは良くても新規顧客獲得に繋がり難く、もう1つのキー曲とも言うべきハンターグリーンにせよ悪女系J-POPは中森明菜の時代から巷に溢れてるので新鮮味に欠ける。

希望の光が見えるとすればNORIN TEN稲塚権次郎物語がTOHOシネマズ公開という事で思いのほか公開規模が大きい事だけど、大ヒット必至の作品とは思えず主題歌が話題になるとも思えない。

そんな中で東京ローカルながら久々の(懐メロ番組じゃない)歌番出演となったプレミアMelodiX!には相当期待してたものの、今回もトークの機会は与えられず。事前に山ちゃんとの2ショット写真が公開されてから俺的期待度MAXだったんだけどなあ・・

ああ、いかんいかん。ネガティヴな事しか書いてないぞ俺。ここからは努めて建設的な事を書いていこうと思ってるけど、今もりめぐさんに一番必要な物が何かと言えば、サビ数秒で大衆のハートをキャッチする強力な傑作オリジナル曲。これしかない。

これも以前から何度も何度も書いてきたけど、ミュージシャンにとってはヒットチャートを賑わす事や知名度を上げる事が全てじゃない。そんなの分かってる。でも俺は悔しいんよ、これだけの才人が今の地位に甘んじて時が過ぎていく事が。

ただ思うに今回の新譜で・・いやいや、もっと以前から結論は出てる。もりめぐさんはハードウェアとしては完璧だけどソフトウェアが弱い。勿論、良い曲を書く才能は持ってる。でも今必要なのは100曲の秀作じゃなく、たった1曲の傑作。これによってもりめぐさんを巡る環境は一変する。2曲も必要ない。1曲あればいいんだ、大衆に有無を言わせない傑作が!!

これって俗に言う一発屋だけど、音楽業界における一発の重要性は改めて説明する必要もないでしょ。たった1曲の大ヒット曲に支えられ音楽業界で3-40年生き残ってこられたミュージシャンが一体どれだけ居ると思ってるの。一時期もりめぐさんとよく比較された植村花菜嬢もそう。俺、トイレの神様ってそんなに好きじゃないけど、あの人はこの1曲の力で10年先まで生き残っていけるよ。

前記通り、奇跡でも起きない限りもりめぐさん自身の手によってそういう傑作が生み出される可能性は低い。で、これも過去に何度も書いたよね、だからこそ確固たるヒットメーカーを迎えるべきだって。もう、もりめぐさんの活動費用を大半投げ打ってでも強力なサポーターを引っ張ってきましょうよ。その価値と見返りは充分ある筈だし。

今まで迎えたプロデューサーやアレンジャーが強力じゃないとは言わない。でも上には上が居る事も確かで、そのネームバリューだけで世間の注目を集めCDが売れ、歌番へも出演出来ちゃうレベルの大物は存在する。今後のアルバム製作ではキー曲をそういう大物へ依頼し、残りは全てもりめぐさんの作詞作曲という構成でもいいんじゃないの。まあ、こんな素人意見がまかり通るほど単純な世界じゃないんだろうけどさ。

« ラブライブ雑感その3 | トップページ | トイレの神様/植村花菜 »

コメント

こんばんは^^
私のこのCDへの評価はブログに書いているのでご興味があればそちらをご覧ください。

映ちゃんさんは私よりだいぶ以前からメグさんを見てきているので、もどかしい気持ちはわかりますが、私はこのCDの初動の結果がどうあろうとそれほど危機感は持ってません。
(さすがに150位とかになるとちょっとショックにはなりますが)

ん~・・・楽曲製作の能力については、結論を出すのはまだ早いと思いますよ。
この方、作詞・作曲を始めた時期は20歳からと比較的遅かったですよね?

AVEXとの関係が始まって(2007年頃?)からのリリースの経緯を考えると、レーベル側は初めからかなり長期スパンでメグさんとのことを考えているなと思います。

ただ、ライブの集客力がちょっと落ちているのが気になりますが、この辺はご本人と事務所で何とか立て直してほしいところですが・・・

>B4 2.0Rさん
ご指摘通り私の発言内容はファン歴に比例していると思います。結構初期から好き勝手な意見を書いてきましたが今ほどネガティヴな事は書かなかったし意識的に避けてもいました。まあ、私が森恵さんを知ってから暫くはスローペースながらも上り調子で、ネガティヴ要素がなかったという事もありますが。

ところが昨年、深夜ラジオのミニコーナーが終了し、知名度アップ最大の近道と思われた関ジャニの仕分け∞が消滅した事により不安感が募り、新譜のオリコンチャートが前作を大きく下回る事がほぼ確定した時点で私の不安と不満が爆発しました。ちなみに私もオリコンチャートが全てとは思いませんが、非常に分かり易い人気のバロメーターなので以前から重視しています(それをミュージシャンの価値基準にする人が少なからず存在するという意味で)。

人の考え方は千差万別ですから私の主張を理解していただこうとは思いませんし無理強いする気もありません。ただ、もし仮に3年後も森恵さんを巡る環境が今と大差なければ今の私の心境が僅かばかりご理解いただけるかもしれません。勿論、そんな事は我慢出来ないからこそ今もこうやって孤独に弱小ブログで吼えてる訳ですけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ラブライブ雑感その3 | トップページ | トイレの神様/植村花菜 »