2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ひっさびさ~のびっくりドンキー | トップページ | こんにちは60kg台 »

2015年12月 3日 (木)

夏をあきらめて

若かりし頃、PANTAやARBやアナーキーといった強烈なカリスマ性がありながらセールス面でイマイチ結果を残せない硬派なミュージシャンを支持してた俺は、大いに大衆受けする大物ミュージシャンを目の敵にしてた。単なる逆恨みだけど。

ちなみに俺が当時敵視してた大物の筆頭はサザンオールスターズ、松任谷由実。次点でTUBE、尾崎豊、etc...

そんな偏屈野郎の転機となるのがアナーキーの著作本(確かレベル・ラウザー)で、ボーカルのシゲルが研ナオコの夏をあきらめて(作詞/作曲・桑田佳祐)を絶賛してて、この曲が1位にならなかったらミュージシャン辞めたいね~とまで豪語。もう、目から鱗が落ちるどころの騒ぎじゃなかった。特定のミュージシャンを支持するが故に敵視してた対象も、当の本人は優れた作品として受け入れてる。その事実に触れ、俺の偏見は一気に取り払われた感がある。

以来、先入観だけで物の優劣や好き嫌いを決める事はなくなった。それが大人になるって事なのかもね。

« ひっさびさ~のびっくりドンキー | トップページ | こんにちは60kg台 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏をあきらめて:

« ひっさびさ~のびっくりドンキー | トップページ | こんにちは60kg台 »