2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 嗚呼、肝機能 | トップページ | HEIWAのパチンコJAWS »

2016年4月15日 (金)

麺屋一燈@新小岩

ラーメンデータベースはじめ情報誌等でトップに君臨する人気店、麺屋一燈。画像検索すると大行列の様子が弾き出されたりするから今までパスしてきたけど 先日ここにも書いた通り昼飯時を外せばそこまで並ぶ必要はなさそうなので再度新小岩へ出向いて本店を目指す。

店に着いたのは14:00ちょい過ぎで外待ち6人。この程度なら楽勝~♪と思いつつ食券を買い店員へ渡して列に加わると、その直後に10人近い後客が現れ瞬時に10人強の行列が出来上がる。やっぱりすげー人気だな。

気候が良かったし暇潰しにポータブルBDで映画観てたから苦にならなかったけど外待ちは25分程度だったか。で、店内へ案内されたらほとんど待ち時間なしで俺の頼んだつけめんが出てくる。

これが日本一の人気を誇る一燈の看板メニュー、濃厚魚介つけめん(ネギぬき)。余所のブログを覗くとベーシックなこれじゃなくて割高の特製濃厚魚介つけめんを頼んでる人が凄く多いんだけど、なるほど。特製を頼まないとチャーシューが1枚も入ってないのね。但し、鳥つくねがデフォルトで2個入ってる。

軽く麺をたぐりスープに付けて食らうと・・ うっほ~! 濃厚!! でも昨今流行のドロドロ系じゃなくクリーミーのレベルだからドロドロ嫌いの俺でも美味しくいただける。先日食った端麗も凄く美味かったけど、やはり本店の看板メニューに軍配。魚介と銘打ってるもののベースは鶏の出汁で、表面を覆う油分は鶏油だろうか。これがねっとりと舌に絡み付いて旨味が後を引く。これは病み付きになる。

スープ近影。濃厚だけどしつこくはない。で、数多のつけ麺の特徴とも言える酸味は抑えられ甘味が全面に出てる。麺もキュッと締まってて良いね。そして脇役のつくねを割って食うとほのかに上品な柚の香りが。余所のレビューの受け売りだけど隙がない。ホイホイ通える場所じゃないから再訪は結構先になると思うけど、ここまで美味いつけ麺を食わされるとラーメンも食わずにいられんわ。また来よっと。

« 嗚呼、肝機能 | トップページ | HEIWAのパチンコJAWS »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋一燈@新小岩:

« 嗚呼、肝機能 | トップページ | HEIWAのパチンコJAWS »