2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« せきもとたずねて110里 その1 | トップページ | 生ラーメンのハーフ食い in 新潟 »

2015年10月16日 (金)

せきもとたずねて110里 その2

15101601

15101602

はい続き。一気に陽が落ちてる理由は次回更新分で明らかになるけど、取り敢えずそれは置いといてスーパー巡りの話を。7件目もスープのみで、既にコンプリートしてるから何も買わず退散。

15101603

15101604

8件目。ここも生ラーメンはあごのだし醤油味と、たいのだし塩味のみだったけど・・

15101605

15101606

うどん玉には初めて出会った。あと、メンマとチャーシューも売ってる。これは収穫なので一袋づつ購入。

15101607

15101608

9件目。スープの素のみ。

15101609

10件目は完全に空振り。

15101610

地方の大型スーパーは20時で閉店してしまう店が多いらしく、11件目へ着いたのは20時直前で外観の照明が落ちた瞬間。正に滑り込みでラーメン売り場をチェック。

15101611

15101612

おお~!2つ目の新種発見!! ちなみに俺の目当てはえびのだし醤油味と、公式サイトを覗くと多数ラインナップされてる新潟ラーメンなので支那そばってのはややズレてたりするものの、なかなか出会えなかったせきもとブランドの生ラーメンに遭遇すると心躍る。あと、こんなのも売ってた。

15101613

せきもと製じゃないけど、これもwebでその存在を知り探してたものの都内じゃ全く見かけなかったゴーゴーカレーらーめん。閉店直前の大収穫だった。

国道沿いのスーパー巡りもこれで終わりにして帰路へ着こうと関越道越後川口インターを目指して走ってたらIC近くにまたもやイオンが。

15101614

しかしながらここは完全に空振り。更にそこから目と鼻の先に大型スーパー発見。やはりIC付近は店舗が多いんだな。

15101615

15101616

ここでまた新種を一つ発見。そして、クーラーボックスはこの有様。

15101617

もう満タンで何も入りません状態。2食入り生ラーメンに関しては一度開封して袋の中に入ってるプラ製の受け皿を抜き取らないと入りきらない。

15101618

それでも大型スーパーを見つけると寄らずにいられない。そして大ラスとなる14件目を覗くと・・

15101619

せきもとブランドの商品は焼そば粉末ソースしかありませんでしたとさ。

15101620

無事帰宅し、TRIPメーターをチェックすると今回の走行距離は約470km。およそ117里という事でこんな表題にしたのでした。

ところで、せきもと以外にこんなのも買ったりして。

15101621

新潟限定って事はないみたいだけど都内じゃ見かけないので。そして戦利品のスープ類・・

15101622

こんなに買ってどうすんの??って状況なれど、スープの素は賞味期限が凄く長いので慌てず騒がず消化していく予定。

・・にしても、今回の新潟逝きで買い込んだ生ラーメンは4袋8食分。更に生麺4袋、うどん玉2袋、1食分のパック一つ。計15食分で、昨今のハーフ食いを想定すれば30食分! 一気に食ったら死ぬので、ゆっくり食いますよ。フリーザーで冷凍保存すれば一ヶ月以上持つし。

しかし旅の趣旨はアホらしさ全開なれどこんなにもワクワクドキドキが止まらない旅は久々だった。暗い国道を流してると遠くに煌びやかな光が見え、ひょっとしたらあれって大型スーパーかも・・と思いながら走り続け、近づいてみたらホントにスーパーだった時の喜び、ラーメン売り場を探す時のドキドキ感、そしてお目当てのラーメンに出会った時の興奮。他人がどう思うか知らないけど俺にとっては凄く楽しい長距離ドライブでした。

そして自宅へ戻れば例によってハーフ食い。どれにしようか悩んだ末、おもだかやなる新潟の人気店とせきもと製麺がコラボしたという支那そばをセレクト。

15101623

うん、美味いけど普通。これまでせきもとブランドのラーメンを5種食ったけど、やはりあさりのだし塩味の美味さは群を抜いてる。俺にとってはね。

« せきもとたずねて110里 その1 | トップページ | 生ラーメンのハーフ食い in 新潟 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: せきもとたずねて110里 その2:

« せきもとたずねて110里 その1 | トップページ | 生ラーメンのハーフ食い in 新潟 »