2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 幕が上がるの余波 | トップページ | 下北沢のジャズバー LADY JANE »

2016年2月24日 (水)

江戸っ子ラーメン珉亭

年明けに高田馬場の中本で冷やしみそラーメンのハーフを食って以来の店ラーメン。故にフルサイズは今年初か。

下北沢の中華料理屋珉亭は敬愛してやまない甲本ヒロトさんがインディーズ時代にバイトしてた事で有名な店。その事は20代の頃から知ってたけど行った事は一度もなく、実際に行ってみようと思い立ったのもつい最近の話。

webで得た情報によると、ヒロトさんのサイン色紙は2階席に飾られてるらしい。折角なのでラーメンが出来る前に2階席を拝見させていただく。俺が見せてもらってた時はお客さんが一人もおらず、その数分後に何組か2階へ上がっていったので、無人の2階席を撮影出来たのは凄く幸運だったかも知れない。





あったあった。その隣には清志郎のサインも。このサイン色紙2ショットはJロックフリーク的に最高峰と言っていい。わざわざ下北まで足を運んだ甲斐があるというもの。

店のイチ押しはキムチがトッピングされた江戸っ子ラーメンとの事なれど、キムチを乗せちゃうとオリジナルの醤油味を堪能出来ないなと思ったので普通の醤油ラーメンをセレクト。まあ可もなく不可もない昔ながらのあっさり醤油味。麺カタ好きの俺としてはちょっと麺が柔いかな~と思ったりしたものの、文句を言いたくなるレベルでもない。由緒正しき大衆向け中華料理屋然とした素朴なラーメンでした。

« 幕が上がるの余波 | トップページ | 下北沢のジャズバー LADY JANE »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189657/63255036

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸っ子ラーメン珉亭:

« 幕が上がるの余波 | トップページ | 下北沢のジャズバー LADY JANE »