2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

COVERS Grace of The Guitar+ 森恵

無料ブログはココログ

« あまちゃん 第132話 | トップページ | 墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便 »

2015年9月 6日 (日)

生存者 アンデス山中の70日

150906

はい、これも読了。ついでに2008年公開のドキュメンタリー映画アライブ生還者もレンタルして観たので先月末から今月にかけてウルグアイ空軍機571便に関する書籍2冊、劇映画1本、ドキュメンタリー映画2本(生きてこその映像特典を含めれば3本)に触れ、もはや43年遅れのアンデス博士と化す。分からない事があったら俺に聞いてよって感じ。

ちなみに先月読んだ彼らは人肉で生きのびたはタイトルこそ生存者よりも過激でキワモノっぽいけど人肉食に関する記述は本書よりソフトタッチ。こちらは彼ら~じゃほとんど触れられてない排泄物処理の問題や人肉の喰い方に関する事も克明に書かれてて非常にハードな印象。ただ、描写が極めてクールなのと、生存者の置かれた状況があまりにも絶望的なので是非を問う余裕を読者に与えず、気持ち悪いとも思えない。少なくとも俺はそう感じたけど、こういうの苦手な人はダメだったりするかも。

この本にも書いてある通りウルグアイ空軍機571便遭難事故に関しては人肉食の部分ばかりがセンセーショナルに取り上げられ、全世界で関連書籍の激しい出版合戦が繰り広げられたから俗悪な出版物も多いらしい。でも本書や前記の彼ら~は細かい部分で相違点が見受けられるものの大筋では完全に一致してて、いずれも史実を正確に伝えた良書と言って差し支えなさそう。

この事件の全貌を手っ取り早く知りたいならアライブ生還者を観るのが一番早い。詳細を知りたければ本書を読むのが吉。極限状態で生きる人間の執念や力強さが描かれてるので人生の糧と成り得ますぞ。

« あまちゃん 第132話 | トップページ | 墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189657/62230844

この記事へのトラックバック一覧です: 生存者 アンデス山中の70日:

« あまちゃん 第132話 | トップページ | 墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便 »